バクマンアニメ。 STAFF&CAST スタッフ&キャスト : NHKアニメワールド 「バクマン。」第2シリーズ

【完結】バクマン 最終回 ネタバレ感想まとめ【最終話レビュー】

バクマンアニメ

原 作/大場つぐみ・小畑健• 監 督/カサヰケンイチ・秋田谷典昭• シリーズ構成/吉田玲子• キャラクターデザイン/下谷智之• 美術監督/柴田千佳子• 色彩設計/店橋真弓• 撮影監督/岩井和也• 音 楽/Audio Highs• 音響監督/渡辺 淳• アニメーションプロデューサー/松倉友二• アニメーション制作/J. STAFF• 制作統括/斉藤健治・野島正宏・齋藤雅弘• 制 作/NHKエンタープライズ• 制作・著作/NHK・小学館集英社プロダクション オープニングテーマ 「Dream of Life」 作詞/伊藤祥平・カワムラユキ 作曲/伊藤祥平 編曲/菱川亜希 歌/伊藤祥平 エンディングテーマ 「monochrome rainbow」 作詞/Tommy heavenly 6 作曲・編曲/Mark and John 歌/Tommy heavenly 6 「パラレル=」 作詞/指田郁也、jam 作曲/指田郁也、森俊之 編曲/森俊之 歌/指田郁也.

