おすすめ cd プレーヤー。 CDプレーヤーの種類と選び方 有名なメーカーとおすすめの品6選

【2020年版】CDラジカセのおすすめ14選。気軽に音楽が聴ける往年のアイテム

おすすめ cd プレーヤー

最近では携帯1つあればストリーミングアプリをダウンロードすることで、音楽を聴くことが可能になりました。 その為CDプレーヤーの需要は落ち込みました。 しかし、世の中にはまだCDでしか聞くことのできないアーティストの音源も数多く存在します。 また、これまでの商品とは違って、最新CDプレーヤーは機能性にもこだわっています。 その為より快適にリスニングすることが可能です。 さらに、語学学習者からの支持も厚く、学習に最適なスピーカー搭載モデルも販売されています。 このように、未だに進化し続けているCDプレーヤーへの注目は健在です。 今回は音楽を楽しみたい方、学習に使いたい方を含めさまざまな需要に向けて情報を紹介してきます。 対応するフォーマットごとに違いで音質に違いが生まれます。 SACDは12cmのディスクにCDを上回る情報量を集約することが可能です。 スタジオで録音された原音に近いサウンドを聴くことが可能です。 しかし、SACDは採用している規格が異なることから一般的なプレーヤーでは聴くことができません。 そこで、対応しているSACDプレーヤーを購入することが求められます。 一方でMP3やWMAといった圧縮方式を採用しているCDは 基本的にどの商品も対応しています。 MP3音源はデータ量を10分の1にする圧縮方式です。 あらゆる媒体に対応している便利な方式ですが、SACDのように高音質音源の出力は不可能です。 両者の違いを把握した上で対応フォーマットを選びましょう。 ハイエンドのCDプレーヤーにもなると数十万にも及ぶことはあります。 違いはスピーカーに現れてきます。 しかし、今回は初心者の方向け記事でもあるので、このクラスの紹介は割愛します。 数万円代から数千円代のCDプレーヤーの違いは便利な機能の搭載数であったり、ハイレゾ音源を再生することができるかどうかというくらいの違いです。 コスパのいいモデルで音楽が聴ければ問題ない。 音質にこだわらないという方は価格差はあまり気にする必要はありません。 しかし、部屋で Bluetooth操作をもとにCD再生を行いたい方や、 スピードコントロールがどうしても必要であるという方は少し ハイエンドクラスの商品を購入する必要があります。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. こちらの商品はBluetoothタイプで移動中の音楽リスニングにも最適なタイプになっています。 購入時に Bluetoothイヤホンがあらかじめ同梱されている親切な商品で、購入直後に聴くことが可能です。 音飛び防止機能も備え付けられており、最大で60秒防ぐことが可能です。 amazon. valuecommerce. shopping. yahoo. 操作可能なケーブルにイヤホンを付けると音楽再生、一時停止などの基本動作に関しては簡単に行うことが可能です。 10秒間使用しない期間がすぎると自動でスリープモードに入ってくれたりと省エネ運転を行ってくれるので、バッテリー耐久時間はおよそ12時間にも及びます。 これだけあると外出先で問題なく使用可能です。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. CDを縦に挿入するタイプになっていることから、 収納場所を取らない設計になっています。 コンセントを刺しながら使用することで室内で流しっぱなしにすることも可能です。 ラジオにも対応しているので、ラジオ好きの方にもおすすめの商品です。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. その為、お風呂やキッチンといった水回りの場所でも使用可能です。 さらに、アウトドアを行う際に携帯することも可能です。 持ち運ぶ際に滑りにくいようにするためにシリコンカバーが持ち手に取り付けられているほかに、 振動を防ぐアンチクッションも備え付けています。 