ビートルズ レット イット ビー。 ザ・ビートルズの名曲「Let It Be」 こんな意味の曲だった

【50周年】ビートルズ最後のアルバム「レット・イット・ビー」記事まとめ

ビートルズ レット イット ビー

ザ・ビートルズの最後のアルバムは『アビイ・ロード』か、それとも『レット・イット・ビー』か? 哲学的なテーマの熱い論争がさまざまなレベルのビートルマニアの間で繰り広げられてきた長年の論争に終止符を打つ。 ビートルズファンであれば、ある化学薬品の力を借り、世を徹して議論を展開した経験も一度はあるだろう。 バンドとして最後にレコーディングしたのは『アビイ・ロード』だが、『レット・イット・ビー』の方が時期的には後でリリースされているという主張や、史上最高のバンドによる真のラストソングは『ハー・マジェスティ』か、それとも『ゲット・バック』なのか? バンドの結末となったのは、「いつの日か僕は彼女をものにする」というポールの歌か、それとも「僕らがオーディションに受かるといいな」というジョンのメッセージなのか? など、哲学的なテーマの熱い論争がさまざまなレベルのビートルマニアの間で繰り広げられてきた。 終わりなき論争のようだが、全くその通り。 なぜならビートルズだから。 ビートルズのグランドフィナーレを飾るのはどちらのアルバムか、時間をかけて検討してみよう。 まずリリース時期を比較すると、『レット・イット・ビー』は1969年に出た『アビイ・ロード』よりも後の1970年にリリースされている。 一方の『アビイ・ロード』をラストとする根拠としては、 1 同アルバム向けのセッションが開始される頃には『レット・イット・ビー』の全ての楽曲は揃っていた。 2 『アビイ・ロード』の方がより従来のビートルズらしいアルバム。 3 『アイ・ウォント・ユー』は4人がスタジオに揃ってプレイした最後の楽曲。 4 5 アルバムのラストソングとされる楽曲のタイトルは『ジ・エンド』。 ただし『ハー・マジェスティ』を除く。 6 『レット・イット・ビー』の仕上がりの悪さから立ち直ろうとチームが結束した結果、『アビイ・ロード』が生まれた。 7 『ハー・マジェスティ』は楽曲として素晴らしい。 8 9 「結局は、愛した分だけ愛される」、といった項目が挙げられる。 個人的な思い入れでは『アビイ・ロード』の方が優勢だが、冷静に時系列を追ってみると議論の余地もある。 確かに『レット・イット・ビー』のほとんどの楽曲は1969年1月にレコーディングされたが、4人は『アビイ・ロード』リリース後も『レット・イット・ビー』のレコーディング作業を続行していた。 ローリングストーン誌の寄稿編集者David Browneは自著『Fire and Rain』の中で、ポール、ジョージ、リンゴの3人が『アイ・ミー・マイン』をレコーディングするため、1970年1月3日にスタジオ入りしていることを明らかにした。 この時点で『アビイ・ロード』がリリースされてから数ヶ月が経っている。 その後リンゴは、1970年4月まで『レット・イット・ビー』向けのドラムパートのレコーディングを続けた。 しかし『レット・イット・ビー』は1枚のアルバムというよりはむしろ、同名映画のサウンドトラックのプロジェクトとして進められていた。 同アルバムがビートルズの公式スタジオアルバムとなったのは、図らずもバンドの崩壊とリリース時期が重なったことによる。 もしも『レット・イット・ビー』が当初のスケジュール通り『アビイ・ロード』に先行してリリースされていたなら、間違いなく『イエロー・サブマリン』に匹敵する有名サウンドトラックアルバムになっていただろう。 どちらのサウンドトラックアルバムにも、純粋なビートルズの楽曲が少しばかりと、映画のために作られたその他の見劣りする副産物が多く収録されている。 『アビイ・ロード』に収録された『トゥ・オブ・アス』と『イエロー・サブマリン』の『イッツ・オール・トゥ・マッチ』、前者の『ディグ・ア・ポニー』と後者の『ヘイ・ブルドッグ』など、どちらのアルバムでも同様に素晴らしいビートルズの楽曲が聴ける。 『レット・イット・ビー』におけるスタジオでの悪ふざけは、『イエロー・サブマリン』に収録された『ペパーランド・レイド・ウエイスト』よりも度を越している。

