ル クルーゼ 鍋。 【楽天市場】EOS キャセロール 20cm 公式 ル・クルーゼ ルクルーゼ LE CREUSET 鍋 両手鍋 新生活 母の日 送料無料 結婚祝い プレゼント 贈り物 ギフト お祝い 2020 お中元 出産内祝い 結婚内祝い 誕生日プレゼント:ル・クルーゼ公式ショップ

ル・クルーゼの鍋のおすすめ12選。人気のサイズや形をピックアップ

ル クルーゼ 鍋

By: ル・クルーゼは、フランスで1925年に誕生し、世界中で愛され続けているキッチンウェア。 鋳物ホーロー鍋のバリエーションが豊富で、デザイン性と機能性を兼ね備えた万能鍋として、不動の人気を誇ります。 鋳物とは、高温で溶かした金属を型に流し込んで固めた金属製品。 鋳物の鍋は熱伝導と蓄熱性に優れ、食材が煮崩れしにくいのが特徴です。 また、ホーローとはエナメルコーティングのこと。 臭いや汚れが付きにくく、耐衝撃性に優れているのが特徴です。 ル・クルーゼの鍋のホーロー加工は、自然由来の原料を使用しているのもポイント。 ただし、強火での調理や空焚き、急冷は、ホーローが破損する可能性があるので注意しましょう。 さらに、鍋蓋がドーム型の形状をしていることで、熱と蒸気が食材を包み込むように対流します。 鍋蓋に付いた3ヵ所のスチームポイントが、料理の雑味を逃がし、甘みとうま味を引き出します。 ル・クルーゼの鍋の選び方 種類で選ぶ ココット・ロンド By: 鮮やかな色彩が目を引くル・クルーゼの鍋。 なかでもオレンジは、1925年の創業当時初めて発売した鍋のカラーであり、現在ではル・クルーゼのイメージカラーとしても定着しています。 また、深みのある濃厚なチェリーレッドも、オレンジと同様に定番カラーとして人気。 初めてル・クルーゼの鍋を購入する方や、鍋以外のアイテムを購入する際に色を揃えたい方におすすめです。 また、色彩豊かな鍋のなかで、異なる魅力を放つのがマットブラック。 鍋全体が深みのあるブラックで、土鍋のようなどっしりとした佇まいが魅力です。 鍋の内側には「マットホーロー加工」が施され、油なじみがよく焦げ付きにくいのもポイント。 さらに、ル・クルーゼの鍋は、新色や限定色が毎年発売されています。 異なるカラーであっても、鍋の質感やフォルムから、どこか統一感があるのがル・クルーゼの魅力。 定番カラーの次は、好みのカラーを購入してみるのもおすすめです。 ル・クルーゼの鍋のおすすめモデル シグニチャー ココット・ロンド 20 日本人のライフスタイルに合わせて開発された鍋、ココット・エブリィ。 最大の特徴は、鍋底の径が小さくコンパクトな設計でありながら、十分な容量の調理ができる鍋の深さ。 炊飯や煮物はもちろん、少量の揚げ物にも最適です。 別売りのインナーリッドと呼ばれる中蓋を使用すると、吹きこぼれが防げます。 また、鍋の内側は、油なじみがよく焦げ付きにくいマットホーロー加工が施され、扱いやすいのも魅力。 丸みのある可愛らしいフォルムで、機能性・デザイン性を兼ね備えた鍋として人気があります。

