業務 スーパー チュロス オーブン。 業務スーパーのチュロスの揚げない作り方は?オーブントースター/レンジ

業務スーパーチュロス揚げないでトースターOK!冷凍2種の違いは?

業務 スーパー チュロス オーブン

業務スーパーの冷凍チュロスのカロリーは、100gあたり172kcalとなっています。 チュロスは高カロリーのイメージがありますが、冷凍状態の時には砂糖はかかっていない状態なので、自然な甘さのあるチュロスになっています。 揚げた後にかける砂糖の量を自分で調節したり、油で揚げずに調理するとカロリーを抑えて食べることができます。 工夫次第で低カロリーで食べられるのも嬉しいポイントです。 ですが、スイーツであることに変わりはないので、食べすぎには注意が必要です。 業務スーパーには、冷凍チュロスの他にも様々な人気スイーツやデザートがあります。 次の記事でおすすめ商品を23種類紹介していますので、ぜひそちらも参考にして業務スーパーのスイーツを楽しんでみてください。 業務スーパーの冷凍チュロスの揚げない調理法の2つ目は、フライパンで焼く作り方です。 フライパンにチュロスを並べたら、時々ひっくり返しながら弱火で7分~8分焼いていきます。 油で揚げた時のような綺麗な焼き色にはならないので見た目は劣りますが、手軽に調理できるのが嬉しいですね。 また、オーブンより短時間で調理することが可能です。 フライパンで調理すると、カリカリというよりは全体的にもっちりとした仕上がりになります。 調理法によって食感が変わるのもおもしろいので、色んな調理法でお好みの食感を探してみても良いですね。 フライパンは一度にたくさん焼くのにも向いています。 難易度が高そうなアイシングですが、作り方は意外と簡単です。 アイシングをすれば模様が描けたり、チョコレートなどをトッピングしたかわいいチュロスができます。 お子さんと一緒にデコレーションをするのも楽しそうです。 甘めが好みの方は、はちみつ風味のアイシングがおすすめです。 粉砂糖30g、はちみつ3g、水大さじ1を混ぜ合わせ、粉砂糖がしっかり溶けたらチュロスにコーティングすれば完成です。 飾り付けをしたい場合は、アイシングが固まらない内に手早く行いましょう。 はちみつの代わりにレモン汁を少し加えるとさっぱりとします。

次の

業務スーパーチュロス揚げないでトースターOK!冷凍2種の違いは?