またほかにはない ユニークな機能もあります。 それがボーカルカット機能です。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 語学学習を中心に使用する方はこちらの商品がおすすめです。 再生速度をコントロールすることができる機能やトラックを10個ずつ飛ばすことができる機能をはじめ特定の部分を何度も効くことができる機能まで備え付けられています。 さらに、ステレオスピーカーが搭載されたことにより、イヤホンでのリスニングだけでなくスピーカーを通じて学習することも可能になりました。 耳疲れを起こしやすい方には特におすすめの商品です。 商品名• TY-P2• AV-J166BR• RCR-500Z-P• Gueray• M202BTCDP• 語学学習に最適• 防水設計でお風呂でも使用可• かわいいデザインで据え置きも可能• 多数のフォーマットに対応• 有線、ワイヤレス両対応• 5839円 税込• 5230円 税込• 3970円 税込• 5227円 税込• 8900円 税込• 周波数特性• 20Hz~20kHz• フォーマット• CD-R CD-RW MP3• タイプ• 持ち運び• 商品リンク• amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. こちらのモデルの上級器の基本設計を組み込んでいるので音質に対する評価も高いものとなっています。 ヤマハのオリジナルローダーを採用することで、ディスクに刻まれている微細なニュアンスもしっかりと把握することが可能です。 この機体の最大の利点は「 ピュアダイレクトモード」です。 本体ディスプレイを消灯して、デジタル回路の出力をゼロにします。 そうすることで信号経路に処理を純化させることが可能になりアナログ音声入力機能を最大限まで高めることが可能です。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. ディスクドライブに最新世代を採用することにより、ノイズや余分な電流の発生を抑えます。 トレイに共振には共振を防止する素材を導入しています。 その為振動による音飛びが起こりにくい設計になっています。 不要な振動を防止することで、 高精度で安定したデジタル信号の出力を可能にしています。 プロからの評価も高い商品で、音楽をこちらから聴きに行く姿勢でなくても音楽情報を得ることができるとされています。 ピアノを例に挙げると、右手、左手の動きまで追うことができるほどに繊細に音を出力してくれます。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. PCから流入するデータとともに混入するノイズでさえ排除することができる「㍶ pure direct」を搭載しています。 さらに、USB-DAC専用回路を電源回路を搭載することで万全の体制を整えています。 デノン独自の波形再現アルゴリズムの「 Advanced AL32 Processing Plus」を搭載することで、CD音源をより滑らかなものにします。 さらにハイレゾ音源にも対応しており、高音質な音楽を余すことなく体験できます。 操作は最初から付属しているアルミ製のリモコンを使っても行うことができます。 加えてスマートフォンに専用アプリをダウンロードすることでスマホやタブレットを使った操作も可能です。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. ディスク再生とデータ再生の両方を同等の高みへと導くことに成功しています。 最新機器との相性もいい製品です。 iPhoneやiPodからプラグを介して音楽を転送することも可能です。 さらに、iPhoneやiPodの充電にも対応しているので、充電しながら長時間の高品質サウンドを体験することができます。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. こちらのモデルはSA-10に採用されていたオリジナルディスクトリートを採用しています。 これがマランツ独自の音質を再現しています。 