洋画 おすすめ 2019。 【2019年】アクション映画(洋画)おすすめ11選!迫力満点の人気最新作は?

2018年映画ランキング!おすすめ洋画邦画ベスト10の調査結果の発表は?

洋画 おすすめ 2019

ロンドンの労働者階級出身で、日々の食費にも困っていた青年が、23歳で失業保険を資金にファッションデザイナーとしてデビュー。 次々と開いたセンセーショナルなショーは、大絶賛とバッシングで真っ二つに分かれ、彼の名前〈アレキサンダー・マックイーン〉は、たちまち世に広まった。 そして1996年、弱冠27歳で〈ジバンシィ〉のデザイナーに抜擢されて世界を驚かせる。 一方で、自身のブランドのショーはますます過激になり、〈モードの反逆児〉と名付けられるが、デヴィッド・ボウイやレディー・ガガの衣装やビョークのミュージックビデオの監督、プーマやティム・バートンとのコラボなどラブコールは後を絶たず、34歳で大英帝国勲章を授与される。 だが、富と名声の絶頂期にいた40歳で突然、自ら命を断ってしまう。 センセーショナルなファッションで魅了したマックイーンの軌跡をたどるドキュメンタリー映画です。 華やかなランウェイも必見です。 トラーはニューヨーク州北部の小さな教会「ファースト・リフォームド」の牧師。 ある日、トラーはミサに来た若い女性メアリーから、環境活動家の夫マイケルが思い悩んでいるので相談に乗ってほしいと頼まれる。 仕方なく出向いたメアリーの家でマイケルと話したトラーは、彼が地球の未来に思い悩むあまり、メアリーのお腹の子を産むのに反対していることを知る。 必死に説得を始めるトラーだが、心の底ではマイケルに共感し自分の説明に納得のできないもうひとりの自分がいる。 一方、彼は自分の所属する教会が環境汚染の原因を作る大企業から巨額の支援を受けていることを知る。 本当の正義とは一体何なのか。 トラーの信仰心は徐々に揺らぎはじめ、やがて怒りにも似た感情が彼を蝕んでいく…。 本年度のアカデミー賞脚本賞にノミネートされた作品です。 50年の構想を得た作品ということで、見応えに期待します。 一体、この屋敷にはいかなる秘密が隠されているのか。 スペイン発のホラー映画です。 謎や伏線が」張り巡らされており、怖いながらも目が離せない展開に期待できます。 幼い頃、両親が強盗に殺害される現場を目撃してしまったソフィーとジェシカの姉妹。 姉のジェシカは、そのトラウマと妹を守らなければという強い思いから精神のバランスを崩し、妹のソフィーを必要以上に束縛し依存するようになっていた。 やがて犯人の出所を知ったジェシカは復讐を企てるが、突然の事故で命を落としてしまう。 深い悲しみと同時に新たな人生を歩む前向きな決意をするソフィー。 しかし、その日からたびたび記憶を失い、気がつくと見知らぬ場所で目を覚ますようになる。 精神的に怖がらせていくようなドイツ製のサイコホラーです。 ミュンヘン映画祭やシカゴ国際映画祭で作品賞にノミネートされました。 詐欺師であるピーターとハリーのフォックス夫妻は、ギャンブルで大金を失ってしまう。 しかしその金は、昔の仕事仲間であるイリーナから横取りしたものだった。 2人の首には賞金がかけられ、その追跡から逃れるためにロンドンからロサンゼルスへと高飛びする。 ロサンゼルスには、ピーターの元妻で今はセレブの映画監督と再婚したジャッキーが暮らしていた。 ピーターは久しぶりにジャッキーと再会するが、彼女の指には夫から贈られた500万ドルの宝石が光っていた。 ハリーは、イリーナの許しを請うためにその指輪を奪い取ろうと企む。 夫婦はジャッキーが暮らす豪邸へと忍び込むが、そこに、ハリーに復讐を誓うイリーナがギャングを引き連れて現れ…。 「パルプ・フィクション」などでも共演したユマ・サーマンとティム・ロスが詐欺師夫婦役を演じるクライムドラマです。 世紀のベストセラー作家アガサ・クリスティー。 彼女が自身の最高傑作だと誇る、1949年発表のミステリー小説「ねじれた家」が、70年の時を経て初映画化。 無一文から巨万の富を築き上げた大富豪レオニデスが毒殺された。 私立探偵のチャールズは、レオニデスの孫娘で元恋人のソフィアから捜査を依頼される。 広大な屋敷に到着すると、3世代にわたる一族が勢ぞろいし、巨額の遺産を巡って、疑惑と嫉妬、敵意と憎しみをぶつけ合っていた。 愛人のいる若い後妻ブレンダ、映画製作の資金が欲しい長男夫妻、父から受け継いだ会社が倒産寸前の次男とその妻、亡き前妻の姉であり一族を取り仕切る大伯母イーディス。 まもなくチャールズは、ソフィアを含め一族全員に殺害の動機があったことに気付く…。 アガサ・クリスティー自身が最高傑作という作品の実写化です。 貴族の館を舞台にした豪華なセットや衣装にも注目です。

次の

【2019年】アクション映画(洋画)おすすめ11選!迫力満点の人気最新作は?

