ニンフィア 育成論 ダブル。 サイクル戦でも優位に立つとつげきチョッキエンテイ育成論【ダブルバトル】

ニンフィア/対戦

ニンフィア 育成論 ダブル

ニンフィアの歴史 第六世代 能力判明当初はにHP以外の種族値で劣っていたことからフラージェスの劣化扱いされていたが、XYリーグシーズン3あたりからによる超火力の持ち主、による全体攻撃のエキスパートとして注目された。 XYリーグシングルバトルでは、、、が主流技構成となっていた。 性格はひかえめがメインで、持ち物はこだわりメガネが一番手であった。 瞬間火力を追求する目的でが採用されることすら珍しくなかった。 同リーグ同バトル17シーズン中5シーズンで使用率ベスト30に入り、最高位はシーズン4からシーズン5の24位。 ORASリーグシングルではハイパーボイス、、、サイコショックによる耐久型が主流で、持ち物はこだわりメガネとカゴのみが有力であった。 同リーグ同バトルでは全シーズンベスト30入りを果たし、最高位はシーズン14の19位。 性格はひかえめがメインであったが、ORASリーグではずぶとい型が二番手であった。 ORASリーグではまた型も流行していた。 ダブルバトルやトリプルバトルでは対策としてねごとを採用する型があり、ハイパーボイスとのみにしてを持たせて戦っていくパターンも中には見られた。 この高火力によりこれらのバトルではトップクラスに採用率が高い。 ORASリーグダブルバトルでは使用率10以内を維持し、最高位はシーズン8からシーズン10の3位。 特にレート戦ORASリーグトリプルバトルでは3位であったシーズン7、2位であったシーズン8、シーズン13を除いて使用率1位を記録しており、名実ともにトリプルバトルのトップメタと言える。 特性ぼうおんや、またフェアリースキンを失うことを意識して、あえてを採用するのもありであった。 ニンフィアが活躍した要因として、フェアリー単タイプの特殊アタッカーとして他に選択肢が無かったことが挙がる。 メガボーマンダの威力が分散したハイパーボイス程度では到底処理されない特殊耐久があるため、ダブルバトルにおいてメガボーマンダに対して有利であった、というのもニンフィアが需要を集めた理由である。 、といった居座り耐久型に対してもごり押しが効いた。 単体でもさることながら、サザンドラとギルガルドに加えて両者に一致で抜群を取れるガブリアスへの解答となるニンフィアを加えた「サザンガルドニンフ」がシングルバトルで発祥、世代末期のダブルバトルで単にこの世代のダブルバトルの物理アタッカーで最強のメガガルーラと特殊アタッカーで最強のニンフィアによる超火力と技範囲を活かした「ガルニンフ」など、様々な構築が生まれた。 WCS2015(全国ダブル)マスターカテゴリベスト4入賞を果たしたパーティにニンフィアがエントリーされていた。 第七世代 の威力上昇幅が下方修正され、弱体化。 また、やなどの普及、特にフェアリー技の火力にほぼ並ぶ上にエスパーの超火力が売りのの登場によってニンフィアを採用する必然性が無くなった。 さらにどくやはがねの蔓延により攻守ともに弱体化。 カプやミミッキュは複合タイプや特性のおかげで対面もサイクルもニンフィアよりお手の物で、素の耐久力も優れている。 フェアリーのラインナップの充実によって、結局はパワー一辺倒の鈍足物理低耐久アタッカーに過ぎず、が有効打にならないと脆いニンフィアは環境外に転落。 サザンドラ、ガルーラなど相性の良かったポケモンが相次いで弱体化したのも痛い所であった。 この世代に登場したノーマルZは一見相性が良いが、Zワザには元の技のタイプを変更する効果やそれに付随する威力上昇が適用外であるという仕様なので、ニンフィアにとっては実用外。 