メカエンジンから出力回路にいたるすべての製品を自社で製造することにより、まさに理想のサウンドを作り出しています。 最大の強みはアナログ、デジタル回路を完全に分けることができるところです。 これにより今まで以上にノイズが流入することを防いでいます。 定評のあった音質のクオリティをさらに高める為に、リスニングテストが何度も行われました。 厳選された適切なパーツが採用されています。 商品名• スーパーオーディオCDプレイヤー SA-12• SA-14S1• DCD-SX11• DCD-1600NE• CD-S1000 S• 理想モデルがここに• すべての音をクオリティの極みへ• 最初にハイエンドクラスの商品を求める方に• ハイレゾ音源にも対応• ミドルクラスから購入したい方向け• 261290円 税込• 179252円 税込• 323973円 税込• 91794円 税込• 77567円 税込• 周波数特性• 2Hz~50kHz• 2Hz~50kHz• 対応フォーマット• DSD MP3 リニアPCM等• DSD MP3 WMA• DSD リニアPCM• DSD リニアPCM MP3• SACD MP3 WMA• タイプ• 据え置き• 据え置き• 据え置き• 据え置き• 据え置き• ハイレゾ音源再生に対応• ハイレゾデータディスク再生対応• 商品リンク•

次の

CDプレーヤーのおすすめ人気ランキング10選【徹底比較!】

おすすめ cd プレーヤー

最近の音楽CDはパソコンでリッピングして、ファイル化するためのソースとして使われることが多くなっています。 ですが、オーディオとして純粋に楽しむのであれば、やはりCDプレーヤーが欠かせません。 特に高音質なSACDなどはパソコンでは読めないので、再生にはCDプレーヤーが必須。 しかしCDプレーヤーにもさまざまな種類があり、MP3が再生可能かどうかや出力端子など異なります。 価格帯もさまざまで、安いものもあれば高級なものもあり、どれを選べばいいか迷ってしまう人も多いですよね。 そこで今回は、CDプレーヤーの選び方と人気のおすすめ商品をランキング形式で紹介していきます。 音の良さを実感できるCDプレーヤーにはどんなものがあるでしょうか?ぜひチェックしてみてください! プレーヤーが再生できる最低音から最高音までの範囲を示すのが周波数特性です。 人間の耳はおよそ20Hzから20kHzの幅で音として聞き分けることができると言われています。 音楽CDもだいたい同じような周波数特性で作成されていますが、プレーヤー側でさらに低音域(2〜5Hz 程度)や高音域(ハイレゾは40kHz以上)まで再生可能になっていると、音として聞き分けられない空気感のようなものまで再生できると言われていますよ。 よりリアルな高音質を追究するのであれば、周波数特性の広いモデルを選ぶといいでしょう。 そこまでは求めないというのであれば、だいたいどのプレーヤーも音楽CDの再生に適したスペックになっているので、それほど気にしなくていい要素です。 SACDやMP3を記録したCDはプレーヤー側で対応している必要があるので、それらを聴きたい方は必ずチェックしましょう。 SACDは普通の音楽CDよりはるかに高音質で、いわゆる「ハイレゾ」と呼ばれる種類のCDです。 普通の音楽CDと根本的にフォーマットが違うので、プレーヤーが対応していないと再生できません。 MP3などの圧縮音源の再生対応ですが、これも音楽CDと記録フォーマットが異なり、また音楽ソースが圧縮されています。 そのため、プレーヤー側でデコードに対応していなければなりません。 SACDは、ハイエンドオーディオ環境がある人なら選ぶ価値があるので、ぜひチェックしてみてください。 MP3対応はスマートフォンやパソコンで音楽を聴く人であれば必ずしも必要な機能ではないので、必要に応じてチェックしてくださいね。 CDプレーヤーにはアンプなどとつなぐために出力端子が付いています。 どのプレーヤーにも必ず付いているのがアナログ端子(RCA端子)ですが、これ以外にデジタル出力端子が付いている製品も多いです。 デジタル出力端子には2種類あるので、手持ちのオーディオ機器にどちらの端子が付いているかを確認しましょう。 