マイ ブーム 意味。 マイブームとは

boom(ブーム)とtrend(トレンド)の違い

マイ ブーム 意味

マイブームは、今ハマっていること マイブームとは、 要するに自分が今もっともハマっていることです。 例えば切手を集めている場合は、マイブームは「切手集め」ということになりますね。 趣味とどう違うの?ということが気になる方も多いかもしれませんが、マイブームは「今」ハマっていることで、趣味は年中続けている好きなことというように考えていただければ良いでしょう。 マイブームは終わりが来る可能性が高いけれど、趣味は基本的に終わりは来ないということです。 そういったこともあり、マイブームは奇抜なものである場合も多いのが特徴です。 例えば 今までは興味がなかったけれど最近ポイントカードをやたらと集めているという場合、マイブームとして「ポイントカード集め」と記載できます。 些細なことで、なおかつ自分が熱中しているものが、マイブームということですね。 面白いマイブームの例は? ここからは、面白いマイブームの例を紹介していきたいと思います。 USBケーブル集め 家電量販店や100円ショップなどで販売されているUSBケーブルをひたすら買い集め、電圧チェッカーなどを使いその性能を確かめてみるというマイブームです。 USBケーブルは極端な例ですが、このように色々なメーカーが販売している商品を片っ端から集めて比較するというマイブームは、よく言われることが多く、なおかつその内容がユニークになりがちなものです。 誰かにマイブームを伝える際にこういった受け答えをすると、興味を引かれることが多いでしょう。 集める対象は、例えばコーヒーやライターだとまだ普通ですが、カルタや特定の昔話の絵本、100円で買えるインスタントカレーといったものになってくれば「どう違うの?」と気になりますよね。 快適ブーム 例えば 真夏の暑い日にあえてエアコンや扇風機は付けずに、いかに涼しく生活を送るかで試行錯誤するという内容のブームです。 ただ暑さを我慢するのがブームというようなことを言ってしまうと、最近の夏は暑いので、聞く側は「大丈夫?」という心配の方向に気持ちが向かってしまったり、 「無謀」「危険」といったネガティブな感情に向かっていってしまったりするので、あまりよくありません。 「涼しさは求めている」という前提がここに加わることで、「それでどうやって涼しくできてるの?」という引っかかるポイントが生まれ、相手の興味を引くこととなります。 怪獣絶対音感ブーム 昔の怪獣映画やテレビドラマなどに出てくる怪獣の鳴き声を片っ端から覚えるというブームです。 実は鳴き声は使い回されていることが多いので、これを極めていくと、どれとどれが共通した鳴き声かといったことがわかってきます。 例えば、 『闘士ゴーディアン』というロボットアニメに登場する敵のロボットは大体、ゴジラシリーズに登場するラドンという怪獣と同じ鳴き声です。 ちょっとマニア的なマイブームですね。 就活で、面接官に好印象を与えるマイブームとは? マイブームを就活において、面接で聞かれることもあります。 就活でマイブームを聞かれたときの難しいポイントは、相手に悪印象を与えてはいけないということです。 マイブームは一過性のものですので、奇抜なものが多くなりがちです。 そして、相手に良い印象を与えられるかどうか怪しいものである場合も多いことが考えられますよね。 面接官に悪印象を与えてしまうと、結果的に落とされてしまいますので、相手の目を引くようなインパクトはありつつもさわやかで、好印象を与えられるようなマイブームを考えましょう。 ただし 相手が興味を持つということは、それについて色々と聞かれるということです。 極端な嘘のマイブームをねつ造しても深く質問されて困ってしまいますので、聞かれそうなことには全て答えられるような、ある程度自分の中に存在するマイブームを考えておいたほうが良いですね。 就活においてマイブームとして挙げられることが多いさわやかなものは、例えばボーリングやカラオケのようなものです。 つまり、こういったものをマイブームとして挙げるとまったく目を引かず、つまらない人物であると思われてしまいますので気をつけましょう。 「人間観察」のような若干世間を下に見たような回答も、好まれない場合があります。 そして、自分の希望する職種ごとに、マイブームとして挙げて良いものと悪いものは変わってきます。 就職するということは金銭が発生することですので、「この人にお金を払って雇いたくない」と思われないように、気をつけましょう。 どうしてもマイブームが浮かばない場合は無難なものをマイブームにしておき、他の質問、例えば志望動機や学校での活動、自分の長所・短所のようなことをしっかりと答えられれば良いでしょう。 マイブーム自体に面白みはなかったとしても、 その説明の仕方にユニークさがあれば、面接官は興味を持ってくれるかもしれません。

次の

就職活動での【マイブーム】と【趣味】の違いを押さえて、一歩リードしよう!

