デロイト トーマツ 年収。 デロイトトーマツコンサルティングの中途採用事情~年収、就労環境など~

コンサル業界の年収ランキング、2位はデロイトトーマツ 1位は……

デロイト トーマツ 年収

Contents• デロイトトーマツコンサルティングの平均年収 デロイトトーマツコンサルティングの平均年収は、 約1,000万~1,100万/31歳と推定されています。 新卒で入社した場合の初任給は約560万、30歳前後で約1,000万をもらえるケースが多いです。 デロイトはBIG4の一角となっており、アクセンチュア・他BIG4の中では年収水準が最も高く、新卒や中途でも人気の高い総合ファームです。 デロイトは基本的に年俸制となっており、年に2回の賞与が支給されます。 そのため、年収570万の場合は月収が約40万前後となります。 総合ファームの中で最も年収水準が高い理由は、優秀な人材を確保するために、戦略ファームと同水準の年収まで押し上げる目的があるからです。 アクセンチュアや他BIG4と比べて、 ピュアな戦略案件やビジネスコンサル案件が多いなど、総合ファームの中でも、年収・業務内容は戦略ファームに近いと言えるでしょう。 役職は約2〜3年のスパンで上がっていく仕組みになっていますが、バリューを出せていない場合は4〜5年ほど同じランクにとどまるケースもあります。 デロイトは、アクセンチュアや戦略ファームと比較してアップオアアウトの風潮が少ないですが、同じランクにとどまり続けるとプロジェクトにアサインされなくなる傾向があります。 そのため、仕事をもらえずに自主退職をしていくというケースが多いです。 とはいえ、よほどのことがない限りは役職が上がっていく傾向が強く、 一定の年数で勤続していればほぼ昇格できるという非常にホワイトな社風になっています。 (特に、シニアコンサルタントまでは普通にやっていれば昇格が可能) ちなみに、新卒、または第二新卒で入社した場合はビジネスアナリストというランクからスタートします。 アナリストの場合は、アクセンチュアのアナリストよりも100万ほど年収水準が高いです。 転職をした中途入社の場合はほとんどがコンサルタントからのスタートとなるため、 年収は630万+一部ボーナスとなります。 デロイトトーマツコンサルティングのボーナス(賞与) デロイトは1年に2回のボーナス(賞与)支給があります。 支給額は役職によって固定で決まっていますが、冬のボーナスは会社・個人の業績が反映されるため、同じランクでも年収が異なります。 残りの1回は自身の評価によって変わりますが、目安は年収の10%弱となります。 なので、 年収600万のコンサルタント職位のボーナスは、夏が約100万円、冬が約50万円となり、 最終的な年収額は680万〜700万が相場です。 未経験で入社しても700万ほどはもらえるという計算になるため、非常に高待遇なファームと言えるでしょう。 デロイトトーマツコンサルティングの残業代制度 デロイトは 名目上は残業代制度がありますが、実態としてはほとんど無いようなものとされています。 そのため、どれだけ長く働いても年収は変わらないのが実情です。 アクセンチュアの場合は、会社として必ず残業申請をするという決まりになっていますが、デロイトはプロジェクトマネジャーと相談して、任意で申請となります。 なので、 基本的には残業代は出ないという認識で入社した方が良いでしょう。 ある意味、ブラックな一面はありますがベースの年収が高いので、そういった点で満足度は高いでしょう。 デロイトトーマツコンサルティングの福利厚生制度 各種保険 健康保険、厚生年金、雇用保険、総合福祉団体定期保険、財形貯蓄制度、労災保険 退職金制度、企業年金基金、定期健康診断、自己啓発援助など 諸手当 通勤手当、出張手当のみ 休暇 慶弔休暇、年末年始、夏期休暇、有給休暇(初年度10 日、最大20 日) その他 カフェテリアプラン、保養施設利用補助 デロイトの福利厚生については一般的な内容となっています。 事業会社のように家賃補助などは出ない仕組みとなっており、社内食堂などもありません。 ただ、地方に常駐するプロジェクトや出張等の場合は、出張手当という形で1日あたり数千円の手当が支給されます。 また、保養施設利用補助といって、デロイトが保有する保育施設などに入園することが可能です。 デロイトは長く働ける会社づくりを目指しているため、家庭を持つ社員への福利厚生を充実させていると考えられます。 