羽生 レーティング。 チェスプレイヤーとしての羽生善治

藤井聡太、コロナ禍に隠れた快挙。棋士レーティング首位の価値とは。

羽生 レーティング

皆さんはいま最も強い棋士といえば誰が思い浮かびますか? 棋界最高峰のタイトルを有する佐藤名人や広瀬竜王でしょうか? 複数のタイトルを持つ豊島二冠や渡辺二冠を思い浮かべる人もいるでしょう。 タイトルを失ったとはいえ長年棋界の頂点に君臨した羽生九段や将棋界のニュースターとして驚異的な勝率を誇る藤井聡太七段の名が思い浮かぶ方もいるかもしれません。 およそ将棋界に限らず、 プロの世界において最も人の興味を引く話題は、誰が一番強いか?であることは疑いのようないところでしょう。 今回はその『 強さ』=『実力』にスポットライトを当て、将棋界において『実力』を示す指標の一つであるレーティングからタイトルホルダー、順位戦、竜王戦を分析していきたいと思います。 Contents• レーティングとは 将棋界におけるレーティングとは、 過去の対局成績によって各棋士の実力を数値化したもので、非公式の指標です。 まず対戦前の相互のレーティングに基づいて勝利確率(期待勝率)を計算し、これと実際の対戦結果との差異に基づいてレーティングを更新する。 これを試合のたびに繰り返すことで、いずれレーティングが各プレイヤーの真の勝利確率、すなわち強さを表す適正な値に収束するというわけである。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 数値に関しては、本ブログでは様のレーティングを引用させていただいております。 平均的な対局者のレートを1500とする• 2001年4月時点で全員のレートを1500とする• 新四段についても、レートは1500を初期値とする というルールに基づいて計算されています。 詳細な情報は上記のリンクからサイトをご一読ください。 様々な情報が網羅的にまとめられている将棋ファン必見の素晴らしいサイトなので、お気に入り登録をおススメしています! レーティングから見るタイトルホルダー それでは早速 2018年度の各タイトル戦における両者のレーティングとその結果を下表にまとめます。 レーティングはタイトル戦第一局開始時のものです。 タイトル戦の勝者は青マーカーで示しています。 なおレーティング順位はタイトル戦開始月初の順位です。 肩書・段位はタイトル戦開始時のものです。 タイトル タイトルホルダー 挑戦者 レーティング順位 竜王戦 羽生善治竜王(1828) 広瀬章人八段(1892) 4位 vs 1位 名人戦 佐藤天彦名人(1783) 羽生善治竜王(1853) 11位 vs 3位 叡王戦 高見泰地六段(1722) 金井恒太六段 1552 25位 vs 85位 王位戦 菅井竜也王位 1788) 豊島将之八段(1898) 10位 vs 1位 王座戦 中村太地王座 1730 斎藤慎太郎七段 1821 22位 vs 7位 棋王戦 渡辺明棋王(1894) 広瀬章人竜王(1911) 2位 vs 1位 王将戦 久保利明王将(1798) 渡辺明棋王(1884) 11位 vs 2位 棋聖戦 羽生善治棋聖(1820) 豊島将之八段(1894) 8位 vs 1位 こうして見ると、昨年度は 8大タイトルのうちレーティング通りの結果となったものが6タイトルという結果となりました。 タイトル戦の挑戦者は厳しい予選を勝ち抜いた事もあり、叡王戦を除きレーティングが1桁です。 タイトル挑戦のためにはレーティングが1桁であることが一つの目安となりそうですね。 レーティングから見る順位戦 順位戦の各組の平均レーティングを表にまとめてみました。 なお、こちらのレーティングは記事を作成した2019年4月21日現在のものです。 