まっしぐら 意味。 驀地【まっしぐら】の名前の由来とは?|名前の由来語源なら《ユライカ》

青春(せいしゅん)の意味

まっしぐら 意味

売上トップを達成できるように、 勇往邁進していこう。 この場合は、 「売上1位を目指して、とにかく突き進む」ということですね。 具体的には、• 「他のことには目もくれないほど、仕事に集中する」• 「失敗を恐れずに、とにかく成果を出すことに力を注ぐ」• 「1位を達成するためなら、どんな努力も怠らない」 といったことです。 このように、 「 目標や目的に対して、一直線で突き進む様子」を 「勇往邁進」と言うわけです。 言葉の意味を補足すると、 「 勇往」は「 勇気を出して行くこと」 「 邁進」は「 恐れることなく進むこと」 を意味します。 つまり、どちらも「 勇ましく進む」 という意味が共通しているわけですね。 あえて同じ意味を重ねることにより、 「 ためらわずに突き進むこと」を強調しているのです。 「勇往邁進」には「目標に対してまっしぐらに進む」 というその人の今後の方向性が表れています。 言いかえれば、「 努力の宣言」のようなものです。 したがって、この言葉は 「 原則として良い意味で使う」と考えてください。 今年は成長の年となるよう、 勇往邁進いたします。 勇往邁進のごとく、目標に突き進むつもりです。 年賀状というのは、 上司や同僚・親戚などに新年の挨拶をするものですよね。 この時に、 「 今年一年の抱負を宣言する」という意味で、 「勇往邁進はとても使いやすい」と言えます。 なぜなら、 年賀状などの正式な文面では、 漢字を使った方が場が改まるからです。 単に「がんばります」と言うよりも、 「 勇往邁進いたします」の方が知性があるイメージですよね。 これは年賀状に限らず、 「ビジネスメールなどにも当てはまる」と言えるでしょう。 このように、 自らの目標を公的に表明するような時に、 「勇往邁進」は大変便利なわけです。 「戦いに対し、恐れているさま」から。 こちらは、 何かに対しておびえたりびくびくしたりといった四字熟語です。 「勇気がない様子」を表した言葉が反対語となります。 勇往邁進の英語訳 続いて、「英語訳」です。 「勇往邁進」は、「英語」だと次のように言います。 「 push forward(前に進む)」 「 dash and go(突進して行く)」 「push」は「押し出す」「forward」は「前へ」という意味なので、 「前へ押し出す」=「前に進む」という訳になります。 また、「dash」には 何かに向かって「突進する」という意味があります。 これに「go」を付けることで、「突進して行く」という訳として使えます。 例文だと、それぞれ以下のような言い方です。 (今年は勇往邁進して仕事を行うつもりです。 ) He is full of dash and go. (彼は勇往邁進に富んでいる。 ) スポンサーリンク 勇往邁進の使い方・例文 では最後に、「勇往邁進」の使い方を 例文で確認しておきましょう。 大学合格という目標に向かい、 勇往邁進していくつもりだ。 高校球児は、全国制覇を目指して日々 勇往邁進している。 勇往邁進、少しでも実績を上げることに尽力してください。 上場するためには、社員一人一人が 勇往邁進する必要がある。 彼がプロ選手になれたのは、幼少期から 勇往邁進していたからだ。 勇往邁進して、自分の進む道を信じることが大切です。 ビジネスで成功するには、「 勇往邁進」が欠かせない。 「勇往邁進」は、 目標を設定する幅広い対象に対して使うことができます。 元々は、 「軍隊の兵士が勇ましく攻める様子」 として使われていました。 しかし、現在では軍隊よりも ビジネス(年賀状・メール)やスポーツ・学業など に使うことが多いですね。 ビジネスでは、すでに説明した通り 今年1年の抱負やスローガンを述べる時に使います。 また、スポーツや学業では、 全国制覇、大学合格など何か大きな目標を達成するために使うことが多いです。 いずれの場合も、 勇往邁進は良い意味として使えますので、 状況に応じてうまく使い分けるようにしてください。 関連: まとめ 以上、今回の内容をまとめると、 「 勇往邁進」= 目標に向かって、脇目もふらず勇ましく進むこと。 「 語源」=勇気を出して、恐れることなく進むことから。 「 類語」=「 直往邁進・勇猛邁進・獅子奮迅・奮闘努力・猪突猛進」 「 対義語」=「小心翼々」「戦々恐々」 「 英語」=「push forward」「dash and go」 ということでした。 人は大きな行動をする前に必ず目標を決めます。 そして、目標を達成するために様々なアプローチを試みます。 「勇往邁進」とは、その中でも 「最短距離でまっすぐ突き進む様子」を表しているわけですね。

