信じる 類語。 信じることで彼氏に愛される!彼を信じる8個の秘訣

to some extentの使い方は?例文や意味・類語も解説!

信じる 類語

「半信半疑」の意味は?語源は? だれでも一度は目にしたことがある「半信半疑」ですが、 「はんしんはんぎ」と読みます。 四字熟語は古代から伝わるものや中国などが語源になるものが多いので、読み方に悩むものがたくさんあるので、「半信半疑」は簡単な読み方の言葉と言えるでしょう。 「半信半疑」の意味は? 「半信半疑」とは「信じられるものもあるが、疑わしいものもあり心が決まらない状態」という意味です。 どんなこともすんなりと信じてしまい後から泣くことになるのは、いつの時代も同じなのかもしれませんね。 信じることは悪いことではないのですが、心の中では半分ずつの気持ちにする方が冷静になれるでしょう。 「半信半疑」の語源は?• 「半」・・・「二分の一」という意味• 「信」・・・「信用する」という意味• 「疑」・・・「疑う」という意味 四字熟語の中には、古代中国の故事が多くありますが「半信半疑」はそのような由来はありません。 「半」という言葉は古代から単位として多く使用されています。 時間を表す時や数や量を表す時、土地の単位や偶数まで表現する言葉です。 心理を表現するのは難しく、「信じているけど疑ってもいる」という人間の心理状態を言葉に表現するには、「半信半疑」は伝えやすい言葉になるでしょう。 「半信半疑」の英語・類義語 「半信半疑」の英語、類義語にはどのようなものがあるのかみていきましょう。 「半信半疑」の英語表記 「半信半疑」の英語には以下のようなものがあります。 Half in doubt• dubious 【例文】 A「Do you believe what he said? 」(半信半疑ですね) 上記のような会話の中で用いられることが多い言葉です。 「doubt」は「ダウト」という日本語でもそのまま使われていますが、英語の意味は「疑う・疑惑」となります。 「半分疑う」ことは「半分信じる」ことですので「half in doubt」は「半信半疑」になりますね。 「半信半疑」の類義語 次に、「半信半疑」の類義語にはどのようなものがあるのか見ていきます。 不安定(ふあんてい)• 疑問(ぎもん)• 懐疑(かいぎ) これらの言葉も「信じているけれど疑いもしている」という意味ですが、「半信半疑」より曖昧な言葉です。 白黒をつけられないことが日常生活にはたくさん起こります。 周囲にその思いを知ってもらうための言葉をして成り立ったものであるのでしょう。 「半信半疑」の使い方 それでは、「半信半疑」の例文による使い方をみていきましょう。 【例文】• 「訪問販売にきたセールスマンは熱心に話してくれたが、わたしは半信半疑だった。 「彼らは簡単に言っていたけれど、この計画が成功するのかは半信半疑です。 「姉は明日からダイエットするらしいが、わたしは半信半疑だ。 「説明はきいたけれど、まだ体験していないので半信半疑ですね。 「彼女が突然ダンス部に入部したと聞いて、わたしは半信半疑で体育館に行ってみた。 」 例文のように、「〇〇だ」「〇〇です」という風に語尾に使う形が多いですね。 当たり前のことが覆されたり、自分の経験にない出来事があると人間は疑ってしまいます。 「信じたいけどそこまでは・・・」という思いには、「半信半疑」という言葉は相手にもしっかりと自分の思いと伝えられるのでしょう。 「半信半疑」になるには理由がありますが、こちらの四字熟語はそんな怪しい時に用いられたりします。

