マジック ザ ギャザリング。 晴れる屋

『マジック:ザ・ギャザリング』がiPhoneアプリになって登場!

マジック ザ ギャザリング

移動: , マジック:ザ・ギャザリング(英: Magic: The Gathering、公式の略称: マジック、 Magic、その他の略称に M:TG、 MtG、 ギャザなど)は、ゲームデザイナーによって考案され、アメリカの企業が製造・販売しているである。 わが国における現在の販売代理店はウィザーズ社の日本支社である。 現在、「最もよく遊ばれているTCG」などでに認定されている。 [] 概要 に発売が開始された世界初のTCGであり、あらゆるTCGの元祖ともいえる。 同年8月の以来、現在に至るまで新しいやを継続的に発売し続けており、の種類は(のものを含めて)時点で2万種を突破している。 現在、世界11か国語、70か国以上で発売されている。 のもとで公式競技の制度が定められており、を始めとするが世界各地で行われている。 また、ゲーム性のみならずその美麗なも魅力の一つであり、としてマジックを楽しむ人も少なくない。 元々はウィザーズ社のデッキマスター・シリーズの中の1カードゲームという位置付けであった。 カードの"DECK MASTER"の表記はその名残である。 [] 遊び方 各がそれぞれを自由に組み合わせて作ったを持ち寄り、2人以上でを行う。 最も一般的なのは2人のプレイヤーが1対1でゲームを行うだが、も可能である。 各プレイヤーは決められた点数のを持ち、自分のカードでをする事によってそのプレイヤーのライフを減らす。 各プレイヤーがこれを繰り返し、ライフが0点になったプレイヤーが負けとなる。 その他ルールの詳細はの頁を参照。 [] 参考•