平均 中央値 上位5名平均 下位5名平均 名人・A級 1816 1795 1873 1763 B級1組 1750 1750 1832 1676 B級2組 1606 1601 1730 1493 C級1組 1568 1554 1744 1408 C級2組 1544 1537 1741 1373 この表から読み取れることとして• 各級・組の平均レーティングはA級からC級2組まで階段上になっている• B級2組以下は降級点累積での降級となるため、平均レーティングの差が小さくなる• B級2組以下は下位5名平均がどのクラスの中央値にも達しない• C級であっても上位5名の実力があればB級1組で十分に戦える実力を有する このような感じでしょうか。 上位2名昇級、下位2名降級とすぐに級が入れ替わるA級とB級1組は高いレベルを維持していますが、B級2組以降は停滞・渋滞の感が強いですね。 適性なラインの見極めは難しいですが、レーティングのねじれ現象が解消されるよう、昇級枠の拡大、降級点の枠の拡大が望まれます。 レーティングから見る竜王戦 竜王戦の各組の平均レーティングを表にまとめてみました。 なお、こちらのレーティングは記事を作成した2019年4月21日現在のものです。 平均 中央値 上位5名平均 下位5名平均 竜王・1組 1786 1770 1896 1703 2組 1659 1655 1757 1562 3組 1635 1629 1 733 1533 4組 1584 1567 1798 1427 5組 1524 1514 1710 1363 6組 1440 1428 1644 1268 この表から読み取れることとして• 各組の平均レーティングは1組から6組まで一応階段上になっている• 1組と2組以下のレーティング差が激しい• 3組~6組の上位5名は2組で十分優勝を狙える実力を有している• 4組の上位5名平均が竜王・1組の平均レーティングを超えるなどねじれ減少が大きい こちらでも 1組の実力は圧倒的ですが、2組以下ではかなりねじれ減少が見られます。 特に若手実力者が集中している4組での優勝は2組以上の難易度となっています。 昇級・降級枠が大きい竜王戦でも全くねじれ減少が是正されていないところを見ると、完全に実力を反映したシステムというのはかえって恣意的で不自然なものであるともいえそうです。 特に竜王戦は賞金も高く総当たりでもないため一戦の重みが大きいという特性から、ここ一番のとっておきの作戦や勝負強さにより上位の組をキープする勝負術を発揮しやすいのかもしれませんね。 現状のレーティングと組の相関関係を見ると、昇級枠・降級枠が大きいことが必ずしもベテラン不利、若手有利にならないことが分かり、面白い結果です。 まとめ ここまで見てきたレーティングとタイトル戦、順位戦、竜王戦の関係性をまとめると レーティングまとめ• タイトル戦でもレーティングが高い側が有利な傾向がみられる• タイトル戦挑戦者となるためにはレーティング1桁が一つの目安となる• 順位戦・竜王戦ともにトップカテゴリーの実力は圧倒的• 順位戦・竜王戦ともに上位カテゴリーの中央値よりも下位カテゴリーの上位5名レーティングの方が高いというねじれ減少が生じている• ねじれ減少の発生は昇級枠・降級枠の問題だけでなく、棋戦の仕組み全体で関わってくる。 (総当たりの順位戦で昇級枠・降級枠の大幅な拡大を行えばかなり是正される?) このような所でしょうか。 個人的にはレーティング上位によるトーナメント棋戦が見てみたいのですが、そのためにはレーティングが公式の指標となることが先ですね。 私も勉強不足でまだレーティングの事をしっかり理解できていない部分も大きいので、これからも定期的に記事にすることで理解を深めていきたいと思います。 次回もレーティングに関わる小ネタをご紹介したいと思いますので、是非ご覧ください。