デロイトトーマツコンサルティングの転職に強いエージェント 最後に、デロイトへの転職成功率が高くなるエージェントをご紹介します。 詳細は以下の記事をご覧ください。 総合評価 デロイト転職に強い理由 アクシスコンサルティングがデロイトの転職に強い最大の理由は、 デロイトを含む総合系ファームへの転職支援実績が圧倒的に多いことです。 転職支援実績が豊富であることから、下記のようなメリットを享受することができます。 デロイト用の面接・選考対策を受けることができる• アクシスコンサルティングとデロイトの繋がりが強いため、応募者を推薦(プッシュ)できる デロイトの選考では、ケース面接を実施されることが多いです。 ケース面接は、過去の出題を見るなど対策をしないと攻略がとても難しいです。 しかし、アクシスはデロイトへの転職支援実績が非常に多いので、 ケース問題の傾向や、面接の質問内容などに合わせた対策を行ってくれることがあります。 2点目については、アクシスコンサルティングのデロイトへの転職支援実績が多いことから、デロイトの採用担当者との繋がりが非常に強いと言われています。 仮に転職者が面接で当落選上にいる場合、 アクシスが転職者を強く推薦(プッシュ)することでオファーに至るというケースが多くあります。 こういった理由から、アクシスコンサルティングはデロイトへの転職に強いエージェントとされています。 アクシスの強み・メリット アクシスコンサルティングを使うメリットは、下記の2点です。 転職支援の質が非常に高い• 総合系コンサルファームとの繋がりが強い アクシスコンサルは、書類添削や選考対策など、ファームごとの傾向を踏まえて対策を行ってくれます。 コンサル専門エージェントの最大手では無い分、1人1人へのサポートが手厚いと評判です。 書類添削はもちろんですが、模擬面接等も行ってくれます。 2週間に1回などで行ってくれるケースもあるため、面接慣れや自身の棚卸しをすることができます。 また、もう1つの強みは、総合コンサルファームとの繋がりが非常に強いことです。 アクセンチュア、デロイト、PwCなどへの転職実績が豊富で、ファームの人事担当者とも繋がりが強いです。 そのため、 面接後にアクシスコンサルが応募者をプッシュすることで内定に至るケースが多々あります。 転職業界の最大手エージェントです。 大手エージェントは、コンサルに強くないイメージがありますが、 実はコンサルティング業界専門部署があるなど、中規模のコンサル専門エージェントよりも総合ファームの転職実績が豊富です。 総合評価 デロイト転職に強い理由 リクルートがデロイトへの転職に強い理由は、アクシスと同様にデロイトへの転職支援実績が豊富であるためです。 また、リクルートエージェント経由でデロイトに応募する人数はとても多いため、デロイトの採用状況や面接の質問内容などの情報が入ってきやすいというのも理由としてあげられます。 また、リクルートエージェントにはコンサル対策用の専門部署があり、総合系ファームの情報などが多く集まっています。 そのため、デロイトと他BIG4やアクセンチュアを比較した際の、デロイトの特徴や強みなども教えてもらうことができます。 リクルートの強み・メリット リクルートエージェントの最大の強みは、以下の2点です。 コンサルファーム専門部署がある• 他業界の転職ノウハウも活用した対策支援ができる 前述の通り、リクルートは大手エージェントですが、 コンサル業界の専門部署があるためコンサル対策に特化した支援を受けることができます。 私の同期でも、5人中3人がリクルートエージェント経由でコンサルに転職してきています。 特に総合コンサルは採用人数が多い分、転職実績も豊富となっており、選考対策も総合コンサルに特化した支援を受けることができます。 また、転職エージェントの最大手であるため、他業界の転職ノウハウも豊富です。 大手エージェントは専門性が無いように思われがちですが、中規模のコンサル専門エージェントよりもコンサル転職の実績といった面で、非常に安定感があります。 まとめ 今回は、デロイトトーマツコンサルティングの年収・給与について役職別にご紹介しました。 コンサルへの転職を検討する際に、年収がどのくらいになるのかは非常に重要な要素です。 また、残業代や福利厚生制度に関しても他コンサルと比較する上では検討すべき事項になるでしょう。 今回ご紹介した内容を参考に、悔いのない転職活動をして頂ければと思います。