デジタル出力端子でメジャーなのが光デジタル出力端子で、プレーヤーだけでなくアンプなどにも付いていることが多い端子です。 光ファイバーを使ってデジタル信号を出力するもので、端子の形状が舟形と丸形の2種類あります。 もうひとつ、同軸ケーブルを使ったデジタル出力端子もありますよ。 見た目はアナログ端子と似たようなものですが、こちらもデジタル信号を送ります。 最近のAVアンプなどには付いていることも多い端子です。 それぞれ必要な方は、対応・非対応を確認してくださいね。 ティアックのCDプレーヤーは付加機能の付いているモデルが多いです。 価格はCDプレーヤーとしては中堅クラスですが、ポータブルプレーヤーを使わなくてもハイレゾ音源が再生できるという意味では、価格以上の価値があるCDプレーヤーと言えます。 ネットワーク機能が不要だけどハイレゾ音源の再生をオーディオ機器でやりたい人にはピッタリのモデルでしょう。 DACにシーラスロジックの「CS4398」を搭載したほか、マランツ独自のアナログ出力回路を搭載するなど、高音質を追求した設計になっています。 CDプレーヤーとしてはもちろんですが、スマートフォンの中に入っている音楽ファイルを手持ちのオーディオセットで再生できるのは便利です。 普段はスマートフォンやポータブルプレーヤーで音楽を聴いている人であれば、このモデルは気の利いた1台になるのではないでしょうか。 このモデルはプリメインアンプのPMA-50とベストマッチングするようにデザインされたもので、ミニマムな立方体をベースにシンプルなデザインになっています。 PMA-50との組み合わせでフルデジタルプロセッシングが可能になり、より高音質を追求することができますよ。 圧縮音源の対応がMP3と汎用性の低いWMAというところが引っかかりますが、普及価格帯なので手を出しやすいと思います。 単体で購入するというよりは、これからオーディオセットを揃えようという人がPMA-50と合わせて購入するというのに向いているモデルでしょう。 このモデルは高品位なヘッドホンアンプと、ヘッドホンのレベル調整が可能な標準プラグが装備されており、ヘッドホンでも高品位な再生を実現していますよ。 ステレオセットまではいらないけれど、CDプレーヤーはしっかりしたものが欲しいという人に向いている機種でしょう。 単体でもヘッドホンで秋的なリスニングを楽しめると思います。 CDのローディングメカニズムには制振設計のなされた高剛性なユニットが使われているほか、左右チャンネルの+とーにそれぞれDACを配していたり、電源系統を4系統に分けているだけでなく、オーディオ側と電源側を分離した設計により純度の高い再生音を目指しています。 価格帯もミドルクラスとは言っていますが十分高価なものであり、性能もそれに見合ったものです。 SACDの高音質を活かす意味でもハイエンドに近いオーディオ環境を持っている人の選択肢になる機種でしょう。 また、デジタル出力回路を完全に止めてより高品位なアナログ出力が可能なピュアダイレクトモードを搭載し、本格的なCDプレーヤーを目指していますよ。 USBポートを装備し、iPodの接続に対応するなど便利な機能も搭載しています。 普及価格帯でも高音質なCDプレーヤーが欲しいというユーザーにはいい選択肢になるのではないでしょうか。 もちろん、SACDの再生に対応しているほか、DSDファイルの再生も可能なDAC機能を搭載。 CDトレイとピックアップ部分には上位モデルと同一の機構を搭載し、制振性を高めています。 このDACの性能を引き出すためにクロック回路もデュアルで搭載しています。 20万に手が届くような価格ですが、ハイエンド機らしく高品位なCD再生ができます。 ハイエンドオーディオのユーザーには十分見合う機種でしょう。 周波数特性 2Hz〜50kHz 対応フォーマット SACD・DSD 対応ディスク 音楽CDのみ デジタル出力 光デジタル・同軸 デノンのCDプレーヤーのラインナップでは最下位のエントリーモデル。 電源回路もデジタル部、アナログ部で分離されそれぞれの干渉を最低限に収めています。 また、デジタル回路を完全に止めて、アナログ出力への干渉を防いで高音質のまま出力できるピュアダイレクトモードも搭載。 