次の

MTG 通販

マジック ザ ギャザリング

初のであり偉大な存在。 の版発売からに至るまで種を越えるが発売されており、の他に10ヶ以上でされ、カで発売されている。 はほぼ3ヵに1つ新しいが発売されている。 は2人以上で行う対戦である。 土地からのであるを生み出し、そのを使い様々なを唱え、相手の20点を削る事を的としたである。 他にも相手がー(山札)からを引けなくなったら勝ちとなる。 までに発売された対戦の多くが、少なからずのを受けている。 による対戦が的であるが、やフレーも一つの魅となっており、そのジックに描かれるに魅了される者もいる。 これらののはで連載されている。 界有数の長いの中で、の合理化や簡略化のために幾度か大規模なの変更を行っている他、上の不都合が発生する度に細かいや個別の文章の変更が行われている。 特にが登場した『第6版』、がされた河、が止された『基本0』での正は戦術に変更を余儀なくされるほどの大規模な物だった。 そののの集大成とも呼べる「」は本にすれば1冊出来てしまうほどであるが、体系的かつ合理的に作られているので理解は容易である(ごとの裁定はい)。 余談だが、この総合はであることが知られている。 の基本『第8版』の発売に伴い、表側のが一新された。 一般的にそれそれ以前のものを「旧」、以降に印刷されたを「新」と呼称されている。 基本5で再び、以上は偽造対策のが付いた。 これらは「5」と呼ばれることが多い。 なお、裏面のは同じであるため、新旧のを混ぜて使用することは可。 ちなみに裏面が存在しない両面も存在する。 競技としても盛んであり、新しいが発売される前後以外はほぼ毎週、各地のどこかので、プリ、が開催されている。 左記の大規模な大会の上位に入るとが貰え、中に獲得したによって決まるの一番上()では、に参加するためののチケットや宿泊先のも支給されるようになるので、のみで生活しているもいるほどである。 コレクション性 今から始めたいという人にはの基盤となるが多数収録された「ビルダー(0円程度)」あるいは「構築済み」がオススメである。 構築済みにはの「エントリー(0円程度)」との「(0円程度)」という物があるが、は強で高価なが多数収録されているため、品薄になりがちなので注意が必要。 未経験者を対としたとして、ーチングが行われている。 参加費はで、体験会参加者にはや、などがされる。 詳細は。 また、には「」と呼ばれる大会で使用できるが定められた大会形式が複数存在する。 特に新しいのを中心にした「」が流である。 とのの差が付きにくいので、初めの内は大会参加を視野にする場合はこの形式の大会がオススメである。 を取り扱っているについてはを参照。 だと正確ではない場合もあるので、地元のの大会等もすることをオススメする。 フォーマットルールについて MTGはから続くの長いであるため、始めたばかりのとのに大きな差がある。 この格差を放置すると、がどれだけ工夫しても、の強ながいせいでに勝てなくなってしまう。 これを防ぐため、MTGには使用可なを制限する「」が複数存在する。 「」 が使える期間:最大2年 使える:最新5~8の 予算:0円~ 通称「スタン」。 最新の5~8のが使用可。 9つめのの発売日に、古いほうから数えて4つのが使用になり、使用可数が5に戻る。 これをローテーションという。 のでは、は、ローテーションが発生する一のである。 一時期は5~6が使用可であり、7つめのの発売と同時に古い2つが使用になる制度だったが、 使用可なが新しい物に限られているためビーとの差は小さい。 の入手も容易で価格も較的なため、強なを簡単にさせることができる。 人口が最も多いでもある。 そのため、に最もおすできるである。 一方で、上級者にとっては競技性が高いであるという面も持つ。 新しいがに与えるが大きく、(の流行りり)の変化が非常に速いため、上級者が集まる大会で上位に入賞し続けようとすると、常日頃から中の大会の結果を調べ、流行のに対して有利なを開発または選択し続ける必要があるためである。 常に新しいでできる、飽きの来ないである。 ローテーションによって一定期間が過ぎると古いが使用できなくなるため、最初はもったいない気がするだろうが、2年前のが現役で使えるがほとんどないことと考えると、を防いでいる分ローテーション制のほうがという意見もある。 また、後述するやでもよく使われる一部のは、で使用となった後でも、時と共に価格が上がっていく事もある。 色がになりすぎるのを防ぐために ただし譚で再録されたものに限る は当初からのである。 できたばかりのなので、まだ詳細は何もわからない。 「」で使用できるはを除いてすべて「」で使用できる。 ローテーションは存在しない。 かつて存在した「」のを継ぐであり、施行時は長くをし続けて使えないが増えたの受け皿とされていたが、時間の流れによって必須が軒並み高騰してしまったでもかくやな予算を要される場合が多い。 全中、最もが多いのも特徴。 これはやスタンでであったがにおいてもになる事を防ぐために施行されたものをはじめ、のであるの多様性を著しく脅かすや後述のに匹敵する高速必殺を咎めるために施行される。 ただし前者については、の推移や劇的な変化を理由に解禁される場合がある。 ローテーションが存在しないため、お気に入りのを長く使えるのが魅の一つ。 で登場したの強化版だけではなく、遠く離れたの同士によるなどならではのも多い。 再録はと同じ。 「」で使用できるは(を除いて)すべて「」で使用できる。 もちろんローテーションはない。 「」ではありえないの動きをするが多い。 また、のも非常にく、使用範囲の広さのせいでとんでもないが飛び出すこともある。 品のを渡されても十分な知識がないと何が起こっているのかわからないうちに負けてしまうである。 それでも、 を崩すが軒並み禁止されているため絶妙なを保っている。 董品に近いのも使用範囲に入っているため、を作るための費用は非常に高い。 1枚1万円以上のが気で何枚も入っていたりするのである。 ただ、 の変化が簡単に起きないことから、1年ぶりにしたら持ってたが束と化していたというようなことは少ない。 また、こうした1枚1万円以上のが暴落することはほとんどなく、徐々に値上がりしていく傾向があるためMtGをやめたときにを売ると買ったときと近いが返ってきたり、が増えることすらある。 そのため、はあっても時間はないやMtG復帰組にがあるである。 で禁止されているですら、ほとんどが制限として1枚はに投入可である。 ただし、他では問題にならないが問題になるために制限に定される事や、逆に他で禁止になっているが4枚投入出来る場合もある。 MtGでは制限が存在するのはこののみである。 をえる悪ながするであり、数のや限が存在する。 そのため「札束を付き合わせて勝負」と揶揄されることもあるが、妨手段もまた強なため、実際には戦略性が存在するの深いである。 過ぎて「、どころかですら三級品扱いされたがで猛威を振るう」、「除去に耐性一切なしの小1体が消せなくて負ける」などといった現が稀に起こる。 絶版を多数使用するため、(「そのでができるくらい強く」安いを集めて作った)でも相当な価格になる。 また、ここまで来ると1枚10万円の本気で董品なを使っているため、下手をすると1個が1 台より高い。 では全て本物のでを作った人は人いないんじゃないか、などと言われているが、の本場であるではが高いらしい。 2人対戦ではなく、4 人で行われる。 には、統率者自身の色とその文章に書かれている色(これを固有色という)のしか入れられない。 また、同じ名前のはに1枚しか入れることはできない。 枚数は統率者を入れてちょうど枚でなければならない。 統率者はさえ払えばいつでも召喚することができ、何度しても(は余分にかかるが)また呼び出すことが可。 ほどの予算はないが、眠っていたを使いたい場合はこのがおす。 4 人対戦であるため、というより色が強い。 1人が有利な状況になった時に、他の3人が一時的に協しあうなど普段の対戦とは違った楽しみ方ができる。 勝ちにこだわらずに、で勝負するも多い。 をで統一する、(Hell)と名のつくしか入れない、《》を統率者にする、など。 禁止・制限はに準ずるが、あくまで「とすることを推奨する」だけで内で了解が取れれば使ってみるのも面い。 《》、《稲妻》、《》などのの名が使える。 使用できるは意外と多く、限も頻繁に飛び出すためあなどれない。 コモンで収録されていることを確認する手間があることと、古いはコモンであっても入手が難しいことから実際のでする人は少なかったが、より化された。 自分が剥いたパックののみで構築する 「」(「」ではなく「封入された」という意味)、参加者がパックから1枚ずつ取って残りを隣の人に回す 「」の2種類が。 その他に、1パックで戦う「パックウォーズ」などもある。 自分のパックの引きに左右される面もあるが、限られたの中でどんなを組むかという構築、他ののを予測する理解が試される。 でも頻繁に採用されるのの実が露わになるであるが、を用意しなくても遊べるためでも始めやすい。 ほとんどの場合は最新のエションを使うため、リミで遊んだはに流用できる。 遊びながらを増やしていくことができるため、お得である。 ただし、の場合は構築したをそのまま持ち帰れるのか(取り切り)、それとも終了後に出たを集めて賞品にするのか(順位取り)を先に決めておくこと。 なお で各で使用できるが確認できる。 上記のは一例であり、は他にも多数存在する。 3対1で戦う「戦」、2人で戦う「双頭戦」、群発祥の基本2つと選択したエション・2つでを構築する「」なども存在する。 「」での「」など、内でのを定めてを構築してみるのもおもしろい。 関連動画 関連生放送 関連商品 関連静画 関連コミュニティ 関連チャンネル 大百科に記事のあるカード• orry• のみの項• エション• その他• のみの項• 関連項目.

