うずら 飼育。 うずらの飼い方と飼育用品【1ヶ月(4週間目)以降の餌・ケージなど】

うずらの飼育は屋外飼育が可能でも、鳴き声等の注意したい事

うずら 飼育

うずらケージの作り方 (うずらを初めて飼う方へ) 今更ですが、うずらは鳥です。 でもインコや文鳥の様ないわゆる「小鳥」とも違います。 鳥だからって、うずらは鳥カゴで飼うのはお勧め出来ません。 まずは、うずらの生態をおさらいしてみましょう。 ペットにとって快適(本人には聞けませんが)な環境作りは、ペットを知ることだと思います。 うずらを知ろう にも書いてありますが、キジの仲間です。 そう、桃太郎さんにも出てくるキジです。 食用の卵として有名なことから、ニワトリの仲間って思ってる人多いみたいです。 でも調べるとニワトリもキジの仲間。 で、意外なことに、うずらは渡り鳥なんだそうです。 ということは、 飛べます。 でも、インコの様に器用に飛ぶことが出来ません。 ケージから出して、床を歩いている時に何かに驚くと、ものすごい勢いで飛び立ち天井付近まで急上昇して、天井や壁に激突して墜落します。 そう、着陸がヘタクソで、墜落します。 うずらは、地面にいて歩く鳥です。 身体の割に翼が小さく、よくそれで渡り鳥が務まるなと思いますが、インコの様に空中移動するのは苦手です。 脚の構造もインコのような小鳥と違って、歩くための構造で掴まることは出来そうもありません。 スズメを見ていると、ピョンピョンピョンとジャンプしながら移動しますね。 うずらは上手に走ります。 うずらケージを作ろう さて、おさらいしたところで、いよいよケージ作りのポイントを考えてみましょう。 うずらは、飛べる鳥ですが、ほとんど地面の上で過ごします。 窮屈にさせないためには、なるべく広い面積が必要になります。 うずらは、滅多に飛びません。 しかし、そのジャンプ力はものすごい物があり、飛ぶときはすごい勢いで飛び上がります。 このため、うずら用ケージには、堅い天井は禁物です。 このことから、ケージのベースとなる物は、箱状のものが良いと思います。 置き場所が許せば、衣装ケースなんて良いかもしれません。 我が家で初めてうずらを 買った時は、一緒にウサギ用のケージを買ってきました。 ウサギ用のケージであれば、そこそこの面積があり、周りは金網で囲まれているので使い勝手が良いです。 ウサギケージはこの画像をクリックして手配しちゃお! もう一つのポイントを忘れては行けません。 そう天井です。 我が家のうずら小屋を掃除するとき、一時的にハムスターケージに避難させて掃除していました。 望が何かに驚いたのか、その中で2〜3回連続ジャンプ!! 「あぁ〜そんなにジャンプしたら頭痛いよ!」と思ったときです。 既に頭の皮が剥けていました。 イタソー(><) そうならないために、衣装ケースにしても、ウサギケージにしても、天井を外すことです。 しかし、うずらは飛ぶ鳥。 蓋無しって訳にはいかないので、布をかぶせるとか、網を張るとか、柔らかい素材で蓋をしましょう。 我が家に初めてウズラが来たとき、このウサギケージの天井の金網を外して、写真の用に網を掛けました。 写真では見えませんが、針金で骨組みを作り、その上に網をかぶせて、クリップで留める方法でした。 でも、固定はしっかりして下さいよ! しつこいようですが、ウズラは飛べる鳥。 ジャンプ力もすごいです。 ある日の朝、仕事に出かける直前、「じゃ行ってくるね・・・ って・・??!?」 ウズラケージがお留守になっているではありませんか。 これは推定ですが、たぶんこうなったのでしょう。 何かに驚いてジャンプした忍。 天井の網に阻まれその身は取り押さえられる。 が、網の懐に迷い込んで、暴れてみたら、クリップとクリップの間の部分は警備が甘く、脱走に成功!といったところでしょう。 実際に隙間を確認してみると指2〜3本程度の隙間ですが、ウズラは羽に包まれているために、その実態は見た目よりもかなり小さく、小さな隙間でも入り込めてしまいます。 