次の

レーティング

羽生 レーティング

将棋棋士として知られている羽生善治氏のチェスプレイヤーとしての一面についてです。 羽生善治氏は歴代の将棋棋士の中で最も強く、最も知名度も高いと言っても過言ではありません。 例えば名人、竜王、王将、王位、王座、棋聖、棋王の7大タイトルを全て同時に保持する7冠王は歴代で羽生善治氏しか経験していません。 さらに2017年12月には永世竜王を獲得し、ついに永世7冠となりました。 もちろんこれも羽生氏のみが達成している偉業です。 また通算の獲得タイトル数でも40代前半には大山康晴氏を抜いて歴代1位となっており、現在も記録は伸び続けています。 羽生氏の将棋棋士としての実績は他にも数多くあり、枚挙に暇がありません。 そんな羽生氏ですが国内最強クラスのチェスプレイヤーという一面も持ち合わせています。 世界中を飛び回り、ある時はグランドマスターを撃破したり、ある時は定跡を変えたりと将棋から離れてもその超人っぷりはいかんなく発揮されています。 チェスプレイヤーとしての羽生善治 概要 羽生善治氏の趣味がボードゲーム全般ということは比較的有名ですが、その中でもチェスは特に熱心に取り組まれています。 羽生氏がチェスを始めたのは七冠王となった頃(25~26歳、1996年前後)であり、チェスのトッププレイヤーの中ではかなり始めるのが遅い部類に入ります。 しかし将棋で鍛えた頭脳と、忙しい合間を縫っての勉強によってどんどん強くなり、国内大会でも優勝したりするまでになりました。 1999年~2000年代中盤頃には積極的に海外大会へ参加しており、この間にレーティングを大幅に上げFIDEマスターというチェスのタイトルも獲得しています。 そして2007年にはプレイヤーの実力を表すレーティング値が国内最高値となり、羽生善治氏がランキングの上でも日本国内で最も強いチェスプレイヤーとなりました。 それ以降もほぼ国内では1位か2位のレーティングを保持しています。 関連ページ: 伝説:グランドマスターを倒してチェスの定跡を変えた チェスプレイヤーの羽生善治氏を語る上で外せないのが「チェスの定跡を変えた」という話です。 その棋譜とは2005年のEssent Openという大会でのもので、相手はピーター・K・ウェルズ(Peter K Wells)氏というイギリスのグランドマスターの方でした。 Peter K Wells 白番(先手)ウェルズ氏、黒番(後手)羽生氏で始まった対局は、羽生氏が黒番の時に最も得意としているという形になりました。 そしてそこから少し進み8手目でウェルズ氏がe2にビショップを引いたのが次の図です。 図1:途中までの局面 この手に対して黒は通常はビショップをb7にすることが一番多く(下図)、他にもビショップをe7とする手やa6にポーンを突く手などがあります。 参考図:今までの定跡 しかし羽生氏はここでビショップをd6へ移動させるという手を選択しました。 最終的にこの手が勝負を決める強襲手を生み出すことになり羽生氏が快勝しました。 図2:羽生氏の新定跡 羽生氏がチェスの定跡を変えたという話は、このビショップd6という手のことを言っており、この手自体はビショップにひも(タダで取られないようにするための他の自分の駒からの攻撃判定)がつかない状態になるため、あまり好んで指すようなではないとされていました。 しかしこの対局で羽生氏が勝利したため、今までの評価が変わったという訳です。 ランキングとレーティング チェスのレートシステムの概要 チェスについてランキングやレーティングという話をする場合、通常それらはFIDEという組織が発表しているチェスプレイヤーランキングおよびレーティングを指します。 FIDEは、将棋の日本将棋連盟のチェスバージョン(世界版)みたいな感じです。 レーティングというのはその人のチェスの強さを数値で表したもので、ドラゴンボールの戦闘力のようなものだと思えば分かりやすいでしょうか。 数値が大きくなるほど強く、日本最強クラスで2400前後、世界チャンピオンクラスだと2800~2850程度です。 そしてこのレーティング順にプレイヤーを並べたのがランキングです。 レーティングやランキングに関して詳しくは別ページで解説しています。 