バンデージ ゆでたまご。 ツボに入ってヤバかったコピペ

意味がわかると怖くない面白い話 「赤ん坊の口減らし」

バンデージ ゆでたまご

エビの天ぷらが一尾のっかった一杯500円のそばだ。 男は30年も前からほぼ毎日昼休みこの店に通っているが、 一度も店員とは話したことがない。 当然、話す理由なども特にないのだが、今日 男は自然に自分と同年齢であろう店主に話しかけていた。 「おやじ、今日俺退職するんだ。 」 「へぇ・・・。 そうかい。 」 会話はそれで途切れた。 ほかに特に話題があるわけでもない。 男の退職は、今日が店を訪れる最後の 日であることを表していた。 すると突然、男のどんぶりの上にエビの天ぷらが もう一尾乗せられた。 「おやじ、いいのか。 」 「なーに、気にすんなって」 男は泣きながらそばをたいらげた。 些細な人の暖かみにふれただけだが涙が止まらなくなった。 男は退職してからも、この店に通おうと心に決めた。 このコピペはその後いくつかのパターンの派生コピペも作成されており 本当におやじがおごってくれたという結末となっているものや 天ぷら以外にもとにかく盛りだくさんにしてくれるおやじなどの文章が存在する。

次の

意味がわかると怖くない面白い話 「赤ん坊の口減らし」

バンデージ ゆでたまご

炭治郎:禰󠄀豆子の目にゴミが入って痛がっていたので目薬を差してあげた。 「はいパチパチして」 と言ったところ妹は目をつむったまま、手をパチパチしていた。 炭治郎:そういえば先日友人が 「ヘイ彼女!俺で妥協しない!?」 という新手のナンパが失敗したとぼやいていました。 善逸:ミニストップでファーストフード頼んだ時に 「骨なしチキンのお客様ー!」って呼び出されたんだけど、 なんかすごい罵詈雑言を浴びせられたような気がする。 善逸:今、外で誰もいないと思って「ふぁー」って声出して、背伸びしたら屁が「ブッ」って出てしまったんだが ちょうどそこに宇髄さんがチャリで通ってたみたいで しかも屁を聞かれてしまったらしく、宇髄さんが「プッwグッヘヘヘヘww」って笑いながら、川にチャリごとダイブしていった 善逸:もうマックは行かない。 だいたい生意気なんだよ店員が。 こないだ行って「スマイル下さい」ってオーダーしたんだよ。 「他にご注文は?」っていうから「他はいいよ、スマイルだけで」って言ったら、すごい形相で「スマイルはただいま切らしております!」とか言いやがんの。 ふざけんな! 伊之助:ふざけてんのはお前だろ スマイル切らしてるからすごい形相なんだろうが 諦めておとなしく帰れよ 善逸:俺は、いつ彼女にプロポーズするか悩んでいた・・・ 同棲して3年。 なかなかチャンスがこない。。。 そんな時、思いもよらないことからプロポーズのチャンスがやってきた。 暇だったので彼女と2人でしりとりをしていた。 何周りもしていたため、「け」という言葉で1~2分詰まっていた・・・ 善逸『け・・・け?』 禰󠄀豆子『早く~。 「け」なんかいっぱいあるでしょ』 善逸『け、結婚しよう!』 禰󠄀豆子『うんこ(即答) 』 善逸「じいちゃんなぞなぞ~」 「パンはパンでも食べられないものはなんだっ」 爺「え~、フライパン?」 善逸「ちがう」 爺「パンツ?」 善逸「正解は昨日じいちゃんが一口かじったパンでした~」 爺「・・・」 善逸:羽田空港で所持金200円 どうしよう…だれか助けてください。 獪岳:友達に銀行に金振り込んでもらったらいいだろ UFJなら振込みも24時間できるんじゃなかったか 善逸:空港の銀行って21時までしかやってないんだよお。 しかも東京出てきたばかりでつ。 残り80円・・・もうだめぽお 獪岳:ジュース飲んでんじゃねーよカス [newpage] カナヲ:アオイがピーマンを口にくわえながら料理を作っていたので、「何を作ってるんだろう?」と思いながら、ふとアオイの足元を見ると、そこには「ピーマンをくわえて作る簡単チンジャオロースの素」と書かれたレトルト商品のパッケージが落ちていた。 詰んだ。 しのぶ:よく行くコンビニで冨岡さんと2人で買い物をしていたら、冨岡さんが小声で 「柔らかいナリ!柔らかいナリッ!」と必死でコロスケのマネをしていた。 「はい?何が柔らかいんですか?」と聞くのに「柔らかいナリ!」と何度もしつこいので、 「だから!何が柔らかいのかと聞いているんです!!」と大声を出してしまった。 コンビニが一瞬にして静まりかえり焦る私に半ベソで冨岡さんは「柔らかいナリ。 