次の

「勇往邁進」とは?意味や使い方を解説!

まっしぐら 意味

まっしぐらとは まっしぐらは、母「奥羽341号」父「山形40号」を交配させ育成した、青森のブランド米の一つです。 そのデビューは平成18年と比較的新しいお米ですが、現在では、青森県内の様々な地域に普及しています。 このまっしぐらという名前の由来は、食味・品質をまっしぐらに追及していくという意味が込められています。 まっしぐらの掛け合わせ 母「奥羽341号」父「山形40号」を交配されています。 この交配からも分かるように、東北の土壌に適した配合です。 また、いもち病抵抗性が高いだけでなく、収量も多く食味にも優れています。 病気に強く粒ぞろいが良いのが特徴で、ブレンド特性にも優れています。 まっしぐらの味 まっしぐらは、食味の向上に加え、炊上がりが白くつやがあり、粒ぞろい・粒張りなど外観の良さが特徴の品種です。 これまで青森米といえば「」が有名でしたが、その「ゆめあかり」よりも食味に優れていると言われています。 また、まっしぐらは、適度な弾力もあり、粘り気が少ないという特徴があり、味がさっぱりとしていて、粒がしっかりとしています。 まっしぐらに合う料理 まっしぐらは、弾力のある食感のため、若い方にも好まれる食感です。 そのため、カレーや汁物などの料理との相性が良いことも魅力の一つです。 また、価格的にも比較的求めやすい設定で、優良なブランド米として価格面でも魅力的なお米です。 値段も非常に安く売られていて、安いお米は美味しくないだろうなと思いつつ、お試しの気持ちで買ってみましたが、食べてみたらものすごくおいしくて、それ以来、まっしぐらひとすじです。 お米の粒が大きめで、もちもち感はなく、どちらかというとさらっとした食感です。 あまりもちもちねちっとしたお米が好みではない人はハマると思います。 粘り気は少ないけれど、甘みがあります。 最近は人気もでてきたのか、値段もそこそこ高くなってしまい、残念です。 特売でまとめ買いしています。

次の

みんなが「子孫繁栄」にまっしぐら。 インドの結婚式に参列したら「結婚」の意味を考えさせられた。

まっしぐら 意味

愛死天流(あいしてる)=愛している 院卒(いんそつ)=少年院卒業の略。 少年院を出た人のこと。 車高短(しゃこたん)=車の車高を低くすること。 素手喧嘩(すてごろ)=武器なしの素手での喧嘩のこと。 走死走愛(そうしそうあい)=車やバイクで走ることに命を懸けているという不良達の熱い意気込みを表す言葉。 語源は相思相愛といわれています。 ゾッキー(ぞっきー)=暴走族の略語。 単コロ(たんころ)=単車・バイクのこと。 仏恥義理(ぶっちぎり)=群を抜く速さのこと。 マブい(まぶい)・ハクい(はくい)=イカしている、美しいなどの意味。 本気(まじ)=ほんきのことです。 万券(まんけん)=諭吉さん(一万円札)のこと。 洋ラン(ようらん)=必要以上に長い丈の学ランのこと。 これ以外にもかなりありますので、今回はこの辺でご了承下さい^^;.

次の