マイ ブーム 意味

マイブームとはどのような意味の言葉? はじめに、 マイブームは英語ではなく和製英語です。 英語としては使えないものです。 日本語に訳すということはできません。 ただそのため、元から意味を持った言葉をくっつけただけなので解釈するのは簡単です。 「マイ」はもちろん、 自分のという意味で問題ありません。 「ブーム」というのは、 流行・ 一時的に盛んになる・急に需要が増すという意味があります。 くっつけて考えてみると 「自分が今ハマっているもの」「最近自分の中で盛り上がっていること」このような意味になりますね。 インスタ映えやユーチューバーブーム、ラグビーブームなど 世間全体でブームになっているものや盛り上がっているものである必要はありません。 しかし、自分自身もインスタ映えにハマっているということであれば、それはマイブームになります。 世間の流行やブームに乗っかって自分のマイブームにするというのでも良いと思います。 いくつかマイブームの例あげるとすれば、• ハマっている食べ物や飲み物• 現在、自分がやっているゲームやアプリ• 収集しているもの• 国内のドラマや海外ドラマ• 好きな映画や本のジャンルなど• よく行くお店• 好きなユーチューバー• アイドルや芸能人• スポーツ観戦や自分でやっているスポーツ• 音楽や楽器 マイブームは結局のところなんでもいいんです。 条件は現在進行形でハマっているものや好きなものであるということぐらいです。 世間的にブームが去ったと言われるものやひと昔前に流行っていたものであっても、自分が今ハマっていることであれば、それはマイブームです。 ただ、マイブームと少し似ている言葉があります。 それは「趣味」です。 そのため、 趣味とマイブームの違いも考えていきましょう。 マイブームと趣味との違いは何か? マイブームも趣味も、どちらも共通していることは ハマっているということです。 自分が夢中になっていることや熱中していることに使うというのは同じです。 ただ、その2つには大きな違いがあります。 それは 期間です。 趣味というのは、長期的に注目していることや継続して続けていることについて使われることがほとんどです。 専門的なところまではいかなくても、楽しみとして続けられるもののことを指します。 それに対して マイブームというのは、先ほど紹介したように 最近ハマっていることを指します。 ブームという言葉は一時的に盛んになるという意味があるため、長期的にハマっていることのことをマイブームとは表せません。 つまり、 数カ月や1年程度の短期的なものということです。 趣味と言えるところまで長期的ではないということを条件も満たしていれば、何でもマイブームということができますね。 というわけで、 趣味とマイブームの違いは期間で判別するという考え方が適切だと思われます。 言い換えれば、マイブームの中でずっと継続して続けているものは趣味に変わっていくということにもなります。 例として僕のマイブームと趣味を紹介 いまいちマイブームのイメージがわかないという人のためにも、 僕のマイブームを3つ紹介します。 参考程度に見ていただければと思います。 先に、マイブームとは呼べない僕の 「趣味」を紹介させていただくと、• 野球観戦は今年でロッテファン 4年目となるので、長期的な方の 「趣味」と呼べます。 YouTubeの視聴は 1年以上、毎日欠かさず見ているのでマイブームというよりは 「趣味」だと思われます。 これぐらいです。 先ほど紹介した期間での判別の仕方に当てはめて考えてみると、 僕が野球観戦を始めた当時は趣味ではなく、マイブームであったとも言えますね。 ここからは僕のマイブームの紹介です。 マイブームというぐらいなので、これからも続くかどうかは分かりません。 家で映画鑑賞(テレビで映画を観る) 最近、Amazonプライムビデオで映画を見ることが多々あるのですが、見る映画は名作といわれる有名な映画をよく見ています。 そして、比較的古めの映画を見ています。 1番最近見た映画は 「ショーシャンクの空に」です。 映画のレビューを書くのは苦手なのであまり詳しくは書きませんが、終身刑というものはどう転んでも悲痛なものですね。 僕も自由になりたいです。 スマホアプリ「Mスタ」 これはロッテファンぐらいにしか流行してないと思いますが、こちらの記事で紹介しているように マリーンズの選手をコレクションしていくアプリです。 そもそもロッテファンにも流行しているのかどうかも分かりませんが、続けてみようと思います。 レアなカードなどが出たらブログの方でも紹介させていただきます。 100均巡りをするのも楽しい 最近の話ですが、外出すると特に目的や欲しいものがあるわけではないのですが 100均に寄ってしまいます。 ほとんどの商品が100円だと思うと欲しくなってしまうものがたくさんあるのですが、そうするとお金が無くなってしまうので本当に欲しいものしか買いません。 ちなみに今ハマっている100均の商品は 「トーマスのチューイングキャンディ」です。 5枚入りのチューイングキャンディが3パック入って100円なので安いです。 美味しいので一気に全部食べてしまいます。 スーパーなどで買うよりもダイソーで買うのがお得です。 終わりに「マイブームとは浅く広いもの」 「マイブーム」というのは趣味ほど深入りしなくてもいいので気楽ですね。 そのマイブームが長く続けば趣味やお気に入りのものに変化していきます。 昔、僕は全てマイブームどまりで終わってしまい趣味と呼べるものが1つもありませんでした。 ですが中学生の時に野球観戦に出会い、今となっては趣味になりました。 趣味を作るにはいろいろなものを試していかないと見つかりません。 その過程でマイブームは生まれます。 映画鑑賞を趣味にしたいのですが、映画館に行くお金がないので今はプライムビデオで我慢していますが、 毎週映画を見に行けるぐらいの収入を得て映画鑑賞を趣味にするというのが今の目標です。 自宅にホームシアターを作るというのもありですね。 それでは、今日がかけがえのない日となりますように… ちなみに、僕が趣味としている野球観戦はマイブームにもオススメです。

