国防 総省 ufo。 「未確認飛行物体」を捉えたムービーをアメリカ国防総省が機密解除

「未確認飛行物体」を捉えたムービーをアメリカ国防総省が機密解除

国防 総省 ufo

「動画は2007年と2017年に、無許可で一般に公開されていた」と、ペンタゴン広報のスー・ゴフ氏がする。 海軍は2019年秋に動画の存在を認めていたが、動画を公開しない。 しかしゴフ氏は、動画を再度チェックした後に公開を決めたと話す。 「もう一度徹底的に調査した結果、国防総省はこの動画は機密機能やシステムを漏洩するものではない、そして未確認の大気現象による領空侵犯の調査に影響しないと判断して、公開を認めました」とゴフ氏は述べる。 退役海軍中佐のデイヴィット・フラバー氏は、2004年に目撃した時、宇宙からきた物のようだったと2017年のABCニュースのインタビューで語っている。 「私は、それがこの地球のものではなかったと思います」 「私は頭がおかしいわけではありません、お酒もしばらく飲んでいません。 それでも、その物体は今まで全く見たことのないようなものでした」 「これまでの人生で、そして私の飛行の歴史の中で、そんなものを見たことがありませんでした。 The U. needs to take a serious, scientific look at this and any potential national security implications. The American people deserve to be informed. — Senator Harry Reid SenatorReid.

次の

米国防総省のUFO情報、上院委員会が公開報告求める構え(AFPBB News)

国防 総省 ufo

【AFP=時事】米上院情報委員会は国防総省の未確認飛行物体(UFO)プログラムについて、国民がその活動をもっとよく知り、各関係機関の情報共有を円滑にするために公開報告を求める構えだ。 同委員会は年次情報授権法案に盛り込まれた条項の中で、「『未確認空中現象タスクフォース(Unidentified Aerial Phenomenon Task Force)』の取り組みを支持する」と述べ、UFOプログラムが現在まで継続して存在していることを公に認めた。 国防総省は2017年12月、UFO目撃情報調査のための数百万ドル(数億円)規模の秘密プログラムが2012年末まで存在していたことを認めた。 だが17年当時の米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)は、このプログラムは依然存在していると報じていた。 上院がこのプログラムに注目しているのは地球外生物に対する懸念からというよりも、中国など現実世界での米国の敵対者がもたらす脅威ゆえだ。 米海軍情報局(US Office of Naval Intelligence)が統括するUFOプログラムの任務は、「未確認空中現象および敵対する外国政府とそうした現象との関係、さらにそれらが米国の軍事資産・施設にもたらす脅威に関する情報収集と報告」とされている。 中でも米国が懸念しているのは、ドローンやその他の航空技術の使用を含む中国の偵察・諜報(ちょうほう)能力だ。 上院情報委員会は慎重な扱いが必要な事項であることを認識しながらも、これまでの「情報共有および情報コミュニティー全体での調整には一貫性がなかった」と指摘。 プログラムの進捗(しんちょく)状況および観察されたあらゆる現象について詳細な公開報告を求めている。 この条項が含まれている2021年度の情報授権法案は今後上院本会議で審議される。 可決された場合、国防総省は180日以内に議会に報告書を提出しなければならない。 【翻訳編集】 AFPBB News.