次の

レット・イット・ビー

ビートルズ レット イット ビー

さて、それではそろそろ本題に入っていこう。 僕がなぜにここまで映画『レット・イット・ビー』のリメイクにワクワクしているのか? その理由を知ってもらうには監督のピーター・ジャクソンのコメントを引用する必要がある。 以下、ネットニュースに掲載されたピーター・ジャクソン監督のコメントである。 「55時間分の未公開映像と、140時間分の音源を使わせてもらうことができるので、この映画をビートルズのファンが長らく夢見ていた「現場に立ち会う」という究極の映像体験にしようと思っています。 つまりタイム・マシーンに乗って1969年に戻り、スタジオで4人が素晴らしい音楽を作っている現場に居合わせるような体験です。 」 『Let It Be』のアルバムと映画は、解散後にリリースされたこともあり、当時バンドがうまくいかずに苦しんでいたというニュアンスで、しばしば語られてきた。 しかし、ピーター・ジャクソンは「しかしながら、実際はその神話とはずいぶん違うものだったと知って、安心しました」と語る。 「マイケル・リンゼイホッグが、解散の18ヶ月前に撮影した映像、そして音源をすべて確認したところ、これらが素晴らしい宝の山だということに気づいたのです。 もちろん感情的な行き違いの瞬間も捉えられていますが、これは、このプロジェクトが長年言われてきたような仲違いの記録ではありません。 ジョン、ポール、ジョージ、リンゴの4人が、今では名曲となっている楽曲をいちから共に作りあげていく様子は、素晴らしいだけでなく、面白く、気分が高揚する体験で、また彼らの仲の良さには本当に驚かされます」 「このような素晴らしい映像を託してもらえたことを非常に光栄に思っています。 この映画製作は、私にとっては心から楽しい作業になるでしょう」 以上、引用元(タワーレコードオンラインニュースより) つまりですね・・・。 僕たちがずっとずっとこの50年間観てきた映画『レット・イット・ビー』に映っていたビートルズ4人の姿というのは、かなりの部分がいわゆる「印象操作」によって意図的に作り上げられた映像ではなかったかという疑惑が生ずるのである。 ビートルズってこんなにも仲が悪かった。 ポールもこんなにイヤな奴だった。 だからビートルズは解散したんだ。 そんな印象をいやでも観た人に植え付けるような映像ばかりを寄せ集めて一本の映画としてまとめた作品。 それが映画『レット・イット・ビー』ではなかったのかということである。 もちろん現時点では上記は単に僕の勝手な想像にすぎないわけだが、この「印象操作」はファンはもとより、ビートルズ本人たちでさえも巻き込まれて行なわれたのではないかというのが僕の個人的な推測である。 ちょっと待て。 ビートルズってホントにメチャクチャ仲が悪くて解散したんだっけ?じゃ何?あの『アビイ・ロード』の完成度は?じゃ何?当時の彼らの写真、一緒に笑ってる写真けっこう多くない? それは、まさに当事者であるポール・マッカートニーまでもが、解散当時の4人の関係性が自分が考えていたほど悪いものではなかったのだと知ってホッとした、などというコメントを最近になって発しているほどなのである。 だからこのリメイク版『レット・イット・ビー』(タイトル未定)の知らせを聞いて、僕はものすごくワクワクしたし、ピーター・ジャクソンの言葉の端々に、一筋の希望の光を見いだしたというわけなのだ。 この映画はひょっとしたら世界中のビートルズファンの心を深く癒すようなものすごい作品になるのかもしれない。 そして僕がもっと期待していること。 それは我らが愛するポール・マッカートニーの「威信回復」である。 ビートルズ解散に関して、ポールはあまりも不当に悪者にされ、バッシングされ、傷つけられたのではなかったか。 だってかわいそうじゃん、ポール(涙)。 ポールがそんな悪い人間ではないことはその後の彼の言動すべてが証明しているし、僕たちファン全員がその目撃者である。 あのときのポールバッシングは絶対に間違っていた。 少なくとも行き過ぎていた。 長年僕の心の中でくすぶってきたこの深い思いを、この新しい映画が癒してくれることを、そして何よりもポール自身の心の重荷を解き放ってくれることを・・・僕は心から期待するのである。 その真相は2年後に明らかになる。

