メギド オーダー キー。 【メギド72】万物を裂く雷刃&寄生サボテンチケット周回チャレンジ【32VH】

背中合わせの正義

メギド オーダー キー

常設化について 本イベントは常設化済みです。 過去の期間限定での開催時とは、以下のような違いがあります。 イベント効果のリセット回数は無制限です• 交換所のラインナップに、エンブリオ(若・幼)はありません• エクストラステージにおいて、エンブリオ幼の低確率ボスドロップはありません• 各ステージクリアで、魔宝石を獲得することはできません• 達成ミッションは存在しません• 交換所のRARE表示アイテムをすべて交換し、さらにオーダーキーを使うとラインナップを更新できます。 現時点で確認されているオーダーキーの入手方法は以下の通りです。 期間限定イベントの交換所• オーダーキーを使用すると、 更新前の交換対象は消失してしまうので注意してください。 イベントの進め方 []• イベントステージ(1~5とEA~EC)を順番に攻略し、初回クリア報酬および全員生存報酬を獲得します。 難易度は最後のEC-4で推奨Lv41です(アガリアレプトが仲間になる5-3は推奨Lv27)。 はじめたばかりで戦力が厳しい場合は、育成とメギド強化(後述)を行いましょう。 自分が安定して回れる最高難易度のステージを周回し、魅惑の飴玉を集めます。 基本的に後半のステージほど収集効率は良くなります。 夢のフォトンを使って、随時メギド強化を行いましょう。 ショップ内の「魅惑の飴玉 交換所」でアイテムと交換します。 ただし一日の使用回数(00:00リセット)には制限があり、本イベントでは一日5回までとなります。 とくに「-」は各プレイヤーの状況によるところが大きいです。 ボスドロップ素材は、金>銀>銅で優先度が高いですが、章ボスなど出にくいとされる素材の場合は銅枠でも優先度がやや高めになります。 その他の素材は、主に初心者が詰まりがちと思われる8・14・16・20~24辺りを超える必要があるかどうかを中心に、大まかな優先度を設定しています。 ただし以上すべてにおいて、塔の入手の可否および入手階層、また交換レート自体を考慮しています。 これらを踏まえた上で目安がおかしいと感じる場合は、どなたでも優先度目安を変更していただくことができます。 貴重な自然回復特性ではあるが、 レベルを上げても回復量が増えないため意外と使いどころは難しい。 SSRだが最優先で取得する必要はないと思われる。 今回のイベントでの目玉とも言えるオーブ。 状態異常耐性、列対象かつCT2とはいえ状態異常治療と回復が同時にできると隙のない性能。 とくに召喚で入手できるRオーブ「シルバートーム」(味方全体の状態異常をCT1で治療)を未所持の場合、最優先で取得しておきたい。 9倍]のダメージ。 ラッシュが装備できる睡眠耐性オーブとしては、じつは現時点(2019年6月15日)では最上位の性能。 オーブの進化素材には指定されていない。 37倍]の2連続ダメージ。 特性・技ともに目を見張るものはないが、シアンカラットの進化素材となる点が重要。 オーブ進化は初心者はすぐに手を出す必要はないが、今後のことを考えて交換分だけでも取っておくことをおすすめ。 ドロップ テンプレート [] どなたでも必要に応じて、下記のテンプレートをコピーして各ステージの項目を作成できます(項目作成・情報提供ともに大歓迎です)。 また、有効な妨害手段についての編集ガイドラインはです。 あくまで目安としてですが、推奨Lv50前後以降を一つの作成基準としています。 ただし同じ推奨Lvでもイベントによって難易度が大きく異なることはしばしばあるため、 もう一つの目安として、星6Lv70・イベント効果「未」使用・フルオートでの攻略が難しいような場合に作成する場合が多いです。 EX・SPステージの場合、再挑戦不可能な道中ステージも高難易度化されている場合があります。 この場合も最奥ステージ同様に、必要であれば項目を作成していただけます。 テンプレートの「概要」~「その他」は通例として用いているものですが、必要であれば編集者の方の判断で変更してください。 