インスタ 一時停止。 インスタグラムの一時停止とは?いいね・コメント・DMの表示や再開までの期間などやり方・解除方法まとめ【Instagram】

インスタグラムのアカウント削除(退会)方法・一時停止のやり方

インスタ 一時停止

Contents• Instagram(インスタ)のアカウント完全削除方法 まずは インスタのアカウント完全削除(退会)する方法から解説します。 Instagramはアプリからアカウントを削除することが出来ません。 アカウントを削除するために、まずはパソコンなどのウェブブラウザから してください。 アカウントを完全に削除する はこちらです。 アカウントを削除すると 再び同じユーザーネームでInstagramに登録したり、別の既存のアカウントに追加したりできません。 また、Instagram側からも、アカウントを再度有効にすることはできません。 つまり、 完全に削除するとデータは復活できませんし、同じアカウントを使用することも出来なくなります。 ご注意下さい。 アカウントを完全に削除するには、まず 「アカウントを削除する理由」を選択します。 すると、パスワード入力欄と 「アカウントを完全に削除」ボタンが出てきます。 間違いがないことを確認したうえで入力しボタンを押しましょう。 以上で Instagramのアカウントを完全に削除する事ができます。 Instagramのアカウント完全削除は取り返しがつかない 非常に重たい処理です。 同じアカウント名を使うことができなくなるので、気まぐれでアカウントを削除するのはおすすめしません。 とりあえず使うのをやめたいということであれば インスタの一時停止がおすすめです。 アカウントを一時停止するとどうなる? Instagramのアカウントを一時停止するとアカウントは表示されなくなります。 つまり フォロワーから見えなくなります。 インスタを一時停止から再開するまで、アカウントを削除しているのと同じような状態になります。 Instagramのアカウントを一時停止する方法 それでは インスタのアカウントを一時停止する方法を解説します。 Instagramではアカウントの完全削除以外に 「アカウントの利用を一時的に停止」する機能が用意されています。 それはから行えます。 (ログインが必要) アカウントを一時停止するには アカウントを停止する理由を選ぶ必要があります。 アカウントを停止する理由を選ぶと パスワードの入力フォームとアカウントを一時停止するボタンが表示されます。 パスワードを入れ、一時停止しましょう。 一時停止したアカウントはもう一度ログインして利用を再開するまで、 アカウントは表示されなくなります。 こちらは「アカウントの削除」と違って簡単にアカウントを復活できますので 単にInstagramの利用を停止したいのなら「アカウントの一時停止」がおすすめです! 一時停止したインスタを再開するには? 一時的に停止したインスタを再開する方法は 再び「Instagramにログイン」するだけです。 ログインするのはアプリでもWebでも構いません。 アカウントを停止できるのは 1週間に1回までです。 なので、頻繁に一時停止と再開を繰り返したりすることはできません。 また 一時停止の直後数時間はすぐに再開することもできません。 一時停止や再開ができない時は時間を空けてみましょう。

次の

インスタグラムのアカウントの削除/一時停止する方法!再開する方法も解説

インスタ 一時停止

アカウントをしばらく休止させたい方のために、インスタには一時停止機能も用意されています。 インスタのアカウントを一時停止すると、アカウントを削除したときと同じように、プロフィール、写真、コメント、いいね!が表示されなくなります。 インスタ上にはデータは残っているのですが、他のユーザーから見ると、退会したときと同じ状態になるのです。 では、インスタの退会と一時停止にはどんな違いがあるのでしょうか? インスタの退会と一時停止の違いは、また同じアカウントを再開できるかできないかということです。 インスタを退会すると二度とアカウントを再開することができなくなりますが、一時停止の場合には再ログインすれば一時停止前と同じ状態でいつでもアカウントを再開することができます。 それでは、インスタのアカウントを一時的に停止する方法を詳しく見ていきましょう。 インスタのアカウントを一時停止するときにも、アカウントの削除と同じく、アプリ上で処理することはできません。 Webブラウザ版インスタにアクセスして、停止する必要があります。 Webブラウザ版インスタにアクセスしたら、まずはユーザーネームやパスワードを入力して、一時停止したいアカウントでインスタにログインします。 インスタにログインしたら、右上のプロフィール写真をタップして、ユーザーネームの横にある「プロフィールを編集」を選んでください。 プロフィール編集ページを開いたら下にスクロールし、右下の「アカウントを一時的に停止する」をタップします。 アカウントの一時停止ページが表示されますので、アカウントを停止する理由を1つ選んでパスワードを再入力したら、「アカウントの一時的な停止」のボタンをタップしましょう。