次の

レット・イット・ビー (映画)

ビートルズ レット イット ビー

レット・イット・ビー Let It Be 監督 製作 ニール・アスピノール 製作総指揮 ザ・ビートルズ 出演者 音楽 撮影 配給 公開 1970年5月20日 1970年8月25日 上映時間 81分 製作国 言語 『 レット・イット・ビー』( Let It Be)は、ビートルズが1月に行ったセッション()と、彼らの最後のライヴ・パフォーマンスとなった「」の模様を記録した、である。 「」や「」等のプロモーション・フィルムの製作を手がけたが監督を担当した。 当初の映画の目的はビートルズのリハーサルとライヴ演奏を見せることであった。 しかし、メンバーの心はバラバラに分かれ始め、結果的に本作はの姿を記録するものとなった。 クレジットは"APPLE an abkco managed company presents"となっており、ビートルズの会社「」と、当時のビジネスマネージャーだったの会社「」が名を連ねている。 本来はテレビ放映のためにで収録されたが、クラインの意向により劇場用のに焼きなおされた。 スタジオ・セッション [ ] 1969年、ビートルズはロンドンのトゥイッケナム映画撮影所にてセッションを開始し、映画クルーによってその模様が撮影された。 慣れないスタジオでの作業、常に撮影をされていることなど、緊張と不満がビートルズの中に存在し、彼らはトゥイッケナム映画撮影所の状態と仕事のスケジュールも嫌がっていた。 彼らは朝早くからセッションを始めるよりは彼らが普段録音していたでいつもやっているように夜遅くにセッションを行いたかった。 、はバンドからの離脱を告げた が、フィルムには記録されなかった。 彼は戻ってくるように説得され、からは、にある内の録音スタジオに場所を移し、セッションを再開した。 アップルでのセッションの際、ハリスンはと演奏をしてもらうためにキーボード奏者のを連れてきた。 バンド内での衝突は映画から抜け落ちているが、作品中ではマッカートニーとハリスンの間での口論や、マッカートニーとレノンの噛み合わない会話など、バンド内で漂う不協和音を感じさせる場面も含んでいる。 映画で演奏された曲は多くがアルバム『』に収録されたが、1969年夏にバンドが再集合した時のアルバム『』の数曲も含まれている。 スタジオでのセッションの場面は1969年、アップルにてビートルズが「」、「」、「」のスタジオ・ライヴの場面で終了する。 ルーフトップ・コンサート [ ] ルーフトップ・コンサートが行われた旧アップル・コア本社 映画プロジェクトの元々の構想では最後にライヴ・ショー(にので最後のツアーを終えてから初の公式なライヴ・パフォーマンス)で終わるというものであった。 しかしライヴの方法についての意見はなかなかまとまらなかった。 はビートルズが初期に行っていたように小さいクラブで演奏することを主張し、はのような海外で行うことを主張した。 はにとどまるよう要求し、はどんなライヴ・パフォーマンスにもほとんど興味を示さなかった。 結局、ライヴの方法はアップル本社の屋上において予告無しでコンサートを行うことで解決した。 ビートルズはプレストンと一緒に、ゲリラ的にライヴ演奏を行った。 映画は屋上から大音量で鳴り響く演奏に驚くロンドンの住民たちの姿も記録されている。 映画は駆けつけた警察官によって演奏が止められ、コンサートが終了するところで終わる。 のちに「」呼ばれるこのコンサートはビートルズの最後の公式なライヴ・パフォーマンスとなった。 ビートルズはルーフトップ・コンサート中に5曲演奏している。 「」(3回)、「」(2回)、「」(2回)、「」と「」である。 (ビートルズは短くしたと短いリハーサルのも演奏したが、その間セカンドエンジニアのがテープの入れ替え作業をしており、この演奏は映画から省かれてしまった)。 最後の曲が終わってから、マッカートニーが"Thanks Mo! "と言うのが聞こえる。 これはが大きな拍手と励ましを送ったことに応えたものである。 それからレノンがよく知られた言葉である"I'd like to say 'thank you' on behalf of the group and ourselves, and I hope we passed the audition! " で閉じた。 