あご 整形 東京。 あご ~水平骨切り術~|美容整形のリッツ美容外科

【顎顔面口腔外科】頬骨の整形手術|恵比寿のリッツ美容外科

あご 整形 東京

~医の実践を許された私は 全生涯を人道に捧げる~ この言葉は、私が座右の銘としている ヒポクラテスの誓詞であります。 人生の集大成としてのリッツ美容外科は、顎顔面・口腔外科に特化した専門クリニックです。 私自身のライフワークであります顔面輪郭形成術をその治療の中心に据えて、不正咬合を伴います顎矯正手術は口腔外科・矯正歯科専門医を新たにメンバーとして迎え入れ、最強の布陣で治療に臨むことができますことを誇りに思っております。 ご来院頂いた患者様には何らかの感動、示唆を与えられるクリニックを目指しております。 患者様中心の質の高い医療を実践し、ひとりでも多くの患者様のコンプレックスを取り除き、皆様が笑顔に満ち溢れた人生を送れますように鋭意努力してまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。 (マスクは患者様ご自身でご準備ください。 ) 院内にアルコール消毒液をご用意いたしております。 患者様には来院時などご協力を随時お願いいたしております。 職員はマスクを着用して業務にあたっております。 下記の症状がある方、新型コロナウイルス感染症の流行地域から帰国したか、または新型コロナウイルス感染症の患者さんと濃厚な接触があった方に関しては2週間後以降への予約の変更をお願いいたしております。 患者様におかれましては、ご不便をお掛けいたしますが、何卒ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。

次の

あご・輪郭の美容整形のよくある質問 :: 酒井形成外科 美容外科

あご 整形 東京

カルシウムハイドロキシアパタイト注入剤 〜あごの輪郭形成に〜 カルシウムハイドロキシアパタイトを主成分とする注入剤は、粘度が高く弾力を持っているのでボリューム感を出すのに適しており、あごの輪郭形成におすすめです。 カルシウムハイドロキシアパタイトは歯や骨を形成する成分で、医療機関でも使われている物質です。 カルシウムハイドロキシアパタイト注入剤は注入後すぐに変化が確認でき、個人差はありますが2年ほど持続します。 粒子の周りにはコラーゲンが形成され、吸収されたあともコラーゲンがしばらく残るので、ヒアルロン酸と比較して持続性が高いのが特徴です。 施術時間は約10分。 注射器で注入するので痛みや腫れはほとんどなく、当日よりメイクも可能です。 切らない小顔フェイスライン形成は、お顔の余分な脂肪を吸引し、その脂肪をあご先や頬骨下に注入して輪郭を整えます。 頬の余分な脂肪は、顔が大きく見える原因になります。 ダイエットで体重は減っても顔の脂肪は落ちにくいため、顔痩せしないとお悩みの方も多くいらっしゃいます。 脂肪吸引ならご希望に沿った顔痩せができます。 採取した脂肪を注入することで、お一人お一人のご要望に合わせて理想的な輪郭をデザインすることができます。 切らない小顔フェイスライン形成では、PAL脂肪吸引 パワーアシスト脂肪吸引 で、余分な脂肪を取り除きます。 PAL脂肪吸引は、脂肪細胞を破壊せずに短時間で吸引できるという特徴があり、吸引した脂肪は鮮度が高いため注入に適しています。 切らない施術なので、ダウンタイムが短く負担の少ない施術で、半永久的に持続します。 小顔と同時にすっきりとしたシャープあごのラインをつくります。 頬骨下のこけた部分に注入することで、丸みのある美しいたまご型のフェイスラインをつくります。 あごが長い、突き出ている、後退している 小さい など、気になるあごの形を整える施術です。 あご オトガイ の状態によって術式が異なります。 患者さまのお希望をおうかがいし、あごの状態に合わせた施術で理想のフェイスラインをつくります。 施術時間は約1時間〜2時間 術式により異なります 、ダウンタイムは2~4週間程度です。 口腔内からの手術で、切開は下口唇裏側の溝の部分になるので口を開けても傷は見えません。 輪郭 あご 施術価格 ヒアルロン酸注入 0. 1cc ¥ 2,530 0. 3cc ¥ 7,590 0. 5cc ¥ 12,650 ヒアルロン酸G 1本 1cc ¥ 79,090 ヒアルロン酸F ¥ 54,890 パーマネントフィラー 0. 1cc ¥ 26,389 1. 0cc ¥ 263,890 持続型注入剤 ハイドロキシアパタイト あご注入 1. 5cc ¥ 75,900 カルシウムハイドロキシアパタイト注入剤 部位:頬、鼻唇溝、鼻、あご 0. 8cc ¥ 38,280 オプション マイクロカニューレ ¥ 6,270 プロテーゼ 他院様にて施術歴 同施術同部位 がある場合、料金が割増になる場合がございます。 詳しくはご相談ください。 ¥ 175,560 切らない小顔フェイスライン形成 ¥ 282,590 あごを小さくする 骨削り、骨切り オトガイ あご先 麻酔、薬の処方等をご希望の方は、医師による診察の際にご相談下さい。 施術に必要なレントゲン撮影は別料金となります。 以下はご負担いただく場合の目安金額です。 施術に必要なレントゲン撮影は別料金となります。 以下はご負担いただく場合の目安金額です。 *ご利用いただけるカード会社:VISA , MASTERCARD ,DCカード ,ダイナースクラブ , JCB , NICOS , AMEX *施術により患者さまの快適な治療のため麻酔、処方が必要となる場合があります。 患者さまのご希望により麻酔、処方をお付けしないことも可能です。 詳しくは有楽町美容外科クリニックまでお問い合わせください。 *当サイトの表示価格は消費税込みの総額表示です。

