スナップ エンドウ 茹で 時間。 スナップエンドウのゆで方、ゆで時間は?筋の取り方、レンジでは?しわしわを防ぐには?

スナップえんどう、茹でるコツと茹で時間! 下ごしらえの基本も紹介

スナップ エンドウ 茹で 時間

スナップえんどうの筋の取り方 スナップえんどうは絹さやよりも、 筋が太く、筋の取り方もより丁寧に行う必要があります。 また、ヘタを除いた部分からゆでる時に水が入ってしまうので、 ゆでた後の水気の切り方もポイントに。 そのあたりもぜひ参考にしてみてください。 まず、スナップえんどうは 先端がとがっている側面に太い筋があるので、ヘタをポキっと折って、先端まで引っ張って太い筋を取ります。 続いて、 ヘタ側の筋を除いた所と反対側に爪を立て(こちらは細めの筋が取れることがあるので)、同じく先端にむかって筋を取ります。 つまり、スナップえんどうは 両側の筋を取る必要があるのですが、スタート地点がどちらもヘタ側から筋を取るようにすると、(筋がある場合は)きれいに取れると思います。 筋も同様で、先端よりもヘタ側が硬めで太い筋になっている場合が多いかと。 そういった意味合いでも、ヘタ側から筋を取ったほうが良いと感じています。 冷えたら水を切るのですが、ざる上げしただけだと、下の写真左のように スナップえんどうの中の空洞に水が残っていることが多々あります。 これが料理を水っぽくさせるので、ざるで水気を切ることに加え、 スナップえんどうを数本手に持ち、ヘタ側を下にして勢いよく振って水気を切るとよいです。 水気を嫌う料理の場合は、さらにさらしやキッチンペーパーでヘタ側を下に軽くたたき、水気を吸いとるなどしてもよいと思います。 水気がしっかり切れたら、料理に合わせて必要があればスナップえんどうを半分に切るなどして使用します。 冷蔵保存なら2日ほど日持ちします。 【補足】スナップえんどうの開き方など レストランなどでスナップえんどうを開いて、サラダやパスタに使うこともあります。 食べやすくなり、見た目にも動きが出やすく、かさも増える、味も絡みやすい、そんな理由もあってのことだと思います。 開き方は、ゆでたスナップえんどうのカーブした部分に爪を入れ、そこから開くと中に入っている豆も半分にきれいに分かれてくれます。 ここからは参考までの情報ですが、 水が入りやすいならゆでた後に筋を取れば?とも思いますよね(実際うちの妻がそう質問してきました)。 しかし、スナップえんどうをゆでた後に筋を取ろうとすると、筋は取れるものの、自然とスナップエンドウが開いてしまいます。 ゆでる前に筋取りすると不思議とくっついたままなのです。

次の

スナップえんどう、茹でるコツと茹で時間! 下ごしらえの基本も紹介

スナップ エンドウ 茹で 時間

当時はスナックエンドウとも呼ばれていましたが、農林水産省によって1983年、スナップエンドウと呼ぶことが奨励されました。 ただ、現在でもサカタのタネからはスナックエンドウ(エンドウ スナック)という商品名で種が販売されています。 甘みがあり、パリっとした食感が楽しめます。 その食感がスナックを食べるイメージに近いことからスナックエンドウと呼ばれたりもしています。 一般的な品種は筋があるので、この筋を取り除いて食べます。 現在各種苗メーカーからいろいろな品種が販売されており、サヤの外見もややスリムで長めのものなどもあります。 ふくらみがなく平たいものは柔らかいですが中の豆が育っておらず甘みも少なめで、逆に豆が育ちすぎてぱんぱんに膨らんでいるものはサヤが硬くなっているものがあるので避けた方が良いでしょう。 色ですが、品種によって元から色が濃いものと薄いものがあるので一概に濃い方があるいは薄い方がとは言えません。 茹でる際には水の量に対して 1%ほどの塩を加え、沸騰させている状態の湯に投入し、スナップエンドウの質や用途にもよりますが 1~2分程度ゆでます。 茹で上がったら色止めのためすぐに 冷水に放ち冷まします。 写真はイカにハチク、ニンジンなどと共に炒め合わせたもの。 炒め物の場合もスナップエンドウはあらかじめ下茹でしておいた方が火の通りにむらができず美味しく仕上がる。 簡単で美味しい一品になります。 この場合、スナップエンドウは筋を取り除いておくだけで生のまま揚げます。 揚げ時間は170度でおよそ1分程度。 下茹でしたものでも大丈夫ですが、その場合は180度で短時間にあげてしまいます。 写真はカニのクリームソースに合わせています。 仕上げに加えることで色と食感が良い感じに残せます。 写真では金目の吸い物に使っています。 もちろん、好みで味が染みてくたっとなった方が良い方は初めから加えてもいいでしょう。 参考にされると良いでしょう。