さて、これでお家の外側が出来ました。 今度は設備ですね。 鳥カゴではダメな理由の一つに、鳥かごの底は金網だと言うことです。 うずらは、歩き回る鳥。 金網じゃ足痛いでしょう。 ウズラとはちょいと話が逸れますが、我が家にはウサギちゃんも居て、ウサギの病気で飛節びらん(ひせつびらん)という病気があります。 ウサギの足は肉球が無く、少し堅い毛が生えているだけの構造のため、金網の上では足に負担が掛かり、ただれてしまうことがあり、これが飛節びらんです。 というわけで、ってウサギの話でしたが、ウズラも枝の上に居る鳥ではなく、地面を歩いている鳥なので、何か床材を入れてあげましょう。 鳥なので、水分の多い糞をします。 床材なしでは、べちゃべちゃになってしまい、臭いも大変です。 床材について 床材はどんな物が良いのかよく分かりません。 我が家では、ハムスターなど小動物用に売られている、おがくずを使っていて、今でもこれです。 比較的安くて、かなり掃除をさぼらない限り、臭いもそれほど気になりません。 しかし、おがくずには決定的な欠点があります。 うずらは鳥。 走り回る飛べる鳥です。 おがくずなんて、飛び散りまくりで、部屋がすげー汚れます。 右の写真を見て下さい。 まぁそれでも、今では写真のような状態にはならず、細かな粉塵と少量のおがくずが散らばる程度で済んでいますが。 さて、特殊なケージを作れる人は良いですが、それは一般的ではありませんね。 新聞紙なんて言うのも良いかも知れません。 でも掃除が大変そう。 小動物のケージに使う、ペットシーツも良いかも。 でもちょっと高いかな? ウズラは砂浴びをする鳥なので、全部砂にしてしまうのもアリかも知れません。 でも飛び散るとやっかいだし、掃除も大変かな。 人工芝(プラスチックの堅いタイプ)を使ったこともありましたが、糞が詰まって固まってしまい、掃除に苦労するのでお勧めできません。 飼い主の予算と知恵によって、様々な種類が考えられると思いますが、初心者の方は、ペットシーツが無難に思われます。 その後、試行錯誤してみて下さい。 止まり木は不要 インコや文鳥なら、止まり木が必要になりますが、うずらはあのように足で掴むことは出来ないと思います。 でも自分の頭の高さ程度(約10cm)の所はひょいと上ることが出来ます。 ケージの中に台を作ってあげると、ちょっとした運動不足にもなって良いと思います。 この台も、箱状ではなく下が空洞であれば、走り回る面積を犠牲にしないで済みます。 右図は、実際に使っていた台のCGによる再現図です。 左の方にちょいと蓋のように正方形に見える板は、隠れ家のために造ってみましたが、関係なかったようでした。 水飲み場 ウサギは水を飲まない!? あれは嘘です。 あっ、ウサギは関係ないか!) うずらももちろん水は飲みます。 水飲み場は必ず作ってあげましょう。 小さな器に水を入れただけでも飲んでくれますが、うずらは所構わず歩き回るので、飲み水で足湯してしまいます。 糞を踏んづけた足で飲み水の中を歩いてしまうので、不衛生です。 酷いときは水飲み場に糞をしてしまい、糞のみそ汁が出来ることも・・ 鳥カゴではないので、ぶら下げるタイプの水入れは不向きです。 鳥用の小さな水入れが売られているので、それを使うと良いです。 ちなみに初めて飼った時は、何も解らないので、ニワトリに使う水飲みを買ってしまいました。 小学校のニワトリ小屋にあったような・・・ 直径約12cm。 CDとほぼ同じ大きさ。 大きすぎて邪魔な上に、飲み口も大きいので、足を突っ込んでしまったり、飲み口に糞をしてしまったり・・・ 床材をおがくずにした場合、その周りを走り回るわけで、水入れはおがくずでいっぱい。 糞やら色々まざってすぐに腐ります。 先ほど説明した、台の上に水飲み場を作ってあげると、ゴミの進入が減って水が腐りにくくなります。 今は、もっと小さな手のひらサイズの、プラスチック製の水飲みを使っています。 