次の

インスタで利用一時停止がかかった場合の対処法がこれだ!|一時停止の対象アクションも詳しく解説

インスタ 一時停止

表で解説!わかりやすいアカウント削除と一時停止の違い比較表 Instagramにはアカウントを完全に削除する方法、アカウントを一時的に停止する方法の2種類があります。 何らかの理由でInstagramのデータを消したい時は、削除と一時停止のどちらかを選びましょう。 アカウント削除と一時停止には少しだけ異なる点があります。 以下の表をご覧ください。 データ復旧 データアーカイブ アカウント名のログ アカウント削除 復旧不可能 データ完全消失 アカウント名再使用不可 一時停止 再ログインで復旧可能 データは残ったまま 復旧後は同アカウント名 アカウントを削除してしまうと、これまでの写真や動画、投稿、フォロワーなど全てのデータが消えてしまいます。 データを復元しようとしても不可能で、削除前に使っていたアカウント名も二度と使えません。 一方、一時停止はアカウント情報が残ったままで、表面上だけ退会したように見せることができます。 データ復旧はInstagramにログインするだけで済みますし、写真や動画、投稿などのデータも全て復元できます。 インスタグラムのアカウント削除 退会 とは全ての投稿写真やコメントが削除され二度と復活できない状態になること Instagramのアカウント削除はサイトから退会することと同じです。 今まで作成した画像や動画、投稿、そしてフォロワーやいいね!情報も完全に消えてしまいます。 アカウントを完全削除する時はデータの復元ができないことを念頭にしっかりと考えておきましょう。 少しでも復旧の可能性があるなら一時停止の機能を使うべきです。 ここからは、アカウント削除の方法を解説していきます。 アカウント削除 退会 する手順 Instagramのアカウント削除はアプリから行うことができません。 PCやスマホのインターネットブラウザより、Instagramのアカウント情報へ移動しましょう(アプリをアンインストールするだけでは退会できません)。 Instagramのログイン画面はこちらです。 【 】 もしくは以下リンクから個人アカウント削除ページに直接飛ぶことができます。 【 】 削除したアカウントでログインすると、下のような画面が表示されます(左写真)。 画面に現れた「アカウントを削除する理由」を選択してください(右写真)。 すると今度はInstagramのパスワードの入力画面が表示されます。 パスワードを入力後、画面下にある「アカウントを完全に削除」を押しましょう。 「アカウントを削除しますか?」と聞かれますので、「OK」を選択しましょう。 これでInstagramのアカウント削除は全て完了です。 アカウント削除 退会 したアカウントは他人からどのように見えるか Instagramを退会すると、これまで投稿で使った画像やコメント、いいね等の情報が全て削除されます。 たとえば、ご自身のホームページやブログなどにInstagramの投稿を埋め込んでいた場合、「画像が削除されました」という表示が出ます。 データ削除は復旧が不可能なので、Instagramの埋め込み自体を消すか、新たにアカウントを作り直す必要があるでしょう。 インスタグラムの一時停止とは全ての投稿写真とコメントが削除されるが、いつでも復活可能な状態となること Instagramのアカウント削除は完全にデータが無くなってしまうため、戻したくても復旧することができません。 しかし、 「一時停止」の機能を使うと、他のアカウントからは退会したように見えますが、いつでも復旧できるメリットがあります。 そのため、「後でまた使うかもしれない」という場合はアカウント削除ではなく、一時停止の機能を利用しましょう。 ここでは、Instagramアカウントを一時呈するする方法を解説していきます。 アカウントの一時停止する手順 Instagramの一時停止方法は、アカウント削除と同じようにインターネットブラウザ画面で行います。 アプリ版では操作できないので、Instagramプロフィールページより行ってください。 【 】 Instagramにログイン後、プロフィールページにアクセスしましょう。 画面上部にある「プロフィールを編集」をクリックします。 今度はプロフィール画面の一番下にある「アカウントを一時的に停止する」をクリックしてください。 すると、下のような一時停止画面に移動します。 一時停止画面では「アカウントを停止する理由」をプルダウンで選びます。 続けてパスワードを入力しましょう。 最後に画面下にある「アカウントの一時的な停止」をクリックしてください。 これでInstagramのアカウントを一時停止することができました。 もし、停止したデータを復旧したい場合は、単純にInstagramにログインするだけで済みます。 ただし、復旧には停止後から約数時間程度の間隔が必要です。 アカウントを一時停止したアカウントは他人からどのように見えるか Instagramのアカウントを一時停止すると、退会した時と同じようなエラー表示が出ます。 仮にホームページやブログにご自身の投稿を埋め込んでいた場合、「このページはご利用いただけません」という表示が出るのです。 「リンクに問題があるか、ページが削除された可能性があります」と表示されるので、ほぼ退会した時と同じような画面になります。 ただし、Instagramに再ログインしてアカウントを復活させることでエラー表示は回復します。 一時停止中のアカウントでも、ホームページなどに投稿を埋め込んでいる場合は見た目が悪くなるので、あらかじめ復元までの期限を決めておくと良いでしょう。 まとめ 今回は、Instagramのアカウント削除、一時停止の方法を紹介してきました。 アカウント削除も一時停止も簡単にできますが、完全にデータを消してしまうと復旧できないので注意しましょう。 アカウント削除してしまうと、今まで使っていたユーザー名が使えません。 そのため、アカウントを停止する時はできるだけ一時停止機能を使う方が良いでしょう。 一時停止なら再ログインするだけで簡単にデータを復元することが可能です。

次の