次の

【楽天市場】鋳物ホーローウェア:ル・クルーゼ公式ショップ

ル クルーゼ 鍋

2kg・3. 6kg・3. 7kg・3. 1kg・3. 1L・34,560円 主なポイントとして4つを比較してみました。 無水調理ができるのは バーミキュラと ストウブ。 密閉性が高く、水を入れなくても野菜の水分などで調理できます。 底にリブというデコボコになっているのが バーミキュラ。 グリルパンのような形状で焦げ付きにくくなっている一方、いったん焦がしてしまうと落としにくいという特徴があります。 内側の素材はストウブだけが、 エマイユ加工が施され、ザラザラになっています。 食材との接点が少なく焦げ付きにくいのが特徴です。 また鍋の内側の色は、 ストウブだけが黒で、着色の心配がなく、汚れが目立ちにくいです。 逆に他の3つは内側は、クリーム色または白で 煮汁の色が見えて料理が作りやすいというメリットがあります。 22cmのお鍋で重さと容量と値段(公式サイト)の比較してみると、 たっぷり入って値段が安いのが ストウブとバーミキュラ。 重さが重いのはバーミキュラ。 容量たっぷりな割にお値段も安く、重さも軽め、で無水調理ができる ストウブがバランスがよいのかなと思います。 どこの国のメーカーか? ストウブ、ル・クルーゼ、シャスールは フランス。 バーミキュラのみが日本です。 鋳物ホーローの歴史があるフランスのものの方がホーローがしっかり施されて剥がれにくいという口コミもあります。 バーミキュラはモノづくり日本のお鍋。 日々改良されていて、他社にはない、再コーティングできる リペアサービスがあるのが特徴です。 また、 公式サイトは好みもあるかと思いますが、 一番整理されていて見やすいと感じました。 オーブンが使えるのは? フタを閉めてオーブンに入れられるのはつまみの素材によります。 バーミキュラ、ストウブは、ツマミがステンレス製になっているのでそのまま入れることができます。 ステンレス製のツマミのものもあります。 色やサイズ展開が豊富なのは? 色の印象としては、 黒のストウブ、オレンジのル・クルーゼ、パステルのシャスール、ナチュラルのバーミキュラ。 ストウブとル・クルーゼはビビッド原色カラーが多い。 シャスールとバーミキュラや優しい色合いのものが多いです。 リペアサービスにより色が変えられるのはバーミキュラだけ。 ストウブやル・クルーゼは形もオーバル(楕円形)がありお米を炊く専用のお鍋やデザインに凝ったものなどがあります。 購入しやすいのは? シャスール、ストウブ、ル・クルーゼは公式オンラインショップ他、アウトレットや、百貨店、その他お店で手軽に購入できます。 amazonや楽天などネットショップで買うと公式サイトよりも安いこともあり、探せばお買い得商品が色々ありそう。 今はすぐに買えますが、バーミキュラは、私が購入したときには、10ヶ月待ちでした。 バーミキュラを選んだわけ 購入時、私もこれら4つを比較して検討してみました。 他の3つのメーカーに比べ、バーミキュラだけが色やサイズ展開も少ないし、鍋以外の商品数も少ないです。 逆に私にはその方が見やすかった。 というのも、色もサイズも形もありすぎると迷いまくってわからなくなってきます。 バーミキュラなら買うなら22cmしかないと思いましたし、色もベージュとグリーンで、と最後まで迷いましたが、リペアサービスがあるので、飽きたら色を塗り替えてもらったらいいなと決断できました。 他には、• 無水調理ができる• メイド・イン・ジャパンで公式サイト+アフターフォローも丁寧• ナチュラルカラー• 容量に対しての値段の安さ といったことが決め手となりました。 特にメイド・イン・ジャパンというのは結構重要ポイントです。 やはり日本の手仕事って細かくて丁寧。 バーミキュラを作る愛知ドビーの工場はテレビや雑誌でよく紹介されます。 ホーロー加工は他社の方が優れているという意見もありますが、まだまだ歴史が浅いので、これから向上していくのではないかという期待値もあがります。 他社メーカーのものでは、公式ショップで購入すれば大丈夫だと思いますが、アウトレットやネットショップで購入したものは当たりハズレもあるようです。 私が注文した時には、注文から届くまで10ヶ月。 毎月、メールがやってきて、注文したことすら忘れてしまった・・ということにはなりません。 毎月もうすぐ、もうすぐと待つ間にだいぶ愛着がわきました。 マックスに高まった頃に鍋が到着。 やっと生まれたこどものように迎えることができました。 管理人のニャーです。 掃除、洗濯、料理など暮らしに便利で役立つグッズをさがしています。 - 531,341 views• - 454,097 views• - 400,153 views• - 371,998 views• - 263,849 views• - 260,102 views• - 248,836 views• - 243,813 views• - 176,211 views• - 175,575 views カテゴリー•