関連ページ: 羽生氏のレーティングとランキング それでは羽生氏のランキングやレーティングを見てみましょう。 以下の図が2019年11月時点での日本国内のランキングとレーティングです。 羽生氏は2399ポイントで国内第3位です。 ただし2016年からレートが変動しておらず、この時点では非アクティブプレイヤーなので本来はランキング外の扱いです。 また第4位には同じくプロの将棋棋士の青嶋未来四段、第7位には永世名人資格者の森内俊之九段の名前もあります。 ちなみに羽生氏は2015年1月時点では国内ランク1位のレーティングを保持していました。 以下の図は2015年1月の国内ランキングとレーティングです。 この図の中でも1位の羽生氏と共に森内俊之氏が国内ランク5位にいます。 森内氏は2016年のランキングに名前が無かったので、そのあたりで非アクティブプレーヤーとなったようです。 またランク7位にワタナベアキラさんという方がいらっしゃいますが、プロ将棋棋士で永世竜王資格保持者の渡辺明氏とは別人です。 ちなみに非アクティブながら2399というレーティングを保持する羽生氏ですが、世界ランクでは3300位前後です。 これを低いとみるか高いとみるかは人それぞれですが、世界で競技人口7億人といわれるチェスで3300位と考えるとそのすごさはわかるはずです、しかも本業ではなく趣味で。 関連ページ: チェスのタイトルについて 将棋の場合、タイトルといえば7大タイトルである名人、竜王、王将、王位、王座、棋聖、棋王や某TV局主催の早指し戦の優勝者であるNHK杯選手権者などが有名です。 これらはその大会を優勝した、またはチャンピオンに挑戦し勝利した場合に獲得できるものですがチェスの場合のタイトルというのはこれらとはシステムが異なります。 チェスのタイトルの場合は、一定条件を達成することで獲得することができます。 仕組みとしてはプロ将棋の段位システムがかなり近いといえるでしょう。 チェスのタイトルには達成条件の難しい順にグランドマスター GM 、インターナショナルマスター IM 、FIDEマスター FM 、キャンディデイトマスター CM の4つがあり、これらが国際チェス連盟のタイトルとなっています。 羽生さんは現在FIDEマスターを保持しており、さらに上位のインターナショナルマスターの条件もほとんど達成しているので近いうちに昇格すると思われます。 羽生氏がチェスに熱心な理由の考察 羽生氏がここまでチェスに熱心なのは、単純にチェスが将棋に似ているとかという理由だけではなく、自分よりも格上と戦える、完全な挑戦者として挑めるという理由があると考えられます。 というのも知ってのとおり将棋棋士として羽生氏は抜きんでる実力を誇り、現役の将棋棋士で完全に対等に戦えるといえる棋士はいません。 もちろん森内氏、佐藤康光氏、郷田氏といったいわゆる羽生世代や、渡辺明氏、佐藤天彦氏、豊島氏などの次世代のエースたちといったライバルはいますが、やはり彼らと比べても羽生氏は別格です。 つまり「プロ将棋界で対等以上の棋士がいない=自分よりも強い相手に挑戦することができない」という状態なのが羽生氏の将棋です。 関連ページ: 一方でチェスであれば国内だけであっても岡氏や小島氏がいますし、世界を見れば3000人程度自分より明らかに格上といえる相手がいます。 さらにランキングに載っていないだけでかなりの実力をもつチェスプレイヤーもかなりいます。 例えばチェス界の伝説的なプレイヤーの一人であるガルリ・カスパロフ氏は既に引退しているためレーティング表には載っていませんが、今でも2800程度のレーティングの強さといわれています。 これはランキングで言えば世界でも1桁の順位です。 2014年にはニコニコ動画で「羽生善治VSガルリ・カスパロフ」というスペシャルチェスマッチが組まれました。 結果はカスパロフ氏が2戦2勝でしたが、その感想戦で羽生氏が熱心にそしてうれしそうにカスパロフ氏に多くのことを聞いていたのが印象的でした。 このように挑戦者として強者と戦えるという点が羽生氏にとってのチェスの大きな魅力となっていると考えられます。 これは奨励会三段(将棋のプロ棋士一歩手前)が羽生氏に勝てる確率よりも低いことになります。 あくまで計算上ですが。

