高速 道路 料金。 東日本エリアの高速道路 料金表一覧

【経費】高速道路の勘定科目と仕訳例

高速 道路 料金

必要経費について 高速道路の料金に限ったことではありませんが、事業を行う上で必要な支出は経費計上することができます。 ですから、仕事で高速道路や有料道路を利用した場合は、その料金を経費計上することが可能です。 仕事ではなく、プライベートで旅行やドライブに出かける際に高速道路を利用しても、経費にはできませんのでご注意下さい。 高速道路の勘定科目 仕事で高速道路や有料道路を利用した場合、その料金は 旅費交通費の勘定科目で会計処理を行います。 車両費などの勘定科目を使用しても大丈夫です。 ただし、事業専用ではなくプライベートでも使用する車の場合、車両費に車関連の費用を全てまとめてしまうと、一部の経費については按分計算が必要となり、会計処理が面倒になる可能性があります。 プライベート分については経費計上できませんので、個人で使った分については 事業主借や 事業主貸の勘定科目で会計処理をしなければいけません。 車両費の勘定科目に、全額経費計上できる支出と一部しか経費にできない支出が含まれている場合、経費計上する際は内訳をきちんと確認してプライベート分は含めないようにご注意下さい。 基本的に、一度決めた勘定科目は継続して使用する必要がありますので、ご自身にとって処理がしやすかったり分かりやすい勘定科目を選択されるようお勧めします。 高速道路の仕訳例 複式簿記の仕訳例をご紹介しています。 現金払いとETCカードで決済した場合との違いをご確認下さい。 日付 借方 金額 貸方 金額 支払日 旅費交通費 3,500 3,500 引き落とし日 未払金 3,500 3,500 ETCカードでの支払の際は、高速道路を利用した時と引き落としされた時の 2回仕訳を切る必要があります。 因みに、高速道路を利用したときに係る料金は、 消費税を含んだ金額になっています。 高速道路の経費節約にはETCカード 高速道路や有料道路は、仕事に関係したものであれば経費にできます。 使用する勘定科目は、旅費交通費や車両費などです。 現金とETCカード払いの会計処理の違いを抑えておきましょう。 高速道路の経費を節約したい場合は、現金払いよりもETCカードの方がお得です。 ETCカードであれば、時間帯や利用区間によっては 30%~60%も現金払いより安くなるからです。 もし現在、高速道路の料金を現金で払っているのであれば、個人事業主でも作れる法人ETCカードの記事も参考にしていただきたいと思います。

次の

ETCで高速一周したら、どうなりますか?

