聖書 バッタ。 主の日は近い。・・その日が来る。

www.digitaleskimo.net : 新型肺炎を予言?、新型ウイルスが招く人類滅亡のお告げという疫病

聖書 バッタ

しかし、エジプトの王ファラオは、災いを収めるべく、一時的には要求を認めますが、災いが収まると、頑な (かたくな)になり、約束を反故にしてきました。 家臣たちも半ばあきれた様子でファラオに進言します。 「いつまであの男たちは、エジプトに災いをもたらし続けるのでしょう。 エジプトが滅びかかっているのが、おわかりにならないんですか。 いっそのこと、あいつらを立ち去らせてはどうですか。 」 その後、ファラオはモーセとアロンを呼び交渉します。 ファラオは、イスラエル人の男のみを連れていくなら、エジプトを去り、イスラエルの神ヤハウェのためのお祭りをすること許可します。 しかし、モーセとアロンは、男のみではなく、イスラエル人全員がエジプトを去り、ヤハウェのためのお祭りができるようにしてほしいとファラオに要求します。 結局、折り合いがつかず、第8の災い「イナゴの災い」が起こることになります。 その翌朝、東風に乗っていなごの大群がエジプトに押し寄せてきました。 イナゴが地の面をおおい、地は見えなくなるほどでした。 イナゴは雹(ひょう)の災いを免れて、野に残っていた草木をみな食い尽くし、イナゴが去ったあとには、緑色の草木は一本も残らないほど、すさまじい災いでした。 エジプト史上最大の被害をもたらしたといわれています。 聖書には、東風が作物を干からびさせる乾燥した熱風として記録されています。 イナゴは、一度羽を広げたら、風に乗って時速20キロで20時間飛ぶことがあるといわれています(参考・引用:Logos Ministries. org)。 Old Testament 主はモーセに言われた。 「手をエジプトの地に差し伸べ、いなごを呼び寄せなさい。 いなごはエジプトの国を襲い、地のあらゆる草、雹の害を免れたすべてのものを食い尽くすであろう。 」 モーセがエジプトの地に杖を差し伸べると、主はまる一昼夜、東風を吹かせられた。 朝になると、東風がいなごの大群を運んで来た。 いなごは、エジプト全土を襲い、エジプトの領土全体にとどまった。 このようにおびただしいいなごの大群は前にも後にもなかった。 いなごが地の面をすべて覆ったので、地は暗くなった。 いなごは地のあらゆる草、雹の害を免れた木の実をすべて食い尽くしたので、木であれ、野の草であれ、エジプト全土のどこにも緑のものは何一つ残らなかった。

次の

『バッタの大発生も予言通り実行されていた!』

聖書 バッタ

人類が宗教を持ってからの自然災害、疫病、戦争などは、ほとんどが人工的なものです。 最近起こったことで、分かりやすい事例を挙げましょう。 旧約聖書『出エジプト記』に、エジプト王ラムセスに対してユダヤの神ヤーべ(モーセが相談した)が行なった10個の大量殺戮のうちの5〜7番が以下です。 ・家畜の疫病(豚インフルなど) ・疫病(炎症)(新型コロナなど) ・火を降らす(オーストラリアの火事など) そして第8番目が ・サバクトビバッタ(イナゴ)の大発生です。 新型コロナウイルス騒ぎの後から、アフリカ東部(ケニア、ソマリア、エチオピア)でサバクトビバッタ(イナゴ)が大量発生しています(ケニアに到達したのは、1000億匹〜2000億匹とも言われる)。 このイナゴの大群が、今や中東を経由してインドまで到達しています。 1日に100万人分に相当する食料を食い尽くすと言われています。 FAO(食糧農業機関)は試算では、このままのペースで増殖すれば、6月までに群れのサイズは500倍になるとしています。 さて、基礎医学の『場の理論』講義で、このサバクトビバッタ(Desert locust, Schistocerca gregaria)の正体をお伝えしました。 干ばつ、飢餓などのストレスが与えられると、孤立した生息している普通のバッタ(grasshopper)が群生のイナゴ(locust)に変態するのです(J Insect Physiol, 59 11 , 1151-9 Nov 2013)。 この際に、セロトニンというストレスホルモンがその変態を起こすことをお伝えしてきました(Science, 323 5914 , 627-30 2009 Jan 30)(Sci Rep. 2017; 7: 6606)。 以前もお伝えしましたが、バクテリアを含め生命体は、高い密度で群生すると病原性が高まります。 バッタも同じく、ストレスがかかり群生するとセロトニンがアップし、イナゴに変態して獰猛になるのです。 今回のイナゴの大発生はどうでしょうか? 2019年10月にソマリア北部やエチオピアで洪水が発生し、12月にはサイクロンが直撃しています。 この時期は通常ならバッタの餌となる植物が枯れているころでしたが、大雨で植物は枯れずにストレスがかかるような環境ではなかったのです。 ?????? 今回はイナゴの大発生の原因となる主要な自然現象が認められません。 実際にアメリカ国防総省の国防高等研究計画局(DARPA)では、昆虫を遺伝子編集するプログラムが進行しています(The Insect Allies programme)。 , ,.