価格帯も3万円を切っていて入手しやすく、安価で本格的な音質を求める人にはいい1台でしょう。 SACDに対応しているだけでなく、そのほかのハイレゾ音源ファイルの再生に対応しているプレーヤーです。 SACDやハイレゾ音源の再生に対応するなど、ミドルクラスながらハイエンドに匹敵する性能を持っていますよ。 ハイエンドオーディオ環境を持っている人でも十分満足できるスペックです。 またデジタル信号処理の同期をするために必要なクロック部を通常のプレーヤーの5倍の精度で行えるクロックを搭載するなど、高音質化を図っていますよ。 価格的には2万円すら切っているので、安物と思われがちですが、中身はミドルレンジにも匹敵する高音質化技術を採用しています。 安くていいCDプレーヤーを探しているなら有力な候補になるはずです。

次の

【2020年版】CDプレーヤーおすすめ人気モデル15選。持ち運べるモデルも網羅

おすすめ cd プレーヤー

SACDプレーヤーの基本情報 まず基本情報から説明します。 具体的にはSACDプレーヤーの特徴、価格帯についてです。 以下で順番に説明するので、参考にしてください。 そもそもSACDプレーヤーとは?• SACDプレーヤーの価格帯 そもそもSACDプレーヤーとは? SACDプレーヤーとは、 記録形式がダイレクトストリームデジタル(DSD)の高音質なオーディオのことを言います。 通常のCDではカットされている音源の再生が可能で、原音に近い音が楽しめるのが魅力です。 またハイレゾ対応のものもあり、解像度が高いため音が1つずつ聴こえます。 気を付けるべき点としては、PCではSA-CDは再生ができない点です。 しかし、 最近はインターネット対応しているものや再生フォーマットが複数対応しているものもあるので、1台あると便利な機器ではあります。 よって音楽を臨場感を持って楽しみたい人にはおすすめです。 SACDプレーヤーの価格帯 SACDプレーヤーは 安いものであれば7000円台、高いものであれば100万円を超えるものもあり幅広いです。 基本的な機能であれば5万円程度で十分高品質なものが手に入ります。 どのくらいの機能性を求めるのかにもよりますが、1つの目安として参考にしてみてください。 SACDプレーヤーの選び方 次に選び方をご紹介します。 具体的には再生フォーマット、出力端子、音域の幅、ネット接続が挙げられます。 以下で順に説明していきます。 再生可能フォーマットをまずはチェック! 出力端子を調べよう! 音域の幅も重要! 多様性を求めるならネット接続対応がおすすめ! 再生可能フォーマットをまずはチェック! SACDプレーヤーは、基本的にはDSDというフォーマットに対応しています。 一方、通常のオーディオはWAVEというフォーマットに対応しています。 通常のオーディオでSACDの再生ができないのは再生フォーマットが違うために起こります。 SACDプレーヤーは様々なフォーマットに対応しているものが多いので、自分の目的にあったフォーマットが対応しているのかを事前に確認すると良いです。 特にMP3やwmaファイルに対応した物であれば、再生できる音楽の幅が広がるのでおすすめです。 出力端子を調べよう! SACDプレーヤーの出力端子は、基本的には3種類あります。 具体的には• 光デジタル• 同軸デジタル• アナログRCA となります。 まず 光デジタルは、光ファイバーを使って音声データを出力する出力端子です。 端子形状は2種類で、舟形と丸型があります。 次に 同軸デジタルは、デジタル信号により音声データを出力する出力端子です。 これは、AVアンプで対応可能な物が増えているのであると便利な出力端子です。 アナログRCAはアナログ端子の出力端子です。 様々な出力端子がありますが、最近はデジタル化が進んでおり、 デジタル端子であればノイズも少ないのでおすすめです。 音域の幅も重要! 音域の幅を知るためには、出力周波数帯域を確認すると良いです。 まず 出力周波数帯域とは、再生可能な音域の幅を数値化したものです。 気を付けなければならない点は、あくまで音域の幅を表しているものであり音質の良さとは関係ありません。 しかし様々な音域の音楽を聴きたい場合は、出力周波数帯域の広いものが良いです。 