高速 道路 料金

ご利用の方法としては、一旦流出をする料金所(B料金所)でAB間の通行料金をいただく際、お客さまの申し出により「高速道路通行止め乗継証明書」をお渡ししますので、最終料金所(D料金所)にて、乗り直した料金所(C料金所)で発行した「入口通行券」と一緒に係員にお渡しください。 なお、係員のいないレーン(料金精算機設置レーン)では(1)乗継証明書、(2)入口通行券の順で料金精算機に入れてください。 調整を行った料金が表示されます。 なお、ETCによる走行の場合については、最初にお乗りいただいた料金所(出発IC)、一旦流出する料金所(流出指定IC)、乗り直す際の料金所(再流入指定IC)、乗り直した後の最終料金所(到着IC)、すべて同一カードをご利用の上、ETC無線通信によりご走行いただければ、料金調整いたします。 (「乗継証明書」を受け取る必要はありません) 弊社管内における流出指定IC及び再流入指定ICについてのお問い合わせは、にてお答えしています。 ただし、ETCによる走行、そうでない走行にかかわらず、通行止めがなければ通行できた区間へ順方向に乗り継ぐ場合に料金調整を行います。 1kmあたりの料金は、普通車については24. 6円となっており、東京・大阪の大都市近郊区間については普通車29. 52円、関門橋の下関IC~門司港IC間については普通車64. 0円、沖縄道の許田IC~石川IC間については普通車20. 98円、阪和道の海南IC~有田IC間の他、他社管内では関越トンネル・恵那山トンネル・飛騨トンネルといった長大トンネル区間につきましては普通車39. 36円の特別料金を設定しています。 詳しくはをご覧ください。 ターミナルチャージは、ご利用一回あたりの固定額であり、150円となっております。 このため、途中で一旦流出された場合は、直通で走行された場合よりも、通行料金が高くなることがあります。 具体的な料金の額につきましては、こちら()で検索することができますので、ご利用ください。 お客さまからいただく通行料金は、お客さまのご走行された経路の料金をいただくこととなります。 しかし、入口料金所から出口料金所までの間に複数の経路がある場合、最も距離の短い経路と比べて2倍以内の距離の経路であればいずれの経路をご走行されても、最も安い経路の料金をいただくこととなります。 なお、最も距離の短い経路に比べて2倍を超える距離の経路をご走行された場合は、当該経路の距離に応じた料金をいただくことになりますので、このようなご走行をなされた場合には出口料金所の係員へ当該ご走行経路をお申し出ください(ETCをご利用の場合であっても、出口料金所で開閉バーが開かないことがありますので、係員のいるレーンをご利用いただき、係員にお申し出ください)。 なお、出口料金所におきましては、係員が走行経路などについて確認させていただくことがありますので、ご協力ください。 また、この際、お時間をいただくことをあらかじめご了承ください。 NEXCOの道路と本四高速が管理する道路を連続走行した場合、NEXCOの通行料金の他に、本四高速の料金が別途必要となります。 下図のように、NEXCOの入口料金所から出口料金所までの間に本四高速が管理する道路を2回通行する場合、2回目の本四高速の本線料金所(下図の例では早島本線)で、それまでに通行したNEXCOが管理する道路の通行料金(下図中(1)にかかる料金)と、2回目に通行した本四高速が管理する道路の通行料金(下図中(3)にかかる料金)を一旦精算します。 また、2回目の本四高速が管理する道路以降のNEXCO料金(下図中(4)にかかる料金)は出口料金所(下図の例では福山西料金所)で精算します。 本四高速が管理する道路の料金等については をご覧ください。 下図のように、NEXCO料金所から入り、本四高速の与島PA(または淡路SA)でUターンし、NEXCO料金所で出た場合、本四高速の本線料金所(下図の例では早島本線)で、それまでに通行したNEXCOが管理する道路の通行料金(下図中(1)にかかる料金)と、本四高速が管理する道路の通行料金(下図中(2)にかかる料金)を一旦精算します。 また、本四高速が管理する道路以降のNEXCO料金(下図中(3)にかかる料金)は出口料金所(下図の例では福山西料金所)で精算します。 本四高速が管理する道路の料金等については をご覧ください。 4m以下 1. 48m以下 2. 0m以下 660cc以下 普通車 (車種(1)) 小型自動車 (三輪含む) 普通板 4・5・6・7 白地に緑文字 緑地に白文字 4. 7m以下 1. 7m以下 2. 0m以下 ガソリン車は2000cc以下 普通乗用自動車 普通板 3 10人以下 中型車 (車種(4)) 普通貨物自動車 (3車軸以下) 普通板 1 かつ 5t未満 8t未満 マイクロバス 普通板 2 かつ 8t未満 11~29人 普通貨物自動車 (トラクタ単体で2車軸) 大板 1 (第5輪荷重 5t以上) 大型車 (車種(2)) 普通貨物自動車 (3車軸以下) 大板 1 又は 普通貨物自動車 (トラクタ単体で3車軸含む) 5t以上 8t以上 普通貨物自動車 (単体4車軸車で車両制限令限度以下) 大板 1 12. 