マウス ウォッシュ アルコール。 マウスウォッシュの危険性って?体に優しいタイプはどれ?

マウスウォッシュは口臭対策になるけどアルコール入り洗口液に注意!

マウス ウォッシュ アルコール

マウスウォッシュの危険成分とは? 実は市販のマウスウォッシュによく含まれている成分があるんです。 それは、 「ラウリル硫酸ナトリウム」です。 マウスウォッシュ以外にも、シャンプーなどの成分としてよく使用されているアニオン界面活性剤の一種で 高い洗浄力があることと、 安く作れることから多く使用されています。 ラウリル硫酸ナトリウムは、敏感肌の人の肌に付着すれば 肌荒れや アレルギーを引き起こす可能性があります。 つまり、マウスウォッシュとして口に含んで吐き出しただけとしても、当然ながら 口の中に多少は残りますし、粘膜にも直接接触しますよね。 一部は唾液と一緒に体内に取り込んでしまうことになりますし、ブラッシングによって歯茎などの 細かい傷から化学物質が染み込む危険性があることは無視できません。 ほかにも、マウスウォッシュでいえば、 トリクロサンや 塩化セチルピリジウム、 サッカリンナトリウム、 安息香酸塩、 パラベンなどの防腐剤など発ガン性の危険性が指摘されている成分を含んでいる商品もあります。 そのため、マウスウォッシュの購入や使用に関しては使用されている成分を確認しておく必要があるんです。 もちろん、上記に上げた危険性のある成分も何らかのメリットがあり、健康被害が少ない含有量で危険のないものとして使われているわけですから、すべての商品がダメというわけではありません。 ただ、 どういった成分が入っているのかは知っておく必要があると私は思います。 あのマウスウォッシュの刺激の強さは何とかならない? 私も体験をしましたが、口臭予防などにマウスウォッシュを使おうと購入したもののあまりの 刺激の強さに一度使ったきりになった人もいるのではないでしょうか? 市販のマウスウォッシュには前述したラウリル硫酸ナトリウムのほかに、 アルコールが使われていることが刺激の強さの原因とも言われています。 最近はノンアルコールタイプも登場していますが、マウスウォッシュにアルコールが入っていると 口の中の唾液が減って、口臭の元になる細菌が増加することになります。 では、そんなリスクがあるのに、どうしてマウスウォッシュにアルコールが入っているのか気になりませんか? 実は、アルコールをマウスウォッシュに入れるのは、 味のためという説があります。 マウスウォッシュの成分自体があまり味が良くないため、それを隠すためにアルコールを入れているということなんですね。 また、アルコール度数が高いと殺菌力が強いようなイメージがありますが、 アルコール度数27度のものでも殺菌効果を期待するならその度数では十分ではありません。 そんな影響からか最近では ノンアルコールタイプのマウスウォッシュが登場してきました。 マウスウォッシュの種類は? ここで、現在マウスウォッシュにはどのような種類があるのか調べてみました。 マウスウォッシュの選び方としては、 成分、刺激の強さ、アルコールの有無などを確認する必要がありますね。 どういったものを選ぶといいかは、 マウスウォッシュを使う目的によって大きく変わりますから明確にしておかないと間違った選択をしてしまうかもしれません。 そこで、目的別に4つにマウスウォッシュを分けてみました。 そのため、このタイプのマウスウォッシュには 虫歯予防など口の中の症状を整える働きはありません。 殺菌作用などもないので、しっかりと歯ブラシで歯磨きを行って、口の中の環境を整える必要がありますね。 このタイプのマウスウォッシュは 口の中をすっきりさせたり、他の良い香をつけたりして、外出中など自分の 口臭が気になる人におススメです。 このタイプのマウスウォッシュには 虫歯菌を殺菌する成分が配合されており、歯磨きで落としきれなかった歯の隙間などにも液体なので行き届きます。 