次の

ル・クルーゼの鍋のおすすめ人気ランキング10選【ご飯を炊くのにぴったりのタイプも!】

ル クルーゼ 鍋

多くの人が憧れる「ル・クルーゼ」。 でも憧れだけでは決断できない鍋選びについて、スタッフで座談会を開催。 「欲しいのに、持っていないのはどうして?」。 全員に共通する3つの理由に、ル・クルーゼ愛用スタッフが答えます。 時短家事につながる使い方や、洋食や洋風の煮込み料理だけでなく、とくに離乳食や和食にはもってこいの鍋だと、店長佐藤が体験談を交えて語ります。 ホーロー鍋はお手入れ簡単、焦げの心配無用など意外な発見に満ちた内容です。 編集スタッフ 寿山 あこがれだけでは決断できない? 今回のBRAND NOTEは、今年5月にお届けした「に続く第2弾です。 「いつか使ってみたい」と思う女性も多いであろうキッチンウェアブランド「ル・クルーゼ」。 かくいう私もそのひとりです。 個人的な話になりますが、7つ年上の姉が新婚当初、オレンジ色のココット・ロンドでビーフシチューを作っているのを見て「お嫁に行ったら、私も買うんだ」と夢見ていました。 いつの間にか機会を逃しつづけて、気がつけばわが家のキッチンにはステンレスやアルミの鍋ばかり…… 「いまだに持っていないのはなぜだろう?」 ともに働くスタッフに話を聞いてみると、じつは私と同じような心境の女性が、意外とほかにもいることがわかりました。 (この記事は、クライアント企業さまのご依頼で製作する「BRAND NOTE」という記事広告コンテンツです) 欲しいのに、いまだに持っていない理由は? 左上から時計まわりに編集チームの津田、わたし寿山、齋藤、デザインチームの佐藤 クラシコムにも「ル・クルーゼ」にあこがれを抱くスタッフが多くいます。 どのシリーズを持っているかアンケート調査をしたところ、定番の「ココット・ロンド」を持っていたのが店長佐藤とスタッフ塩川の2 名。 その他のスタッフが、欲しいのに持っていないのはどうしてだろう。 いまだにル・クルーゼを持っていない3つの理由 (1)思いきって買っても使いこなせる? (2)お手入れや収納に困らない? (3)すでに鍋はいろいろ持っているし…… 生活感たっぷりのトークで、メンバー全員に共通していたのがこちらの3つ。 夢見る気持ちに反して「お財布を開くならリアルな体験談が知りたい」という、女性らしいシビアな目線がありました。 そんな疑問と不安に、実生活でル・クルーゼを長年使っている店長佐藤とスタッフ塩川が答えていきます。 愛用スタッフはこう使っています。 スタッフ塩川 ル・クルーゼ愛用歴:5年 砂肝のコンフィ。 秋刀魚をオリーブオイルに浸して、唐辛子と煮込んでもおいしいそう 思いきって買っても使いこなせる? 塩川 「『使いこなす』という発想さえしていなかったくらい、手軽においしい料理ができる鍋だと感じています。 よく旬の野菜を鍋に入れて、オリーブオイルと塩を振って蒸し焼きにしていて。 均一に火が通るから、素材の味が引き立って塩だけでおいしく仕上がるんです。 塩もみした砂肝と野菜、鷹の爪を鍋に入れてたっぷりのオリーブオイルで浸し、弱火にかけたら音楽を聴いたり本を読んだりするそう。 放っておくだけで、1時間後においしいコンフィが完成するといいます(お好みでニンニクを入れてもおいしいのだとか) コンフィを煮込む間は、ソファで雑誌を読んだりコーヒーを飲んだりと、くつろぎのひと時 お手入れや収納に困らない? 