そもそも人間は20Hz~20KHzであれば音を感じることができます。 音域の広いSACDプレイヤーであれば、2Hz~40KHzの周波数帯域が一般的でおすすめです。 多様性を求めるならネット接続対応がおすすめ! SACDプレーヤーの中には、 Wi-Fiを搭載しているものもあります。 音楽のストリーミングサービスを受けることができたり、音源の幅が大きく広がるなどのメリットがあります。 また、Amazon prime musicなどのサービスも受けられるため便利です。 スマホと連動できるという特徴もあるため、メディア無しで音楽再生も可能です。 このように便利なSACDプレーヤーですが、ネット接続対応の製品自体が少なく高価な傾向があります。 あれば嬉しい機能ではあるので、ネットをよく使う人は要チェックです。 SACDプレーヤーの人気おすすめランキング10 人気でおすすめのSACDプレーヤーを10選紹介します。 ぜひ参考にしてみてください。 再生可能なフォーマットが多いので、多くの音楽を楽しめる!• 圧縮された音源でも原音に忠実に再現!• 再生フォーマットはSACD、MP3、MPEG-4 AAC、WMA、DSD、MP3対応かつ、デジタル再生も可能なのでほとんどの音楽を再生できます。 また再生周波数が100kHzの幅広い音域と、ノイズカットされたクリアな音質で音楽を雰囲気まで楽しむことができます。 そのためこの機能性で40000円台となるとコスパは悪くないです。 シンプルなデザインが部屋に馴染みやすい!• 読み取り速度の速さと安定感のある音質が魅力的!• CDの16bitの音源を24bitで再現するので、細やかでリアルな音質を楽しめます。 またWMA、MP3のファイルディスクの再生可能な点から、幅広い音楽の再生ができます。 他にも振動を軽減する構造や読み取り速度を早める構造など、気軽に音楽を楽しむための技術が詰まったオーディオです。 ただしシンプルな機能で価格は40000円台ですので、コスパは標準的です。 第8位 SACDプレーヤー PD-D6MK2• コスパで選びたい人におすすめ!• 高音質が魅力的!• 程よい重さが安定感を感じる! SACDプレーヤー PD-D6MK2の評価とレビュー 高音質なのにコスパ良好! ある程度の予算の中でSACDプレーヤーを探している人や、2台目のSACDプレーヤーを探している人におすすめなのがこの商品です。 出力端子、再生オーディオの種類が不明な点は気になりますが、SACDを純粋に使用したいという場合には問題ないです。 また音質は高音質と定評があるため、繊細な音を感じることができます。 よって最低限の機能性と安定感のある重量のオーディオで価格が20000円台であることを考えると、コスパはかなり良いです。 上位機種の基本設計を受け継いでいるので高音質!• ハイレゾ対応なので、原音に忠実かつ臨場感も伝わる!• 8MHzまで周波数は再現可能のため、高音域がきれいで伸びが良いです。 出力端子はデジタルとアナログ両方とも対応しています。 再生フォーマットはCD、SACD、DSD音源のみとなっていますが、CD-RMの再生が可能なのでかなり多種類の音源を楽しむことができます。 価格も20000円台とコスパの良さも魅力的です。 第6位 SACDプレーヤー PD-70 リンク SACDプレーヤー PD-70の仕様・製品情報 メーカー Pioneer サイズ 435 W x329 D x128 H ㎜ 重量 5. D SACDプレーヤー PD-70をおすすめする理由• どの音源でも原音に近いクリアな状態で聴こえる!• 30分使わないと自然と電源OFFなので便利!• 多数のフォーマットが再生可能なので魅力的! SACDプレーヤー PD-70の評価とレビュー より原音に近づけた高音質オーディオ! 幅広い音楽を聴きたいだけではなく、その音質や音域にもこだわりがある人におすすめなのがこの商品です。 機能などの機能が多数搭載されているので高品質な音質が魅力です。 圧縮音源もアドバンスドサウンドレトリバー機能が搭載されているので、音質を劣化させることなく楽しめます。 出力端子はアナログ、デジタル両方対応しています。 