次の

コロナ禍の次に世界を襲う「4畳半に4万超のバッタ」の恐怖 世界飢餓が目前「蝗害」の深刻度

聖書 バッタ

新型肺炎が猛威を振るう中国は、新たな危機に直面している。 ツイッター上ではこのほど、昨年下半期以降、インドとパキスタンの農作物に甚大な被害をもたらした大量のバッタが中国に飛来すると危惧する声が高まっている。 国際連合食糧農業機関(FAO)の資料によると、今回のサバクトビバッタによる蝗害は2018年夏季、アラビア海で発生したハリケーンの影響で周辺国の異常気象でもたらされた。 2018年秋~2019年まで、東アフリカで大量なサバクトビバッタで発生した後、中東、パキスタン、インドに広まった。 FAOは2月11日、各国政府に向けて、深刻な食糧危機を防ぐために警戒感を高めるよう呼びかけた。 FAOおよび国連は、6月までにバッタの数が500倍に増える恐れがあると警告した。 サバクトビバッタは、1平方キロメートルあたり最大で1億5千万匹存在し、1日あたり3万5千人分の食糧を食べてしまう。 さらに、この種類のバッタは1日150キロも移動すると言われている。 中国紙・証券時報や中国科学院の管轄下のメディア「中国科訊」などは、15日と16日相次いで、関連記事を掲載した。 中国メディアは、この「4千億匹に及ぶ」バッタがパキスタンやインドにもたらした被害に言及しながら、中国国内専門家の話として、「中国にとって大きな脅威にはならない」「中国に入る可能性は大きくない。 この種類のバッタは中国で生存できない」との見方を示した。 一方、ツイッターにアクセスした中国人ネットユーザーらは、悲観的な見解を示した。 ユーザーらは、「人災(新型肺炎のまん延)がまだ終わっていないのに、本当の天災が起きようとしている」「今までのアフリカ豚コレラ、ペスト、新型肺炎などはみな、お天道様が共産党に与えた罰のように見える」「王朝崩壊の前兆か」「国際食糧価格が高騰しそうだ。 中国は食糧輸入大国だから、運がわるい!」などと書き込んだ。 米誌「ナショナル・ジオグラフィック」2月15日付は、東アフリカに発生したサバクトビバッタの大量襲来の様子は、聖書の『出エジプト記』に書かれた「十の災い」と似ているとした。 (翻訳編集・張哲) 読者メニュー• 関連リンク• 大紀元日本について• サイト所有会社• 株式会社大紀元(英語名 DJY Japan Inc. TEL:03-6806-8902 FAX:03-6730-2861• EMAIL info djy. jp 運営会社• 特定非営利活動法人エポックメディア• TEL:03-6806-8903 FAX:03-6332-9990• 運営責任者: 金丸真弥• EMAIL info epochtimes. jp 大紀元 Global Group•

次の