特にSPステージのような特殊なステージは、場合によってはかなり簡略化していただいても大丈夫です。 ただし他の方があとから加筆・修正しやすいように箇条書き項目で作成することは原則といたします。 推奨Lv60。 ともに睡眠を仕掛けてくる。 またリリムは睡眠になっているキャラ数に応じてステータスやダメージ上昇の能力持ち。 攻撃する際のポイント• スキルレベルが上がると、列を問わず全体に睡眠を仕掛けてくるリリムを先に落としたい。 幸いHPはレヴィエルの半分強。 イベント効果の攻撃力上昇、飛行特効を生かしたい。 飛行特効はムルムルの特性とME、オーブだとラッシュはSRカオスサム、カウンターはR闇の魔剣士、バーストはRイービルアイが代表的。 クラス補正1. 5倍の乗るトルーパーでの速攻もいいが、その場合はワントップ編成にしにくいため睡眠対策を併用したい。 レベルの上がったリリムスキルは全体ダメージだけも厄介になるため、睡眠対策ができている場合もなるべく優先して倒したい。 レヴィエルに関しては種族は物体。 グラシャラボラスの特性・MEなど物体特効も有効。 防御・回復する際のポイント• レヴィエル・リリムともに前衛を狙ってくるためワントップが有効。 リリムのスキルレベル4を除けば、ワントップに睡眠対策で良い。 もしくはあえて対策なしで寝かせてしまってもいい(リリムのステは多少上がる)• 睡眠対策• カウンターだとイベント入手のSRオンリーE1・SSRグラディエーター、召喚入手のSRソウルハガーで無効にできる。 ただしクロケルMEなら完全無効にできる。 イベント効果の状態異常耐性レベルを上げたり、それと全状態異常耐性を組み合わせるなどでも良い• 単純なダメージで怖いのはレヴィエル奥義だが、敵に強化解除はないため、回数バリア・無敵・アタック軽減など取れる対策は多め• その他• リリムのスキルレベルを上げさせないように、なるべくスキルをこちらが優先して取りたい。 マルコシアスなど後列アタッカーを採用する場合も、奥義を無理に狙わずスキル中心でダメージを重ねても良い。 有効な妨害手段 詳細な検証は折り畳みの「耐性一覧表」にまとめています(情報の提供・反映もそちらへ)。 特に有用と思われるもののみ表外に抜粋して紹介。 リリム:• レヴィエル:• 備考: EX-2「サキュバス暴走体&サキュバス&アガリアレプト」 []• 推奨Lv60。 強力な攻撃と妨害能力を持ち合わせた暴走体、ゲージがすぐに溜まるサキュバス、ターン経過で技が強化されるアガリアレプト。 推奨LvはEX-1同等だが前列・後列狙い混合編成の上に妨害も豊富でかなり難易度が上がる。 苦戦する場合はイベント効果のレベルをしっかり上げたい。 攻撃する際のポイント• 編成の形や誰から倒すかで戦術が分かれることも考えられるが、代表例として暴走体から倒す方法を中心に紹介。 サキュバス暴走体から倒す場合• 高い攻撃力と列妨害を持つ暴走体から倒すパターン。 種族に悪魔が含まれるため、マルコシアスで大ダメージが狙える。 暴走体のスキル奪取で妨害されやすいため、後述の奪取耐性を付けたり、シャックス・インプの感電で妨害するなどの対策を組み合わせること。 そもそも3ターン目までに倒せればそれが良いが、序盤は感電・めまいで妨害しつつ3ターン目に一気に撃破という手も取れる。 感電特効自体は他二人にも有効。 その他の場合• 引き寄せ&強化解除持ちのサキュバスを速攻した場合、ワンボトムで暴走体の攻撃を誘導しつづけることも可能。 ただし敵の高い攻撃力とクラス補正1. 5倍でダメージが大きくなるため、イベント効果のダメ軽減を積んだり、回数バリアや無敵など工夫が欲しい。 防御・回復する際のポイント• この形で壊滅するのを避けることを中心に考えたい。 耐性をつける• 引き寄せやフォトン奪取の耐性を利用して妨害を避けるパターン。 イベント効果と汎用の状態異常耐性を組み合わせても良い。 耐性は低いがサキュバスのスキルは低確率に抑えられる。 状態異常などで妨害• 3体のいずれも(若干の耐性はあるようだが)感電・めまいが有効。 上手く使えば敵の多くの行動を封じつつ有利に戦える。 もちろん耐性と組み合わせても良い。 