次の

バクマン。第3シリーズ

バクマンアニメ

バクマン。 ジャンル アニメ 原作 、 監督 、秋田谷典昭 シリーズ構成 脚本 吉田玲子、、 、大知慶一郎、 キャラクターデザイン 下谷智之 音楽 アニメーション制作 製作 、 放送局 放送期間 第1期: - 第2期:2011年 - 第3期:2012年 - 話数 第1期:全25話 第2期:全25話 第3期:全25話 インターネットラジオ:〜バクマン。 放送局〜ラジマン。 配信期間 2010年 - 2013年 配信サイト 配信日 毎週月曜日 パーソナリティ 、 ゲーム:バクマン。 マンガ家への道 ゲームジャンル 漫画サクセスアドベンチャー 対応機種 発売元 メディア DSカード プレイ人数 1人 発売日 2011年 レイティング : A - プロジェクト ポータル 『 バクマン。 』は、とによる作品『』を原作とした作品。 解説 において、第3シリーズに及ぶ全75話を放送した。 2008年に集英社が資本参加して小学館プロダクションから改称したが初めて製作した、集英社の雑誌掲載作品が原作のテレビアニメとなった。 また、の漫画作品がNHK教育テレビジョンでアニメ化をされた最初の作品でもある。 担当声優は先行するラジオドラマ(VOMIC)からは変更されている。 第1シリーズ 2010年10月2日から2011年4月2日まで。 全25話。 第2シリーズ 2011年10月1日から2012年3月24日まで。 全25話。 公式サイトのロゴやNHKの番組表では『 バクマン。 2』とされている。 第3シリーズ 2012年10月6日から2013年3月30日まで。 全25話。 シリーズ最終章にあたる。 公式サイトのロゴやNHKの番組表では『 バクマン。 3』とされている。 固有名詞の変更 実在する漫画・アニメの作品名、作者名の多くはそのまま使用されているが、であるNHKの放送により 「特定の企業名や商品名(商標)を放送するのは宣伝行為となる」とみなされるため、極力避けられており 、以下のように名称が変更されている。 (『少年ジャンプNEXT! また、架空の雑誌であるが、『必勝ジャンプ』も『必勝ジャック』に変更されている。 タントくん 内容の変更 原作に登場した静河流はアニメでは一切登場しない。 また、七峰透の事件が原作では2度起こるのに対し、アニメでは1度しか起きない。 サイコーと亜豆の交際発覚経緯の一部省略等、放送話数の都合上、内容のカットや変更も所々存在する。 スタッフ• 原作 - 大場つぐみ、小畑健• 監督 - 、秋田谷典昭• シリーズ構成 -• キャラクターデザイン - 下谷智之• 美術監督 - 柴田千佳子• 色彩設計 - 店橋真弓• 編集 - 後藤正浩• 音楽 -• 音響監督 -• アニメーションプロデューサー -• アニメーション制作 -• プロデューサー - 高﨑健太(第3期)• 制作 -• 制作・著作 - 、 劇中作の漫画については「超ヒーロー伝説」は大場つぐみが、それ以外の漫画は小畑健が作画を担当している。 登場人物・声の出演 主人公とヒロイン• 真城最高 -• 高木秋人 -• 亜豆美保 -• 高木(旧姓:見吉)香耶 - 漫画家• 新妻エイジ -• 福田真太 -• 蒼樹紅 -• 中井巧朗 -• 平丸一也 -• 岩瀬愛子 -• 石沢秀光 -• KOOGY -• 高浜昇陽 -• 白鳥シュン -• 七峰透 - 編集者• 服部哲 -• 服部雄二郎 -• 相田聡一 -• 吉田幸司 -• キム ソンギュ -• 港浦吾郎 -• 小杉達朗 -• 瓶子副編集長 -• 佐々木編集長 - その他• 川口たろう(真城信弘) -• 真城昌弘 -• 真城二三男 -• 真城加代子 -• 亜豆美雪 -• 亜豆美奈 -• 折原一力 - 興津和幸• 加藤奈津実 -• 森屋秀一 - 使用歌 主題歌• 使用話は、「期-使用話」の形で記載。 聖ビジュアル女学院合唱部 (starring と聖美女隊) 1-16,18 夜明け寸前のシンフォニー 森谷敏紀 1-20,22(振付:SHU110) FAKER TRICK! yashikin・ eba 3-25 OR Noria Ryo REI 各話リスト 第2・3シリーズの()は通し話数 第1シリーズ 話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 総作画監督 放送日 第1話 夢と現実 秋田谷典昭 下谷智之 - 2010年 10月2日 第2話 馬鹿と利口 秋田谷典昭 丸山由太 10月9日 第3話 親と子 吉村文宏 10月16日 第4話 時と鍵 城所聖明 小谷杏子 10月23日 第5話 夏とネーム 三浦辰夫 10月30日 第6話 アメとムチ 秋田谷典昭 高橋健司 下谷智之 11月6日 第7話 涙と涙 吉田玲子 高田耕一 小谷杏子 11月13日 第8話 不安と期待 高田耕一 丸山由太 下谷智之 11月20日 第9話 後悔と納得 吉田玲子 吉村文宏 佐藤光 小谷杏子 11月27日 第10話 10と2 水上清資 高田耕一 則座誠 下谷智之 12月4日 第11話 チョコとNEXT! 