塩川 「20cmのココット・ロンドを使っていますが、重さへのストレスはそう感じていなくて。 取り出しやすいように、コンロ下に収納しているからでしょうか。 重たいことは事実ですが、この重さで料理がおいしくなるんだと思います。 それにフタが重たいから、吹きこぼれしにくいんですよ」 ちなみに塩川は、本体とフタの間に付属品のプラスチックをはさむことで傷やサビを予防しているといいます。 すでに鍋はいろいろ持っているし…… ココット・ロンド 20cm、2. 4L ほか 18cm のステンレスの鍋、ソースパン 13cm 、 無水鍋 24cm 、 フライパン2点 塩川 「ル・クルーゼでは、夕食のおかずをよく作ります。 炒める、煮込む、茹でる、揚げるとなんでもマルチに使っていて。 常備菜やパスタソースもよく作るんですけど、ホーロー鍋だから余ったらそのまま冷蔵庫で保管できるからラクですよ。 そのほかの鍋は、みそ汁や水炊きを作るときによく使っています」 来客時などのここぞという料理もル・クルーゼで作るそう では5歳の息子がいる店長佐藤は、どんな風に使っているのでしょうか。 店長 佐藤 ル・クルーゼ愛用歴:13年 思いきって買っても使いこなせる? 店長佐藤 「息子が小さい頃は、離乳食作りに重宝していました。 野菜を煮てそのまま鍋の中で潰せるので、毎日のように使っていて。 保温力もあるから、あたたかいまま食べられますし。 盛りつけや洗い物の手間も省けるからラクだと感じています」 お手入れや収納に困らない? 店長佐藤 「とくに気を遣っていることはなくて、普通の中性洗剤とスポンジで洗っています。 スチールたわしなど、傷がつくものは使わないようにしていますよ。 焦がすことはほぼないので、スポンジで十分こと足りています」 本当に焦がしたことがないのか聞いてみると、使い始めの頃に強火で調理して焦がしたことがあるといいます。 焦げても、お湯をためて時間を置くことできれいに落ちたそう。 説明書通りに中火か弱火で使うようになって、1度も焦げたことはないといいます。 店長佐藤 「強いて言えば、調理するのは金属ではなく、木や樹脂のキッチンツールを使っています。 でもそれは他のフライパンや鍋も同じ。 内側に若干のシミや傷はありますが、特別な手入れもせず長年使っている割に、とてもキレイな状態だと思います。 今回こういう写真を撮ってもらい、なんだか嬉しいですね。 13年をともに過ごしてきた、大切な暮らしの道具です」 ル・クルーゼのスタッフの方とお話するなかで、 「百年鍋」というキャッチフレーズを聞きましたが、毎日使っても長年持ちこたえる丈夫さがあるといいます。 品質を守るために、細かい配合にまでこだわった鉄を使用。 内側と外側に、複数層のエナメルコーティングを施すことで高い強度を実現しています。 長く愛用するスタッフの話からも、確かに丈夫な鍋であることを実感できました。 すでに鍋はいろいろ持っているし…… ココット・ロンド 16 cm、1. 3L ほか揚げもの 鍋 20cm 、ダンスクの両手鍋 20cm と 片手鍋 18cm 、ストウブの両手鍋 24cm 、 フライパン1点 店長佐藤 「 意外かもしれないけど、うちは和食を作ることが多いです。 秋はカボチャやサツマイモなど、根菜の煮物がル・クルーゼで作る定番料理。 例えばカボチャを煮るときは、スーパーで売っているカットされた状態のものを、1回で使い切るのにちょうどいいサイズの鍋だと感じています。 