業務 スーパー チュロス オーブン

さて、 業務スーパーに販売されているチュロスの味はどんな感じだったかというと、上手に作れば全体的にカリっとした感じで、 しばらく噛んでいるともっちりした食感に変わってきます。 もっちりするカリカリのフライドポテトみたいな感じですが、恐らく食べてみないとこの感覚は分からないと思います。 業務スーパーではなく、コンビニで販売されているタイプのチュロスというものがありますが、あれは全体的にもっちり、ほんのりさっくりという感じに仕上がっております。 あのような感じではなく、業務スーパーで手に入れるものは、全体的にカリカリと仕上がっております。 また、味付けなどは特にしなくとも甘く仕上がっているので、そのまま食べることができます。 まずいというような意見も見かけますが、作り方が大半悪いだけで、チュロスそのものはどこのメーカーもかなりの工夫をしていない限り成分にほとんど変化もありません。 業務スーパーのチュロスを揚げない方法はフライパンなどを活用 さて、業務スーパーで販売されているチュロスは調理済みではないため、何かしらの工夫をする必要があります。 そして、 油で揚げるのは散ったりしてかなり面倒だと思います。 筆者もその考えの一つで、検索ワードにも揚げない方法と出てきているあたり、それくらい 面倒と思っている人が多い証拠でもあります。 さて、揚げない方法ですが、基本的にはフライパンを活用したのでも良いです。 揚げない方法だとこんな感じ 欠点としては、色々なサイトで見るような写り栄えのするチュロスが出来上がるわけではありません。 念のためその方法で焼いてみたので、写真を貼り付けてみました。 味としての感想は、全体的にもっちりという感じで 意外にこれはこれで悪くはありません。 実は揚げない方法を書いておきながら、揚げることもしてみたのですが、それを考えても甲乙つけがたい感じです。 チュロスが好きな方で時短にしたい方は、業務スーパーの格安価格で手に入れる価値はあります。 どこかで見かけた情報ですが、中々綺麗なきつね色にならないと書いていた先人のレビューをしていた方が居ましたが、まさにその通りだなと実感しました。 さて、揚げない方法を紹介しておきながらも、揚げるとどうなるのかと気になっている方も居ると思いますので、念のため揚げました。 しかし、何としてでも油が散って後片付けの類はなるべくしたくないので、できる限り簡単な方法でやってみました。 フライパンではなく今回はスキレットとグリルを使用しました。 スキレットに油を1cmくらい垂らして、あとは180度まで温度を上げます。 レンジを使う方法はないのかと思われるかもしれませんが、チュロスではなくまずい粉っぽい何かが出来てしまうのでお気をつけください。 また、フライパンを利用するのもありなのですが、それだと後片付けが格段にめんどくさくなったり、油の使用量も多くなるので、スキレットを1つ持っておくことを業務スーパーのファンにはおすすめしております。 揚げるとこうなります さて、完成しましたが、やはり揚げない方法に比べて仕上がりは全体的に狐色に仕上がっており、幾分か綺麗な感じでおいしそうに見えます。 シロップなどをかける必要もあまり感じないほど、生地は甘いので、甘党ではない方はそのままで良いです。 しかしそれでも、甘味がほしいんだという方には最後にアレンジについて説明しておりますので、そちらを参考にして下さい。 実際に食べてみると、カリカリ度がアップしております。 しかしながら、ちょっとお腹が膨れてきていたのか、油っぽいせいかはよく分かりませんが、先ほど揚げない方法で紹介したものと 甲乙つけがたい仕上がりになっております。 ただ、揚げない方法は粉っぽさが残ってしまう場合もあるので、それが嫌な方は少々面倒でも揚げるのが良いかもしれません。 できました! 他にも、トースターを使ってカリカリに焼きえ揚げてみたりするのも良いです。 レンジなどを使う人も居ますが、単に解凍をしてしまうだけになってしまうので、こちらはあまりおすすめしません。 オーブン機能がついてあるレンジを使うのならば問題はありません。 ただし、筆者のように今回は、グリルとスキレットを利用する方が、 総合的に後片付けも楽になるので、おいしいものも食べたいけど、とにかく揚げるのが面倒という方は、このスタイルを試すようにしてみてください。 こうやって焼くのは、あまり油っぽいのが好きではない方や、そろそろ歳だけど、こういったスイーツもまだまだ楽しみたいなという年代の方にはおいしく食べることができる方法です。 揚げるのも焼くのもそれぞれの良さがあります。 業務スーパーのチュロスのアレンジ方法について ホイップクリームやチョコソースを混ぜてもOK 業務スーパーで販売されている チュロスのアレンジ方法は、特に何もしなくともおいしいですが、他にアレンジするのであれば、ホイップクリームをかけてみたり、パパンというトーストに味をつけるシュガーがあり、それでストロベリーの風味をつけたしてみたり、チョコシロップをかけるのも良いです。 どれかでおすすめするならば、筆者はパパンのシュガーか、業務スーパーで販売されているホイップクリームを賢く使うのが良いのではないかと個人的に思います。 特にスイーツが好きならば、色々他にも応用できそうです。 業務スーパーのチュロスのカロリーについての注意点と書ききれなかった本数 業務スーパーのチュロスのカロリーが参考までにサイトにも表記されており、実際は171kcalで、炭水化物34. 9g、脂質1. 8g、たんぱく質3. 9gとなっております。 ただ、 これはチュロスそのもののカロリーになっており、揚げたりした場合は平気でここに150kcalくらいはプラスされそうです。 元は脂質が少ないだけに、焼くだけであればカロリーはこのままですが、揚げるとなればカロリーはちょっと高くなってしまう傾向にあります。 また、書ききれなかったことがありますが、業務スーパーで販売されているチュロスは何本くらい入っているのという疑問があるので、数えてみました。 筆者の場合は36本で、前後してしまう可能性があるようです。 そういうのもグラム数で販売されているので、このあたりに誤差が出てしまうのは仕方ないようです。 34本~40本くらいの間で誤差が出ているようなので、買う方はそのあたりに気をつけておきましょう。

次の

業務スーパーチュロスを美味しく食べる!失敗しない作り方

業務 スーパー チュロス オーブン

チュロスのイメージは、油で揚げていて、砂糖たっぷり、カロリーが恐ろしく高いイメージですね。 いくら安くて、本数もたくさん入っているからといって、カロリーを気にせず食べてしまうと、健康に良くありません。 業務スーパーのチュロスのカロリーは、100グラムあたり172キロカロリーとなっています。 砂糖などが加わると、もう少し高いカロリーになってしまいますね。 150キロカロリーくらいは、プラスされるとみておいた方が良いでしょう。 さすがに300キロカロリーを超えてくると、気軽に食べるのは難しいですね。 しかし、業務スーパーのチュロスは、油を使わずオーブンやフライパンで焼いたり、調理方法次第でカロリーを低くすることもできるので、そこまでカロリーを気にせず食べられるのではないでしょうか。 ただし、カロリーをカットしたからといって、たくさん食べてはカロリーオーバーになるので、業務スーパーのチュロスを食べるときは、食べ過ぎないように気を付けてくださいね。 業務スーパーのチュロスは、冷凍で売られています。 油で揚げるときは、冷凍のままフライパンに入れて、180度の油で3本あたり3~4分揚げるようです。 油に入れるときにフライパンの中で、チュロス同士がくっつかないようにすること、浮き上がってくる前に触らないこと、きつね色になるまで揚げることが、上手く揚げるコツです。 油から取り出したら、チュロスが重ならないように、広げて油切りをし、3~5分ほど粗熱をとることで、余分な油が落ちて、美味しく食べられます。 フライパンに、たっぷりの油を入れて揚げるのが良さそうですね。 業務スーパーのチュロスは、冷凍なので、フライパンに入れるときに油がはねて、やけどをしないよう気を付けて調理してください。

次の