中には 歯垢を付きにくくするための薬効成分も含まれているものもあるもあります。 使われている成分のチェックをしっかりしてから選ぶ必要がありますね。 その多くは医薬部外品で虫歯菌に加えて 歯周病菌にも適した成分が配合されています。 口の中で発生する口臭の中でも、歯周病菌は特に 悪臭を放ちますし、 歯周病が原因で将来歯を失うリスクもあるので、予防が必要です。 体に優しいタイプのマウスウォッシュは、 ノンアルコールタイプのものや オーガニックタイプと言われるもので、マウスウォッシュの刺激が苦手な人や、小さな子供にもおススメの商品です。 市販でおススメのマウスウォッシュ なるべく 刺激の少ないカラダに優しいタイプのマウスウォッシュをいくつか紹介しますね。 ここで表示している価格と違いがあることもあるので販売サイトで確認してください。 ほかにも多くのマウスウォッシュが市販されていますが、今回は、 体に優しいマウスウォッシュをテーマとしているので、特に 刺激の少ない、 天然の材料が使われているものを掲載してみました。 ただ、危険性のある成分として最初に紹介した 塩化セチルピリジウム、 サッカリンナトリウム、 安息香酸塩、 パラベンなど使用されているものがあることも事実です。 中には安心と思っている国内のメーカーにもそういった成分が使われている商品もあります。 原材料の価格の問題や危険性のある成分の含有量などから メーカーが安全と判断している商品なので使用するにあたっては問題はないと推察します。 ただ、どうしても危険性がなくて、体に優しく効果も期待できる商品を求めている人には、次の通販でしか販売されていない商品をおススメします。 パラベンには5種類あり、メチルパラベンはその一つ。 化粧品に使われるのは、メチルとエチルでメチルは 食品にも使われているのでパラベンの中では 安全性が高く、人体への影響は最も少ないものです。 また、パラベンが原因でアレルギーを起こすことがあるものの、 約0. 3%と非常に少なく問題はありません。 マウスウォッシュは、 口臭予防、虫歯予防、歯周病予防などその目的がそれぞれ違いますし、化粧品、医薬部外品などいろいろなタイプがあります。 また、今回は紹介しませんでしたが、歯磨きと併用するかどうかなどによって、向き不向きもありますが、まずは口臭が気になるなら、 マウスウォッシュを試してみることをおススメします。 市販の商品は1回きりで、 価格もそれ程高くありませんからすぐにでも取り組めますよね。 通販商品であるゴッソトリノも、キャンペーン中であれば初回はかなりお値打ちで始めることができます。 また、 30日間の返金保証を利用すれば、もし口に合わなかったとしても費用はかかりません。 口臭を気にしながらだと何かにつけて消極的になりますから。 マウスウォッシュを使って気が付いたら口臭が気にならなくなっているといいですね。 こんにちは、管理人の森下瑛士(もりしたえいじ)です。 私には2つのコンプレックスがありました。 一つは、少し前に加齢とともに歯が黄色くなってきて、笑った時に黄ばんだ歯が見えてしまうことです。 そしてもう一つも、何が原因かわかりませんが口臭がきつくなってきていました。 普通はなかなか指摘できない悩みですが、家族(妻と娘)から、歯の黄ばみと口臭を指摘されて困っていました。 そんな時に歯のホワイトニングと口臭予防のアイテムを使って、2つのコンプレックスから開放することができたんです。 今では妻からも「歯が白くなったね。 」と言われるようになり、会社でも以前は気になっていた口臭もなくなったので、自信を持って人と話ができるようになりました。 そんなコンプレックスを持った人の少しでもお役に立てればと、歯のホワイトニングと口臭についてのブログを書くことにしました。 興味がある人に見ていただけると嬉しいです。 アーカイブ アーカイブ Twitterもどうぞ.