次の

デロイトトーマツコンサルティングの平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

デロイト トーマツ 年収

デロイトトーマツ(DTC)の年収は550万円~1300万円! デロイトトーマツの年収は 550万円~1300万円が平均です。 税理士の平均年収や会計士の平均年収と比べると、税理士が717万円なので 高くぐらい 会計士に関すると平均年収が926万円だったので平均より 高い形となります。 職種・役職者の年収は ・ビジネスアナリスト 年収850万円~ ・コンサルタント 年収867万円~ ・シニアコンサルタント 年収1131万円~ ・ERSコンサルタント 年収651万円~ ・ERSシニアコンサルタント 年収881万円~ ・ビジネステクノロジーアナリスト 年収755万円~ ・マネジャー 年収1340万円~ ・シニアマネージャー 年収1600万円~ ・パートナー 年収1500万円~ ・ディレクター 年収1500万円~ となっていました。 デロイトトーマツの仕事内容は税理士法人としての経営・会計コンサルティング業務です。 給料も役職やクラスによって差が大きく、シニアコンサルタントやマネージャーになると年収は1000万円以上になってくるという書き込みもありましたが、新卒だと年収は500万円となっており、勤続や昇進によって年収が大きく上がってくる体系になっているそうです。 年齢 年収 月額給与 ボーナス 20~24歳 527. 3万円 33万円 131. 8万円 25~29歳 656. 8万円 41万円 164. 2万円 30~34歳 721. 5万円 45万円 180. 4万円 35~39歳 823. 3万円 51万円 205. 8万円 40~44歳 925. 0万円 58万円 231. 3万円 45~49歳 1036. 0万円 65万円 259. 0万円 50~54歳 1110. 0万円 69万円 277. 5万円 55~59歳 1063. 8万円 66万円 265. 9万円 60~64歳 749. 3万円 47万円 187. デロイトトーマツ(DTC)の年代別年収を詳しく解説! 口コミの年収を参考にし、デロイトトーマツの年収を年代別に調べてみると、30代では768万円という平均は出ました。 これは新卒の年収と比較すると上昇率が高い事が分かりますが、40代、50代になると昇進し、役職手当も付くので1000万円以上になる事も考えられ、デロイトトーマツは昇進による年収の上昇率が非常に大きい企業といわれています。 デロイトトーマツ(DTC)の推定生涯年収 デロイトトーマツ(DTC)の生涯年収は3億9775万円と推定されます。 この数字は単純に口コミなどで公開されている年収を平均したものを元に算出しましたが、昇進し役職によって年収が大きく変わるので、数年で昇進していくケースとそうでないケースとでは大きな違いが出ると考えられます。 平均では2~3年ごとに昇進していくという事なので、8年でマネージャーに上り詰めたとすると生涯推定年収は5億1852万円となりますが、昇進がスムーズでないと大きな差に繋がっていくと思われます。 デロイトトーマツ(DTC)の採用情報を解説 新卒の初任給は年俸制で 学卒5,302,400円 院卒5,402,000円 となっていました。 (2012年4月入社者実績) 求める人物像は論理的思考力やコミュニケーションスキル、ヒューマンスキルをもった人で、こういった能力は自分自身の経歴や今までの事をしっかりと整理して話す事に繋がり、コンサルタントとしての資質があるという事です。 そして面接で聞かれることは、以上の事からコミュニケーションスキルや人間性を重要視した質問、また理論的思考力を試す質問、典型的な例では今までにやってきた事や力を入れてきた事、などの質問に柔軟に対応し、整理して説明する能力が問われてくる可能性が高いと思います。 応募資格は新卒採用や中途採用、海外新卒も応募可能ですが、中途採用の場合は経験者のみの募集になっています。 転職するには、もちろん経営コンサルタントとしての実務経験がある事が好ましいですが、税理士や公認会計士、弁護士などの法律関係の資格や医師としての経験を活かせる人も応募でき、特に、前者の場合はマネージャーとして高収入を狙う事も可能です。 デロイトトーマツ(DTC)のwebテストについて詳しく解説! このテストはマイナビを通して受験することが可能です。 まず、SPIと判断推理の勉強をしておくと良いと思います。 資料を読解する際にも必要とされる読解力も試されるため、その対策も十分に取っておく必要があるという口コミがありました。 デロイトトーマツ(DTC)の2chでの評判を詳しく解説! デロイトトーマツについて2chでのある書き込みでは、会計系の中では非常に優秀な企業だという内容がありました。 クライアントになった企業からのリピート率も高く、その理由として人に魅力を感じるそうです。 そして、離職率が低いのもポイントだと思います。 離職率に関してもデロイトトーマツはかなり低いといった書き込みが多く、働く側としても依頼する側にしてもとても良い企業だと思いました。 元デロイトトーマツ(DTC)社員のクチコミ年収 20代 経営コンサルタント 年収670万円 報酬・査定制度ともに文句なしで、それなりに満足している。 30代 経営コンサルタント 年収1104万円 いわゆる外資の戦略コンサルティングファームのように死ぬほど忙しいというわけではありませんが、その分各職位における報酬は低めだと思われます。 コンサルティング(itコンサルティング)、総研会社、金融業の年収一覧 シンクタンク、総研系、コンサルティング、金融業の年収をまとめています。