これで価格が40000万円台はなかなかないです。 第5位 CDプレーヤー CD-S1000 S• アナログ出力優位が最大の特徴!• ノイズを最小限にするための構造が魅力的!• 安定感のあるナチュラルサウンドが楽しめる! CDプレーヤー CD-S1000 S の評価とレビュー アナログ出力優位のナチュラルサウンドが魅力のオーディオ! アナログ出力優位のオーディオを探している人におすすめです。 このオーディオの最も注目すべき機能はピュアダイレクトモードです。 もともとデジタル出力も対応していますが、このモードを使うことで本体ディスプレイを消灯し、デジタル出力回路も停止させることができます。 そのため完全にアナログ出力優位にできるのです。 また周波数は表記がないので音域は不明ですが、ナチュラルサウンド重視の高音質が魅力的な商品です。 再生フォーマットは記載がないので、SACDを純粋に聴きたい人におすすめします。 コストは70000円台ですが、アナログ出力優位のオーディオが少ない事を考えると、このコスパは悪くはないです。 第4位 CDプレーヤー DCD-1600NE• 振動への対策が十分なので高音質!• 本体の重さがしっかりとしていて安定感がある!• ハイレゾ対応なのでクリアな音を楽しめる! CDプレーヤー DCD-1600NEの評価とレビュー しっかりとした振動対策が魅力的! どんなに良い音源でも、振動によって音楽の質が劣化してしまうということがお悩みの人におすすめの商品です。 本体の重さを始めとした振動対策がしっかりと行なわれているので、安定感のある音源の再生ができます。 また周波数は40KHz以上あるので、音域は音楽を楽しむ上では十分です。 そして再生フォーマットはDSDとハイレゾデータディスクが対応しているので、様々な種類の音楽を堪能できます。 ただ価格は90000円台なのでコスパは標準的です。 ノイズカット機能搭載で、音質がよりクリア!• 出力端子が3種類あるので便利!• まず出力端子は3種類あるので、幅広いジャンルの種類の音楽を楽しむことができます。 さらに周波数は50KHz程度なので、音域が広く高音の伸びにこだわりがある人でも納得です。 他の機能や構造の面でもノイズカットや振動を抑える工夫がされているので、より原音に忠実でクリアな音を楽しむことができます。 この機能性で価格は60000円台なので、コスパは良いです。 好みの周波数で聴けるモードを5種類搭載!• 再生可能なフォーマットが多数あるので、ほとんどの音楽が聴ける!• まず出力端子はデジタルとアナログ両方に対応しています。 再生可能なフォーマットも多数あるため、1台あると便利です。 周波数は50KHzまでと様々な音域に対応しています。 さらに5つのモードで、音楽に合わせた周波数を簡単に調節することができるのが魅力的です。 それで価格が2万円台なのでかなりコスパは良いです。 上位機種とほとんど変わらない機能性でコスパ良好!• iPhoneなどの充電ができて便利!• 出力端子はデジタルとアナログがあります。 出力端子が違えば音質に差が出がちですが、この商品は常に高音質とバランスが良く魅力的です。 音質に関しては上位機種と比べるとさすがに若干差は出ますが、機能性は上位機種とほとんど変わりません。 他にもiPhoneなどが充電できるなどメリットが多いです。 この品質にも関わらず20000円台で買えるのでコスパはかなりいいです。 まとめ 以上、SACDプレーヤーについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。 通常のCDでも音楽は楽しめますが、より高音質で臨場感あふれる音楽を聴いてしまうと癖になります。 機能以外にも構造など様々な工夫から音楽の品質は変わってきます。 また再生可能なフォーマットを確認しないで購入してしまうと、買った後に聴きたい音源が再生できないということになる可能性もあります。 音楽は日々のちょっとした楽しみだったり個人の趣味だったりと目的は多種多様です。 音楽を聴く時間をより良いものにするために、SACDプレーヤーの購入を検討してみてはいかがでしょうか。 SACDプレイヤーに関する他の記事もおすすめ!!.

次の