次の

MTGシングルカード専門店 ショップあきあき

マジック ザ ギャザリング

【ルール】 ・あなたがクリーチャーを相棒としたい場合、その相棒能力のデッキ構築の制限を守ったうえで、ゲームの外部に相棒となるカードをサイドボード(枠を1枚使用)に用意する。 ・ゲーム開始時にデッキが相棒能力の条件を満たしているならば、シャッフルする前にサイドボードから 1枚だけ公開して相棒とすることができる(ゲームが始まっても、それは公開されたままである)。 ・相棒を公開したなら、それがそこにあり続けているかぎり、それを適正に唱えることができるときならいつでもそれを唱えてもよい。 そうしたなら、それはゲーム内に入り、そのゲームであなたが使っている他のカードと同じように振る舞う。 たとえば、それが打ち消されたり破壊されたりしたなら、それはあなたの墓地に置かれ、ゲーム内にとどまる。 ・相棒が持つ他の能力は、そのクリーチャーが戦場にあるときにのみ適用される。 相棒がゲームの外部にある間は効果がない。 参照:(一部省略と、加筆あり) つまり簡単にまとめると、 「条件さえ満たしていれば、手札破壊の効かない1枚を初手から確実に保有することが出来る」能力。 では、まず《黎明起こし、ザーダ》のサンプルデッキから。 There are some changes R1 Infect 2-1 R2 Lurrus Delver 2-1 R3 Hogaak 2-1 R4 Goblin 2-1 R5 Mirror 2-0 R6 Gyruda 2-0 R7 Yorion 1-2 QF BUG Delver In the end I had an unfortunate loss, but I was right that this deck was broken. — mei0024 mei00241 早速発売週のレガシーチャレンジでTop8に複数名が進出。 Nothing to see here, just casual Turn 1. — Joseph Dyer volrathxp 《深海の破滅、ジャイルーダ》が大量の《クローン》によって誘発を繰り返すことで、瞬く間に盤面を構築。 あっという間のGGを演出します。 今後どうなっていくのか? まさかこの状況がこのまま続いていくとは考えられません。 おそらく、何らかの禁止措置が行われるのは間違いないかと思います。 個人的には 「相棒」というシステムをカジュアルフォーマットのみ適用にし、トーナメントで使用される構築フォーマットにおいては他のカードと同じような扱いにするといった改正が妥当なのではないかと考えているんですが、果たしてどうなることやら。

次の