次の

顎・あご 短縮(水平骨切りなど)

あご 整形 東京

・下あごが小さいまたは引っ込んでいる• ・おとがい(下あごの先端)・舌骨(のど仏の上にあるあごや首の多くの筋肉が付着する骨)からつながる首への角度が大きい 脂肪や筋肉、皮膚を支える骨がないことで、脂肪が落ちやすく溜まりやすく、皮膚もたるみやすくなるため、二重あごになりやすい。 この骨格的な要素に加え• ・太ってあごやフェイスライン、首に皮下脂肪がつく。 ・加齢によって皮膚がたるむ。 ・朝起きたとき、体調が悪いときなどのむくみ。 どんどん二重あごが酷くなっていく! 【原因別の改善法】 以下に紹介する方法からその方の状態やご希望に合わせ、1つまたはいくつか組み合わせて行います。 【1】骨格によるもの 「ヒアルロン酸注射」または「シリコンプロテーゼ」によって、引っ込んでいるあごを前方または斜め下方に出す。 これによって、おとがいから舌骨の間の筋肉・脂肪・皮膚のたわみが改善し、二重あごも改善する。 【治打撲一方の成分】 漢方薬は、自然の草や木からとった「生薬」の組み合わせでできています。 治打撲一方の構成生薬は下記の7種類です。 ・桂皮(ケイヒ): クスノキ科カツラの木の樹皮を乾燥させたもの。 薬効は、体を温め、痛みを止め、血行を改善する作用があります。 ・川芎(センキュウ): セリ科センキュウの根茎を乾燥させたもの。 薬効は、血液循環をよくし、痛みを止める作用があります。 ・川骨(センコツ): スイレン科コウホネの根茎を乾燥させたもの。 薬効は、血液循環と水分の循環をよくし、内出血を治す作用があります。 ・甘草(カンゾウ): マメ科カンゾウの根を乾燥させたもの。 薬効は、消化を整え、痛みを止める作用があります。 ・大黄(ダイオウ): タデ科ダイオウの根茎を乾燥させたもの。 薬効は、便通をよくし、血行を改善する作用があります。 ・丁子(チョウジ): フトモモ科チョウジノキの蕾。 薬効は、腹を温め、痛みを止める作用があります。 ・撲樕(ボクソク): ブナ科クヌギの樹皮を乾燥させたもの。 薬効は、皮膚の排膿を促す作用があります。 桂皮と丁子は発散性の生薬で、患部の熱や痛みを発散して治します。 大黄と樸樕には収斂作用があり、熱や腫れを冷ます効果が期待できます。 そのほか、血液循環をよくする川芎、止血作用の川骨、緩和作用のある甘草などが配合されます。 これらの成分が一緒に働くことで、相乗作用があり、よりよい効果を発揮します。 用法 通常、朝昼夕の3回、1包2. 5gずつ、食前又は食間に経口服用します(1日3包内服するということです)。 主に手術後の腫れの強い間に内服します(手術後3日~2週間程度のことが多いです)。 手術、注射などの治療後に服用を希望される方に処方させていただきます。 注射後の内出血は全ての人に生じるわけではありません。 むしろ内出血を生じない人のほうが多く、内出血が生じてしまうのはだいたい10人に1人くらいの割合です。 内出血が生じる原因のほとんどは、注射針が偶発的に細い血管に当たってしまうことです。 私達医師は注射する際、なるべく針が血管に当たらないように注意深く丁寧にさせていただいておりますが、どれだけ慎重に注射しても、10分の1程度の確率で内出血は生じてしまいます。 程度の軽い内出血であれば、1週間くらいでほとんど消えてしますが、運悪く強い内出血が出てしまうと、消えるまで2週間程度かかることがあります。 しかし、注射による治療の後は治療当日からメイクをすることができるので、内出血が出てしまってもファンデーションやコンシーラーで隠すことができます。 