堀田徳男。 アニメ「SLAM DUNK」第2話『くたばれバスケ!花道VS流川』のあらすじ・ネタバレ・感想・登場人物・フル動画を無料で観るには?|アニメ『SLAM DUNK(スラムダンク)』全話無料フル動画ナビ

アニメ「SLAM DUNK」第2話『くたばれバスケ!花道VS流川』のあらすじ・ネタバレ・感想・登場人物・フル動画を無料で観るには?|アニメ『SLAM DUNK(スラムダンク)』全話無料フル動画ナビ

堀田徳男

堀田徳男 プロフィール 堀田徳男 とは? バスケ部暴力事件の際に三井をかばい自ら首謀者となる。 仲間想いの熱い男。 後にバスケの試合には必ず応援に来ている。 所属:湘北高校• 身長:-cm• 体重:-kg• 誕生日:-• 呼称:徳ちゃん 【名言1】しょせんは中学レベルよ 【名言1】の解説 この言葉のどうなるか予想もつかない堀田の一言。 【掲載ページ】 第1巻P23 【名言2】放課後屋上に来いや今度は逃げんなよ 【名言2】の解説 授業中に突然現れ桜木に言い放った台詞である。 【掲載ページ】 第1巻P52 【名言3】三っちゃん本当は・・・バスケ部に戻りたいんじゃ・・・ 【名言3】の解説 過去を小暮によって語られた後に言った台詞である。 【掲載ページ】 第8巻P173 【名言4】そ・・・そうです・・・!! オレたちがやりました 【名言4】の解説 水戸に促され自らバスケ部襲撃事件の責任をとった。 【掲載ページ】 第9巻P11 【名言5】声が小さァい!! 【名言5】の解説 堀田が、海南戦の応援にきた際の一言である。 【掲載ページ】 第13巻P146 【名言6】待ってました三っちゃんーーーっ!! 【名言6】の解説 豊玉戦での三井が3Pを放ったときの名言である。 【掲載ページ】 第24巻P78 【名言7】歴史に名を刻め~~~ お前等!! 【名言7】の解説 山王戦後半開始前の堀田のエールである。 【掲載ページ】 第26巻P177 【名言8】来たあーーーっ!! 三っちゃん!! 【名言8】の解説 三井の魂の3pを見ていった言葉である。 【掲載ページ】 第28巻P127 【名言9】すげえよ三っちゃんも・・・桜木も・・・涙が止まらねえよ・・・・・・ 【名言9】の解説 三井の3P後に涙する掘ったの言葉である。 ここで涙したファンも多いはず。 【掲載ページ】 第31巻P56 【楽天市場】スラムダンクコミック本&DVD特集 楽天市場で各スラムダンクキャラクターグッズを購入.

次の

堀田 徳男: 大切なことはすべてスラムダンクが教えてくれた 〜スラムダンク名言集〜

堀田徳男

三井、鉄男たちが湘北バスケ部を襲撃に来たのだが、 桜木軍団たちにより、返り討ちにあう。 赤木も現れ、ケンカが終わったとき、 三井の過去の話が木暮から語られる。 三井がかつて湘北バスケ部にいた事、 県内の中学MVPを受賞するほどの実力持っていたこと、 そして、三井は本当にバスケが好きだったということを、 木暮から聞き、皆が理解し始めた。 バスケ部期待の後輩だった宮城が、 自分の得たかった地位に立っていたこと、 それが我慢ならなかったらしい。 子どもか!と言いたくなるが 徳男は、三井の様子を見て、気付く。 「三っちゃん本当は…バスケ部に戻りたいんじゃ…」 三井は一旦否定するが、最終的に肯定。 バスケ部に復帰を果たすのだった。 徳男は三井の1番の理解者で、 試合では誰よりも一生懸命応援する。 三井は、本当にいい友達を持ったものだと、羨ましく思う。 このシーンのみならず、親友を持つことの良さを、 徳男が教えてくれた。 該当頁:8巻173ページ目 22 15 7 4 7 6 1 1 2 3 3 1 16 1 2 2 1 6 3 2 1 2 1 1 1 9 4 3 1 1 2 1 4 4 4 4 1 1 1 3 2 2 1 1 1 2 1 2 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 2 2 1 1 2 1 1 1 2 1 2 1 2 1 1 1 1 1 1 1 1 1.