このやりとりはアルバム『レット・イット・ビー』の最後に追加された。 映画「レット・イット・ビー」内の曲 [ ] 特記されている以外のすべての曲のクレジットはである。 Piano Theme ポールのアドリブで演奏されたピアノソロ。 の「」が元になっている。 に発売された『』のボーナスCD『フライ・オン・ザ・ウォール』では、「Paul's Piano Piece」と題されている。 サビのみ。 ポールがコードをメンバーに教えながら演奏する。 ロード・マネージャーのが金属の塊をハンマーで叩いて演奏に参加する。 この後のシーンでジョージがマイクで感電しポールが「ジョージが死んだら君ら(スタッフ)はオシマイだぞ」とジョークを言う。 通常編成での演奏で、ポールが、ジョンとジョージがを弾く。 リリース版では調だが、このテイクでは調のパフォーマンスである。 曲の終盤のみのパフォーマンス後、ポールがジョンに対してチョーキングのニュアンスを指示するが、1月31日の最後のライヴではそのパートをジョージが弾いている。 その後中間部からパフォーマンス再開。 終演後に「」(アルバム『レット・イット・ビー』収録テイク)の冒頭に収録されることになるジョンの"Queen says 'No' to pot-smoking FBI members. "という語りが入る。 ポールのピアノ弾き語りによるワンフレーズのみ。 その後ポールの語りが続く。 アルバム収録版にかなり近い仕上がり。 Piano Boogie David Williams ポールとリンゴがピアノ連弾で歌う。 ただしリンゴ・スターは右手だけを使う。 ロックンロール調のパフォーマンスであるが、イントロのあと冒頭部分を歌ってすぐに中断。 その後、ポールの語りとなるが、ポールの指示に対しジョージと口論になる。 ポールが「バンドサウンドが合わない。 君と僕との… You and I are uh... 」といった際にジョージは"You and I have... memories"と乗る。 ジョージ喰ってかかった際、ポールは「君はいつでも悪いように取る。 だけど傷つけるつもりはないんだ。 ただ、もっとよくなるように言ってるだけなんだ」と諭すが、ジョージは聞こうとしなかった。 その後、ポールは「」のギター・プレイ(完成版で消されたフレーズ)で口論があったことと同じだと言うと、ジョージは「もうそんなことはどうでもいい。 君の言う通りにするさ。 弾けと言うなら弾くし、弾くなと言うなら弾かない。 好きなようにしてやる」と言い、場が険悪になる。 ジョンが「"Nothing Is Gonna Change My World"の回数を変えよう」と言ってこの曲が始まる(ジョンのこの提案の撮影は口論とは別の日であった)。 まだ仕上がっておらず、メロディを口ずさむ。 Suzy Parker Lennon-McCartney-Harrison-Starkey ただし公式クレジットではない 映画内で実際には"Suzy's Parlour"と呼ばれていたブルース進行のアド・リブ演奏で、ジョンがヴォーカル、ポールが合いの手とスキャット。 Harrison ジョージがリンゴに1人でギター弾き語しながらこの曲を聴かせている場面から、途中で場面が切り替わりポールも交えてバンド形式に移る。 ジョンは演奏に参加おらず、ヨーコと共に座って聴いている。 ジョージのギターはレコーディングされたテイクとは趣を異にしてフラメンコ調である。 映画では、この曲に合わせてヨーコとワルツを踊る映像がかぶせられている。 この曲までトゥイッケナム映画撮影所での収録。 Harrison この曲以降、アップル・スタジオでの収録。 間奏部分からの収録で、演奏をバックにメンバーがアップル・スタジオに入っていくシーンが重ねられ、曲の後半からビートルズの演奏風景に変わる。 ポールはミュートしたピアノ、ジョンはラップ・スティール・ギターを演奏している。 1969年の収録。 