また、なるべく内出血を生じないようにするためには、私達医師が丁寧に治療することはもちろん、注射した当日は熱いお風呂に長時間浸ったり、サウナに入らないこと、激しい運動はしないこと、お酒を飲みすぎないこと、注射した部位を必要以上に弄らないことなどが大切です。 脂肪吸引のリスク、副作用、合併症に、脂肪の取りすぎというものがあります。 患者様によっては、「できるだけたくさん脂肪を取ってほしい」とおっしゃる方もいらっしゃいますが、脂肪吸引は脂肪を取れば取るだけ細くなって綺麗になるわけではありません。 特に皮膚が薄い人や皮膚のたるみがある人に無理してたくさん脂肪を取ってしまうと、皮膚が凸凹になったり、段差が生じたり、余計にたるみが生じたりしてしまうことがあります。 脂肪吸引は イタリアン・メソシェイプ(イタリアンメソセラピー)・脂肪溶解注射 高濃度脂肪溶解メソカクテルなどに比べると、大雑把に大量の脂肪を取る治療であるため、完全に脂肪がなくなるくらい脂肪を取ってしまうと、どうしても取りムラができて、凸凹になったり、段差が生じたりしてしまいます。 程よく脂肪が残る程度に脂肪吸引した場合は、凸凹になったり、段差が生じたり、余計にたるみが生じたりすることはなく、綺麗に仕上がるし、逆に皮膚のたるみが引き締まることが多く、それは医者の技術とセンスによります。 特に女性の場合は、脂肪の取りすぎは要注意です。 女性の身体の魅力は、付くところは付いていて丸みがあり、くびれているところはくびれていて、皮膚の表面が柔らかい感触であることです。 女性に脂肪吸引で脂肪を取りすぎてしまうと、丸みがないガリガリの身体になったり、皮下脂肪が全くなくなってしまうことによって、皮膚が筋肉に張り付いたような硬い感触の身体になってしまいます。 脂肪吸引のポイントは、「いかにたくさん脂肪を取るか」ではなく、「いかに必要な分だけ脂肪を取り、綺麗なボディラインにするか」なのです。 脂肪吸引をするほど脂肪が付いていない人や、脂肪吸引をしてだいぶ脂肪がなくなったけどもっと脂肪を取りたい人は、脂肪吸引よりも イタリアン・メソシェイプ(イタリアンメソセラピー)・脂肪溶解注射 高濃度脂肪溶解メソカクテルのほうがむいています。 イタリアン・メソシェイプ(イタリアンメソセラピー)・脂肪溶解注射 高濃度脂肪溶解メソカクテルは脂肪吸引に比べ繊細に脂肪を取る治療なので、凸凹になったり、段差が生じたり、たるみが生じるリスクはまずありません。 脂肪吸引の術後は、程度の差はあれ、必ず内出血が起こります。 一般的には、 ・採る脂肪が多いほど内出血が強い ・ベテランの上手な医者のほうが内出血が軽く、手術の下手な医者、新米の若い医者のほうが内出血が強い です。 使用するカニューレ 採る脂肪が多いほど、手術時間が長く、皮下脂肪の中をカニューレがたくさん往復することになるため、必然的に内出血は強くなります。 また、手術の下手な医者、新米の若い医者が脂肪吸引をする場合、カニューレで細い血管を傷つける確率が高くなるため、内出血が強く出ることが多いです。 当然、元の内出血が強いほど引くのに時間がかかります。 軽い内出血であれば、10日程度でほとんど引いてしまうこともあります。 強い内出血の場合、完全に引くまで4週間くらいかかることもあります。 平均すると2~3週間くらいで引いていきます。 高須クリニックでは、なるべく内出血が出ないように、エピネフリン、メイロン、リドカインなどを混ぜたチュームセント液(希釈した局所麻酔液)を用いたウェットメソッドで脂肪吸引を行います。 