トリプルバトルの廃止も弱体化の1つであり、ニンフィアにとってこれでもかというほどの逆風が吹いた世代となった。 USUMリーグシングルバトルでは、この世代で耐久戦法が通用しないこともあって、XYリーグシングルバトルに回帰したような技構成になっていつつもその技構成の中の1枠をに入れ替えるケースが多くなった。 ではの事実上の消滅によって型が消えた。 2019年1月下旬に開催された単タイプ限定戦のインターネット大会『シンプルシンフォニー』では使用率4位を記録。 そちらの大会で積極使用されたニンフィアが通常レギュレーションで中々見かけない存在となっているのは、それだけこの世代で単タイプが邪険に扱われているということである。 第八世代 が削除された代わりにを習得。 苦手とするはがねタイプへの有効打の最高威力を更新したと同時に耐久型が幾分か強化された。 さらに、がメガシンカを失ったため対抗馬がいなくなり、唯一のフェアリースキン対応ポケモンとして相対的に強化された。 ハイパーボイスがみがわりを貫通するのが何よりもサザンドラに対して強い。 ただし、にはの威力上昇が適用されないため、はハイパーボイスに比べてわずかな威力上昇にとどまる。 で状態のを返り討ちにするコンセプトの型も存在する。 この世代ではサポーターとしての個性が強くなり、あくびを特殊型エースに撒いてからで確実にに追い込むプレイングも見られるようになった。 同じあくびサポーターであると異なりを等倍で受けられ、状況によっては自ら切り込んでいける攻撃力および柔軟な対応が可能な点が長所。 敵のダイサンダーやダイフェアリーによってあくびを無力化されても、自らにダイマックスの適性があるため、それらの技を使われても自らダイマックスして、ダイウォールとして使用も出来る点もある。 耐性は4と決して多くないが、その内、、 『』配信に伴う追加以降 がメジャー寄りのタイプであり、耐性に中身があると言える。 物理に受け出しできる耐久をしていないため、基本は先発での運用となる。 そこに先発を相手に合わされるのはまずい。 当初から使用率10位台をキープしていたが、余りにカビゴンが増えたためシーズン5には20位に転落。 シーズン6には26位まで数を減らした。 シーズン7では、などが解禁され、汎用的な調整ではそれらを受けられないことが露呈された。 そのため、このシーズンは最終100以内入賞報告が片手で数えるほどになった。 は交代すると解除されるため交代がしづらく、そこに相手が交代しないことと相性の良いを浴びせて を浴びせる型もこの世代に存在する。 これはを貼った耐久無振りの程度が相手ならお互いダイマックスする前提だが対面で勝てる型である。 が解禁されると、でグラススライダーを耐えてからはかいこうせんで処理する型が考察された。 但し、相手がに特化した型だと高乱数1発止まりなので安心はし切れない。 この世代における主流技構成は、、、、。 シーズン1からシーズン3までは型がメインであり、シーズン4からシーズン7にかけては型がメインであった。 とつげきチョッキ型にするならあくびの枠をに変えるのがメイン。 では主力級のアタッカーとして活躍。 2019年12月頃、韓国の著名プレイヤーであるパク・セジュンがを使用した影響でそちらが流行したため、型も見られるようになった。 シリーズ3シーズン4ではのやで素早さ無振りニンフィアをサポートする「サマヨニンフ」が環境の主力級の一角となった。 素早さ実数値はシングル・ダブル共に4振り抜きの83以上には調整したいところ。 一般的な育成論 、、のが高く、特殊型のアタッカーでの育成が基本となる。 