次の

アメリカ(米国)が正式にUFOの撮影を認めた!?宇宙人は存在するのか?まとめ

国防 総省 ufo

『UFO映像』なぜ今公開されたのか? アメリカ国防総省は声明で 「過去に流出した 映像の真偽や映像に続きがあるのか などの臆測を取り除く為に公開に 踏み切った」 と説明されています。 なぜ、今、公開に踏み切ったのでしょうか。 言い換えれば公開に踏み切らなければならなかった理由は何なんでしょうか? 地球外生命体の存在をしれっと公表するため? UFO=未確認飛行物体のその先には、地球外生命体(宇宙人)の存在があります。 アメリカ元大統領のジョン・F・ケネディ氏は宇宙人の存在を公表しようとして暗殺されたという都市伝説があります。 あれから50年以上も経過した現在、世界のあちこちでUFOが目撃され、その存在が公になる日も近いのではないかと言われていました。 2020年に入り、イギリス初の宇宙飛行士 ヘレン・シャーマン博士が 「地球外生命体はいる」とコメントされていました。 小出しに少しづつ、まるで免疫を作るようにUFOや地球外生命体の存在が明らかにされてきました。 そして 世界で感染拡大が広がっている大変な状況での『UFO映像』の公式的な公開。 この大変な時期だからこそ 素知らぬふりでしれっと公開してしまう そんな思惑があるのかもしれません。 『UFO映像』は印象そらし・話題そらし? ファイブサーティーエイト・ドット・コムの世論調査分析によれば、 トランプ大統領の見えない敵に対する対応について支持しないという米国民が増えていると言われています。 政策の方向性も場当たり的にブレるため直近の世論調査で大統領の危機時の指導力への疑念が高まっているとのことです。 AP通信とシカゴ大学の米世論調査研究所(NORC)による世論調査では 見えない敵に関するトランプ大統領の情報は信頼できるとの回答は23%にとどまり、52%は州や自治体の長を信用するとした結果が発表されています。 (4月23日) なんかこれ、日本での状況にも似てる感じもしますが・・・ そんな中で話題をそらすための印象操作(印象そらし)という感もあります。 毎日ニュースは同じ話題ばかり。 それは日本だけでなくアメリカも同じことだと思われます。 そして暗いニュースばかりの世の中に、話題をそらすため国民が興味を持ちそうなUFOネタを公開したという説もありそうです。 動物園仮設? これらが実際に知的生命体の来訪だとすると、なぜ姿を表さないのかということに関しては、「動物園仮説」(zoo hypothesis)が有力ですね。 地球は宇宙人から見れば動物園のような観察対象に過ぎないという意味である。 引用元:ウィキペディア UFO(未確認飛行物体)の目撃は多数ありますが、それに比べ地球外生命体(宇宙人)の目撃情報が無いことに対する仮設のようです。 知的生命体(宇宙人)が地球人に干渉しないのは、 「あまりに文明のレベルに差がありすぎるため地球に混乱を与えないため」 「地球の文明の自力での発展を妨げないため」 という解釈があります。 仮に宇宙人がいるとするならば今、我々地球人が直面している最大のピンチにも干渉しないということなのでしょうか。 『UFO映像』なぜ今公開?宇宙人が助けてくれる! 話をもとに戻しましょう。 なぜ米国防総省は『UFO映像』を今公開したのでしょうか? 今の地球上の最大のピンチと切り離してどうしても考えられません。 宇宙人がアメリカ政府と密約を交わしたという噂もあります。 人類の起源は宇宙人説という都市伝説もあるのです。 この『UFO映像』の公開は、地球人を宇宙人が助けてくれるという布石と考えられないでしょうか? いやそう考えたいのです。 地球のピンチにはいつも駆けつけてくれるウルトラマンのように・・・ 現在、世界の英知を結集してワクチン・治療薬の開発が進められています。 その開発には相当な時間を要します。 そんな中、アメリカで突然、(宇宙人の力を借りて)特効薬、ワクチンの開発が急ピッチで進められるということを期待せずにはいられません。 『Mr. これはあくまでの、考察ですのであしからず。 UFOは、タイムマシーンで宇宙人は未来の地球人の姿であるという説もあります。 最近、ドラえもんがいてくれたら、タイムマシーンで未来に行って、治療薬・ワクチンを持って帰ってこれるのにと考えることがあります。 今回の映像は、人によってはマイナスにとらえる方もいらっしゃると思います。 私は、プラスにとらえます。 何かしらの神の力が働いて、この世界のピンチを救ってくれると信じています。 いや、信じたいのです。

次の