演奏終了後、のちにアルバム『レット・イット・ビー』に収録される"'I Dig a Pygmy' by Charles Hawtrey and the Deaf Aids. Phase One, in which Doris gets her oats. "というジョンの語りが入る(録音)。 その後、ポールとジョンの談笑。 『』等に収録されている初期ヴァージョンとは異なり、ゆったりとしたテンポでオリジナルに近い。 ポールは声色を変えて歌っている。 Starkey ポール不在のスタジオで、リンゴが作曲途中のこの曲をピアノで弾き語りでジョージに聴かせている。 ジョージにコード進行のアドヴァイスを受けている様子が分かる。 レコードとは異なり、C調で演奏している。 ジョンもタバコを吸いながら、ドラムを演奏する。 その後ポールが恋人リンダとリンダの娘ヘザーを連れて入ってきて「(例のデモ音源は)ひどい曲だな」とけなし、ジョージ・マーティンが「まだ完成してないから」と言う。 その後、セッションの準備をし始める。 その途中、カメラはヘザーを追い、リンゴのドラムを叩き、リンゴがおどけてキョロキョロする様子が撮影されている。 ヘザーがスタジオ入りしていることからの収録と察せられる。 ビリー・プレストン(電気ピアノ)も加わり、オールディーズ・ナンバーを歌う。 『』収録テイクと異なり、ポールがピアノ、ジョンが6弦ベース。 1月26日収録。 ポールが風にアップ・テンポで口ずさむ。 その後、スロー・バラードで歌い始めるも突然声色を変え大声を出し中断となる。 1月26日収録。 Jesse Stone 変名のCharles E. Calhounを使った 再びオールディーズ・ナンバー。 『』にも収録。 Jerry Leiber-Mike Stoller ミス・アン Johnson-Penniman オールディーズ・ナンバーのメドレー。 「」は、ヴァージョンとは異なり、「ヘイ・ヘイ・ヘイ・ヘイ」とのメドレーになっておらず、オリジナルのものに近い。 ジョージのイントロでポールが「ミス・アン」だと勘違いし、歌いだしが「カンザス・シティ」と被ってしまう。 その後、「ミス・アン」に移る。 1月26日収録。 Lennon-McCartney-Harrison-Starkey アルバムには数十秒にカットされているが、もともとは十数分もの長い曲であった。 映画では4分程度に編集。 ジョンが6弦ベースをコード弾きしながらアド・リブで歌う。 ジョージ・マーティンがを振って演奏に参加している。 1月26日収録。 終演後、ポールの語りが入る。 以下の3曲は、セッション最終日()のスタジオ・ライヴより。 アルバム収録版とほぼ同じだが、エンディングのジョンの口笛はアルバムとは異なる。 ジョージはオールローズ・テレキャスターの低音弦でベース・ラインを弾いている。 『』収録版とほぼ同じだが、オリジナル版やネイキッド版にはない"There will be no sorrow"という歌詞を含んでいる。 『レット・イット・ビー... ネイキッド』収録版とほぼ同じ。 以下6曲は()より。 シングル・ヴァージョンとほぼ同じだが、ジョンのソロやオブリガートが若干違うほか、ポールのセリフも若干違う。 ジョンが歌詞を忘れて適当にフレーズを口ずさんでいる箇所がある。 歌いだしもシングルと違い、ポールとジョージのハモリが入っている。 『レット・イット・ビー』収録版とほぼ同じだが、道行く人々がインタヴューに答えている映像が挿入されている。 『レット・イット・ビー』収録版とほぼ同じ。 終了後にジョンが「」の替え歌を歌う。 リンゴがタバコ休憩に入っていたところでカウントが始まったため、リンゴが制止する。 冒頭とラストの"All I want is... "というユニゾンが入る。 このユニゾンの削除は理由は不明であるがアルバム『』で施され、アルバム『レット・イット・ビー... ネイキッド』においても準じて削除されている。 『』にも収録。 ジョンがオブリガートのフレーズをミスしている。 警察が「音を下げろ」と警告したため、マル・エヴァンスがジョージとジョンのアンプを切るが、接続を確認してアンプが切られたことに気付いたジョージが電源を入れ直し、それを見たマルはジョンの電源を入れ直す。 