次の

【検証】飲酒検問の前にマウスウォッシュしてたらアウトなのか? 『リステリン』など5種をアルコール検知器で試した結果 → 基準値オーバーしまくり!! (2016年6月6日)

マウス ウォッシュ アルコール

突然だが、あなたは日頃からマウスウォッシュを使っているだろうか? マウスウォッシュとは『リステリン』や『お口クチュクチュモンダミン』などの商品で有名な、口をゆすぐアレのことである。 実はそのマウスウォッシュ、 成分としてエタノール、つまりアルコールが含まれているものが少なくない。 ということは……エタノール入りのマウスウォッシュでクチュクチュした後、車を運転して飲酒検問に遭遇したら 酒気帯び運転で検挙されるのだろうか? 気になったのでアルコールチェッカーを使用して検証したところ、 ビビる結果になったから報告したい。 ・酒気帯び運転の基準値 その前に、まず飲酒運転の基本的な情報をおさらいしておこう。 酒気帯び運転と判断されるのは、呼気1リットル当たり0. 15mg以上のアルコールが検出された場合。 つまり、マウスウォッシュを使用した後、0. 15mg以上の数値が出たらアウトということだ。 ・エタノールが含まれる5種のマウスウォッシュで検証 今回、検証したのは私(筆者)が愛用している『リステリン フレッシュミント』のほか、な『リステリン オリジナル』、『クリアクリーンプラス デンタルリンス ライトミント』『ガム・デンタルリンス』『モンダミン センシティブ』の全5種類で、全て成分にエタノールが含まれている。 これらのマウスウォッシュで口をゆすいだ息を受け止める機器は、タニタのアルコールチェッカー「HC-213S」だ。 呼気1リットル当たりのアルコール濃度を0〜0. 50mgまでの12段階で測定可能。 ハァァ〜っと息を吹きかけると、すぐに数値が表示されるぞ。 ・検証方法 そして測定するタイミングは、マウスウォッシュを1回使用した後、2回連続使用した後、そのまま水でうがいした後、うがい後に5分経過したとき、さらに5分(合計10分)経過したときの5回。 いずれのマウスウォッシュも規定通りの分量で、1回目の使用前には数値がゼロになっていることを確認してから検証した。 ・検証結果 それでは手っ取り早く結果を報告しよう。 水でうがいをしたり時間の経過を待つことで数値が低くなることは確認できたが、マウスウォッシュ使用直後に呼気検査をしたら、いずれの商品も酒気帯び運転扱いされる数値に……。 ネーミングからして優しそうな『モンダミン センシティブ』も、使用直後であれば酒気帯び運転の基準値に達してしまうなんて、どうしたらいいんだろう。 それから『リステリン オリジナル』! 動画で確認して欲しいが、たった1回で「HC-213S」の限界値(0. 5で点滅)までいくとは刺激強すぎるだろ!! こりゃ、1滴もお酒を飲んでないのに マウスウォッシュをしたばっかりに酒気帯び運転で検挙、なんてこともあり得るじゃないか……。 ・警察に聞いてみた だが、もしかしたら飲酒検問に引っかかった際に「実は直前にマウスウォシュしたので、呼気検査で正確な数値が出ません」と申告したら、 血液検査とかに切り替えてくれるのかも? この点も気になったので警察に直接聞いてみたぞ。 私:「飲酒運転に関して質問なのですが」 担当者:「はい、何でしょうか」 私:「飲酒検問に遭遇したドライバーが直前にマウスウォッシュを使用していた場合、お酒を1滴も飲んでいないのに呼気検査の数値が0. 15を越えてしまう可能性があります。 その際、ドライバーが希望すれば血液検査などに切り替えてもらうことは可能なのでしょうか」 担当者:「 ドライバーの申告や希望によって、検査方法が変わることはありません。 ただし、現場の警察官の判断によって、血液検査を受けてもらう可能性はあります」 私:「となると、もしお巡りさんが『マウスウォッシュしてようが何だろうが、呼気検査しか受け付けん!』となった場合、お酒を飲んでないのに検挙されるというケースもあるかと思うのですが……」 担当者:「お酒でもマウスウォッシュでも関係ありません。 問題はアルコールが体内に摂取されていることなのです」 私:「マウスウォッシュはうがいなのですが、それも『アルコールを体内に摂取した』と見なされますか?」 担当者:「現場の警察官の判断に依りますが、そう見なす可能性は大いにあるでしょう」 ——以上である。 つまり、ドライバーが「マウスウォッシュしたんですよ」とお巡りさんさんに言ったところで検査方法を変えてもらえる保証はなく、 全て現場にいるお巡りさんの判断次第。 運が良ければ血液検査でシロと出て無罪放免となるかもしれないが、運が悪ければ……重〜いペナルティが待っているというワケだ。 とにもかくにも、マウスウォッシュの意外な落とし穴を知らないと最悪な展開になる可能性があるので、知らなかった人は覚えておいた方がいいだろう。 間違っても、「お巡りさんに『息が臭い』と思われたくないから、呼気検査の前に『リステリン オリジナル』で息をフレッシュにしとこう」なんて考えたらダメだからな!! 参考リンク:、、 Report: Photo:RocketNews24.

次の

マウスウォッシュの危険性って?体に優しいタイプはどれ?

マウス ウォッシュ アルコール

妊娠中のマウスウォッシュについて。 妊娠前から使っているマウスウォッシュが気に入っていて引き続き使っているのですがひとつ気になることがあります。 「アルコール含有」と書いてある のです。 妊娠中、お酒は飲んではいけないのは知っていますが、マウスウォッシュのアルコールは大丈夫でしょうか? 微量ですが毎日、口に含んでいますし、刺激もあるのであまり良くない気がしてきました。 しかしながら、妊娠中は唾液の分泌の変化や、口の中がアルカリから酸性になるということを知り、虫歯対策や口臭予防に、マウスウォッシュは必要だと思うのです。 キシリトール配合とも書いてありましたが、妊娠中キシリトールもとらないほうがいいのでしょうか。 マウスウォッシュなら大丈夫でしょうか。 妊娠中にマウスウォッシュを使っている方、おすすめがありましたら教えてください。 ちなみに、ノンアルコールタイプのものを以前使いましたが、すっきりせず、効果もあまりないような感じでした。 アルコール含有、キシリトール配合のマウスウォッシュを使い続けても大丈夫ですか? マウスウォッシュをしないとスッキリしないのですが、その点が気になりモヤモヤしているので、どなたか教えていただけたら幸いです。

次の