はイーブイの進化系統の中では最も低いが、特防の高さゆえに特殊アタッカーに対して受けやすく、そこまで困らない点がメリット。 ただし、素早さを調整する場合は他のイーブイの進化系よりも大きく耐久や火力を削がれる点に注意すること。 も低めの数値だが、HPと共に特化するか、またはを使うことでカバーできる。 また、特攻、特防に努力値を振っていなくてもで補える点も優秀。 隠れ特性のが優秀で、ノーマルタイプのわざがフェアリータイプとなり、1. 2倍(第6世代では1. 3倍)の威力になる。 通常特性のは、うまく相手をメロメロ状態にできれば一発逆転も起こり得るが、異性で無ければ効果が無い上発動も運任せ、さらにニンフィアの防御が非常に低めのため、実用性は低い。 火力もフェアリースキンより低くなってしまうので、もし使うならばめいそうで上手く補強したいところ。 第七世代まで フェアリースキンにより高威力のタイプ一致技になるが主力技で、シングルでは(威力95)よりも威力の高いフェアリータイプの技となり、やでは若干威力は落ちるものの2~3体同時攻撃ができるため、の完全上位互換であり、さらに音の技であるためにを貫通できる点で非常に優秀な技でもある。 基本的にレーティングバトルでは、ほぼ100%特性フェアリースキンと合わせてセットで採用される。 ただし、音の技であるため特性を持つポケモンに無効化されてしまうので注意が必要。 その他の攻撃技は、物理技だがフェアリースキンが適用される先制技の、タイプを意識した、はがねやほのおにも等倍の、1ターン動けなくなるが特性により威力292という超火力になるも火力を求める場合には候補になるか。 は特定のタイプを意識する場合に採用することになる。 タイプならフェアリータイプが苦手とする、、タイプ全てに刺さるが、これらを他の耐性タイプでカバーできるポケモンが多く、ピンポイントで刺さるのはや程度。 先制技を持つや、耐久力の高いを意識するならタイプにした方がよいだろう。 基本的な攻撃技は少なく、やこだわり系アイテムを持たせる場合は簡単に技スペースが埋まる。 低威力だが体力を大きく吸収できる、特攻と特防を同時に上げられる、タイムラグがあるが回復ができるなども覚えるが、鈍足であり即座に体力を回復できる技がを併用してのしかないため、耐久型としての運用は難しい。 上述の特殊型が主流だが、で低い攻撃と防御を補いながら、でんこうせっか、、、などの物理ノーマル技を軸としたフェアリースキン採用の物理型も使用される事があり、ポケムーバー解禁前のシングルバトルでは高確率で採用されていた。 特に、イーブイの進化系主体(イーブイズ)でパーティを組んだ場合、その中でもやと言った数少ない物理アタッカーとして重宝されることもある。 性格は火力を活かせるひかえめがメインで、物理低耐久を補えるずぶとい、特殊鋼耐久を活かせるおだやかも珍しくない。 の火力を下げないようにするためにれいせい、なまいき、のんきといった素早さ下降補正も考慮される場合がある。 フェアリータイプの特殊アタッカーとしては、同じくフェアリースキン+ハイパーボイスができるに技の威力は劣るものの、タイプ一致先制技(でんこうせっか)の存在や、パーティのメガシンカ枠を取らず、持ち物を自由に選べる点では優れていると言えるか。 高火力・高特殊耐久でありサイクルを回しつつ等倍で削るのに向いているため、も採用圏内。 第八世代以降 めざめるパワーを没収されたかわりにを獲得した。 これによって弱点であるはがねタイプへの有効打の最高威力を更新し、技範囲が大幅に広がった。 さらに追加効果で特攻を下げられるため、特殊耐久の高いニンフィアにとってこれは大幅な強化。 技構成は第七世代以前から採用し、特性もフェアリースキンで確定。

