ネモフィラ 育て方。 ネモフィラの育て方|種まきの季節は?花壇やプランターでも育てられる?|🍀GreenSnap(グリーンスナップ)

ネモフィラの育て方!切り戻しや種まき方法時期は?花言葉は

ネモフィラ 育て方

ネモフィラの基本情報• 植物名:ネモフィラ• 科名:ムラサキ科(ハゼリソウ科)• 学名:Nemophila maculata• 属名:ネモフィラ属• 別名: ルリカラクサ (瑠璃唐草)• 開花期:3月~5月• 分類:耐寒性1年草• 草丈:20~25cm前後• 耐寒性 : 強• 耐陰性:弱(日当たりが必要です)• 原産地:カリフォルニア ネモフィラとは?特徴も ネモフィラは、北アメリカに10数種が分布する、 ムラサキ科の花後に枯れる一年草です。 秋にタネをまくと春に花を咲かせます。 草丈はあまり高くなりませんが、細かく枝分かれして横方向によく茂ります。 花色は青空のようなブルー のメンジェシー種が有名です。 花色はブルーの他に、白、黒に近い濃紫などの品種があります。 満開時は株を覆うくらいの花を付けます。 1株でもボリュームが出ますが、複数株植えると満開時は見事で花壇に適しています。 葉っぱは細長くて細かく切れ込み、そこからルリカラクサの和名があります。 最近、ネモフィラは、国営ひたち海浜公園をはじめとした公共施設などの広い花壇で植栽されて有名になったことから、ご存知の方も多い草花ではないでしょうか。 ネモフィラを広い空間に植えると、ほふく性の性質なので一面ブルーのカーペットような状態になり、満開時はそれは見事な風景です。 グランドカバーや花壇の前面、鉢植えのネモフィラは、コンテナの脇に植えたり、垂れるように咲くのでハンギングにも向いています。 ネモフィラの花は? ネモフィラの苗は年明け~2月あたりから苗が出回り始めますが、実際のネモフィラの 開花時期は3月~5月くらいまでの一年草です。 長日で開花するネモフィラは、多肉質の繊細な茎の先に愛らしい花を咲かせます。 種類によって色が異なり、青と白、紫と白、真っ白といったカラーの花を、株を覆うほどに数多く咲かせます。 花の中心部には、黒い点が5つ見られます。 なお葉も様々な色をしており、タマゴ型や楕円形の羽状の複葉で、切り込みが入っているものもあります。 ネモフィラの育て方 栽培環境・日当たり・置き場 ネモフィラは、日照が多く、冷涼な気候を好みます。 秋まきの一年草ですが、寒冷地では春まきも可能です。 長日で開花します。 葉が茂りすぎると通気性が悪くなり蒸れるので適宜、間引きします。 耐寒性は高いので霜や凍結を避ければ十分屋外でOK。 逆に室内だと間延びしてしまいます。 終わりかけの花は早めに取り除いてください。 耐暑性は低いですがもともと夏前には終わるお花です。 水やり 少し乾燥気味にします。 多湿は根腐れや病気の原因となります。 水はけをよくしておいて、完全に土表面が乾いてから、たっぷりと与えるようにします。 肥料 肥料は控えめで、庭植えではほとんど必要ありません。 肥料分が多いと徒長して軟弱に育ちます。 鉢植えでは、春先に追肥のイメージで固形肥料を株周りに2~3粒、一回与えれば十分です。 