綾奈ゆにこ 島津裕行 廣川集一 小谷杏子 12月11日 第12話 御馳走と卒業 吉田玲子 秋田谷典昭 高橋健司 下谷智之 12月18日 第13話 速報と本ちゃん 上代務 秋田谷典昭 小谷杏子 12月25日 第14話 バトルと模写 水上清資 橋本裕之 小森篤 2011年 1月8日 第15話 デビューと焦り 綾奈ゆにこ 高田耕一 サトウ光敏 小谷杏子 1月15日 第16話 壁とキス 上代務 佐藤光 小森篤 1月22日 第17話 天狗と親切 吉田玲子 島津裕行 小谷杏子 1月29日 第18話 嫉妬と愛 綾奈ゆにこ 丸山由太 下谷智之 2月5日 第19話 2人と1人 上代務 高橋健司 小森篤 2月12日 第20話 協力と条件 吉田玲子 山口祐司 則座誠 小谷杏子 2月19日 第21話 文学と音楽 綾奈ゆにこ 久城りおん サトウ光敏 羽田浩二 2月26日 第22話 団結と決裂 吉田玲子 秋田谷典昭 橋本裕之 下谷智之 3月5日 第23話 火曜と金曜 上代務 福本潔 小森篤 3月19日 第24話 電話と前夜 水上清資 高田耕一 丸山由太 小谷杏子 3月26日 第25話 ありとなし 吉田玲子 カサヰケンイチ 秋田谷典昭 下谷智之 4月2日 第2シリーズ 話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 総作画監督 放送日 第1(26)話 沈黙と宴 吉田玲子 カサヰケンイチ 丸山由太 松浦麻衣、小森篤 下谷智之 2011年 10月1日 第2(27)話 文集と写真集 秋田谷典昭 則座誠 羽田浩二 10月8日 第3(28)話 窓と雪 サトウ光敏 長谷川亭雄、高乗陽子 小森篤 10月15日 第4(29)話 テコと我慢 大知慶一郎 橋本裕之 松浦麻衣、村司晃英 下谷智之 10月22日 第5(30)話 ボケとニュース 秋田谷典昭 徳本善信 岩本貴玲 小森篤 10月29日 第6(31)話 病気とやる気 吉田玲子 カサヰケンイチ 佐藤光 谷川亮介、松岡謙治 小谷杏子、笠野充志 下谷智之 11月5日 第7(32)話 生死と制止 高田耕一 則座誠 中山由美 小森篤 11月12日 第8(33)話 リコールとコール 大知慶一郎 丸山由太 松浦麻衣、佐藤敏明、中山由美 村司晃英、市原圭子、平野勇一 羽田浩二 11月19日 第9(34)話 再開と下位 吉田玲子 秋田谷典昭 サトウ光敏 長谷川亭雄、高乗陽子 小森篤 11月26日 第10(35)話 ギャグとシリアス 大知慶一郎 佐藤光 松浦麻衣、谷川亮介 羽田浩二、杉本研太郎 下谷智之 12月3日 第11(36)話 マンガと青春 吉田玲子 高田耕一 徳本善信 岩本貴玲 小森篤 12月10日 第12(37)話 経験とデータ 高橋健司 小谷杏子、市原圭子 羽田浩二、高澤美佳 下谷智之 12月17日 第13(38)話 同盟と同級 大知慶一郎 カサヰケンイチ 橋本裕之 中山由美、村司晃英 松浦麻衣 12月24日 第14(39)話 不信と信用 吉田玲子 神保昌登 赤尾良太郎、遠藤大輔、佐藤雅子 羽田浩二 2012年 1月7日 第15(40)話 猿と結婚 土屋理敬 秋田谷典昭 松浦麻衣、松岡謙治、遠藤大輔 小川浩司、佐野恵理 小森篤 1月14日 第16(41)話 王子と救世主 大知慶一郎 高田耕一 サトウ光敏 門智昭、河野眞也 下谷智之 1月21日 第17(42)話 特別な仲と田舎 土屋理敬 則座誠 中山由美 羽田浩二 1月28日 第18(43)話 文句と一喝 吉田玲子 高田耕一 徳本善信 田中紀衣 小森篤 2月4日 第19(44)話 縁と星 大知慶一郎 佐藤光 松浦麻衣、高澤美佳 - 2月11日 第20(45)話 大好きと否定 土屋理敬 高橋健司 羽田浩二、赤尾良太郎 遠藤大輔、小谷杏子 小森篤 2月18日 第21(46)話 わがままとアドバイス 吉田玲子 丸山由太 中山由美 羽田浩二 2月25日 第22(47)話 ヒントとベスト 大知慶一郎 秋田谷典昭 サトウ光敏 河野眞也、秋元香、川島明子 下谷智之 松浦麻衣 3月3日 第23(48)話 勝ちと負け 土屋理敬 高田耕一 橋本裕之 遠藤大輔、高澤美佳 松岡謙治、中山由美 小森篤 3月10日 第24(49)話 表現力と想像力 大知慶一郎 神保昌登 谷川亮介、赤尾良太郎 村司晃英、谷口繁則 羽田浩二 3月17日 第25(50)話 票と表 吉田玲子 カサヰケンイチ 佐藤光 秋田谷典昭 中山由美、高澤美佳、松岡謙治 谷川亮介、松浦麻衣 下谷智之 小森篤 3月24日 第3シリーズ 話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 総作画監督 放送日 第1(51)話 意地と決断 吉田玲子 秋田谷典昭 丸山由太 松岡謙司、谷川亮介 下谷智之 2012年 10月6日 第2(52)話 毎晩と融合 大知慶一郎 佐藤光 長谷川亨雄、山崎正和、加藤万由子 小森篤 10月13日 第3(53)話 ラストと暗号 土屋理敬 高田耕一 橋本裕之 小川浩司、森前和也、火星 羽田浩二 10月20日 第4(54)話 余裕と落とし穴 サトウ光敏 河野眞也、都竹隆治 小森篤 10月27日 第5(55)話 ステップとウォッチ 大知慶一郎 則座誠 中島美子、加藤万由子 