覚醒減少も入る敵が確認できているため、感電・めまいとは別手段で持ち込むと覚醒スキルや奥義を妨害しやすい• その他• サキュバス・アガリアレプトに関してはヴィータ体AIのため、(クラス補正優先の次に)HPの低いキャラを的確に狙うため注意• 引寄せで列を揃えられてしまうことを逆に利用して、列回復オーブ等でまとめて回復するという手もある• 3体ともに前列に揃っているため、マルコシアスの覚醒スキルなど列妨害も有効• 単純に盾役のかばうも有効。 アガリアレプトの低倍率連撃や、サキュバススキルによる奪取も妨害しやすい。 暴走体のアタックをクラス補正なしで受けられるのも大きい。 確率は低めだが混乱が意外と厄介なため、シルバートームなどの治療持ち込み、ヒーラーにシアンカラット装備でかかる確率を下げるなども有効。 有効な妨害手段 詳細な検証は折り畳みの「耐性一覧表」にまとめています(情報の提供・反映もそちらへ)。 特に有用と思われるもののみ表外に抜粋して紹介。 サキュバス暴走体:めまい、感電• サキュバス:めまい、感電• アガリアレプト:めまい、感電• 備考: EX-3「ヴィルイトン&ルネーシャ&ラプダ」 []• 推奨Lv???(最高難易度表記)。 有名ブランドのアナグラムとなっている3種の敵。 ルネーシャは味方が減ると攻撃力の上がるアタッカー担当、また攻撃力低下役も兼任。 ラプダは味方が減ると防御力が上昇するヒーラー担当、また覚醒増加役も兼任。 攻撃する際のポイント• 以下、考えられる対策の例。 弱体無効・弱体治療• サルガタナスはバースト、ウァサゴはラッシュに弱体無効を付与できるMEを持つため、スキルの攻撃力低下(弱体)を弾ける。 ただし、この場合でも地形による攻撃力低下は発生するため、アタッカーには飛行特性持ちが適している(この点で飛行の少ないラッシュは不向き)。 また弱体治療ができるオーブのR魔導の書を使っても良い。 ただしこちらも地形の影響は無効にできない。 地形無効• 開始直後に奥義で高確率で氷結にされる、ルネーシャがゲージ2のため攻撃力低下スキル使用頻度が少ないなどの点から、弱体無効よりこちらを優先しても良い。 飛行特性持ちキャラ、ウァラクME、また召喚SSRとなるがSSRインベイルが地形無効の手段となる。 ハイドロボム• ボスは防御力が高いが、ボム爆破の目安となる3T目には384(4T目なら0)まで下がるため、Hボムで十分なダメージを与えられるようになる。 Hボムのダメージは攻撃力に影響されないため、攻撃力低下も無視できる。 ただボスよりもルネーシャを倒すための重ボム付けが大変となりやすく、必ずしもHボムが最適解とは言えない印象。 場合によっては他手段の攻略も検討したい。 5でもやや足りない。 そのためウェパルにオロチを装備、ヒュトギン奥義を使う、(フラウロスBのかわりに)シトリーR覚醒スキルを時間をかけて付ける、終告賽クライスを使うなどの工夫を幾つか取り入れる必要あり。 ただフォトン運も絡んで3ターン終わりまでに理想の状況を作るのは体感としてはなかなか大変なため、4ターン目撃破狙いの方がいいかもしれない ただ攻撃力の上がったボスの攻撃が4ターン目に来るときついため、範囲回数バリアやフォトン破壊などの手段を用意しておくとやや保険となる。 キャラLv70&点穴100ならば、取り巻きなら1発、ボスなら2発で倒すことができる。 ただし全体回数バリアを張られやすいためその対策などに工夫が必要となる。 固定砲台の場合、点穴90になるとルネーシャをぎりぎり落とせない。 そのため1T目に攻撃低下を受ける前にどちらかのルネーシャをスキルで点穴を溜めつつ軽く削っておくと良い。 その後、ボスに対しては次ターンで12800。 これに誰かの点穴で20000を足せばボスが倒せる。 ただしターン経過で攻撃力の上がったボスが殴ってきた場合など事故要因はあり。 固定ダメージ• 敵HPが低いため十分有効。 もしフォトン破壊や全体化などとも組み合わせるとことができればさらに有用。 ただし使用頻度がそこまで高くないとはいえ強化解除がある点には注意。 具体例としてアンドレアルフスが奥義で追加ダメージを自身に付与し、さらにフォラス覚醒スキルで全体化してひたすらスキルを積めば敵にほぼ行動させずにそのまま倒すことも可能。 