病気と害虫 病気:灰色かび病・ウドン粉病に注意 日当たり、風通しが悪い場合や、多肥多湿の環境だと、葉にカビが生えて腐らせる灰色かび病が出やすくなります。 害虫:アブラムシ 春になると出やすくなります。 見つけしだい早めに防除します。 用土(鉢植え) 水はけのよい用土であれば特に選びません。 市販の草花向けの培養土も利用できます。 肥料分の多いものは使わないほうがよいでしょう。 ネモフィラは水はけのよい、乾燥気味の土であれば、特に問題ありません。 そのため、市販の草花向けの培養土でも育成は可能です。 ただし肥料分の多いものは、使わないほうが美しく生長させられるでしょう。 なお自作で配合する場合、鉢植えの場合は、赤玉土小粒6・腐葉土4の割合の配合土にしてください。 植えつけ、 植え替え ポット苗の流通が多く、2月からぐらいから4月頃まで出回ります。 購入した苗など植え替え時は根を傷めないように注意します。 また深植えはよくありません。 苗が不安定なようなら、株元をバークチップや小砂利などで固定します。 ふやし方 タネまき:ネモフィラを増やす方法は種まきが基本です。 環境の変化に弱い性質から苗を移植するのが難しいため、約10センチほど感覚を空けつつ、庭の土やプランターに直接種を撒いて、弱い芽を間引きしつつ育てる必要があります。 春に花が咲き、ネモフィラが枯れる5月〜6月に種を採種したら、それらを秋まで乾燥し貯蔵しておきます。 そして9月〜11月の間に秋播きしましょう。 軽く覆土しておけば、10日ほどで発芽するでしょう。 直まきの場合、株間10cm以上になるよう間引きを行います。 主な作業 霜よけ、マルチング:冬期、霜柱などで苗が浮き上がらないよう注意します。 霜よけやマルチングが有効です。 また、水はけをよくして、余分な水分が残らないようにしておくことも大切です。 葉にたくさんの白い斑点がありました。 どの苗も全部の葉に直径2mm程度の小さい斑点が10数個ずつあります。 初めて育てた方はビックリしますよね。 これは 実は病気ではないんです。 サカタのタネのサイトや、ネモフィラの苗を販売しているサイトにも・・・ ネモフィラは、葉に白い斑点が出ることがありますが 生理現象であり病気ではないのでご安心下さい!! と、注意事項が記載してあります。 また この白い斑点は、特にブルーのネモフィラに多く出る特徴のようです。 ただ一方で 「ウドンコ病」という病気の見え方も白い粉状のものが付きます。 しかし、ウドンコ病であれば枯れてきますし、葉の表面が白く粉をかぶったようになるので、斑点とは少し様子が違うため見分けがつくと思います。 ネモフィラの特徴の斑点だとしたら問題なく元気に育ってくれます。 そのまま気にせず、育てて下さいね。 小さな花が次々とたくさん咲いてくれるのを楽しみに育てたいと思います。 今回は『 ネモフィラの育て方や特徴|葉に白い斑点が出たら?原因や対処方法も!』のタイトルで、お届け致しました。 それでは以上になります。 最後までご覧頂きありがとうございました。 少しでもこの記事が、お役に立てれば嬉しいです。