羽田浩二 11月3日 第6(56)話 パンチと1人立ち 吉田玲子 高田耕一 阿宮正和 南伸一郎、重松晋一 中山由美、伊東葉子 小森篤 下谷智之 11月10日 第7(57)話 記念撮影と教室 大知慶一郎 秋田谷典昭 丸山由太 山崎正和、長谷川亨雄 村司晃英、加藤万由子 羽田浩二 11月17日 第8(58)話 狙いと評価 吉田玲子 福島利規 佐藤光 伊東葉子、市原圭子、福永智子 小森篤 11月24日 第9(59)話 自信と覚悟 高田耕一 松村政輝 松岡謙治、小川浩司 佐藤敏明、谷川亮介 下谷智之 12月1日 第10(60)話 考察と挑発 大知慶一郎 サトウ光敏 河野眞也、都竹隆治 羽田浩二 12月8日 第11(61)話 焦慮と逆転 土屋理敬 太田知章 中山由美 小森篤 12月15日 第12(62)話 熱血と完敗 秋田谷典昭 丸山由太 伊東葉子、福永智子 市原圭子、高澤美佳 下谷智之 12月22日 第13(63)話 模倣と無意識 大知慶一郎 高田耕一 阿宮正和 加藤万由子、重松晋一、河野眞也 羽田浩二 下谷智之 12月29日 第14(64)話 連続と阻止 吉田玲子 福島利規 佐藤光 小川浩司、中山由美 長谷川亨雄、村司晃英 小森篤 2013年 1月5日 第15(65)話 巻頭とセンター 大知慶一郎 則座誠 伊東葉子、長谷川亨雄 福永智子、市原圭子 松浦麻衣 1月12日 第16(66)話 最終話とコメント 土屋理敬 サトウ光敏 河野眞也 羽田浩二 1月19日 第17(67)話 ゾンビと悪魔 吉田玲子 太田知章 中山由美 小森篤 1月26日 第18(68)話 週刊と月刊 土屋理敬 高田耕一 松村政輝 伊東葉子、高澤美佳 長谷川亨雄、小川浩司 下谷智之 2月2日 第19(69)話 間延びと一気 大知慶一郎 秋田谷典昭 阿宮正和 重松晋一、飯飼一幸、藤田正幸 松浦麻衣 2月9日 第20(70)話 息継ぎとパーティー 篁蒼氓 丸山由太 中山由美、佐藤敏明 市原圭子、福永智子 羽田浩二 2月16日 第21(71)話 温泉と意思確認 土屋理敬 福島利規 山崎正和、伊東葉子 長谷川亨雄、小川浩司 小森篤 2月23日 第22(72)話 訂正と宣言 吉田玲子 高田耕一 サトウ光敏 本間修 河野眞也、重松晋一、川島明子 下谷智之 3月2日 第23(73)話 マイクと台本 大知慶一郎 秋田谷典昭 則座誠 中山由美 羽田浩二 3月9日 第24(74)話 あり方と終わり方 土屋理敬 佐藤光 高田耕一 佐藤光 福永智子、小川浩司 松岡謙司、伊東葉子 小森篤 3月16日 第25(75)話 夢と現実 吉田玲子 カサヰケンイチ 高田耕一 丸山由太 秋田谷典昭 中山由美、平野勇一、市原圭子 松岡謙司、高澤美佳、伊東葉子 下谷智之、小森篤 羽田浩二、松浦麻衣 3月30日 放送局 放送地域 放送局 放送期間 放送日時 備考 第1シリーズ - 土曜 18:00 - 18:25 第2シリーズ 日本全域 2011年 - 土曜 17:30 - 17:55 第3シリーズ 日本全域 NHK Eテレ 2012年 - 土曜 17:30 - 17:55 2012年 - 2013年 土曜 24:00 更新 第1話は無料配信 第2話以降は有料配信 2012年 金曜 26:54 - 27:43 第1話 - 第3話 2012年 土曜 26:35 - 27:24 第4話 - 第6話• Eテレでは各シリーズ終了後に同時間帯で再放送を実施。 では各シリーズ各話の本放送終了後(土曜 17:55頃)にネット配信を実施。 2012年4月からはで第1シリーズの放送が開始。 ワンセグ独自編成上で25分尺のアニメを放送する初の事例となった。 [ ]• 2012年10月からはで第1シリーズの放送が開始。 これがでの初放送事例。 [ ]• ニコニコチャンネルでは第3シリーズのほか、第1シリーズおよび第2シリーズのネット配信も同時に開始(第1話は無料、第2話以降は有料)。 キャラクターソングコレクションアルバム ウタマン。 」 聖ビジュアル女学院合唱部(starring と聖美女隊) の 夜明け寸前のシンフォニー 夜明け寸前のシンフォニー(亜豆美保 solo ver. (2011年) - 2011年にから発売されたシングル。 『バクマン。 』のキャラクターソングとしては、KOOGY名義ののシングル「」から14日間隔でのリリース。 」はオープニングテーマ、「夜明け寸前のシンフォニー」はエンディングテーマとして使用されているとのこと。 また、劇中では出演声優が歌って踊っているという。 歌は、劇中で亜豆美保役を演じると聖美女隊が歌っている。 アニメ本編では、第16話、第18話のとして使用されている。 には、同劇中アニメ作品に登場するキャラクターが描かれている。 収録曲• [3:55]• 作詞:こだまさおり、作曲・編曲:佐々倉有吾• 夜明け寸前のシンフォニー [4:23]• 作詞・作曲:矢吹香那、編曲:森谷敏紀• 夜明け寸前のシンフォニー(inst. 夜明け寸前のシンフォニー(亜豆美保 solo ver. ) インターネットラジオ にて、からまで、毎週月曜日に『 〜バクマン。 放送局〜ラジマン。 』というタイトルでTVアニメと連動したが配信された。 