次の

「信じ難い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

信じる 類語

これまでの努力によって、顧客の信用を得ることができた• 失った信用を取り戻すのは大変だ また、株取引における用語のひとつ「信用取引」は、現金などの委託保証金を担保とし証券会社より借り入れ、株の売買を行う手法を意味します。 「信頼」の意味とは 「信頼」の意味は「信じて頼ること」 「信頼」とは、「信じて、頼りにすること」あるいは「頼りにできるとして信じること」という意味です。 「信じ、頼りにする気持ち」を指して「信頼」ということもあります。 たとえば、「ある人物を高く評価し、すべて任せられる」という気持ちを持つことが「信頼する」と言えるでしょう。 また、お互いが信じあい、頼りにしあう関係性のことは「信頼関係」と呼ばれます。 「信頼」の例文 「信頼」は先の「信頼関係」などのほか、「信頼する」「信頼できる」などの表現で用いられます。 「信用」と「信頼」の違い 違いは「実績に基づくもの」か「主観的なもの」か 「信用」と「信頼」の大きな違いは、「根拠や実績にもとづくものなのか」それとも「単に主観的な感情なのか」という点でしょう。 「信用」は、これまでの実績など何らかの根拠に基づいた、いわば「評価」とも言うことができます。 何らかの過去があってこそ「信用する」ことができるのです。 これに対し、「信頼」は、「信じる」ことから生まれた感情で「信じることから生まれた期待」を意味します。 「信頼」するにも、何らかの根拠は当然ありますが、(先の保証のない)未来に対して「信じて頼る」というのが「信頼」の持つ意味の大きな特徴であり、相違点です。 一般に、「信頼」してもらうためには「信用」ありきということが多いですが、実績がなくても人柄や感覚などをもとに「信頼」に至ることもあります。 ビジネスには「信頼しても信用するな」というフレーズも ビジネスシーンで名言のように語られるフレーズに「信頼しても信用するな」という表現があります。 「信頼」することはビジネスの取引はもちろん、人間関係においても重要です。 しかし、「信頼しています」と相手に期待をしても、必ずしも期待通りの結果が帰ってくるという保証はありません。 「信用しても信頼するな」は未来に対する教訓 一方で、「信用しても信頼するな」というフレーズもビジネスにおける教訓のひとつです。 この「信用しても信頼するな」は、「(過去の実績から相手を)信用しても、(これから先のことを無条件に)信頼してはいけない」という意味で用いられます。 「信用に足る条件があっても、本当に信頼できるかどうかを見極める視点をもつこと・自分で判断することが大切だ」という意味にもとることができるでしょう。 「信用」や「信頼」の類語 似た意味の表現は「信じる」「頼る」「任せる」など 「信用」と似た意味を持つ表現には、「信じる」「頼る」や「任せる」などが挙げられます。 また、「信頼」と似た意味では、「あてにする」「頼りにする」などの表現があります。 「信用」と「信頼」は厳密には意味が異なりますが、類語には似たような単語が並びます。 「信念」の意味は「正しいと信じる心」 「信用」や「信頼」と似た表現に「信念」が挙げられます。 「信念」とは、「正しいと信じる自分の考え」や「宗教を信じる気持ち」という意味の単語です。 たとえば、「信念を貫き通す」「固い信念を持つ」などといった表現が可能です。 「信念」は人や事物に対して用いられるのではなく、自分自身の気持ち・考えを意味する表現です。 そのため、「信用」や「信頼」とは異なる意味の単語となります。 「信頼」と「期待」は異なる意味の表現 「信頼を裏切る」「期待を裏切る」のように、「信頼」と「期待」は似たような使い方をされることが多いでしょう。 確かに、「信頼」という単語には、「信じて頼る」というその意味に「期待」のニュアンスを含む場合もあります。 しかし、「期待」は「当てにして心待ちにすること・望みをかけて待ち受けること」という意味であり、同じ意味の単語として使うことはできません。 He is a man we can trust. 彼は信頼できる男だ• He can be relied on. 彼は信頼できる• trust relationship 信頼関係 まとめ 「信用」とは、「信じて受け入れること・用いること」という意味で、「信頼」は「信じて頼ること」という意味です。 いずれも「信じる」というニュアンスを含みますが、「信用」はこれまでの業績などの根拠に対して行われるもので、「信頼」はこれから先に対する感情を意味します。 「信用」と「信頼」は言葉の意味こそ似ていますが、本記事でもふれたように、ビジネスシーンでは分けて考えるべき教訓として受け継がれているようです。

次の

不条理の意味とは?類語「理不尽」との違い、対義語、英語表現を解説

信じる 類語

天人は長寿だが不死ではないため、死ねばまた六道のいずれかに転生する。 悩みや苦しみが大きい世界だが、楽しみもあるとされる。 本能的に生き、弱肉強食が繰り返される。 食べ物を口に入れようとすると火になってしまい、食べることができない。 天道・人間道・修羅道は「 三善道」、畜生道・餓鬼道・地獄道は「 三悪道」と呼ばれています。 しかも、死んだら別の世界に輪廻転生を繰り返し、 永遠に続く苦しみを味わうことになります。 悟りを開くことで輪廻転生の輪から抜け出す…つまり 解脱 げだつ し、死ぬと同時に 「極楽浄土」の世界へ生まれることが仏教の目的です。 輪廻転生から解脱するには、悩みや迷いなどの煩悩の束縛から解き放たれて、悟りを開かなければなりません。 ちなみに、 仏教は六道の中でも、 人間道で人間に生まれたときしか出会うことができません。 仏教を聞いて、絶対の幸福を得ることが人間に生まれた目的だと仏教で教えられています。 天人は死ぬときに「天人五衰」の苦しみを味わうのじゃ!しかも次に生まれ変わるのは地獄道かもしれないぞい… キリスト教などの他の宗教には輪廻転生の思想はない? 輪廻転生の考え方は、主に ヒンドゥー教や 仏教などのインド哲学・東洋思想に見られますが、 世界各地の様々な宗教で近い思想が存在します。 例えば、古代ギリシアの宗教思想であるオルペウス教・ピタゴラス教団・プラトンなどにも、同様の思想が見られます。 また、輪廻転生観が存在しない イスラム教にも、アラウィー派やドゥルーズ派などは輪廻転生の考え方があるのです。 宗派にもよりますが、 キリスト教・神道・ユダヤ教には、 輪廻転生の思想はほぼありません。 ちなみにキリスト教では、死んだあとは天国の神の元に帰るか、地獄に逝くかの二択です。

次の