1ターン1巡目から火力が出せる編成にして、奥義を使われる前にルネーシャを倒してしまうパターン。 ただしルネーシャ2体ともに奥義を使わせないためには、ルネーシャ2体目も1巡目に倒せる火力、ないしはフォトン運が絡む。 以下、順に説明。 よって1体目のルネーシャを撃破後にターゲットが外れた場合、2体目を一確できる火力を持つキャラでないとラプダを狙ってしまう。 よって、(1体目に関しては一確でなくともよいが)2体目を一発で倒せる火力が必要となる。 これは可能ではあるが、かなり手持ちへの条件が厳しくなる。 ただし、多少のリトライ前提であれば「ルネーシャが2体とも1巡目にアタックを積んでしまう」状況さえ避ければよい。 1体だけならば1巡目で集中攻撃でアタックを積んだ方を倒し、2体目は2巡目で倒せばよい。 最初の5個にアタックが2個以下ならばこの状況は作りやすく、フォトン運は絡むがリトライを何度かすれば達成しやすい。 ・ラッシュ(とくにパイモン等の初期覚醒増加ME持ち)による攻撃。 ウァサゴ奥義やボーパルバニーフォラスなどがあるとさらに楽だが決して必須ではない。 一確にダメージが届かずターゲットが上手くいかない場合、特効オーブも使いたい。 ・マルコシアスのスキル。 装備は素早さが1足りないためR火殻竜かSSRエージェント。 アンドロマリウススキルがおすすめだが、マジックラットナベリウスとレッドウイングフォラスorメフィストCスキルなどでも可の計算。 するとボスが覚醒してしまい、2ターン目奥義を受けるリスクが高まる。 これを避けるには、ラプダを倒してしまわない程度に火力を留めること。 その他の攻略案• 攻撃力低下の影響を受けないものとしては、他にもエレキや防御力依存ダメージなどもある。 ボスとルネーシャ2体をなるべく一気に倒したい点でこの戦闘ではやや使いづらさはあるが、他の手段と組み合わせるなど考えてみても良い。 メフィスト覚醒スキルはHP33. これを列化・全体化すれば前列をまとめて一掃することも可能。 協奏でのクリア報告や、地形の氷結が切れたタイミングで攻撃を仕掛けるというパターンでの攻略例もあり。 その他も含めて詳しくは• 倒す順番について• ボスとルネーシャの2体どちらを先に倒すかは戦術によって分かれやすいと思われる。 ただしボス1体を倒した時点で2体の危険度が跳ね上がるという点ではルネーシャを先に倒した方が良い場合が比較的多いか。 とはいえ、ルネーシャを倒して味方が減るとボスがフォトンを積む確率も上がるし、なるべくどちらかを倒したら続けてもう一種を即座に攻撃できるように戦局を組み立てたい。 無論、同時撃破を狙っても良い。 ルネーシャには(耐性は多少あるが)ノックバックも有効。 なおいずれの場合でも、両端のラプダは撃破優先度は低い。 攻撃能力はほぼないため、最後に残っても時間をかけてゆっくりと倒せる。 防御・回復する際のポイント• 序盤はルネーシャの奥義と地形ダメージを除けばそれほど痛い攻撃はない。 ただし全体がじわじわと削られやすいため、可能なら範囲回復が得意なキャラを入れたい。 被ダメで奥義のレベルも上がりやすいマルバスはとくに相性が良い。 フォトン破壊がボス・取り巻きともに比較的入りやすい。 とくに攻撃力の上がったボスの行動を妨害するのに適している(回数バリアなどは取り巻きとのあいだに割り込めるキャラが少なくやや使いづらいため) そのほかルネーシャの強化解除スキルを潰すなどにも使える。 その他• 攻撃力に依存しない手段で戦う場合、イベント効果のレベルをいったんリセットしてダメージ軽減最優先に振り直すのも良い。 特に有用と思われるもののみ表外に抜粋して紹介。 ヴィルイトン:フォトン破壊• ルネーシャ:フォトン破壊• ラプダ:フォトン破壊• 備考:• ルネーシャにアタックフォトン取られたらアンドレアルフスのスキルで壊す。 ルネーシャ2体倒したらボスをボコボコにする。 かと言ってこちらがアタックを取りまくるとラプダに矛先が行ってボス奥義でチリにされるのでウァサゴ奥義以外は奥義or覚醒スキル1人、通常スキルかアタック1人程度に留めてルネーシャ1匹を確実に潰す。 