また、プレ番組として、2010年9月27日に『 「〜バクマン。 放送局〜ラジマン。 」IN "アニメ「バクマン。 」記者発表会"』が配信された。 パーソナリティ• (真城最高役)• (高木秋人役) ゲスト• 11,33,34 (見吉香耶役)• 20,51,52 (亜豆美保役)• 27,28 (新妻エイジ役)• 29,30 (岩瀬愛子役)• 31,32,75 (服部哲役)• 35,36 (亜豆美雪役)• 37,38 (服部雄二郎役)• 39,40 (蒼樹紅役)• 41,42 (中井巧朗役)• 45,46 (佐々木編集長役)• 50,58,68 伊藤祥平(オープニングテーマ・アーティスト)• 108,109 (オープニングテーマ・アーティスト)• 110,111 (七峰透役) ラジオCD 巻数 発売日 収録回 規格品番 vol. 1 2011年4月6日 第1回 - 第13回 LHCA-5126 Vol. 2 2011年6月22日 第14回 - 第26回 LHCA-5132 金未来杯編 vol. 1 2011年10月26日 第27回 - 第34回 LACA-15159 金未来杯編 vol. 2 2011年12月21日 第35回 - 第42回 LACA-15178 金未来杯編 vol. 3 2012年4月25日 第43回 - 第75回 LACA-15205 ゲーム 『 バクマン。 マンガ家への道』は、よりに発売された漫画サクセス。 当初は2011年秋に発売する予定だったが延期され2011年冬に発売された。 システム アドベンチャーパート 第1期を再現したストーリーでバクマンワールドを体験できる。 ただし一部のストーリーが原作と違うところが見られる。 プロット作成 町で集めたネタを組み合わせていく。 ネタカード、マンガマトリスクの確認、情報収集ができる。 情報収集はストーリー上のみ。 情報収集 限られた回数の中でネタカードを集める。 ネーム作成 パネルで出る文字をタッチペンでなぞる。 時間が長いほどパネルが多く出現する。 消すボタン、ヒントボタンがある。 ネームを最後までなぞると評価がでる。 なぞる順が間違っていた場合、間違ったところのみ線が赤くなり、そのネームのやり直しになる)。 原稿作成 オレンジ色の線を名なぞりながらペン入れをしていく。 ミスすると時間が減る。 ベタぬり 小・大のアイコンがあり使い分けると便利。 ペン入れと同様ミスすると時間が減る。 トーン貼り トーンを動かし形に合うように貼る。 ミスすると時間が減る。 チュートリアルのトーンの模様は少し異なる。 時間が少なくなるとシュラバに突入し自分がなぞっているところに集中線がはいる。 評価 編集長に5段階の評価がもらえる。 ストーリー、構成、画力など。 ただし画力の評価は全てを終わらせないと0になってしまうので注意が必要。 ちなみにエクストラモードのマンガ作成のときに少しでも多くやった作品はチュートリアルの原稿製作のときにでやすくなる。 マンガチカラポイント 編集長評価の5段階評価で評価が全部5だと最大で20ポイントもらえる。 ただしアドベンチャーパートの全ての評価を5にするのは高難度でありポイントが100に達成することは極めて難関。 開発段階 2011年7月にゲーム化が発表されたときのシステム画面、背景は製品版と大きく異なった。 プロット作成はマンガマトリクスがなく上から5段階評価システム、制限時間、おもしろグラフ形式でセリフも異なっており、頭を使って相性が合うか、グラフ、5段階評価システムをチェックしながらの仕組みだった。 後にグラフの代わりにマンガマトリスクが導入されたが、舞台、主人公もマトリスクのポイントに入った(後に廃止)。 戻る、すすむボタンは、L,Rボタンだった。 舞台、主人公を決めなくても、そのまま動機に進める形式で方向性は5段階評価で決める形式だった。 情報収集は残り回数ではなく制限時間形式だった。 ネーム作成はタイムゲージがなく画面上にプロット作成同様のシステムがあり右上にメニューボタンがありネームを最後までなぞり、「決定」のボタンを押したら評価され、次に進める形式だった。 制限時間は、1個ずつの時間ではなく全体の時間だった。 原稿作成のペン入れは灰色の線をなぞっていきベタ塗りは大・小のアイコンが無く、細い線で塗る形式でマンガアシスタントが無く、制限時間のタイムの数字が並んでいた。 左上 製品版では左下 のアイコンはそれぞれ異った。 また、原稿作成の描く場所は発売前に一部変更されている。 また、開発途中は時間が少なくなるとサイコーのテンションが上がり描いているところに集中線が入る仕組みだった。 サイコーのミニキャラのデザインは目が少し大きく可愛いデザインだったが試行錯誤するうちにねんどろいどの顔のデザインになった。 バグ 一部の原稿作成のときのベタ塗りでオレンジ以外を塗るとミスしないバグが見かけられる(オレンジライン以外一部のすきまがあり大アイコンでやるとミスし小アイコンでやるとミスしないバグもある)。 また、開発から製品版に至るまで、システムは4回作り直されている。 攻略本 攻略本は発売されていない。 理由は不明である。 脚注 [] 注釈.