餌入れ 水だけで生きていけるわけが無いので、餌入れも必要ですね。 我が家では、水入れ同様に餌入れもニワトリ用の大きい器を買って使っていました。 ウズラは楽に中に入ることが出来る。 っていうか歩き回るので平気で入るわけです。 うずらって、土を掘って中の虫を食べる性質があるみたいですね。 餌を食べるとき、反射的に足は掘る動作をします。 口で突いては足で掘る・・・ 口で突いては足で掘る・・・繰り返し・・・ ちなみに、ウチのは、(くち)タタタタ、タタタタ、(足)ザザッザザッザザッ、タタタタ、タタタタみたいに。 器が大きすぎると、餌を掘る訳です(笑)おがくずと混ざってあっという間に無くなります。 というわけで、ウズラの足が入らないように、小さめの器にするか、針金でカバーされた物が良いと思います。 うずらは、くちばしで突くときも、首にスナップを効かせて食べます。 穴を掘る動作なのでしょう。 餌は無惨にも飛び散り、掘られて行く訳です(笑) 飛び散った餌が器に戻るように、何かガードを作れると良いと思います。 お風呂場 さて、ここまでで、ケージ本体、天井、床、水飲み場、餌場と大体そろってきました。 これでもう、うずらちゃんを迎え入れられそうです。 でももう1アイテム、是非これも作ってあげて下さい。 それは、お風呂場です。 お風呂といっても、うずらはお湯や水には浸かりません。 うずらのお風呂は、砂場です。 うずらは砂浴びをすることで、身体の汚れや寄生虫を落とすそうで、我が家のうずらも上手に砂を浴びています。 それと、砂浴びにはもう一つ重要な役割があって、うずらは砂を食べます。 鳥類は食べ物を丸飲みにします。 くちばしに歯はありません。 「そのう」と呼ばれる臓器があって、ここで砂と混ぜ合わせることで消化を助けるのだとか。 焼鳥屋さんで砂肝(関西では砂ずり)と呼ばれる部位がそのうです。 でも砂肝には砂入ってないけどなぁ・・? 砂の選び方は気を付けて下さい。 ここ重要です!はいここテスト範囲よー 小鳥用品売り場に置いてある、焼き砂というのが一番良いでしょう。 砂を焼いて消毒した物で、鳥が食べても安全になっています。 怖いのは、ハムスター用のトイレの砂。 水分で固まるように出来ています。 これを鳥に与えてしまうと、そのうで砂が固まってしまい大変なことになります。 その辺にある砂を使う場合は、どんな物が付着しているか解らないので、水洗いして、良く焼いて殺菌する必要があります。 焼くのはフライパンで出来るとして、砂を水洗いって面倒臭そう。 忙しい人は飼ってきた方が良いでしょう。 買いに行く時間もあまり無いって人は、ネット通販が便利ですよ。 砂箱のサイズは、ウズラが余裕で入れる程度の大きさがあればよいと思います。 うずらって成人男性の手であれば、ひとつかみに出来る大きさです。 げんこつが入る箱であればよいと思います。 深さですが、うずらが余裕で歩き回れる高さは、厳密に測定・調査した訳ではありませんが、10cm以下であれば余裕でこなします。 当然、砂は飛び散りどんどん減って行きますが、深ければ深いほど、砂は消滅しづらくなると思いますが、10cm程度を目安にしましょう。 そして、砂の深さですが、少しあれば良いみたいですね。 これまた、本人の意見は聞けていませんが、砂浜みたいに深いほど心地よいのかも知れません。 砂の量を増やすことは、手間とコストが掛かります。 私は大体、箱の中均等に深さ5mm〜1cm程度の深さにしていますが、それでも上手に背中の上まで砂を浴びています。 このページでは、うずらのケージ作りの基本的要素を説明しました。 うずらを思いやる気持ちと、知識とアイデアがあれば楽しい、うずらケージが出来ると思います。 本当は、うずら本人に不具合とかご要望をお伺いしたいところですがね(笑) 私が作った自作のケージについては、シリーズを参照してみて下さいな。

次の

うずらをペットとして飼いたい!購入価格や維持費、注意点は?