次の

コンサル業界の年収ランキング、2位はデロイトトーマツ 1位は……

デロイト トーマツ 年収

アクセンチュアの公式Webサイト 2位はデロイトトーマツコンサルティング(844万円)。 大卒初年度の基準年額は475万円。 「カフェテリアプランや退職金制度が整備されている。 入社までに簿記2級とTOEIC900点の取得が求められるが、会社が予備校の費用などを負担してくれる」「評価制度もしっかりしていて、運用もきちんされている」など、福利厚生や人事制度などに対する評価が集まった。 3位はプライスウォーターハウスクーパース(807万円)。 新卒コンサルタント職の標準年収額は540万円(17年度実績)。 年1回の業績賞与について「5段階(1〜5)で評価される。 評価『4』で標準賞与額の約2倍、『5』で約3倍の額が支給される」という。 コンサルティング業界の平均年収ランキング(=グローバルウェイ調べ) 4位は野村総合研究所(804万円)。 入社1〜2年目は総合職として働き、その後専門職にステップアップすると裁量労働制が適用される。 「若いうちは年功序列で昇給。 30代中盤で年収1000万円に到達する人がほとんどだ」「日系同業種では最高水準の年収。 30代以降は年収に数百万円の差がつく。 階級が上がるにつれ、賞与の年収に占める比率が高くなる」などの声が挙がった。 5位は日本アイ・ビー・エム(753万円)。 大卒の初年度年収は480万3000円(17年度実績)。 「営業職は目標達成率によってインセンティブが支給される。 職種に関係なくランクに応じて給与の支給額が決定する」という声があった。 調査は14年4月1日〜18年3月31日にかけて「キャリコネ」に正社員として登録しているユーザーから、給与明細に関する投稿が20件以上寄せられた企業のデータを対象に実施した。 関連記事• 今や日本はアジアの中でも賃金が安い国となりつつある。 日本人が仕送りなどを目的にアジアに出稼ぎに行くようになる日はそう遠くないのかもしれない。 マツダの働き方改革について書きたいと思う。 あらかじめ断っておくが、マツダの働き方改革は、いわゆる総務・人事の領域の話ではない。 それは徹底的にクルマづくりの話なのだ。 「うらやましい」と感じる友人の勤務先は? リスクモンスターが調査結果を発表。 3位はトヨタ自動車がランクイン。 2位・1位は……• 今から13年前、当時ベンチャーだったサイボウズは20人以上の社員が退社し、離職率が28%となりました。 どんどん社員は辞めていくが、業務は山のようにあり、休日出勤も常態化しているといった、いわゆるブラックな労働環境だったという。 そこからどうやってホワイト企業に生まれ変わったのだろうか。 広告・マスコミ業界の中で平均年収が最も高い企業は? 転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが調査した結果、2位は博報堂で794万円だった。 1位は…….

次の