次の

ネモフィラの種まき〜開花までの育て方!栽培時期や病害虫の対策など|育て方Labo(育て方ラボ)

ネモフィラ 育て方

学名…Nemophila 和名…ルリカラクサ 瑠璃唐草 科名…ムラサキ科 属名…ルリカラクサ属 ネモフィラ属 原産国…北アメリカ 花色…青、白、紫、複色 草丈…10㎝~20㎝ 日照…日なた 難易度… USDA Hardiness Zone: ネモフィラとは ネモフィラは、北アメリカに約11種が分布するムラサキ科ルリカラクサ属 ネモフィラ属 の一年草です。 分布域はアメリカ西部および南東部、メキシコなど北アメリカ南部にありますが、主にカリフォルニア州を中心に分布しています。 花の美しい数種が観賞用として栽培されており、青い花を咲かせるネモフィラ・メンジェシー種 Nemophila menziesii が最も広く普及しています。 その他では、メンジェシー種の変種、大輪で花弁の縁に斑点の入るネモフィラ・マクラータ種 N. maculata などが栽培されます。 ネモフィラというのは属名が流通名として定着したものですが、これはギリシャ語の「nemos 小さな森 」と「phileo 愛する 」という言葉に由来しています。 「小さな森を愛する」という言葉の通り、森の中や森周辺の陽だまりのような場所に群生します。 日本には1914年に渡来しています。 ネモフィラの花期は3月~5月。 花期になると、分枝した茎の葉の付け根から花柄を伸ばし、花径2~3㎝前後の花を咲かせます。 花は5枚の花弁を持ち、中心には1本の雌しべと5本の雄しべがあり、雄しべの葯は濃紫色をしています。 メンジェシー種の花色は青から水色で、中心部が白くなります。 園芸品種では、濃い紫色や白花のものもあります。 茨城県「ひたち海浜公園」の群植は有名で、淡いブルーで埋め尽くされた丘の光景は圧巻です。 葉茎には柔らかい毛が生えており、茎はよく分枝して横に広がります。 草丈10~20㎝程度に成長し、株はこんもりとまとまるため、グランドカバーとしてもよく利用されます。 和名の「ルリカラクサ」は、この葉の形が唐草模様に描かれる葉に似ていること、花の色が瑠璃色であることに由来します。 こぼれ種でも発芽することもあり、育てやすい植物です。 秋に種をまいて春に花を楽しみ、花後に枯れる秋まき一年草です。 よく似た草姿の植物にリムナンテスがあります。 ネモフィラの主な品種 ネモフィラ・メンジェシー Nemophila menzisii アメリカのカリフォルニア州を中心にオレゴン州、メキシコのバハ・カリフォルニア州に分布するネモフィラで、ネモフィラの代名詞とも呼べる種です。 愛らしい青い花は「ベイビー・ブルー・アイズ baby blue eyes 」と呼ばれ、世界中で広く栽培されています。 ネモフィラ・ペニーブラック Nemophila menziesii var. 黒に近い濃い紫のシックな花色に、花弁の縁に入る白い覆輪が印象的な花です。 スノーストーム Nemophila menziesii var. 白い花弁に紫の斑点が入ります。 ネモフィラ・マクラータ Nemophila maculata カリフォルニア州の固有種で、谷合の草原、山の麓の森林など、一部の地域に分布するネモフィラです。 花は花径3㎝前後で、花弁の縁に入る青い斑点が特徴です。 均等に入った斑点から、ファイブスポットの英名を持ちます。 ネモフィラの育て方 栽培環境 日当たりが良く、水はけの良い場所が適しています。 中性の土壌を好むので土壌が酸性の場合は、あらかじめ用土に苦土石灰を混ぜて土壌を中和しておいて下さい。 その他の地域の場合は、霜よけなどの防寒対策をしたり、ポット苗の状態で冬越しをして下さい。 寒冷地では春まきにします。 水やり 庭植えの場合は、ほぼ降雨のみで大丈夫です。 鉢植えの場合は、用土の表面が乾いたらたっぷりと。 乾燥気味の環境を好みます。 水のやりすぎには注意して下さい。 肥料 多肥な環境で育つと、葉ばかりが茂って草姿が乱れます。 庭植えの場合は、植え付けの際に少量の元肥を施せば、追肥の必要はありません。 鉢植えの場合は、春に緩効性化成肥料を置き肥します。 その後は葉色が悪くなるようなら、液体肥料を施して下さい。 植え付け 酸性土壌を嫌います。 庭植えの場合は、あらかじめ用土に苦土石灰を混ぜて土壌を中和し、腐葉土を混ぜ込んで水はけの良い環境を作ります。 さらに元肥として、完熟堆肥を混ぜ込んでおきます。 株間は20㎝程度です。 鉢植えの場合は、市販の草花用培養土を使うか、赤玉土 小粒 6・腐葉土4などの配合土を使います。 5号鉢に1株が目安です。 種まき 適期は9月下旬~11月上旬です。 寒冷地の場合は、春の3月下旬~4月に種をまきます。 直根性で移植を嫌います。 種は花壇や鉢に直接バラまきするか、ポットに2~3粒ずつまきます。 覆土は種が隠れるように2㎜程度。 直まきをした場合は、発芽後に株間が15~20㎝になるように間引いて下さい。 ポットまきの場合も、元気な苗を残して間引き、ポットに根が回ったら根を傷つけないように注意して定植します。 増やし方 種まき 種まきで増やすことが出来ますが、こぼれ種でも増えます。 こぼれ種から発芽した場合は、苗が小さい内に根を傷つけないように注意して、好みの場所に移植して下さい。 種の採取 花後に種が出来ます。 子房が膨らんで茶色くなったら中の種が熟しているので、採取できます。 ネモフィラの種はなかなか採取し辛いので、株が枯れかける頃まで放っておいて、抜いた株を新聞紙の上などで乾燥させて採取する比較的簡単に採取することが出来ます。 採取した種は封筒などに入れて、冷暗所で乾燥保存します。 種まきについては上記「種まき」の項目を参照下さい。 病気・害虫 灰色かび病 多湿、多肥の環境で発生しやすくなります。 水はけ、風通しの良い環境で育て、肥料は少なめを心がけて、発生を抑制して下さい。 アブラムシ 葉や蕾に発生することがあります。 見つけ次第、駆除して下さい。