次の

【スラムダンク】堀田徳男の名言・セリフ集│名言格言.NET

堀田徳男

堀田徳男は喫茶店の窓の席から、ネオンの眩しい夜の繁華街を眺めていた。 隣では悪い友人たちが武勇伝のお披露目中だ。 喧嘩だったり、女だったり、酒だったり、パチンコだったり。 徳男はそんな話にちょっとだけ、ほんのちょっとだけ飽きて、外を眺めたりしていたのだった。 偶然というのはどこにでも転がっている。 徳男はその偶然に、一瞬で心を掴まれた。 向こうの歩道に、一人の少年が立っていた。 自分と同じくらいの年ではないだろうか。 夜の街に似つかわしくないカジュアルな服装。 長めで目にかかる、さらさらした茶色い髪は癖もなくて柔らかそうだ。 育ちのよさそうな端正な顔の、瞳はしかし虚ろでおぼろげで、青ざめた顔色とあいまってひどく儚げだった。 そして両手に抱え込んだ松葉杖。 2人の間をバスが通り過ぎた。 少年の姿はもうなかった。 ひどく現実離れしていたそのたたずまいに、徳男は幽霊でも見たのかと思った。 しかし松葉杖。 幽霊に足があるわけはないから… 「徳ちゃん、どうした」 「お。 おう」 悪友の問いかけに、さっきの少年が現実だったということを徳男ははっきり悟った。 「なんか面白そうなやつがいたな。 つけてみようぜ」 悪友はコンパクトカメラを取り出してにやりと笑った。 === なんでこんなところにいるのだろうか。 三井寿、いや、むかし三井寿だったことがあった少年は、雑踏の中をゆらゆらと、船を漕ぐように進んでいた。 歓声が、遠い。 三井寿という人物はいつだってその歓声のどまん中にいたはずだった。 『そんな様子なら二度とーーーできなくなるよ』 医師の残酷な言葉が少年の頭に鳴り響いた。 『二度とーーーできなくなるよ』 三井はーーーと共にあったのだ だけどーーーはもう三井と共にはいてくれない ーーーと一緒にいるのは、赤木と、先輩たちと… (…先生…) 真横にふくよかな人影が一緒にいてくれる。 あたたかな腕が肩に回される。 先生の腕は暖かいんだろうか。 そうだったらいいのに。 涙腺が弱くなる。 「おいおっさん」 ふくよかな人影が歩みを止め、少年もまた立ち止まった。 学生服の集団が、二人を取り囲んでいた。 「その子、ミセイネンだよね」 「何しようとしてたのかなー?」 「オレ、写真が趣味なんだ」 「写真、誰に見せたい?奥さん?会社の人??」 コンパクトカメラをちらつかせて、笑う。 「ええい、くそっ!」 男は財布から万札を掴みだし、不良に握らせると、カメラのフィルムを奪い取って逃げ出した。 髪は黒かった。 先生よりずっとずっと若かった。 予想よりずっと多かった特別収入に、不良たちは上機嫌で大笑いした。 そのうちにあってひとりだけ、松葉杖の少年だけが虚ろで寂し気だった。 「ね…ねえ君!」 徳男は思わず声をかけていた。 「君危ないところだったんだよ!変な男に変なところに連れていかれるところだったんだよ!わかってる?!」 「…先生に……似ていたんだ…」 少年はぽつりとこぼし、そして 「バ、バッカじゃねーの?!やいおめーら!その金、オレのお陰で手に入ったんじゃねーか!ほとんどオレのもんだろっ!ああ腹へった、それでラーメン奢れよっ!!」 松葉杖を振り回して不良たちに一喝した。 その目は輝き、もう寂しげな幽霊のそれではなかった。 === 三井には不思議な能力というか魅力があった。 出会ってしばらくもしないうちに、徳男たちとはまるで中学の頃からの付き合いみたいに親しくなってしまった。 中でも同学校で同学年の徳男とはよくつるんだ。 もっとも別学校で別学年の不良とも三井はすぐに馴染んでしまうのだが。 根明で強気で、思ってることがすぐ顔に出る。 喧嘩は弱いが一歩も引かないしぶとさがあって、一目おかれた。 先輩たちともうまくつきあって、可愛がられた。 「…三っちゃんって、実は体育会系だったりする?」 「バァカ!この膝でなにが体育会系だよ!!」 松葉杖でおもいっきり脛を打たれた。 「痛っ!」 間抜けな徳男の様子に、悪友たちがどっと笑う。 