洋画 おすすめ 2019

ヨアンナ・クーリク 出演 , トマシュ・コット 出演 , パヴェウ・パヴリコフスキ 監督 形式: DVD COLD WAR あの歌、2つの心 [DVD] 『COLD WAR あの歌、2つの心』は、東西冷戦時代のヨーロッパを舞台とした、切なくて悲しい大人のラブストーリー映画です。 ピアニストのヴィクトルと、歌手志望のズーラという二人の男女の出会い、別れ、そして再会までの15年間を描いています。 冷戦時代に「西側」と「東側」で引き裂かれた男女の悲恋が美しいモノクロ映像で描かれ、感動の涙を誘います。 さらに、劇中で用いられる音楽も効果的で、セリフがないシーンでも涙腺崩壊必須です。 切ない恋愛系の映画を見て号泣したい人におすすめの作品です。 キキ・レイン 出演 , ステファン・ジェームス 出演 , バリー・ジェンキンス 監督 形式: DVD ビール・ストリートの恋人たち [DVD] 『ビール・ストリートの恋人たち』は、困難な状況でも揺らぐことのない愛を描いた切ないラブストーリー映画です。 物語の舞台は1970年代のニューヨークで、運命で結ばれた男女が数々の試練、困難に立ち向かっていく姿が描かれています。 無実の罪で逮捕された恋人を助けるため、家族や友人と奔走するヒロインの姿には思わず涙してしまいます。 主演のキキ・レインの演技も涙を誘い、ラストシーンまで目を離すことができません。 主人公の母親を演じたレジーナ・キングは本年度アカデミー賞の助演女優賞を受賞し、キャストの熱演も注目のポイントです。 サルマン・カーン 出演 , ハルシャーリー・マルホートラ 出演 , カビール・カーン 監督 形式: DVD バジュランギおじさんと、小さな迷子 [DVD] 『バジュランギおじさんと、小さな迷子』は、インド人の青年とパキスタンから来た少女の旅を温かく描いた、インドのドラマ映画です。 インド、パキスタン両国の複雑な背景に、シンプルなストーリーが心に響きます。 インド映画らしい歌や踊りのシーンもありますが、国や人種、宗教を超えた青年と少女の交流にただただ感動します。 特にラストシーンは感動でボロ泣きしてしまう人も多いはずです。 インド映画らしいエンタメ作品であり、心揺さぶる泣ける映画となっています。 Taron Egerton 出演 , Jamie Bell 出演 , Dexter Fletcher 監督 形式: DVD Rocketman [DVD] 『ロケットマン』は、イギリス出身の世界的ミュージシャンであるエルトン・ジョンの半生を描く伝記ミュージカル映画です。 並外れた音楽の才能を持つエルトン・ジョンですが、様々な困難を乗り越えたからこそ現在の地位を確立しています。 そんな、エルトン・ジョンの知られざる生き様が名曲と共に綴られています。 エルトン・ジョンのファンはもちろん、彼の楽曲を聴いたことのある人は感動で涙があふれてくるはずです。 上映時間のほとんどボロ泣きしていたという人もいるほどで、感動で涙を流したいという人におすすめの映画となっています。 トイ・ストーリーシリーズは大人も泣ける映画として知られており、前作の『トイ・ストーリー3』で涙腺崩壊した人も多いと思います。 新作も号泣必須の内容となっており、泣ける映画として大評判の作品です。 子供が楽しめるエンタメ作品なのは間違いありませんが、心揺さぶる切ないストーリー展開は大人もボロ泣きするほどです。 劇中でも何度も涙が出るようなシーンがあり、ラストには号泣する場面が待っています。 ストーリーの中心はバスとウッディの友情で、エンディングまで感動しっぱなしの泣ける映画です。 青年アラジンと王女ジャスミンの身分違いの恋、そしてランプの魔人ジーニーとのワクワクするような冒険が豪華キャストで実写化されています。 アニメ版の『アラジン』で涙したという人もいると思いますが、実写版ではさらに泣ける場面が増えています。 特に泣けるのは、ジャスミンが歌う「スピーチレス」の歌唱シーンです。 切なく悲しい旋律に、力強いジャスミンの歌声には多くの人が心揺さぶられるでしょう。 実際に、ジャスミンの歌唱シーンで涙腺崩壊したという人も沢山います。 「スピーチレス」は実写版で追加されたオリジナル曲で、ジャスミンという女性の描かれ方もアニメ版とは少し異なるかもしれません。 もちろん「ホールニューワールド」や「フレンドライクミー」といった名曲のミュージカル場面も必見ですよ。