うずら 飼育

分布 [ ] 北東部、、、、、、、、、、、東部に分布する。 ウズラ類はキジ科では唯一真の渡りを行う。 本種の場合、日本(主に中部以北)、モンゴル、、シベリア南部、中華人民共和国北東部などで繁殖し、冬季になると日本(本州中部以南)、中華人民共和国南部、などへ南下し越冬する。 日本国内のの例では、北海道・青森県で繁殖した個体は主に・・・などの岸で越冬し、で越冬する個体は主に朝鮮半島で繁殖した個体とされる(朝鮮半島で繁殖して四国・・東海地方へ飛来する個体もいる)。 形態 [ ] キジ科では最小で家禽としても最小といわれている。 メスよりもオスの方が重い。 全長20センチメートル。 翼長9. 1-10. 4センチメートル。 上面のは淡褐色。 雌雄鑑別はふ化直後は素人には困難であるが生後30日齢になれば羽装の違いで判別可能となる。 オスは咽頭頭部と胸部が赤褐色、メスは淡赤褐色に黒の斑点がある。 また、メスには口から耳にかけて白い線があり喉も白い。 繁殖期のオスは顔や喉 、体側面の羽衣が赤褐色。 希に全体が白色羽毛で散在的に野性型羽毛をもつ個体が生じるが、により発現するとされている。 解剖学的にはニワトリの体の構造とおおまかには変わりない。 分類 [ ] 以前は旧ウズラ Coturnix coturnix(現)の亜種とされていたが、独立種として分割された。 による退行が発現しやすく、3世代で系統の維持が困難になり、5世代を経ると次の世代の作出が困難になったとする研究がある。 なお、ニワトリとは近縁種でありオスのニワトリとメスのウズラの交雑種の作出に関する例もある。 生態 [ ] 成鳥のウズラ。 手前がオスで奥がメス 低地にある・などに生息する。 秋季から冬季にかけて5 - 50羽の小規模から中規模の群れを形成することもある。 和名は「蹲る(うずくまる)」「埋る(うずる)」のウズに接尾語「ら」を付け加えたものとする説がある。 、などを食べる。 繁殖様式は。 配偶様式は一夫一妻だが 、一夫多妻の例もある。 繁殖期は5 - 9月。 植物の根元や地面の窪みに枯れ草を敷いた巣を作る。 7 - 12個のを産むが 、18個の卵を産んだ例もある。 抱卵期間は16 - 21日で 、メスのみが抱卵する。 はしてから20日で飛翔できるようになり、1 - 2か月で独立する。 生後1年以内に成熟する。 孵化後6週令で産卵を開始する。 産卵は午後の特に午後4時から午後6時にかけての時間帯に多い。 卵には通常大小の黒い斑点があり、全体に茶色のものや卵殻が柔らかいものは病気、老齢、栄養不良などの原因による。 ウズラの卵殼表面には褐色のまだら模様があるが、これは卵を外敵から守るカモフラージュの効果がある。 模様は卵を作るに由来し、個体差があるものの個体ごとに決まった模様がつくことから、1羽のメスが産む卵は同じ様な模様をしている。 この模様の元となる色素は産卵開始時刻の約3時間前から分泌が始まり、壁の伸縮、卵の回転に伴い卵殼表面に拡がり斑紋を形成するとする研究がある。 稀に模様のない白い卵を産むこともある。 寿命は野生種で3~4年(推定)。 上野動物園では6年の飼育例がある。 産業用・実験用のウズラの寿命は1. 2~1. 5年である。 雌の平均寿命は2年に満たない586日から694日、最高寿命1690日。 寒さが続くと換羽するが健康上・外観上よくないとされている。 人間との関係 [ ] 本種( Coturnix japonica)の家禽化は日本発祥のもので家禽ウズラの飼養は600年前にまでさかのぼる。 日本語には「鶉衣」「鶉居」「鶉杢」「鶉立」などの、鶉に関する言葉がある。 日本における食用史 [ ] ヨーロッパで食用にされているヨーロッパウズラと比べると本種はやや小さくヨーロッパウズラのほうが大型である。 「鶉といえば、今はもっぱら焼鳥などにして食べるものだ。 またウズラの卵も食べている。 だが私たちの口にはいるものは、おおかた養殖のウズラである。 自然にウズラの姿を見、ウズラの声をきくことは、非常に少なくなった。 」 - 食用としての歴史について、日本ではに本種の調理法について記した書物がある。 時代中期から採卵用の飼養が本格的に進められるようになり、1941年には飼養数は約2,000,000羽に達した。 当時は本種の卵が肺病や心臓病の薬になると信じられ珍重されたが、販売経路が限られることや原価が高いことから下火となった。 