次の

【完結】バクマン 最終回 ネタバレ感想まとめ【最終話レビュー】

バクマンアニメ

バクマン。 とは? 少年ジャンプで連載をしていた漫画・アニメ。 内容は二人で漫画家を目指すストーリーで、 絵担当・ 主人公 真城最高。 漫画の内容ストーリー担当・ ヒロイン 高木秋人。 漫画家を目指すだけなのに、とても熱い! バクマン。 バクマンの主題歌さんが意外と有名な人が多かったりしたので、まとめたいなと思い、まとめさせていただきました! では、ご紹介していきます。 『バクマン。 』主題歌とOP・EDの曲一覧。 amazonリンクに移動し、サンプルとしてMP3で指定した曲を聴く事が出来ます。 主題歌 OP 一覧。 RIPE 1-13 ヒャダイン 14-25 主題歌 ED 一覧。 RIPE 25 こう見てみると…、バクマン。 最終話のEDだけ、全部OPの曲で流れてるー! アニメのEDって実際あんまり聴かれないんですよね。 聴く人もいれば聴かない人もいるという感じで。 なぜ聴かれていないのかって?簡単です。 バクマン。 バクマン。 のOPとEDから選んだ、おすすめの曲3選。 現実という名の怪物と戦う者たち 歌詞が最初から最後まで最高!でテンポが良くてホントにテンション上がる曲です! BAKUROCK 〜未来の輪郭線〜 バクマン。 の曲の中で一番これが大好き! この3曲はバクマン。 の中で断トツに大好きな曲です! っていうかバクマン。 の曲は全部良い曲なので、おすすめとか正直いらなかったような…笑 まとめ 僕が紹介したおすすめの曲3つは聞いて欲しいですね! いい曲なので! 以上でっ! 『【バクマン。 】歴代の主題歌 OP・ED 一覧。 おすすめの曲』でした。 年齢は20代前半~中盤、性別は男性。 趣味はタイトル通り漫画読むこと、それとアニメ!ゲームです! ・アニメはものすごく見て。 ・ゲームは、その日に購入したらクリアするまで寝ません笑 ・漫画は5,000冊ぐらい持っています。 人類で最強のヲタクを目指しています。 それでは、よろしくどうぞー。 カテゴリー•

次の