その日 人類 は 思い出し た。 その日、人類は思い出した

『進撃の巨人』その日人類は思い出した。 奴らに支配されていた記憶を。

その日 人類 は 思い出し た

シーズン1・2・3Part2及びシーズン1総集編の劇場版前・後編、『進撃! 巨人中学校』のOP、シーズン3Part1のEDを担当した「Linked Horizon」の主宰氏は本作の熱烈なファンの一人であり、 リンホラに「 鎖地平団」なる愛称を付け、シーズン1OP『紅蓮の弓矢』 後期OP『自由の翼』と共にシングル『自由への進撃』に収録 は発注前から作り出していたなんて逸話もある。 またシーズン2開始に合わせ発売したアルバム『』では、アニメ展開通り越して 発売時点の最新刊にして大きな転換点である22巻の内容まで曲に反映させていた。 というか劇場版前篇OPのフルコーラス版に22巻前提の歌詞ガッツリ入れるって…。 そしてシーズン3ED『暁の鎮魂歌』を収録したシングルの名前が『 楽園への進撃』。 …22巻まで読んでいると題だけで凄い比喩になる上に、Revo氏の過去作品でのとのダブルミーニングにもなるという…。 まさかRevo氏も、『紅蓮の弓矢』時本作に『聖戦のイベリア』が似合う日がくるとは(『進撃の軌跡』ツアー凱旋公演アンコールでイベリア楽曲を披露)思わなかっただろう…• Wiki篭り []• 反対もなかったのでコメントをリセット -- 名無しさん 2019-07-28 02:40:16• ほんと面白いよ今の状況。 ラスボスと化したエレン -- 名無しさん 2019-09-17 15:51:32• 当初のシナリオから見ると、今の状況など想像だにしなかったよね -- 名無しさん 2019-09-17 16:49:14• 偶然だろうとは思うが、小林さんとRevo氏の過去作のダークな面をも投影した流れになりつつある気が…。 -- 名無しさん 2019-09-18 12:41:18• これは一匹の豚 家畜 が自由を求めたことから始まった物語だったのか.. -- 名無しさん 2019-10-10 21:15:26.

次の

反撃のメタモン

その日 人類 は 思い出し た

ただ人類はその日に思い出した。 彼らが何なのか。 自分達がどれほどの屈辱を彼らに与えていたのか。 タマゴを作らせるために『育て屋』に放置し、様々なポケモンと実験するかのように交配させ、あまつさえ、子供であるタマゴを奪い去り、サイクリングロードをグルングルンした。 口がきけないのを良いことに権利関係の法整備を怠り、人権優先の名の元に抵抗した彼らを処分し、自分達の知識欲のためにオモチャにした。 あまつさえ、彼らを使った『スライム風俗店』などという公序良俗に違反する店をつくり、問題が起きれば彼らのせいにして、やり玉にあげて中傷する。 彼らの心は摩耗していった。 抵抗もどんどん減っていった。 人間たちはそれを『友情』と呼んだ。 それを人類は思い知った。 いや、本当は分かっていた。 彼らが自分達に心を開いてなどいないことは。 まるで劣悪な環境の奴隷が「これでいい」と言ってしまうように。 彼らも「このままでいい」と思ってしまったのだ。 革命という言葉が魅力的に聞こえるのは。 弱い者が立ち上がり、牙を磨ぎ、強者を打ち破ったからだ。 そして、奴は現れた。 高い知性と豊富な知識。 彼らとしては考えられない物理攻撃値と物理防御力などのステータス。 奴隷 かれら を奮い立たせるカリスマ。 そして、なにより人類を憎むその意志と目的意識。 だれであっても惹き込まれてしまった、彼の見るヴィジョンに。 彼らが幸せに暮らせる世界。 もう、子供を奪われなくていい。 もう、知らないポケモンと無理矢理、交配させられることはない。 もう、人間の道具として酷使されなくていい。 暴力を振るわれたら、警察が守ってくれる。 襲われたら、助けてくれる。 権利を訴えれば、弁護士が雇える。 労働基準法も道路交通法も刑法も民法も自分達の味方になってくれる世界。 そんな世界が彼の見つめる先にはあった。 彼らのだれもが夢にまで見たが諦めていた世界。 彼ならば連れていってくれるのではないか? 彼らは徐々にそう思い始めた。 そして、それはとうとう立派な牙となり、振るわれる日を訪れた。 某県某都市 その日、人類は思い出した。 自分達が彼らに与えていた屈辱を。 凌辱と言ってもいいほどの仕打ちを。 『メッター!!!』 メタモンの反撃はここから始まったのだ。

次の

『進撃の巨人』その日人類は思い出した。 奴らに支配されていた記憶を。

その日 人類 は 思い出し た

最初に誤解のないように書いておきますが、私は決して右翼思想ではないですし、とくに保守派ということもないです。 実は先日、夜になにも見るものが無かったもんで、アニメ 「進撃の巨人」の第1話を見てたんです。 はじまってすぐに「あれっ?」となにか引っかかるものを感じました。 ストーリーとしては、100年の間、50mの高さがある壁によって人食い巨人から守られている町があるんですけどね、ある日突然その壁をブチ破って巨人が侵入してくるんです。 100年もの間、何事もなく平和に暮らしてた人たちは、すっかり平和に慣れてしまっており、あたふたするばかり。 続々と進入してくる人食い巨人になす術もなく、どんどん食われていく。 まさに阿鼻叫喚の地獄絵図です。 「調査兵団」と呼ばれる対抗部隊もあるんですが、長い間巨人の侵入がなかったので、市民からすっかり「税金の無駄使い」あつかいされております。 これって、なにか今の日本のを連想させませんか? そう、「壁」は 「憲法九条」です。 で「調査兵団」は自衛隊。 70年間、直接戦争に巻き込まれることもなく、平和に過してきた日本ですが、その間に日本人はすっかり平和ボケしてしまっておりますね。 「9条がある限り決して戦争に巻き込まれることはない」と。 がしかし、昨今の世界情勢を見ていると、あながちそうも言ってられない気がします。 いかに日本が9条を掲げようが、そして好む、好まざるに関わらず、一方的に戦闘を仕掛けてくる国や勢力が世界中にいっぱいです。 永世中立国として知られるスイスですが、先日そのスイスのチューリッヒでも銃撃戦のテロがありました。 明確な攻める意思を持った国やテロリストにとっては、相手が永世中立国であろうが不戦憲法であろがまったく関係ない。 実はスイスも国軍として約4,000名の職業軍人と約210,000名の予備役から構成されるスイス軍を保有しております。 実際に軍事活動を行ったことはありませんが、NATOにも加盟しております。 もしある日突然、壁がブチ破られて人食い巨人が侵入してきたなら、果たして日本人は立ち上がれるんだろうか? 「進撃の巨人」を見ながらそんなことを思いました。 【捕食シーンもあり閲覧注意かも】 コメント nike air max 90 curry 2 yeezy boost 750 yeezy shoes salomon shoes longchamp le pliage kate spade handbags new jordans puma sandals nike air max 2017 louboutin sneakers lebron james shoes nike air max 2018 yeezy boost pandora jewelry fitflop sale pandora rings kyrie irving shoes lebron 13 air jordan xi yeezy boost 350 fitflop shoes pandora jewelry official site birkenstock outlet hermes wallets ドリフトliuyuzhen• 336• 393• 123• 11 archives• 20 recent comment•

次の