タブを閉じる ショートカット。 Microsoft Edgeショートカットまとめ

【Windows 10】できる人は知っているキーボードショートカット:Tech TIPS

タブを閉じる ショートカット

対象:Windows 10 Windows OSでは、マウスを使って操作する代わりに、特定のキーまたは複数のキーの組み合わせで同じ操作が行える「キーボードショートカット」が提供されている。 例えば、[Ctrl]+[C]キーでコピーして、[Ctrl]+[V]キーで貼り付ける、といったキーボードショートカットによる操作を普段から行っているのではないだろうか。 いちいちアプリケーションのメニューから[コピー]や[貼り付け]を選ぶ必要がなく、素早い操作が行えるはずだ。 このようにキーボードショートカットを覚えておくと、キーボードからマウスに手を移動させることなく作業ができるため、作業効率を大幅に向上させることができる。 キーボードショートカットは、[Ctrl]キーや[Alt]キー、[Windows]キーなどとアルファベットキーなどとの組み合わせ、ファンクションキーなどの特殊なキーに機能を割り当てたものだ。 [Windows]キーを使うキーボードショートカットについては、Windows 10 The Latest「」で取り上げているので、そちらを参照してほしい。 本TIPSでは、Windows 10で覚えておくと便利な主なキーボードショートカットを紹介する。 コピーや貼り付けなどの一般的なキーボードショートカット コピーや貼り付けなど、比較的古くから割り当てられていたキーボードショートカットを紹介しよう。 前述の通り、[Ctrl]+[C]キーでコピーして、[Ctrl]+[V]キーで貼り付ける、といった多くのアプリケーションやWindows 10上で利用できるキーボードショートカットだ。 サブメニューを閉じる [Esc] 現在の作業を停止または終了する 一般的なキーボードショートカット アプリケーションによってはキーボードショートカットを独自に割り当てていることも珍しくない。 そのため上記のショートカットが使えなかったり、別の機能に割り当てられていたりする場合もあるので、注意していただきたい。 エクスプローラーで使えるキーボードショートカット ファイル操作を行うエクスプローラーもキーボードショートカットを使うと素早い操作が行える。 例えば、[Ctrl]+[Shift]+[N]キーで新しいフォルダが作成できたり、[Ctrl]+[N]キーで新しいエクスプローラーウィンドウを開いたりできる。 フォルダツリーが展開されている場合は現在のツリーを折りたたむ [End] 作業中のウィンドウの一番下を表示する [Home] 作業中のウィンドウの一番上を表示する [F3] エクスプローラーでファイルまたはフォルダを検索する [F4] エクスプローラーのアドレスバーリストを表示する [F11] 作業中のウィンドウを最大化または最小化する エクスプローラーで使えるキーボードショートカット コマンドプロンプトで使えるキーボードショートカット コマンドプロンプト上で利用できるキーボードショートカットは下表の通りだ。 コマンドプロンプトを活用している人は覚えておくと、素早い操作が行えるだろう。 それ以外の場合は、コマンドラインのカーソルの左側にある文字を全て削除する [Ctrl]+[End] コマンドラインが空の場合は、ビューポートをコマンドラインに移動する。 それ以外の場合は、コマンドラインのカーソルの右側にある文字を全て削除する [Ctrl]+[F] バッファー内の文字列を検索する コマンドプロンプトで使えるキーボードショートカット コマンドプロンプトの[プロパティ]ダイアログの[オプション]タブで、以下のチェックボックスを「オフ」にしていると、上表の多くのショートカットが使えなくなる。 コマンドプロンプトの[プロパティ]ダイアログ [オプション]タブで「Ctrlキーショートカットを有効にする」などを「オフ」にしていると、多くのキーボードショートカットが使えなくなる。 タスクバーで使えるキーボードショートカット タスクバーのキーボードショートカットは、キーボードショートカットながらマウスのクリックとの組み合わせで機能する。 例えば、コマンドプロンプトを管理者として起動し直したいような場合、わざわざ[スタート]メニューからたどらなくても、タスクバーの[コマンドプロンプト]アイコンを[Ctrl]+[Shift]キーを押しながらクリックすればよい。 ユーザーアカウント制御(UAC)の警告ダイアログが開くので、[はい]ボタンをクリックすれば、コマンドプロンプトが管理者権限で起動する。