」と商品を手渡した。 良く見ると「やわらか いなり寿司」と書いてあった…。 冨岡:どうでもいい話だが、昨日、美容院でシャンプーしてる時に 店員「凄く綺麗な顔してますよね、彼女いるんですか?」 冨岡「そんなもの必要ない」 シーン、、、、。 洗い終わって頭上げたら、隣のイス担当の店員の声だった。 冨岡:携帯を変えたら前の携帯と濁点や句読点のボタンの位置が違う。 『はじめまして、こんばんは。 』 と打ったつもりが 『はしあめまして こんはあんはわ』 になってた。 声に出す前にゴクンと唾を飲み込んで、その間に今話し出して良いか判断する時間を作るといい。 俺は小さい頃、友に言われてから実践して「オチョッコイチョイ」と言われなくなった。 しのぶ:残念ながら「おっちょこちょい」は完全にはなおってないみたいですね。 冨岡:柱合会議を見たことがないのか知らないが、参観者は結構な空席があるということが普通ということを知らない人がいることに、驚いた。 柱が減れば、空席になるだろう。 大宇宙の王です。 」 なので、朝から冷や汗がでた。 お館様:毎月定額料払えば使い放題なものはなーんだ? 炭治郎:正社員 甘露寺:あ、あの・・・肉じゃが作り過ぎちゃったんですけど・・・完食しました 甘露寺:「チャーリーとチョコレート工場見たいなぁ」って話したら、「工場が見たいのか?いいぞ。 どこにあるんだ」とマジで言われた。 カウンターでもそもそと牛丼食ってたら、 隣に若い特徴的な髪色の女の人が座って注文を待つ間、ずーっと携帯電話で話してる。 店内に通る声で。 「うん、え? 今? 吉野家。 そうよ、牛丼」 「好きなのよ吉野家の牛丼」 「吉野家は豚丼より牛丼よね、やっぱり」 そんなカンジで携帯越しに会話してますよ。 店員も、その女の人以外の客全員も同じこと考えただろうけど、 明らかにここは松屋なんですよ。 女の人の口から『吉野家』って単語が出るたびに、 牛丼咀嚼しながら「松屋!」って心の中で突っ込んでた。 で、その女の人、注文の料理が目の前に置かれたんで、 携帯切って、割り箸をパチンって割って、 「は~~~~~」って息を吐いてボソっと一言。 「松屋だわ」 さすがに噴いた。 今日久しぶりにレストランに行ってきた。 隣のテーブルにカップルが座っていて、ウェーターが料理を持ってきた。 「鈴木でございます」とウェーターが言った。 カップルの女の方が「甘露寺でございます」、 男の方が「伊黒でございます」と言った。 ウェーターは、背中が小刻みに震えながら、 「本日のお勧めの魚のスズキでございます」と説明していた。 甘露寺:真空パックの冷凍ハンバーグってレンジでチンできますか?料理以前の質問でごめんなさい。 甘露寺:解決しました。 破裂しました。 某喫茶店。 伊黒「好きなのを選ぶといい」 甘露寺「いいんですか!?やったあ~~!どうしようかなぁ…」 善逸 並んでんだよ早くしろよ… 店員「お会計御一緒で宜しいですか?」 伊黒「あ、別々で」 甘露寺「えっ」善逸「えっ」店員「えっ」伊黒「えっ」 [newpage] 医者「バンデージできます?」 無惨「え?」 医者「バンデージ」 無惨「ゆでたまごや・・・」 医者「包帯のきついやつ」 無惨「あ、ああ、はい。 なんとか」 医者「何か言いました?」 無惨「何でもないです」 数秒後、合点がいった医者が吹き出してた。 玄弥:本当に、兄ちゃんには腹が立つ デスノートさえあれば、背表紙の角のところで頭をガッとしてやるのに 玄弥:悲鳴嶼さんと一緒にジェットコースターの順番待ちしてたら、まじめな顔して「混んでるから、座れないかもしれないな。 」って悲鳴嶼さんが言った。 玄弥:テレビの心霊番組でリプレイすると同時にナレーターが「お分かりいただけただろうか……もう一度ご覧頂こう」って言った後に 飯食ってた兄貴がいきなり「おかわり頂けるだろうか……もう一度ご飯頂こう」って呟いたのと同時にベビーカステラ噴いた。 実弥:もぅマヂ無理。 弟が別れたァ。 どんどん分裂してぃまゎ8体になってる。 ぉれに勝ち目ゎなぃんだってェ。 完全にかこまれてる。 っょぃ。 勝てなぃ。 さねみ君は1個70円のりんごと1個30円のみかんを握り潰してこう言いました。 「次はテメェがこうなる番だァ」 実弥:家の裏の路地でにゃーにゃー鳴いてるのを保護した子猫が 真っ黒で目つき悪い上に顔に傷があったから玄弥と名付けたんだが 獣医に連れて行った時 「次は・・・不死川玄弥くーん」って呼ばれて 隣にいた弟がすごい顔で見てきた 実弥:こないだ、休み前に同僚と遅くまで飲みまくってたら悲鳴嶼さんからメールが入った 『件名:玄弥が大変だ 玄弥がベロンベロンに酔っ払って帰ってきて 竈門炭治郎を不死川と間違えて、絡んでいる。 