次の

藤井聡太と歴代永世名人のレーティングを比較!【絶対永久保存版】

羽生 レーティング

AI解析に裏付けられた歴代将棋棋士の強さのランキングとその解析手法についてです。 将棋にはその時代ごとに最強と呼ばれるプレイヤーがいました。 その中でも歴代最強は誰かとの問いに名前が挙がるのは、羽生善治、大山康晴、中原誠、初代大橋宗桂、六代大橋宗英、天野宗歩あたりでしょう。 しかし時代が違えば彼らが直接対局することはできませんし、例えば羽生善治氏と大山康晴氏のように同じ時代にいたとしてもピークがずれている場合には強さの比較は難しいです。 この難しい比較を一定の条件の元に可能にしたのがAIです。 そして比較の結果、AIは歴代棋士では羽生善治氏が最強であるとの結論を出したのです。 AIが出した歴代棋士の強さランキング 山下宏氏の論文「」より2013年のGPS Fishを用いた換算Rの順に以下の表を作成しました。 レート算出のために用いられた棋譜は、その棋士の最高の状態でのレートを求める目的という意味で、 タイトル戦での棋譜のみが採用されています。 解析手法については後述いたします。 注:論文内でデータがある棋士のみ。 女性では清水市代女流のみ。 レート 棋士名 称号など 3347 羽生善治 永世七冠王資格者 3214 渡辺明 永世竜王資格者 3151 森内俊之 十八世名人資格者 3139 谷川浩司 十七世名人資格者 3046 中原誠 永世五冠王 2998 加藤一二三 2979 大山康晴 永世五冠王 2979 木村義雄 十四世名人 2894 升田幸三 実力制第二代名人 2839 天野宗歩 2731 六代大橋宗英 2724 塚田正夫 実力制第四代名人 2687 初代大橋宗桂 一世名人 2592 清水市代 クイーン名人 2590 初代伊藤宗看 三世名人 2576 本因坊算砂 2548 坂田三吉 2488 八代伊藤宗印 十一世名人 2399 大橋柳雪 2343 関根金次郎 十三世名人 参考:3820 GPS Fish Xeon 上記の通りの結果となり、羽生善治氏がトップ、特に永世名人の中では断トツとなっています。 全盛期の羽生善治氏VS大山康晴氏の対局が実現したとした場合、レート差が300あるので羽生氏が8. 5対1. 5ぐらいの勝率になると予想されます。 レーティングの計算方法に関してはこちらの記事で解説しています。 関連ページ: ちなみに年代が進めば進むほど、研究が進み将棋全体が発展しているため、全体の実力が底上げされています。 そのため過去と現代の棋士を比較した場合に、現代の棋士の方が強い傾向があるのは当然の結果です。 また参考結果ですが、藤井聡太氏がデビューから29連勝した棋譜を同じ手法で解析した結果はレーティング3305となり、羽生善治氏に匹敵する強さとなっています。 藤井聡太氏が論文内に登場しないのは、これが2014年の論文だからです(当時はまだ奨励会員)。 AIが強さを測るのに用いた手法 「平均悪手」という指標がレートと密接な関係にあることを用いて、対局中の平均悪手を求め、そこからレートを計算しています。 対局の勝敗自体は関係ありません。 元々はチェスで行われた研究にヒントを得て、将棋でも同じようにして換算レートを求めたというのがこの研究です。 関連ページ: 平均悪手 ここではGPSFishが最善とした手と違う手を指して、最善手を指した場合より評価値が下の場合を悪手と定義します。 そして平均悪手は以下の式で表されます。 B:平均悪手• S:悪手の評価値差分の絶対値の合計• 40手目以降の手のみ考慮(定跡を除外するため)• 評価値は歩を0. 89と評価する値を用いる(詰みのある状況で325. 98とする)• 評価値の変動が10未満の手のみ考慮(形作りの悪手と、詰み発生時の急変動を除外)• 探索深さは11 ここで求められた平均悪手BとレーティングRが大きな関連性を持つ点に注目して、各棋士のレーティングを求めます。 平均悪手とレートの関連性 引用:将棋名人のレーティングと棋譜分析より引用 図13に見られるように、平均悪手Bとレーティングの間には強い相関関係があることが分かります。 これだとGPS Fishの方が大きな値が出そうな気がしますが、GPS Fishの方がBonanzaよりも強いソフトなため悪手判定が多く出ることと、評価値差分も大きくなるため、結果的にyに入る平均悪手の数値が大きくなって、算出されるレーティングはBonanzaと同じぐらいに落ち着きます。 ちなみに悪手を全く指さない将棋の神様がいたとするとレーティングはBonanza判断だと4620、GPS判断だと4743になることがこれらの式から読み取れます。 関連ページ:.

次の