により本種の飼養は壊滅的な状況に陥ったものの 、1965年に飼養数が再び約2,000,000羽まで増加した。 1984年に約8,500,000羽とピークを迎えたが、2009年に豊橋市でが確認されたことにより約1,600,000羽が殺処分された。 調理法として、、などがあり、のに用いられることもある。 生後60日ほどで成熟し、オスは精肉用、メスは採卵用となる。 日本における狩猟 [ ] の対象とされることもある。 日本では1975年からにおける狩猟鳥獣だったが、1975年から2004年現在までは1日あたり1人5羽までの狩猟制限があった。 に石川県と岩手県、2002年に京都府で本種の狩猟が禁止された。 生息数が減少したため2007年から2012年までは全国で一時的な捕獲禁止措置が実施され、後にこの捕獲禁止措置は2017年まで延長された。 に狩猟鳥獣(同時に狩猟鳥獣としての一時的捕獲禁止措置も解除)から除外されたことにより、日本で本種を狩猟することは違法となった。 日本では、草地開発やの樹林化・レクリーエション利用などにより生息数は減少している。 絶滅危惧II類 VU () 日本における観賞用 [ ] 日本ではにはを用いて本種を飼育されていたとされ 、『』に記述がある。 鳴き声を日本語に置き換えた表現(聞きなし)として「御吉兆」などがあり、珍重されたとされる。 その吉兆の声で士気を高めるため、籠に入れた飼育状態のまま、戦場に持ち込まれたこともあった。 鶉合わせ [ ] 中世には武士階級の間でを競い合う「鶉合わせ」が盛んにおこなわれた。 おおむねにはじまり特にには都市部では飼育がブームとなり時代まで行われた (最盛期はから年間 あるいはから年間 とされている)。 江戸時代には財産のある武士や商人は良き鶉を高値で売買し、飼育の籠に金銀の細工を施し、高価な木材と高度な技術を追求したような贅沢な逸品を競い求めた。 鶉合わせには多数の庶民も見物に集まり、関脇・大関などいわゆる『』によるも発表された。 これにより飼育ブームはますます過熱し贅沢も追及され、幕府による取締りも行われた。 明治時代にも各地で鳴き声を競う催しが頻繁に開かれたが、この起源となったナキウズラは絶滅してしまった。 「向きあふて 鳴くや鶉の 籠二つ」 - この飼育ブームに関して、の作で六代目の落語に「鶉衣」という噺がある。 また、前述の鶉籠の形状が、当時のの客席のに似ていたため、桟敷席の事を「鶉籠」「鶉」と呼んだ。 芸術の題材 [ ] 「夕されば野辺の秋風身にしみて鶉鳴くなりの里」 - 「鶉鳴く真野の入江の浜風に尾花なみよる秋の夕暮」 - など、古くからに詠まれ、『』『』『』また『』などにも本種のことを詠んだ歌がある。 「鶉鳴く」は「古りにし里」にかかるである。 和歌や俳句の世界では和歌では、秋の、または寂れ廃れた「寂しい」景物として詠まれる。 江戸時代の俳文集にの『鶉衣』がある。 「後に鳴き 又先に鳴き 鶉かな」 - 中国では宋や元の時代に鶉図が画題として現れ、それらが日本に輸入された結果、日本の工芸品や絵画の画題にも深く影響を与えた。 元は所蔵()で現在はの『鶉図』 が有名である。 これに影響を受けた日本では、特に秋を表わすものとして鶉は格好の画題となった。 室町時代に絵所預として栄えたのは、に一旦没落するが、が中興した。 この光起は前述の『鶉図』に影響を受け、江戸時代を通して代々の土佐派の画家は鶉絵を得意とした。 土佐派の鶉絵は江戸武士の間での鶉飼育ブームに需要が合致し、土佐派の鶉絵は珍重された。 光起の描いた鶉の絵に、猫が飛びかかったという伝承が残る。 陶磁器の文様としては様式や様式に鶉を題材としたものが多く残る。 毒性試験への応用 [ ] 小型で飼育スペースを取らないこと、が早い事からとして用いられることもある。 化学物質の毒性試験(日本では化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律:化審法)ではヒトだけでなく動植物への影響に注目した審査・規制が導入されており、高次捕食動物のうち鳥類の摂餌および繁殖を対象とした毒性試験が行われている。 OECDテストガイドライン205, 206に基づいて実施され、その対象動物にウズラおよびマガモが指定され、環境省ではウズラ( Coturnix japonica)を推奨している。 