可能なら帰ってきてはくれまいか。 追伸 このままだと、竈門炭治郎がもげる。 』 弟よ、頼むから竈門をもぐな。 弟から 件名:今晩の 本文:晩御飯は何がいい? 俺 件名:カレー 本文:食いてェ 弟から 件名:わかった 件名:ホッケ焼くな... 玄弥、カレーはァ? 伊黒「不死川はメールで絵文字とか使うのか?」 実弥「使ってなかったが、前に玄弥にメールが冷たいと言われたことがあってなァ」 伊黒「ああ、言いそうだな」 実弥「それ以来、マルとテンを全部ハートにしている」 伊黒「は……や、それはどうなんだ……」 伊黒「ハッパかなwwwwwwwwwwwww」 冨岡「棒だろう」 宇髄「棒だよな」 無一郎「棒じゃん」 しのぶ「棒でしょう」 伊黒「ハッパじゃないよwwwwwカエルだよwwwwwwwwwwww」 実弥「棒だっていってんだろォ」 伊黒「カエルじゃないよwwwwwwwアヒルだよwwwwwwwwwwwwww」 杏寿郎「棒ではないのか」 伊黒「ごめん棒だったわ 俺どうにかしてた」 [newpage] 杏寿郎:ファミチキをいただけるだろうか!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 宇髄:いきなりでけぇ声あげんなよ うるせぇよ 杏寿郎: ファミチキをいただけるだろうか 宇髄:こいつ直接脳内に・・・! さっき郵便局にCD発送しに行ったら受付の人がめっちゃ独り言言いながら作業する人で『よもや!これはCD!すなわち、コワレモノシールを貼るのだ!これでもう大丈夫!わっしょい!!!!』と言いながら後ろのカゴに思いっきりCDを放り投げたので、反射的にビンタしそうになりました。 杏寿郎「お父上。 赤ちゃんはどこからくるのでしょうか?」 槇寿郎「赤ん坊はな。 コウノトリさんが運んでくるんだ」 杏寿郎「流通経路の話じゃなくて生産元の話です。 父上は魚の居場所を聞かれて船と答えるのか」 槇寿郎「ちょっと待って」 槇寿郎:うちの息子3歳は私が大便をしてるとドアの外から 「ちちうえうんちしてるのですか?みせてください!」 断るとドアにすがりついて 「みせてください~!」 と涙ぐむので可愛いものだと苦笑して聞いていたのだが 最近では「うんちみせろ!みせろ!みせろお!!」 と叫びながらドアをバンバン叩くようになった 怖い 杏寿郎:二徹した千寿郎を無理やり寝かせたんだが一時間ほど経ったところで「間違えて寝ていました!」と寝言を言うので間違っていないことを説明して再び寝かせた。 有一郎:無一郎が「イチゴジャムをご飯にかけて食べてみたい」というので「好きにすれば」と言ったらかけて食べてた。 無言で首を振ったあと、「これで諦めずにいろんなことにチャレンジしたい」と意味不明なほどに前向きなコメントをしてた。 ロングヘアの小さい男の子が六つ目の男性にアンパンマンのぬいぐるみ指差しながら「うんぱんまん!」って言って男の人が「そうか…運ぶのか…」って言って笑いそうになったけど その後カレーパンマンのぬいぐるみ指差して「キャリーパンマン!」って言って男の人が「こいつも…運ぶのか…」って言って笑った カナエ:昨日しのぶに「大好きよ」って言ったら顔を真っ赤にして叩かれたわ。 照れ屋ね…。 今日病院行ったら、肋骨折れてた。 加減をしてちょうだい….

次の

3名でお待ちのフリーザ様 「この俺より上がいるだと・・・っ!」

バンデージ ゆでたまご

100• 100• 134• 147• 149• 119• 134• 127• 119• 108• 129• 133• 131• 153• 160• 135• 159• 156• 166• 154• 152• 138• 141• 153• 165• 154• 184• 150• 153• 153• 143• 149• 142• 108• 142• 139• 129• 158• 169• 169• 192• 173• 175• 159• 193• 174• 148• 186• 178• 177• 186• 181• 192• 184• 200• 179• 172• 179• 186• 221• 186• 205• 215• 202• 289• 324• 470• 344.

次の