多少溢れても気にせずチャージを優先して取ってボス奥義対策。 余剰チャージやアタックはアンドレアルフスとウァサゴに回してアンドレアルフスは覚醒次第奥義、ウァサゴは覚醒状態にしておく。 次ターンで残りのルネーシャとラプダを撃破。 覚醒状態のボスを総攻撃 ここでRアモン覚醒スキルが撃てれば良かったけど間に合わなかったので固定ダメージフルボッコで潰しました あとはご自由に。 ウァプラRは硬いラッシュなら誰でもいい。 あっという間に敵は溶ける。 多少運が絡む。 ルネーシャを倒す。 ルネーシャにアタックを取らせる どうせ固定ダメージなのでスキルで解除されないように。 ルネーシャ一体目を倒すとトルーパーのラプダを優先してしまい殺して、ボスの覚醒満タンになるので殺さないように注意。 余ったフォトンでアンドラスのゆっくり歩くスキルを眺める。 もしボスの覚醒が溜まりそうなら優先してパイモンスキルで覚醒を減らす。 インサニティやミミックなどで 二体目ルネーシャ撃破。 氷結が切れていればゼパル素殴り スキル で撃破できる。 ブニ回復、盾役だがボススキル庇う無視なので体力があって速いキャラであれば誰でも良さそう。 回復疎かにしたので2回目くらいでクリアしました。 ベリアルでぶん殴る。 右二体は自由枠。 この二体の行動は敵より速いため比較的簡単に瀕死を逃れることが可能です。 火力面としてはベリアルを採用。 一ターン目にスキル1とサラが点穴をばら撒けば三ターン目にはオーブからボスを倒しにいけるのでこれが基本の動きになります。 ボスを倒したら次はルネーシャを倒しましょう。 基本的にヒーラーとベリアルでパーティは完結していますが、ミミックとたまたま持ってたクルルがクエスト相性がいいためそれに適した二体を選択しました。 ゼパルとマルコで1体目を落とし、特攻込みのウヴァル覚醒でもう一体をワンキル。 あとはヴィルイトンから倒せばOK。 無敵壁を随時剥ぐのを忘れない。 メイン戦力はベリアルですがチャンスがあればレラジェも加わって削ると打ち損じが減ります。 とにかくユフィールのスキルと奥義をがんがんまわすのが大事。 メイジマーマンは保険なので他の何かでもOK。 固定ダメ付けてひたすら殴り、マルバスにチャージを回して適宜奥義を使えばOK。 全体攻撃ばかりなのでカミハカリより回復を持ち込んだほうが良かったと思う。 強化解除には注意。 アンドロマリウスとフォラスはほぼ置物だったのでオリアス等でも良いかもしれない。 3ターン目辺りでボスの防御が落ちてきたらリリムで強化した奥義を連発してボスを倒す。 その後はマルファスでルネーシャのフォトンを奪って攻撃の芽を摘みつつ、列奥義のタイミングを合わせて一掃する。 空白行は自動削除されます。 概要自体の省略は可) region 詳細 3行以上になる攻略の詳細はここに入れてください(この詳細部分も空白行は禁止です) 霊宝による影響が攻略上大きい場合は、それについてもここに記述してください。 また混乱を避けるため「R」をリジェネレイトの意で使うのはお控えください。 ドロップ率の変化は不明ですが、これまで復刻でその種の対応があった記憶はないのでおそらくそのままかと。 なおエンブリオやゴールドオイル回収ぐらいの周回だとこちらもドロなしです。 いま育成にもSTを割かなきゃいけない状態なので平均すると毎日STにして200行かない程度をイベント周回に使っているけど、ワンダートラベルx5、オルトロスx5、ウルフマンx2、ファミリアンx2 なので結構落ちてる印象だけどな。 今2回リタマラしたら落ちた。 EX勝った! メギド72完ッ!! 冗談は顔だけにして、70ゼパルでひたすらキルだけの攻略法でした。 ただし1ターン目、フォラスで強化しつつ、氷結使う奴らを先に奥義で潰しておくのが前提で、多少運が絡んだ。 今回EX-3を点穴で行くならベリアルとサラ+全体ヒーラー+自由が割といい。 もうイベント終わりか。 攻撃寄りの取り巻きから潰して、ボスには奥義を使わせない、ってのがウチのクリア時の方針だった。 ルネーシャの強化解除さえ使わせなければ全体化したアンドレアルフスのスキル連打が一番楽だった。