ウェットメソッドで脂肪吸引を行うと、チュームセント液で脂肪が柔らかくなり、綺麗にたくさんの脂肪を取ることができます。 さらに、エピネフリンの作用で血管が収縮して血管を傷つけることがなくなるため、非常に内出血が起こりにくくなります。 また、ベテランの手術の上手な医者が極細のカニューレを用いて綺麗に丁寧に脂肪を吸引するため、最小限の内出血ですむので、ご安心ください。 ミニフェイスリフト(頬のたるみ取り)、ミディアムフェイスリフト、フルフェイスリフト、額リフト(額のしわ取り手術)などの切開するリフト手術のリスク、副作用、合併症に、術後の腫れがあります。 腫れるといっても、顔全体がパンパンに腫れるわけではなく、ほとんど切開した周囲だけが腫れます。 ミニフェイスリフト(頬のたるみ取り)、ミディアムフェイスリフト、フルフェイスリフトであれば耳の周囲が腫れるので、術後2日目には傷にガーゼをあてる必要もないので、髪の毛を下ろしてしまえば腫れはあまり目立ちません。 額リフト(額のしわ取り手術)は額の髪の生え際あるいは頭髪内で切開するので、それほど腫れは目立ちません。 生え際で切開する場合でも、前髪を下ろしてしまえば傷も隠れてしまいます。 目元や鼻などの手術が顔の真ん中が腫れるのに対し、ミニフェイスリフト(頬のたるみ取り)、ミディアムフェイスリフト、フルフェイスリフト、額リフト(額のしわ取り手術)は耳の周囲や髪の生え際が腫れるので、術後の腫れはむしろ目元や鼻の手術より目立たないことが多いです。 耳の周囲や髪の生え際の腫れは1週間ほどで大部分が引きます。 イタリアンリフト 吸収糸を使った頬のたるみ治療、 イタリアンリフトファイン 吸収糸を使った肌のハリを出す治療、 金の糸(ゴールデンリフト) 金の糸などの糸のリフト手術のリスク、副作用、合併症に術後の腫れがあります。 これらの手術は糸を挿入する部位に麻酔の注射をするので、手術直後は麻酔によって顔が浮腫んでいます。 ただし、切開する手術と違い、腫れのほとんどは麻酔による腫れであるため、数時間で腫れの大部分は引いてしまいます。 また、手術当日からメイクもできるため、ある程度腫れが引いてからメイクすれば周囲に手術したことはバレにくいです。 また、切開する手術と違い、術後に内出血が生じることは稀です。 もし内出血が生じても、部分的に小さなものが生じる程度なので、コンシーラーなどで十分に隠せます。 ヒアルロン酸注射のリスク、副作用に、ヒアルロン酸注入後間もない時期に注入部位を過度にいじったり揉んだりすると、注入部位が腫れてくる可能性があるということがあります。 ヒアルロン酸は、注入してからその部位の皮膚や組織にある程度馴染んでくるまで2~3日かかります。 そのため、ヒアルロン酸注射後2~3日の間に過度に注入部位をいじったり揉んだりすると、注入部位の皮膚や組織に炎症が起こり、腫れてくることが稀にあります。 時々、患者様で、ヒアルロン酸注射後に注入部位が気になって気になって、注射当日や翌日に必要以上にいじったり揉んだりしてしまう方がいらっしゃいますが、その場合、いじったり揉んだりするのが度が過ぎると腫れてくることがあります。 美容整形した部位が気になる気持ちはわかりますが、気にし過ぎていじりすぎたりするのは逆によくありません。 もし、いじりすぎたり揉みすぎたりして腫れてきた場合、感染などが起こっていない場合は、数日程度安静にしていれば腫れは引いていくことが多いです。

次の