スープやカレー、シチューなどもっと多めに作りたい料理には、ほかの鍋も使っています」 じつはいただきもので、前から欲しがっていたのを察した兄夫婦が、結婚祝いにプレゼントしてくれたのだとか。 いざキッチンに迎えてみたら、いつの間にか13年と長く愛用していたそうです。 店長佐藤 「凝った料理というよりは、何てことない日々の家庭料理を作るのに活用していて。 仕事後の限られた時間で、ほかの料理と並行しながら、手間をかけずにおいしい1品が出来るから重宝しているんです」 さらに使いやすく進化した、シグニチャーモデルを使ってみました。 最後に、2016年8月に発売されたばかりのシグニチャーモデルをご紹介します。 進化したポイントは4つ。 「らくらくハンドル」「持ちやすいツマミ」「アイコニックな3本ライン」「進化したエナメル」 では実際に使ってみた愛用スタッフ2名は、どんな印象を持ったのでしょうか。 店長佐藤 「鍋本体のハンドルが、すごく持ちやすくなりました。 鍋つかみを使ったときも、しっかり指を入れて持てるくらいの大きさだと思います」 塩川 「私も佐藤と同じく大きな違いを感じました。 持ちやすくなった分、洗うのもラクになった気がします」 鍋つかみはスウェーデンのビンテージ 塩川 「フタのツマミも掴みやすくなりました。 今までは、調理中に熱くなったフタに指が当たるのが怖くて、鍋つかみを使っていました。 でも新モデルは、ツマミが大きくなっているから素手でも安心してつかめました」 店長佐藤 「持ったときのフィット感が全然違いました。 はじめて持った瞬間に感じるくらい」 一部フタのツマミがステンレス製の商品もあります。 ステンレス製のツマミは調理中に熱くなるため、素手ではつかめません。 店長佐藤、塩川 「かわいらしい定番のオレンジや赤も好きだけど、シンプルな白や黒もいいですよね。 実際使ってみたら、このメンズライクな雰囲気にも惹かれて。 欲しくなっちゃいました(笑)」 イメージばかりが先行して、勝手に遠い存在だと思っていたけれど、こんなに身近な鍋だったなんて…… 当店のスタッフはもちろん、世代を超えて世界中で愛され続ける理由は、どんな料理もおいしく作れるからこそ。 今更ながら90年の歴史と伝統、そして守りの姿勢にとどまることなく今なお進化しつづけるル・クルーゼの懐の深さを痛感しました。 私にとって、意外な発見に満ちた今回の取材。 ふたりの主婦の体験談には、暮らしのヒントが潜んでいたように思います。 1歳8ヶ月の娘の育児に追われる私は、仕事以外の大半の時間を、家族の食事の支度に費やす毎日。 この鍋があれば、帰宅してから5分でおいしいおかずを作れたり、娘とごはんを食べている間に大人のおつまみを煮込めたり、たっぷり作った野菜スープを鍋ごと冷蔵庫で保存してカレーやリゾットに使い回したり……ずいぶん助けてもらえるのかも。 今からでも遅くはない。 将来娘にも受け継ぐつもりで、久しぶりに新しい鍋をわが家に迎えてみたい。 どの色だったらおばあちゃんになるまで使えるかな?さっそく家族に相談してみることにします。 【写真】鈴木静華 本日の編集部recommends! お家の中でゆったり楽しむアイテム集めました。 よく吸って早く乾くコットンリネンタオルや白くま貯金箱など人気アイテムが続々入荷中です。 増えるおもちゃ、収納どうしてる? 3姉妹の子供部屋。 テーブルウェア• キッチンウェア• インテリア雑貨• ファブリック• 日用品、生活雑貨• ファッション小物• キッズアイテム• 過去の取扱商品•

次の