次の

【ポケモン剣盾】ニンフィアの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ニンフィア 育成論 ダブル

私が育成したポケモンたち。 気が向いたら更新。 私が配分を忘れないための記事。 (すでに忘れているのも多い) 参考にするぶんには構いません。 ご自由にどうぞ。 スカーフでもD4振りウオノラゴンをりゅうのはどうで確定1発(112. 7~132. 1) なお、準速スカーフでもドラパルトは抜ける。 ただし、準速メガネだとおいかぜしても最速砂ドリュウズを抜けない。 2%) H252ズルズキンをばかぢからで確定1発 無振りウォーグルをいわなだれダブルダメで確定1発 S おいかぜ時、最速110族抜き H-D 砂下C特化ギルガルドのてっていこうせん耐え 砂下C252ドラパルトのりゅうせいぐん確定4発 砂下C252トゲキッスのマジカルシャインダブルダメ乱数3発(0. 0%) H-B A特化アーマーガアのダイスチル乱数1発(12. 正直使いにくい。 ドリュウズやアーマーガアが多すぎてダメ。 あと、BDに振る意味が感じられなかった。 素直にHCが良さそう。 5%) H252ウォーグルに10まんボルトで確定1発 何かあればTwitterまで。 はてなブログの方は読者登録よろしくお願いします。 RinLinRein.