次の

2/28(金)アップデート内容

メギド オーダー キー

約700回の連載の歴史を辿る『熱血パズドラ部!』のムック本• のモンスターメモリー付!• (パズドラ本編でも使用可)• 好評発売中! パワーアップして欲しいお正月仕様モンスターに投票しよう! 『パズドラ』にて、新春特別企画としてお正月仕様モンスターのアンケートを2020年1月6日より実施。 その結果で得票数の多かった上位3体をパワーアップすることを発表した。 3:パワーアップして欲しいモンスターを対象リストから選択して回答で参加終了。 約700回の連載の歴史を辿る『熱血パズドラ部!』のムック本• のモンスターメモリー付!• (パズドラ本編でも使用可)• 好評発売中!.

次の

イル・メギド

メギド オーダー キー

リャナンシィの入手 一応目標はSSRオーブ「リャナンシィ」のGETです。 最終まで限凸させるのもなかなか大変そうですが、しばらくはコレにかかりっきりになりそうな予感。 後は交換 各種エンブリオ若をGETする、と。 エリゴスとゼパルCが来てくれたのでいいタイミングでエンブリオ補給になるな。 後はオーダーキーも希少なのでGETしておかないとですね。 10000稼ぐより普通に討伐頑張った方がよさそうだ。 この辺りのバランスは正直謎ではあるが…。 レア素材なんかも換えておこうと思います。 異界の香木とかたまになくなってるんで補給しとこ。 最近の投稿• 最近のコメント• に 匿名 より• に 匿名 より• に 宗一 より• に ナスベン より• に コンブ より アーカイブ• 104• 83 カテゴリー• 123• 153• 103• 116• 44 姉妹サイト.

次の