次の

2019年公開のおすすめ洋画ランキングベスト30!大作が豊富な一年に

洋画 おすすめ 2019

ロンドンの労働者階級出身で、日々の食費にも困っていた青年が、23歳で失業保険を資金にファッションデザイナーとしてデビュー。 次々と開いたセンセーショナルなショーは、大絶賛とバッシングで真っ二つに分かれ、彼の名前〈アレキサンダー・マックイーン〉は、たちまち世に広まった。 そして1996年、弱冠27歳で〈ジバンシィ〉のデザイナーに抜擢されて世界を驚かせる。 一方で、自身のブランドのショーはますます過激になり、〈モードの反逆児〉と名付けられるが、デヴィッド・ボウイやレディー・ガガの衣装やビョークのミュージックビデオの監督、プーマやティム・バートンとのコラボなどラブコールは後を絶たず、34歳で大英帝国勲章を授与される。 だが、富と名声の絶頂期にいた40歳で突然、自ら命を断ってしまう。 センセーショナルなファッションで魅了したマックイーンの軌跡をたどるドキュメンタリー映画です。 華やかなランウェイも必見です。 トラーはニューヨーク州北部の小さな教会「ファースト・リフォームド」の牧師。 ある日、トラーはミサに来た若い女性メアリーから、環境活動家の夫マイケルが思い悩んでいるので相談に乗ってほしいと頼まれる。 仕方なく出向いたメアリーの家でマイケルと話したトラーは、彼が地球の未来に思い悩むあまり、メアリーのお腹の子を産むのに反対していることを知る。 必死に説得を始めるトラーだが、心の底ではマイケルに共感し自分の説明に納得のできないもうひとりの自分がいる。 一方、彼は自分の所属する教会が環境汚染の原因を作る大企業から巨額の支援を受けていることを知る。 本当の正義とは一体何なのか。 トラーの信仰心は徐々に揺らぎはじめ、やがて怒りにも似た感情が彼を蝕んでいく…。 本年度のアカデミー賞脚本賞にノミネートされた作品です。 50年の構想を得た作品ということで、見応えに期待します。 一体、この屋敷にはいかなる秘密が隠されているのか。 スペイン発のホラー映画です。 謎や伏線が」張り巡らされており、怖いながらも目が離せない展開に期待できます。 幼い頃、両親が強盗に殺害される現場を目撃してしまったソフィーとジェシカの姉妹。 姉のジェシカは、そのトラウマと妹を守らなければという強い思いから精神のバランスを崩し、妹のソフィーを必要以上に束縛し依存するようになっていた。 やがて犯人の出所を知ったジェシカは復讐を企てるが、突然の事故で命を落としてしまう。 深い悲しみと同時に新たな人生を歩む前向きな決意をするソフィー。 しかし、その日からたびたび記憶を失い、気がつくと見知らぬ場所で目を覚ますようになる。 精神的に怖がらせていくようなドイツ製のサイコホラーです。 ミュンヘン映画祭やシカゴ国際映画祭で作品賞にノミネートされました。 詐欺師であるピーターとハリーのフォックス夫妻は、ギャンブルで大金を失ってしまう。 しかしその金は、昔の仕事仲間であるイリーナから横取りしたものだった。 2人の首には賞金がかけられ、その追跡から逃れるためにロンドンからロサンゼルスへと高飛びする。 ロサンゼルスには、ピーターの元妻で今はセレブの映画監督と再婚したジャッキーが暮らしていた。 ピーターは久しぶりにジャッキーと再会するが、彼女の指には夫から贈られた500万ドルの宝石が光っていた。 ハリーは、イリーナの許しを請うためにその指輪を奪い取ろうと企む。 夫婦はジャッキーが暮らす豪邸へと忍び込むが、そこに、ハリーに復讐を誓うイリーナがギャングを引き連れて現れ…。 「パルプ・フィクション」などでも共演したユマ・サーマンとティム・ロスが詐欺師夫婦役を演じるクライムドラマです。 世紀のベストセラー作家アガサ・クリスティー。 彼女が自身の最高傑作だと誇る、1949年発表のミステリー小説「ねじれた家」が、70年の時を経て初映画化。 無一文から巨万の富を築き上げた大富豪レオニデスが毒殺された。 私立探偵のチャールズは、レオニデスの孫娘で元恋人のソフィアから捜査を依頼される。 広大な屋敷に到着すると、3世代にわたる一族が勢ぞろいし、巨額の遺産を巡って、疑惑と嫉妬、敵意と憎しみをぶつけ合っていた。 愛人のいる若い後妻ブレンダ、映画製作の資金が欲しい長男夫妻、父から受け継いだ会社が倒産寸前の次男とその妻、亡き前妻の姉であり一族を取り仕切る大伯母イーディス。 まもなくチャールズは、ソフィアを含め一族全員に殺害の動機があったことに気付く…。 アガサ・クリスティー自身が最高傑作という作品の実写化です。 貴族の館を舞台にした豪華なセットや衣装にも注目です。

次の