次の

「マイブーム」は英語で、○○is my boom! で合ってますか?

マイ ブーム 意味

新しく出たものとか、初めて聞いた曲とかに夢中になってしまうことを表す「マイブーム」という言葉がありますよね。 残念だけど「マイブーム」はカタカナ英語で、ネイティブには通じないのです。 英語で 'boom' という言葉は社会の幅広い影響が及ぶ、というニュアンスなので一個人のハマっていることを「ブーム」として言うのはちょっと変なイメージです! ネイティブが日本語でいうところの「マイブーム」をどのように表すかを勉強していきましょう。 English version for international readers will follow the Japanese content ハマっているを表す "To be into" "To be into" という表現を見たことがあるでしょう。 これは "to like" と同じ意味です。 例えば: "I'm into rock music. "「ロック音楽が好きです。 」 "I'm really into" というのもあります。 "To be into" をさらに強めた表現で「すごく何かにはまっている」と表現できます。 "I'm really into science fiction movies"「SF映画にはまっています。 」 ここのところそれにハマってる、と表現するには "these days" や "right now" をつけることが普段です。 'right now' は「ちょうど今」ではなく、「最近」と言いたいのです。 "I'm really into vampire novels right now. "「最近ヴァンパイアの小説がマイブームです。 」 めちゃくちゃハマってしまった 'addicted' 次は 'addicted' 「~に中毒の」を使った例です。 中毒というのはかなり深刻に聞こえますが、この場合は無害な意味でも使います。 例えば: "I'm addicted to Korean dramas. "「韓流ドラマにめっちゃはまってる。 」 この表現は韓流ドラマがあなたの健康を害したりしているという表現ではありません。 ただ韓流ドラマに取りつかれている、というニュアンスになります。 食べ物に対してもこの表現はよく使います。 "I'm addicted to those new chocolate-covered pretzels. "「あの新しく出たチョコポッキー中毒になった。 」 やめられないほど好き "I can't stop" 'can't' を使った表現も覚えましょう。 "I can't stop" (何かにハマってやめられない)という表現です。 動詞の進行形 -ing が続きます。 "I can't stop listening to his new album. It's incredible. " 「彼の新しいアルバムってさ、聞かずにはいられない。 超いいよ。 」 "I can't stop playing this smartphone game. I should probably take a break. "「このスマホゲーム止められないんだけど。 そろそろ休憩したほうがいいかな。 」 "I can't get enough [of]"(いくらやっても気が済まない)という表現もあります。 名詞が続きます。 "I can't get enough of these pizza flavor potato chips! "「このピザ味のポテチ、いくら食べてもまだ足りない!」 夢中になっている "I'm crazy about" 最後は "I'm crazy about" です。 "crazy" と言われたらちょっとびっくりしますが、"addicted" と同じようにポジティブな意味でもよく使われ、夢中であることを表すことが多いです。 "I'm crazy about his movies. "「彼の映画に夢中だよ。 」 同じ意味で 'mad' も言えます。 "She's mad about him. She talks about nothing else. "「彼女は彼にのぼせているよ。 いつも彼についての話ばっかりだ。 音楽の歌詞などでよく耳にします。 あなたが好きな曲にもこの表現も入っているかもしれません! 英語を活かすお仕事は「アーク@キャリア」 You know how it feels when something new is released, or you discover something for the first time, and for a period of time, that thing becomes the center of your life and you consume it every day? It's pretty normal for us humans and, healthy or not, it makes for a good conversation topic! A nice word I've learned from Japanese speakers is "My Boom", which is, unfortunately, Japanese-English, and therefore is unlikely to be understood by native speakers. The word "boom" originally has the meaning in English of 'explosion', but has also come to be used as meaning a period of prosperity or growth, such as an "economic boom". But, as 'boom' suggests a wide scope, it sounds strange to describe a personal 'boom' involving just one person! Let's look at how native speakers talk about their current obsessions. You may be familiar with the phrase "to be into", which is synonymous with "to like", e. "I'm into rock music. "「ロック音楽が好きです。 