エックス線 作業 主任 者 試験。 エックス線作業主任者 難易度

エックス線作業主任者試験の詳細と勉強法とは?

エックス線 作業 主任 者 試験

受験者の間で愛用者が多い定番 テキストがオーム社の『エックス線作業主任者試験徹底研究』です。 初版は2006年発行の古いテキストですが、 エックス線作業主任者試験対策のバイブル的存在であり、本書で合格を手にしている受験者は多いようです。 気になる内容はというと、本書は試験科目と同じ4つの章(プラス、最終章に模擬試験問題を収録)で構成されており、分野ごとに学習することができる特にこれといって真新しい要素はないオーソドックスなテキストといえますが、実際に目を通してみて感じたことは、確かに非常によくまとまっていて学習しやすいといった印象を受けます。 各章は、さらにいくつかの節に分かれており、各節内では、まず最初に出題傾向や本試験で狙われやすい重要ポイントを簡潔に示してくれているので、いったいどういった点を重点的に学習(理解)すればよいのかをザッと把握することができます。 また、各ポイントも合格レベルに必要な程度の解説があり、随所に問題を挟むことで知識の理解度をその都度確認することができるため、エックス線作業主任者試験向けの教材としては良書と言ってよいテキストといえるのではないでしょうか。 ただ、あくまで試験対策用のテキストとして評価できるというだけで、エックス線の知識がまったくないビギナー受験者にとって使いやすいかというと疑問が残るところです。 つまり、初学者には必ずしも解りやすい説明がなされているとは言えない(数学が苦手な方には、計算問題の説明などは少し分かりにくいかも…)ということです(ただし、この点は特殊な専門知識なので、他のテキストにも同じようなことは言えますが…)。 とはいえ、現在、販売されている試験対策用の市販教材の中では、おススメできる良書なので、教材選びに迷っている方は、まず本書を手にとって中身をチェックしてみる価値はありそうです。 なお、本書は改訂版(2014年)が出ているので、効率よく勉強したい方は、できれば近年の出題傾向を踏まえた内容に見直した改訂版の利用をお勧めします。 本書も基本的に試験科目と同じ4章(さらに各章は複数の節に分かれる)に分けて学習することになりますが、『徹底研究』と大きく異なる点は、次の3点です。 学ぶべき試験科目の順番が異なる(関係法令が最後) 各章の終わりに演習問題を掲載(巻末に模擬問題はない) 巻末にちょっとした参考付録あり(公式や定理、単位など) 受験者の間では『徹底研究』の方が人気はあるようですが、総合的に見ると、比較的、良くまとまっており、内容の優劣は付けにくいというのが正直な感想です(ただし、解説が簡潔すぎて説明が少し不十分では?と思われる物足りなさを感じさせる箇所がところどころ見受けられる…)。 しかし、本書は少し古く、改訂版も出されていないようなので、近年の出題傾向に踏まえた対策が行えないという点でマイナス点となります。 そのため、手元に置いておきたいテキスト(参考書)は、基本的に上記2冊のうちどちらか1冊あれば十分と言えますが、好みの問題、あるいは個々の学力によって説明の分かりやすさは異なってくるため、できれば内容をチェックした上で選択してほしいところです。 エックス線作業主任者試験において、受験者が苦手とする分野といえば計算問題かもしれません。 本試験で求められる学力は、高校の数学レベルもあれば十分かと思われますが、中学あたりから数学が苦手になったという方にとっては、試験対策用のテキストに載っている解説を読んだだけでは理解できない場合があります。 極端な話し、計算問題をすべて捨ててしまっても合格することは可能ですが、本試験では毎回3~5問程度の計算問題が出題されるため、合格を確実なものにするためにも、できればある程度の学力を身に付けた上で試験に臨みたいところです。 そこで、エックス線作業主任者試験の計算問題に役立ちそうな テキスト(参考書)を2点ほど挙げておくので、中学・高校レベルの学力が怪しいという方は、参考にしてみてはいかがでしょうか。