次の

【ポケモン剣盾】超硬チョッキ「ニンフィア」でキョダイラプラス対策!!【ニンフィア育成論】

ニンフィア 育成論 ダブル

ニンフィアの歴史 第六世代 能力判明当初はにHP以外の種族値で劣っていたことからフラージェスの劣化扱いされていたが、XYリーグシーズン3あたりからによる超火力の持ち主、による全体攻撃のエキスパートとして注目された。 XYリーグシングルバトルでは、、、が主流技構成となっていた。 性格はひかえめがメインで、持ち物はこだわりメガネが一番手であった。 瞬間火力を追求する目的でが採用されることすら珍しくなかった。 同リーグ同バトル17シーズン中5シーズンで使用率ベスト30に入り、最高位はシーズン4からシーズン5の24位。 ORASリーグシングルではハイパーボイス、、、サイコショックによる耐久型が主流で、持ち物はこだわりメガネとカゴのみが有力であった。 同リーグ同バトルでは全シーズンベスト30入りを果たし、最高位はシーズン14の19位。 性格はひかえめがメインであったが、ORASリーグではずぶとい型が二番手であった。 ORASリーグではまた型も流行していた。 ダブルバトルやトリプルバトルでは対策としてねごとを採用する型があり、ハイパーボイスとのみにしてを持たせて戦っていくパターンも中には見られた。 この高火力によりこれらのバトルではトップクラスに採用率が高い。 ORASリーグダブルバトルでは使用率10以内を維持し、最高位はシーズン8からシーズン10の3位。 特にレート戦ORASリーグトリプルバトルでは3位であったシーズン7、2位であったシーズン8、シーズン13を除いて使用率1位を記録しており、名実ともにトリプルバトルのトップメタと言える。 特性ぼうおんや、またフェアリースキンを失うことを意識して、あえてを採用するのもありであった。 ニンフィアが活躍した要因として、フェアリー単タイプの特殊アタッカーとして他に選択肢が無かったことが挙がる。 メガボーマンダの威力が分散したハイパーボイス程度では到底処理されない特殊耐久があるため、ダブルバトルにおいてメガボーマンダに対して有利であった、というのもニンフィアが需要を集めた理由である。 、といった居座り耐久型に対してもごり押しが効いた。 単体でもさることながら、サザンドラとギルガルドに加えて両者に一致で抜群を取れるガブリアスへの解答となるニンフィアを加えた「サザンガルドニンフ」がシングルバトルで発祥、世代末期のダブルバトルで単にこの世代のダブルバトルの物理アタッカーで最強のメガガルーラと特殊アタッカーで最強のニンフィアによる超火力と技範囲を活かした「ガルニンフ」など、様々な構築が生まれた。 WCS2015(全国ダブル)マスターカテゴリベスト4入賞を果たしたパーティにニンフィアがエントリーされていた。 第七世代 の威力上昇幅が下方修正され、弱体化。 また、やなどの普及、特にフェアリー技の火力にほぼ並ぶ上にエスパーの超火力が売りのの登場によってニンフィアを採用する必然性が無くなった。 さらにどくやはがねの蔓延により攻守ともに弱体化。 カプやミミッキュは複合タイプや特性のおかげで対面もサイクルもニンフィアよりお手の物で、素の耐久力も優れている。 フェアリーのラインナップの充実によって、結局はパワー一辺倒の鈍足物理低耐久アタッカーに過ぎず、が有効打にならないと脆いニンフィアは環境外に転落。 サザンドラ、ガルーラなど相性の良かったポケモンが相次いで弱体化したのも痛い所であった。 この世代に登場したノーマルZは一見相性が良いが、Zワザには元の技のタイプを変更する効果やそれに付随する威力上昇が適用外であるという仕様なので、ニンフィアにとっては実用外。 トリプルバトルの廃止も弱体化の1つであり、ニンフィアにとってこれでもかというほどの逆風が吹いた世代となった。 USUMリーグシングルバトルでは、この世代で耐久戦法が通用しないこともあって、XYリーグシングルバトルに回帰したような技構成になっていつつもその技構成の中の1枠をに入れ替えるケースが多くなった。 ではの事実上の消滅によって型が消えた。 2019年1月下旬に開催された単タイプ限定戦のインターネット大会『シンプルシンフォニー』では使用率4位を記録。 そちらの大会で積極使用されたニンフィアが通常レギュレーションで中々見かけない存在となっているのは、それだけこの世代で単タイプが邪険に扱われているということである。 第八世代 が削除された代わりにを習得。 苦手とするはがねタイプへの有効打の最高威力を更新したと同時に耐久型が幾分か強化された。 さらに、がメガシンカを失ったため対抗馬がいなくなり、唯一のフェアリースキン対応ポケモンとして相対的に強化された。 ハイパーボイスがみがわりを貫通するのが何よりもサザンドラに対して強い。 ただし、にはの威力上昇が適用されないため、はハイパーボイスに比べてわずかな威力上昇にとどまる。 で状態のを返り討ちにするコンセプトの型も存在する。 この世代ではサポーターとしての個性が強くなり、あくびを特殊型エースに撒いてからで確実にに追い込むプレイングも見られるようになった。 同じあくびサポーターであると異なりを等倍で受けられ、状況によっては自ら切り込んでいける攻撃力および柔軟な対応が可能な点が長所。 敵のダイサンダーやダイフェアリーによってあくびを無力化されても、自らにダイマックスの適性があるため、それらの技を使われても自らダイマックスして、ダイウォールとして使用も出来る点もある。 