現代におけるウズラの飼育 [ ] 現代の家禽ウズラは1910年頃に日本で馴化され家禽化されたものである。 鳴き声は結構な大きさであるため、現代の民間の住宅事情で飼育するには鶏同様、近隣住民への配慮が必要である。 飼育場で飼育されるのはメスだけだが、たまに選別漏れでオスが混じる場合がある。 出典 [ ] []• 2016. Coturnix japonica. The IUCN Red List of Threatened Species 2016: e. T22678949A95209097. Downloaded on 18 June 2018. ペリンズ、A. ミドルトン編、、1986年、184頁。 2019年1月9日閲覧。 水谷誠ほか、「」『実験動物』 23巻 2号 1974年 p. 59-61, :• 佐藤勝紀, 山本敏幸, 伊東伸一 ほか、「」『岡山大学農学部学術報告』 61巻 1号 p. 25-32, 1983-0• 名古屋大学 動物遺伝制御学研究室• 東海有機株式会社. 2015年8月24日閲覧。 2020年3月26日閲覧。 2015年8月24日閲覧。 [ ]• 田中耕作、今井達夫、古賀脩、「」『日本家禽学会誌』 14巻 5号 1977年 p. 229-231, :• 農林水産省• 『』など• 『梅窓筆記』• www. env. 2020年7月8日閲覧。 - 孵化実験のレポート記事、、2009年2月19日 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関するカテゴリがあります。 ウィキスピーシーズには、 に関する情報があります。

次の

うずらの卵の孵化のさせ方やヒナの育て方!小学生でも簡単にできるの?

うずら 飼育

この記事でまとめたこと• ウズラの特徴は? ウズラは鶏やペンギンなどと違って飛ぶこともできますが、あまり飛ぼうとはしません。 空を飛ぶよりも地面を歩いている時間の方が長いのが特徴の一つです。 移動時にはジャンプをすることが多く、野生のウズラは1mの高さを軽々ジャンプします。 自分の体長の5倍は飛ぶことになり、ペットとして飼育する場合、ケージが低いと頭を天井に打ちつけてしまうので注意が必要です。 性格は?人になつきやすく、かわいい? ウズラは基本的に「臆病」な性格をしています。 ただ、幼鳥の頃から触れあいなどのコミュニケーションを十分にとってあげると、飼い主さんを仲間と認識して懐いてくれますよ。 懐かせるまで根気が必要ですが、懐いたウズラはとても可愛いですよ。 羽毛の生え替わりの時期などは神経質になることもあります。 攻撃的になってしまうこともありますが、1〜2週間で元に戻りますので安心してくださいね。 体長、大きさや重さは? ウズラは、キジ科ウズラ属に分類される鳥類です。 日本やモンゴル、中国など東アジア付近に生息しています。 成熟した個体で全長20cm、翼長は10cmほどになります。 寿命は? ウズラの平均寿命はおよそ2年です。 同じ鳥類の代表的なペットであるインコの平均寿命はおよそ7年なので、インコに比べるとだいぶ短い寿命なのです。 ウズラは飼育が難しいと言われていて、日頃のケアがとても大切になってきます。 オスとメスの違い ウズラは、オスとメスの見分けが難しいと言われています。 オスとメスで見られる違いは、主に体格に見られます。 ウズラは卵を産むメスの方が体格が良いと言われています。 なりやすい病気は? ウズラに「ニワトリのエサ」などを与え続けている場合、肝障害が出る可能性があります。 痩せていたり、くちばしが薄い気がする時は要注意です。 肝障害の疑いがあるので獣医さんに連れて行きましょう。 また、心配されるものとしては「寄生虫」です。 ウズラが庭で何か食べてしまったりした場合に寄生虫を体内に取り込んでしまう場合があります。 部屋飼いでない場合はそういった面にも気をつけてくださいね。 ウズラの飼育に必要なグッズは? ウズラの飼育に必要なグッズは、飼育かご、砂遊び用の砂と容器、餌、餌入れ・水入れ、の4つです。 ヒナ鳥から育てる場合は保温が大切なので、ペットヒーターと床材も併せて必要です。 これらを揃えたらウズラの飼育が開始できますよ。 飼育かご、飼育小屋、ゲージ ヒナを育てる場合と大人のウズラを育てる場合で、適切な飼育かごの大きさは異なります。 ヒナを育てる場合は幅30cm程度のガラス水槽がおすすめです。 