次の

サクラエディタの使い方や機能がわかるショートカットキー全まとめ一覧【初心者こそ必見】

タブを閉じる ショートカット

こんにちは、深作浩一郎です。 しかし、その方法を使っていると、 タイピングしていたキーボードから一旦手を離して トラックパッドやマウスを使うことになりますので 面倒に感じますし、ハッキリ言って時間の無駄ですよね。 使い終わったアプリやブラウザのウィンドウやタブを 一瞬で閉じることができたら楽だと思いませんか? 実は、現在開いているウィンドウを一瞬で閉じることができる ショートカットキーがあります。 今回はそのショートカットキーの使い方をご紹介していきます。 Macで現在開いているアプリのウィンドウを閉じるショートカットキーの使い方 実は、そのショートカットキーというのも非常にシンプルなので 誰でも簡単に使うことができます。 日本語キーボード 英語キーボード それだけで、あなたが現在開いているアプリ・ソフトのウィンドウを 一瞬で、マウスやトラックパッドを一切触らずに閉じることができます。 ただし、このショートカットキーを使う場合、 1つのウィンドウに複数のタブが作れる場合、 閉じるのは今開いているタブになります。 下の画像の例の場合、閉じるのは 赤枠で囲んでいるタブ1つだけになり、 残りの4つのタブは閉じられずに残ることになります。 日常的に使うソフトで、このような操作になるソフトは、 ブラウザ Google Chrome、Safari、Firefoxなど とFinder Finder くらいだと思います。 日本語キーボード 英語キーボード 以上が、MacでMacで現在開いているアプリのウィンドウを閉じる ショートカットキーの使い方でした。 もしあなたがMacを使って仕事をしている場合、 1日に何回もウィンドウを開いたり閉じたりする操作を行いますよね。 ウィンドウを閉じる操作を5分に1回くらいする場合、 1時間で12回ウィンドウを閉じる操作をすることになります。 つまり、ショートカットキーを使わずにウィンドウを閉じる場合、 1回につき2秒を無駄にしてしまっているのです。 もし、2年間このショートカットキーを使わずに過ごした場合、 丸一日24時間以上を一睡もせずに アプリやソフトのウィンドウを閉じる作業をすることになります。 時間がもったいないですよね。 1回につきたかが2秒かもしれませんが、 このショートカットキーを使い続けるだけで、 長期的にはこれくらいの時間を生み出すことができるようになります。 1日24時間の限られた時間を有効に使うためにも、 ぜひ今回のショートカットキーを参考にしてください! 深作浩一郎 今週一週間の人気記事ベスト101• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:.

次の

Windows10 ショートカットキーで素早く最小化・最大化・閉じる方法

タブを閉じる ショートカット

ひとつの「ウィンドウ」を閉じるので〔W〕と覚えましょう。 また、タブを一つしか開いていないときは、ウィンドウ自体を閉じることができます。 〔Ctrl〕を押しながら〔Tab〕を一度押すと、右隣のタブに移動します。 今開いているタブを残したまま、新しいタブで検索をしたいときなどに役立ちます。 あとは調べたい言葉を入力し、Enterキーを押せば検索結果が表示されます。 Office使うなら月額払いのOffice 365がオススメ Office 365とは、クラウドでMicrosoft Officeを利用できるサービスです。 今まで主流だった買い切り型の永続ライセンスとは違い、月額料金を支払うことで常に最新バージョンのOffice製品を使うことができるので、セキュリティも安心。 また、サポート終了の心配もありません。 BIGLOBEでは、個人事業主や法人の方向けにOffice 365を月額900円(税別)で提供しています。 利用するサービスによって月額料金は異なりますので、詳しくは以下のページからご確認ください。

次の