耐性は4と決して多くないが、その内、、 『』配信に伴う追加以降 がメジャー寄りのタイプであり、耐性に中身があると言える。 物理に受け出しできる耐久をしていないため、基本は先発での運用となる。 そこに先発を相手に合わされるのはまずい。 当初から使用率10位台をキープしていたが、余りにカビゴンが増えたためシーズン5には20位に転落。 シーズン6には26位まで数を減らした。 シーズン7では、などが解禁され、汎用的な調整ではそれらを受けられないことが露呈された。 そのため、このシーズンは最終100以内入賞報告が片手で数えるほどになった。 は交代すると解除されるため交代がしづらく、そこに相手が交代しないことと相性の良いを浴びせて を浴びせる型もこの世代に存在する。 これはを貼った耐久無振りの程度が相手ならお互いダイマックスする前提だが対面で勝てる型である。 が解禁されると、でグラススライダーを耐えてからはかいこうせんで処理する型が考察された。 但し、相手がに特化した型だと高乱数1発止まりなので安心はし切れない。 この世代における主流技構成は、、、、。 シーズン1からシーズン3までは型がメインであり、シーズン4からシーズン7にかけては型がメインであった。 とつげきチョッキ型にするならあくびの枠をに変えるのがメイン。 では主力級のアタッカーとして活躍。 2019年12月頃、韓国の著名プレイヤーであるパク・セジュンがを使用した影響でそちらが流行したため、型も見られるようになった。 シリーズ3シーズン4ではのやで素早さ無振りニンフィアをサポートする「サマヨニンフ」が環境の主力級の一角となった。 素早さ実数値はシングル・ダブル共に4振り抜きの83以上には調整したいところ。 一般的な育成論 、、のが高く、特殊型のアタッカーでの育成が基本となる。 はイーブイの進化系統の中では最も低いが、特防の高さゆえに特殊アタッカーに対して受けやすく、そこまで困らない点がメリット。 ただし、素早さを調整する場合は他のイーブイの進化系よりも大きく耐久や火力を削がれる点に注意すること。 も低めの数値だが、HPと共に特化するか、またはを使うことでカバーできる。 また、特攻、特防に努力値を振っていなくてもで補える点も優秀。 隠れ特性のが優秀で、ノーマルタイプのわざがフェアリータイプとなり、1. 2倍(第6世代では1. 3倍)の威力になる。 通常特性のは、うまく相手をメロメロ状態にできれば一発逆転も起こり得るが、異性で無ければ効果が無い上発動も運任せ、さらにニンフィアの防御が非常に低めのため、実用性は低い。 火力もフェアリースキンより低くなってしまうので、もし使うならばめいそうで上手く補強したいところ。 第七世代まで フェアリースキンにより高威力のタイプ一致技になるが主力技で、シングルでは(威力95)よりも威力の高いフェアリータイプの技となり、やでは若干威力は落ちるものの2~3体同時攻撃ができるため、の完全上位互換であり、さらに音の技であるためにを貫通できる点で非常に優秀な技でもある。 基本的にレーティングバトルでは、ほぼ100%特性フェアリースキンと合わせてセットで採用される。 ただし、音の技であるため特性を持つポケモンに無効化されてしまうので注意が必要。 その他の攻撃技は、物理技だがフェアリースキンが適用される先制技の、タイプを意識した、はがねやほのおにも等倍の、1ターン動けなくなるが特性により威力292という超火力になるも火力を求める場合には候補になるか。 は特定のタイプを意識する場合に採用することになる。 タイプならフェアリータイプが苦手とする、、タイプ全てに刺さるが、これらを他の耐性タイプでカバーできるポケモンが多く、ピンポイントで刺さるのはや程度。 先制技を持つや、耐久力の高いを意識するならタイプにした方がよいだろう。 基本的な攻撃技は少なく、やこだわり系アイテムを持たせる場合は簡単に技スペースが埋まる。 低威力だが体力を大きく吸収できる、特攻と特防を同時に上げられる、タイムラグがあるが回復ができるなども覚えるが、鈍足であり即座に体力を回復できる技がを併用してのしかないため、耐久型としての運用は難しい。 上述の特殊型が主流だが、で低い攻撃と防御を補いながら、でんこうせっか、、、などの物理ノーマル技を軸としたフェアリースキン採用の物理型も使用される事があり、ポケムーバー解禁前のシングルバトルでは高確率で採用されていた。 特に、イーブイの進化系主体(イーブイズ)でパーティを組んだ場合、その中でもやと言った数少ない物理アタッカーとして重宝されることもある。 性格は火力を活かせるひかえめがメインで、物理低耐久を補えるずぶとい、特殊鋼耐久を活かせるおだやかも珍しくない。 の火力を下げないようにするためにれいせい、なまいき、のんきといった素早さ下降補正も考慮される場合がある。 フェアリータイプの特殊アタッカーとしては、同じくフェアリースキン+ハイパーボイスができるに技の威力は劣るものの、タイプ一致先制技(でんこうせっか)の存在や、パーティのメガシンカ枠を取らず、持ち物を自由に選べる点では優れていると言えるか。 高火力・高特殊耐久でありサイクルを回しつつ等倍で削るのに向いているため、も採用圏内。 第八世代以降 めざめるパワーを没収されたかわりにを獲得した。 これによって弱点であるはがねタイプへの有効打の最高威力を更新し、技範囲が大幅に広がった。 さらに追加効果で特攻を下げられるため、特殊耐久の高いニンフィアにとってこれは大幅な強化。 技構成は第七世代以前から採用し、特性もフェアリースキンで確定。

次の