けれど三井は笑わなかった。 一瞬見えた横顔が、あの夜のようにおぼろに寂し気だった。 徳男はそれを目にしてしまって、また胸が掴まれるような、奇妙な感覚を感じていた。 三井の周りには人が集まる。 だけど三井自身はあの夜からかわらずにどこかうつろなままなのだ。 徳男はそれを知ってしまった。 (三っちゃんは、寂しいの…?) 聞けないまま、季節は秋になろうとしていた。 === 「三井なら、鉄男のところだろう、また」 三井といえば、不良仲間では有名な喧嘩屋の名前が出るようになるのに、あまり時間はかからなかった。 鉄男が学生服を着ていたり、学校の話をすることは皆無だったので、中卒のフリーターなんだろうとなんとなく思っていた。 もっとも詳しい話を聞けるほど、徳男はまだ親しくはなかったが。 やっぱり三井の友達を作る才能は特殊なものがあると徳男は感心した。 この間の雨の日に、三井は濡れ鼠で徳男の家に上がり込んできたのだ。 「ああ濡れたっ!!徳男、風呂と着替え貸せよ!」 三井はいつでも強引だ。 でもそのくらいのほうが徳男には気持ちよかった。 2人の背格好はあまりかわらない。 徳男の服は三井の気に入った。 「濡れた服、洗濯して学校持っていくよ」 「おう頼む」 そんなことがあって、徳男は今日、ビニール袋に三井の服を持ってきていたのだが。 「鉄男の家に持っていけよ。 おれ鉄男の家知ってるよ」 悪友に住所を聞いた。 わかりやすい建物の側だった。 これなら一人で行けそうだ。 カンカン音をたてて、ボロアパートの金属の階段をあがる。 徳男は半分開いているドアに気が付いた。 それは聞いてきた鉄男の部屋に間違いなかった。 鉄男の家には初めて入る。 徳男は緊張しながらドアの中の様子をうかがった… …奥に人影… 三井が、立っている。 その癖のないさらさらした茶色の髪に、無骨な男の指が差し込まれている。 指が、柔らかい髪の中へ入り込み、掴み、搔き乱す…こぼれた髪はさらさらと重力に従って元の位置に戻る。 直立不動のまま、三井の腕は地面へ伸びている。 強張った指が、今はない松葉杖の感触を探している。 (キス…してる) 眩暈がした。 衝撃が、徳男から判断力を奪ってしまった。 ただ踵を返し、走り去るのが精一杯だった。 届け物は落とした。 徳男、徳男、呼ばれていたとはまるでわからなかった。 === 校舎からいちばん遠いところに夕陽が沈んでいく。 「待てよ徳男、あれはだな!鉄男が勝手に」 「三っちゃん!オレ見てない!なにも見ていないから!!」 「お、おおう!ならいいんだよっ!!」 半分パニくって言い争い、乱れた呼吸を沈めながら、2人は屋上に座り込んだ。 三井は校舎から一番遠いところに沈んでいく夕陽をみつめていた。 徳男はその三井を見つめながら (三っちゃんは、寂しいの…?) (鉄男とキスするくらい、寂しいの?) 聞こうとする思いが 「三っちゃんは…ひょっとして女の子にフラれたの…?」 とんちんかんな問いになって口から出てしまった。 「…ああ、そんなもんだな」 意外にも三井はそれを肯定した。 「…フラれちまったよ…」 オレンジ色の、女神様、ってやつにな。 ずっとオレを見守っていてくれた。 ずっと一緒に歩んでくれると信じていた。 ミニバスやって、部活続けて、大学行って、実業団入って… 折から風がぶわっと吹いた。 三井の軽い髪が、舞い上がって、夕陽に染まった。 それを眺めながら、徳男は漠然と、ああきれいだなと思った。 こんなにきれいな三井でも、フラれるなんてあるんだな。 「…三っちゃんなら…手を伸ばせばとどくと思うよ」 徳男は知らない。 「…とどかねえよ」 三井は沈んでいくオレンジの球を眺めながら呟いた。 「女神様はショートヘアーなんだよ…気が付いて手を伸ばしても、もう遅いって、鉄男が言ってたよ」 風がうなり、オレンジに染まった髪が三井の目元を隠した。 三井が、泣いているか睨んでいるか、徳男にはわからなかった。 オレンジの球が、西の空へ沈んでいく。 空を残酷なほど綺麗な夕焼けでいっぱいにして。

次の