ゲット・バック・セッション中に演奏したものの、映画『レット・イット・ビー』では採り上げられなかった曲は主に次のものが挙げられる。 「」「」「」「」「」「」「」 Harrison 、「」 McCartney 、「チャイルド・オブ・ネイチャー」 Lennon 、「」「」 McCartney 、「」 McCartney 、「」 Lennon 、そして「」 McCartney。 その他にも、膨大なオールディーズ・ナンバーやデビュー前の自作曲が演奏されているが、それらの多くは断片的なものに留まる。 プレミアと受賞 [ ] 映画は Liverpool Gaumontにて、プレミアショーが行われ、その年ののとの映画音楽賞を受賞した。 ビートルズは誰もアカデミー賞の授与式に参加しなかった。 映画のソフト化 [ ] 映画は1980年代の始めに、クレジットで名を連ねている解散当時のビジネス・マネージャー、の手によってソフト化されたものがリリースされたが、ビートルズ側がアブコ側での勝手なリリースにストップをかけ、販売が中止となる(、、RCA 、でのリリースが確認されている)。 以降正式にリリースされることはなく、これらからコピーされた海賊盤が流通することになってしまう。 以降、を含め、複数の関係者の口からDVD・ブルーレイ化に向けての作業が進められていることが語られているが、現在正式なリリースは発表されていない。 現在、正式に入手できるのは抜粋が収録された映像版『Vo. 8』のみである。 また2月の(元代表取締役)のインタヴューでは、「The film was so controversial when it first came out. When we got halfway through restoring it, we looked at the outtakes and realized: this stuff is still controversial. It raised a lot of old issues. (映画が最初に出てきたときは非常に物議を醸した。 その修復作業が半分を過ぎたときに、アウトテイクを見てこう気づいた。 この素材は未だに議論を呼んでいると。 これは古い議論をよみがえらせた。 )」と語っている。 にの手により、新編集版の『レット・イット・ビー』が現在制作中であることが発表された。 同時にオリジナル版の方もリマスター化されて発売される予定であることも発表された。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• The Get Back Rehearsals. 2006年10月29日閲覧。 The Get Back Rehearsals. 2006年10月29日閲覧。 The Get Back Rehearsals. 2006年10月29日閲覧。 The Get Back Rehearsals. 2006年10月29日閲覧。 Sulpy, Doug; Schweighardt, Ray 1999. Get Back: The Unauthorized Chronicle of the Beatles' Let It Be Disaster. Macmillan.. NPR's Online Music Show. 2006年10月29日閲覧。 Internet Movie Database. 2006年10月29日閲覧。 2007年2月12日. の2007年2月14日時点におけるアーカイブ。 Billboard JAPAN. 2019年1月31日. 2019年2月1日閲覧。 株式会社デイリースポーツ. 2019年1月31日. 2019年2月1日閲覧。 関連書籍 [ ]• Get Back: The Unauthorized Chronicle of the Beatles "Let it Be" Disaster, by Doug Sulpy and Ray Schweighardt. New York: St. Martin's Griffin, 1999. (セッションテープの完全な分析を行っている。 ) 外部リンク [ ]• - (英語).

次の