およそ2,000円程度で購入できます。 大人のウズラを育てる場合は鳥かごがオススメです。 ウズラは歩き回る鳥なので、底部についている金網を外してあげる必要があります。 代わりに底部に新聞などの床材をしいてあげてください。 前述のとおり、ウズラはジャンプの力が強いです。 天井にはスポンジやタオル、エアクッションなどの緩衝材をつけて、ウズラが頭をぶつけたときの衝撃をやわらげてあげてくださいね。 砂遊び用の砂と容器 ウズラは砂遊びが大好きです。 もともと、羽や体についた害虫を落とすための行為ですが、ストレス解消になるためか、綺麗な飼育環境でも好んで砂遊びをします。 砂遊び用の砂は、何でも良いというわけではありません。 ウズラは砂を食べて消化の助けにするので、食べてしまっても問題ないようなものが物が好ましいです。 園芸用の土ではなく、ペットショップなどで「焼き砂」や「チンチラサンド(チンチラの砂遊び用)」を飼ってきて用意するのがオススメですよ。 2週間を目安に、定期的に交換してあげてくださいね。 全量を一気に交換しても問題ありません。 砂を入れる容器は、深めのものがオススメです。 プラスチックの昆虫飼育ケースや、大きめのタッパーなどが適当ですよ。 孵化器 ウズラが卵を産んだ場合、孵化器が必要ですね。 卵の孵化には一定のの温度と湿度、1日に数回卵を転がす「転卵」など、様々なことが必要になります。 自動孵化器があれば、卵をセットしておくだけで孵化させることができます。 ペットショップやネット通販で購入でき、安いものは5000円くらいから販売していますよ。 餌 ウズラ用の餌はペットショップなどで専用のものが売られています。 主食は専用の餌を与えるようにしてください。 注意点として、メスの場合は更にカルシウムを多めに与える必要があります。 ウズラのメスは生涯にわたって卵を産み続ける性質をもっており、オスが居なくても無性卵を産み続けます。 カルシウム不足になると途端に体が弱ってしまい、危険です。 メスのウズラを飼育する場合は、ペットショップに売っているカキの殻や、サプリメントなどを餌に混ぜ、充分にカルシウムを補給させてあげるのがポイントです。 詳しいことは店舗のスタッフに直接質問してみてください。 餌入れ・水入れ ウズラに与える餌や水を入れるための容器です。 100円ショップなどで売っている小さめのタッパーで構いません。 ヒナを飼育する場合、水入れをひっくり返して水を被ってしまう事故に注意が必要です。 水入れの底面を両面テープやガムテープを使って固定するなどの工夫をしてあげてください。 ペットヒーター ヒナを飼育する際に必要です。 ヒナは自分で体温調節がしにくいため、温めてやる必要があります。 ヒーターは、ペットショップショップなどで市販されている「ヒヨコ電球」が最適です。 およそ2,000~4,000円で購入できますよ。 床材 床材は、ヒナを飼育するときはワラやタオルが適当です。 大人のウズラであれば、新聞紙やおがくずが適していますよ。 消臭剤 ウズラを飼育していると部屋に臭いがついてしまうことがあります。 普通の消臭剤はペットに害のある成分が使用されていることがあるのでペット用である「カンファペット」がおすすめです。 カンファペットは、強い香りで臭いの上書きをするのではなく悪臭のもとを分解してくれます。 原因から排除してくれるので、その場しのぎの対処とは一味違いますよ。 初回限定で詰替えパックが1個無料になります。 ぜひカンファペットの瞬間消臭力を実感してみてくださいね。 ウズラの孵化に必要なこと• 一日数回卵を転がす(転卵) ウズラの孵化には上記の要素が必要です。 これを自動孵化器なしで用意することもできますが、なかなか手間がかかります。 自動孵化器は通販などんで5000円くらいから販売しているので、自動孵化器を購入することをオススメします。 臭いや鳴き声は?飛ぶの? ウズラは鳴き声が大きいです。 非常に大きな声量で早朝に鳴き続けることもあるので、とくに集合住宅での飼育には注意が必要です。 防音対策は必須で、場合によっては専用のアクリルケースなどを購入した方が良い場合もあります。 ウズラをペットとして飼育するのは珍しいですが、飼いにくい鳥ではありません。 ジャンプ移動と鳴き声に注意が必要ですが、対処ができれば可愛らしいペットになってくれますよ。

次の