次の

【ネモフィラの育て方】種まきや苗の植え付け方法と時期は?

ネモフィラ 育て方

この記事のもくじ• ネモフィラはハゼリソウ科の秋まき1年草で、別名ルリカラクサと呼ばれています。 庭植えや鉢植え・バスケットなど様々な植え方で楽しむことができる植物です。 そんなネモフィラの育て方や気をつけたいポイントについて、この記事でご説明します。 ネモフィラの特徴について ネモフィラは草丈が低く20cmほどで、株がはうように横に広がって育ちます。 花は小さく3cmほどで、色は青や白・黒などがありますが人気が高いのは淡い青色のネモフィラ・メンジーシーという品種です。 地植えはもちろんですが、鉢植えやハンギングで育ててもボリュームが出てきれいなのでおすすめです。 ネモフィラの育て方スケジュール ネモフィラは春が開花期間なので、種から育てる場合は秋から準備をします。 1年草なので、花が咲き終わって暑くなる頃には枯れるため夏越しは必要ありません。 毎年新しい苗を植え付けましょう。 種まき 9月〜10月 植え付け 3月 開花 4月〜6月 ネモフィラがよく育つ土の性質 ネモフィラは水はけの良い土を好むので、地植えの場合は腐葉土を混ぜて通気性をよくしてください。 鉢植えなどに自分で土を作る場合は、赤玉土7:腐葉土3の基本的な配合の培養土を作りましょう。 ネモフィラに必要な肥料 ネモフィラは苗を植え付ける時に、元肥として緩効性肥料を土に混ぜておきます。 開花期間中の春は月に2回ほど、液肥を与えて花付きをよくします。 ネモフィラの種まきの方法 タネをまく時 ネモフィラは直播きで育てます。 植え付けたい場所に元肥を混ぜて種まきをし、軽く土をかぶせて発芽させます。 発芽したら丈夫なものだけを残して間引き、20cmくらいの株間になるようにしてください。 ネモフィラを育てるのに適した場所 ネモフィラは日当たりがよく風通しが良い場所で育ててください。 蒸れには弱く、乾燥ぎみに育てると丈夫になるので、風通しと日当たりには気をつけましょう。 ネモフィラの水やりの頻度 苗がよく育って根付くまでは、定期的に水やりをしてください。 地植えの場合 地植えの場合、根付いたあとは基本的に水やりは不要です。 プランター・植木鉢の場合 プランターや植木鉢の場合は土が乾燥しやすくなっているので、土の表面が乾いているのを確認してからしっかり水やりをしてください。 乾燥ぎみに育てたほうが良いので水のやりすぎには注意しましょう。 ネモフィラは花がら摘みをこまめにする 開花期間中は小さな花がたくさん咲くので、咲き終わった花はこまめに摘んでおきましょう。 花がらを摘んでおくことで、種を作ろうとして栄養を奪われるのを防ぎ、また株全体を清潔に保ち病気を予防できます。 花全体が咲き終わる頃に、花がらをそのままにしておけば種を採取することもできます。 株が大きくなってきたら、切り戻しをする 過湿には弱いので、株が大きくなってきたら、葉が込み入った場所は軽く切り戻しをして風通しをよくしておきましょう。 風通しをよくしておくと、株が弱りにくくなります。 さわやかなブルーのネモフィラはおすすめ よく園芸店で見かけるネモフィラは冒頭でご紹介した、青い花をさかせるメンジーシーです。 春になると出回る定番の花ですが、色合いがとても綺麗でボリュームよく育つので、景観がとても爽やかになります。 ぜひ一度ネモフィラを育ててみてくださいね。

次の