」 From this, we can make the phrase "I'm really into" to show that you have a particular liking for something. "I'm really into science fiction movies"「SF映画にハマっています。 」 It's common to add phrases like "these days" and "right now" to emphasize that it's your current obsession. The phrase "right now" in this sense doesn't necessarily mean at this particular moment, but rather 'recently'. "I'm really into vampire novels right now. "「最近ヴァンパイアの小説がマイブームです。 」 Then there's the word 'addicted'. Although an addiction is quite a serious problem, we also use this word in a more "harmless" way, so to speak. It's different from saying "I'm addicted to gambling". Let's look at an example. "I'm addicted to Korean dramas. "「韓流ドラマにめっちゃはまってる。 」 If you tell me this, then I know that Korean dramas are not destroying your life, but merely that you are watching them fervently recently. Of course, there are also food addictions, and this phrase is often used with food. "I'm addicted to those new chocolate-covered pretzels. "「あの新しく出たチョコポッキー中毒になった。 」 Next, we'll look at phrases using "can't". Because being really into something is somewhat like an addiction, you can also use the phrase "I can't stop". This phrase, however, does not necessarily have a negative connotation. It is followed by a verb in its progressive form, e. -ing. "I can't stop listening to his new album. It's incredible. " 「彼の新しいアルバムってさ、聞かずにはいられない。 超いいよ。 」 "I can't stop playing this smartphone game. I should probably take a break. "「このスマホゲーム止められないんだけど。 そろそろ休憩したほうがいいかな。 」 There's also the phrase "I can't get enough [of]", which is instead followed by a noun. "I can't get enough of these pizza flavor potato chips! "「このピザ味のポテチ、いくら食べてもまだ足りない!」 Finally, we also have phrases like "I'm crazy about". Much like "addicted", when you hear "crazy", it might conjure up negative images of mental illness, but native speakers have similarly started to use it positively to describe a particular enthusiasm for something. "I'm crazy about his movies. "「彼の映画に夢中だよ。 」 In the same sense, you can also use "mad". "She's mad about him. She talks about nothing else. "「彼女は彼にのぼせているよ。 いつも彼についての話ばっかりだ。 This can frequently be heard in the lyrics of songs too. See if you can catch a phrase like this in your favorite English songs! Neill McKeever 関連サービス.

次の