次の

エックス線作業主任者試験

エックス線 作業 主任 者 試験

エックス線を使用する現場で作業する人たちが不必要に被爆せずに安全に作業できるように、検査装置の管理や点検を行うのがエックス線作業主任者です。 つまり、エックス線を使用する作業現場に従事する人たちの健康を守る大切な仕事と言えます。 エックス線が放射される場所にエックス線作業主任者の免許取得者をおくことが労働安全衛生法の規定で義務付けられています。 そのため、エックス線による探傷検査や分析といった非破壊検査を行う作業現場では必須の資格です。 なお、医療用の用途でエックス線を使用する際は別の免許が必要です。 2011年の東日本大震災で原発事故が起き、放射線が人体に与える危険度に多くの人が関心を示したと思いますが、エックス線の人体への影響などの分野もこの資格試験に含まれます。 年齢・性別・学歴、実務経験などの制限はなく、だれでも受験可能です。 受験者数はそれほど多くないですが、年間の試験回数は3~6回と他資格に比べると多めです。 試験問題の出題は4つの分野に分かれています。 この資格試験の合格者の話によると、エックス線の基礎知識が問われる「エックス線の管理に関する知識」の分野は、数式を使って計算したり、物理現象を理解したりなど、4分野の中でも一番難しいので、勉強時間をこの分野に多くかけると良いそうです。 「関係法令」は法律をただ丸暗記するのではなく、過去問を解き続けることが短時間で効率的に覚えられる方法と言えるようです。 法律問題は知っていれば点が取りやすいので、ここで点数を積み上げておくと良いでしょう。 おすすめの参考書は、「エックス線作業主任者試験 徹底研究」、「やさしく学ぶエックス線作業主任者試験」など。 過去問題集がAmazonで購入できますが、「X線作業主任者過去問」のワードで検索すると、ダウンロードできるサイトがいくつかありますので利用しましょう。 正式な情報は必ず主催団体にご確認ください。 検査の際は、人間と違って、病院に来てもらうわけにはいかないため、X線装置をその場所にセットして撮影を行います。 その際に、X線により周囲の人が被ばくしたりしないよう、安全管理を行う主任者の選任が法令で義務付けられています。 通常は、試験に合格して免許が交付されますが、私は第1種放射線取扱主任者の資格を取得しているため、都道府県の労働局に申請するだけで免許がもらえました。 同じ資格を持っている方は、是非申請して免許を取得してください。 実際の現場では、本来その場所でX線を使用することを想定していない場合が多いため、周囲の一般の方が被ばくしないよう、立入禁止のためのロープによる区画や赤色回転等による注意表示の場所など、事前の計画を綿密に検討します。 X線は目に見えないため、安全に作業が行えるよう細心の注意を払っています。

次の

受験資格(エックス線作業主任者)

エックス線 作業 主任 者 試験

エックス線作業主任者とは エックス線作業主任者は、世間一般では「何?それ?」と、あまり馴染みのない資格ではありますが、エックス線を使用する 工業用分析装置や 非破壊検査機などを使用する現場では必ず必要であり、管理区域ごとに作業主任者を選任する事が、 安全衛生法により義務付けられています。 ニッチな国家資格ですが、上記のような作業を行う企業では 資格保有者は優遇されるため、自身のスキルアップや、職場でのステップアップに有益な資格と思われます。 異業種に転職しようと計画している方も、仕事の幅を広げる為に持っていて損はない資格でしょう。 試験概要 この資格の試験概要について簡単に説明しておきます。 年間3〜6回ほどだが、センターが近くにない地方については、出張試験も行われているため、受験チャンスはもう少し多い。 不合格となっても、 すぐにリベンジできる環境は整っています。 では、この資格の毎年の受験者数や合格率はどのようなものであるか?表とグラフにまとめてみました。 受験者数と合格率 受験者数は、 5千人〜6千人ほどでこの10年間でほぼ横ばい。 合格率については、 50〜60%となっています。 ただ注意して欲しいのは、この試験を受ける受験生の大半はバリバリの理系が多く、専門性の高い知識を保有している方々である事。 それらの方々が試験を受けても半分しか合格できないのです。 難易度は一般的な技術系資格の中では、 やや難しいレベルに当たると思われます。 私はこの免許を所有していますが、受験時の詳しい内容については、下記の記事にまとめているので参考にして下さい。 ふたば亭プラス 【職業】化学系エンジニア(某メーカーの研究開発員) 【趣味】将棋(初段) 【所有資格】 エックス線作業主任者、甲種危険物取扱者、第二種電気工事士、知財技能士(2級)、特許サーチャー、甲種4類消防設備士、乙種6,7類消防設備士、高圧ガス製造保安責任者(冷凍機械2種)、二級ボイラー技士、認定電気工事従事者、アマチュア無線、簿記、有機溶剤作業主任者、特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者、など 【TOEIC】725点(目標:800点) 【好きな言葉】 どんなに辛くても悲しくても「プラス思考」で生きていく! 【ツイッター】 ツイッターもしてますので、当ブログ内容に興味を持って頂ければフォローをお願い致します。

次の