ウオチルドン。 ウオノラゴン

【ポケモン剣盾】ウオチルドンの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

ウオチルドン

図鑑説明 いを こおりつかせて えものを つかまえるが くちが あたまの うえに あるので づ どんな こうげきにも きずつかない つらのかわを もつが こきゅうが ふじゆうだったため ぜつめつした。 のような頭部と首長の体という奇怪な姿をしたのの1体。 の図鑑説明には「つらのかわ」と書かれているが、よく見ると正面にあるのは口ではなく模様である。 では本当の口があるのは何処かとソードの図鑑説明を見ると、 なんと頭頂部に付いている。 の上に口があるは初代からいる以来久しぶり。 その正体は 「カの」と 「カのクビナガ」をさせて復元された、通称の1種。 前者は頭部しかにならない甲冑ルオステウス、はに頭をくっつけられた首長スモスがになっている。 顔の向きがおかしいのは同じ頭を持つの復元に使用された「カの」のである、の向きを間違えられたのだろうか? 組み合わせだけでなくもちぐはぐである。 対戦においては 同胞殺し対策としてくらいの立ち位置に居るが、で遊んであげると思いのほかと意外なを集めている。 ちなみに、の向きはちゃんと正面になっている。 頭が上下逆なのになぜは正面を向いているのかは気にしてはいけない 性能• 他の達を見てみるとそれぞれ独自の性をしており需要がある一方このウオチルドンはと言うと、・・と・氷の系譜にもれずに優れた値となっており没個性気味。 では約半数のが登場しないため独自の性を発揮できる…と思いきや、 最も戦術傾向が被っているがを引っ提げて参戦している。 一応はと共通のである「がみ」で化は出来ている。 威とと同じだが、相手より先に技を出すと威が2倍になる効果がある。 と違い頑丈がないため面では劣るが、あちらより素さが低いためなどで補助出来ればより多くの相手に先制がみをできる。 には劣るが特殊技や技もそこそこ充実しており、がみが効かない相手にはいかりのまえばで確実にのを入れることが出来る。 またも覚えるため、やなどの呼び・貯持ちにもある程度強く出れる。 関連動画 まだありません 関連商品 まだありません 関連項目•

次の

【ポケモン剣盾】ウオチルドンの育成論と対策【ポケモンソードシールド】

ウオチルドン

の詳しい対戦考察や育成論は、以下のようなサイトでも取り扱っています。 外部サイトの安全性・正確性・合法性等あらゆる点については、何ら保証しません。 このページは、 の対戦での扱い、および育成論を記述するところである。 ウオチルドンの歴史 第八世代 微妙な素早さ、ウオノラゴンに及ばない火力などから世代開始からしばらくは存在感が薄かった。 それでも、当時から、、に一致で弱点を突かれない、の一致技を持つことなどから、差別化自体は可能であった。 だが、ランクバトルシリーズ3シングルバトルではの、、で抜群を取られず、さらにでキョダイセンリツに対策を打てることから本格的な考察が開始された。 耐久型だと、、には対面ですら勝てるかどうか怪しい。 そのため、仮想敵をに絞らない型として育てるのが吉。 一般的な育成論 素早さ以外はどれも高水準の種族値をしたポケモン。 とのどちらを使ってもある程度の火力が望める。 物理技のメインウエポンは、、、、、。 特殊技のメインウエポンは、、、。 物理技のサブウエポンは、、、、、、。 特殊技のサブウエポンは非常にレパートリーが少なく、程度しかない。 起点作り技には、があり、変則火力にはがある。 もこれというものがほとんどなく、目ぼしい物は程度。 は耐久型ならずぶといがメイン。 アタッカーならようき、おくびょうが無難。 持ち物は変化技が貧弱なことを逆手にとってを持たせるのが良いだろう。 構成としてはハイドロポンプ、フリーズドライ、いかりのまえば、こごえるかぜ、というものが考えられる。 ダイマックスエースにする場合はで下から動けるようにれいせい最遅にするのもアリ。 もしくは味方のを前提にようき最速にするという手もある。

次の

【ポケモン剣盾】化石ポケモンの実態を考察していくよ!悪趣味?卵未発見?|ゲームメインのサブカル総括シティ

ウオチルドン

連続で使うと失敗しやすくなる。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 この技は『みず』タイプにも効果抜群になる。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 天気が『あられ』の時は必ず命中する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 水中にいる間は『なみのり』『うずしお』以外の技を受けない。 必ず後攻になる 優先度:-4。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 天気が『あられ』の時は必ず命中する。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。

次の