次の

スナップえんどうのゆで方|楽天レシピ

スナップ エンドウ 茹で 時間

よくレストランでのサラダには開いておしゃれに出てきますよね。 お家でもレストラン・カフェのようなサラダを再現しちゃいましょう。 スナップえんどうは筋を取っていれば簡単に開くことができますよ。 包丁の先を少し差し込んですき間を作ったら、あとは手で開くことができます。 さやを斜めに切って立てると、お弁当のすき間がきれいに埋まります。 彩りもいいですよね スナップエンドウの調理例 スナップエンドウは何にでも合う野菜ですが、春らしくいくなら新じゃが、茹で卵とごまドレッシングで和えるのもおススメです。 子供も好きな一品ですよ。 小さい子には、小口切りでも豆粒がのぞいてかわいらしく盛り付けできます。 切り口から水分が出るので、お弁当の時は水切りをして入れて下さいね。 水分が多いと食材の傷みが早いので十分水を切っていれるのがコツです。 スナップエンドウを切ってから炒めるといいことが! スナップエンドウを切ってから油で炒めると、さやの中に出汁や味が染みているので、口に入れ噛みしめるとジュワァ〜っとうまみが溢れてきますよ! ガラスープの素などで味付けすると甘みにも相性抜群。 粗びきこしょうをパラパラっとふれば、おつまみ完成です。 パーティーに合いそうですね。 いろんな料理の幅を広げてくれるスナップエンドウ。 スポンサーリンク スナップエンドウのレシピ 作り置き以外 鮮度が命!のスナップエンドウ。 買ってきたらその日にでも食卓に出したいですよね。 レンジでジャガイモが柔らかくなるまで温めます。 目安は箸がスッと入るくらいがベストです。 鍋に、卵が全部つかるほど水を入れ、お好みの硬さに茹でます。 8分だと柔らかめの半熟くらいなので、目安にして茹でる時間を調節してくださいね。 卵を茹でている鍋でもいいのですが、気になる方はフライパンなどにお湯を沸かします。 沸騰手前の熱湯に30秒ほどくぐらせましょう。 サッと茹でたら水分を飛ばすためしばらく置きます。 サッと茹でて下さいね。 大きさはお好みで大丈夫です! カリカリがお好みなら長めに、柔らかい方が好きならベーコンから油が出たところで刻んだニンニク、スナップエンドウを入れ、1分炒めます。 ニンニクが透きとおり、全体が絡んだら完成です。 スナップエンドウづくしの食卓が完成しました。 この通りに作らなくても、1袋を小分けに使うのも、日々の食卓のバリエーションとしていいですね。 油が全体にわたったら、水を50CC入れ蒸し煮します。 水分を飛ばしたいので、蓋はしなくていいですよ! これで、まだ少し生の状態から程よく食感を残しながら火を入れられます。 冷蔵庫で3日ほど日持ちしますよ! 3日を過ぎてしまうと、味や食感が変わってしまうため3日以内がお勧めですが、スープとしてなら頂けます。 なのでこってりしたものや、甘辛い料理とも相性がいいです。 例えば、豚の生姜焼きにスナップエンドウのサッと炒めたものを付け合わせにしたり、スナップエンドウのサラダがあれば、唐揚げなどが合いそうですね。 少し大人向けなら、醤油・酒・みりん・砂糖で甘辛くした肉団子にサッと茹でたスナップエンドウを合わせるとおつまみにもなります。 スナップエンドウなら+濃い味で考えたらいいのであまり迷わなくてすむのも助かりますね。 スナップエンドウの栄養素 実は「絹さや」と「スナップエンドウ」は同じ種類です。 ストレスの多い春先に食べるにはもってこいの野菜ですね。

次の