0m以下 2. 5m以下 3. 8m以下 20~25t以下 路線バス (帰省バス含む) 大板 2 又は 8t以上 30人以上 バス (路線以外で車長9m未満かつ乗車定員29人以下) 大板 2 9m未満 8t以上 29人以下 特大車 (車種(3)) バス (路線以外で車長9m以上または乗車定員30人以上) 大板 2 9m以上 又は 8t以上 30人以上 普通貨物自動車 (単体4車軸車で車両制限令限度超) 大板 1 (12. 0m) (2. 5m) (3. 8m) (20~25t) 普通貨物自動車 (単体5車軸以上) 大板 1 大型特殊自動車 普通板 9 (注)連結車両を除きます。 上記のとおり自動車の種類(形状、規格、乗用・貨物タイプ等)に応じて料金所では車種の判別を行っていますが、特殊用途自動車(8ナンバー)など車種判別の難しい車両もあることから、場合によっては車検証の提示をお願いすることがございます。 また、各料金所において車種区分を証明する旨の「車種区分証明書」を発行しておりますので、車種判別についてのトラブルを無くすためにも携行の程ご協力お願いいたします。 なお、詳しいことは、車検証をお手元にご用意いただいたうえで、または、最寄りの高速道路の料金所でお尋ねください。 高速自動車国道でのけん引による通行が可能な車両は、トレーラやポール・トレーラ等が該当します。 条件として「けん引するための構造及び装置を有する自動車(保安基準適合)」で、けん引車両及び被けん引車両共に車検を受けているものが対象です。 車両をけん引した場合の車種区分はのとおりとなり、車種に応じた料金をいただきます。 高速道路上で事故や故障(以下、「故障等」)を起こし、レッカー車により吊られて移動する場合等は、この「けん引」にあたらないことから本来通行することができませんが、「危険防止のためやむを得ない場合」ということで次のICまで通行が可能です。 この場合は高速道路を走行できないため、やむを得ない場合として次のICまで走行しているので、結果、• 故障等車両については、「故障等車両が流入したIC~けん引箇所から進行方向の次のIC」間の料金• レッカー車については、「レッカー車が流入したIC~けん引箇所から進行方向の次のIC」間の料金 をそれぞれ徴収させていただくことになります。 )は、一般道路と同様に道路交通法施行令第12条により、時速40kmもしくは時速30kmに最高速度が制限されることから、本来は通行することが出来ませんが、故障等車両をけん引することは法の予想していないところであると解されますので、道路交通法第75条の四の文中「危険防止のためやむを得ない場合」に該当するものとして、進行方向の次のICまでは最低速度違反には問われません。 しかし、警察官の指示無しに次のICを通過して長距離にわたって通行した場合は、最低速度違反となります。 また、高速道路を走行途中に故障等により、代車を積んだ積載車がSA・PA等で、故障等車両と乗せ替えるケース(故障等車両は積載車の荷台へ積込み、荷台から降ろした代車が目的地まで走行)があります。 この場合も、• 故障等車両については、「故障等車両が流入したIC~積載箇所から進行方向の次のIC」間の料金• 代車については、「荷降し箇所から手前のIC~代車が流出したIC」間の料金• 積載車については、前述のレッカー車の場合と違い、「積載車が流入したIC~積載車が流出したIC」間の料金 をそれぞれ徴収させていただくことになります。 仮ナンバーの車種区分 「仮ナンバー」とは、臨時運行許可番号標、回送運行許可番号標及び臨時運転番号標の総称です。 詳しくは をご覧ください。 判別された車種区分により、通行料金をいただきます。 また、も併せてご覧ください。 連結車両の場合は、被けん引自動車が仮ナンバーを付けていても、通常の連結車両と同じ取り扱いになります。 なお、ETC車載器のセットアップ情報には、ナンバープレート情報(自動車検査証に記載されている自動車登録番号および車両番号)が含まれています。 そのナンバープレート情報のない車両がETCを利用することは、ETCシステム利用規程に反することになります。 よって、ナンバープレートを破損や紛失したために仮ナンバーを取り付けているなどの特殊な例を除き、仮ナンバー車については、ETCはご利用になれません。 お客さまがご利用のお支払方法(現金、クレジット、路線によっては回数券可)により、対応する挿入口へお支払いいただきますよう、お願いします。 また障がい者割引を適用の場合や不明な点がある場合には、係員呼び出しボタン(又はレバー)を押下し、インターホンで係員にお申し付けください。 なお、係員がお客さまの所へ出向きご案内させていただく際は、お客さまのお車との接触事故防止のため、横断橋や地下通路を通り伺うこととしておりますのでご了承ください。 なお、料金精算機で領収書(または利用証明書)が必要なお客さまは領収書発行ボタンを押してください。 平成17年10月1日より「道路整備特別措置法」(昭和31年3月14日法律第7号。 以下「特措法」といいます。 )が改正されたことにより、特措法第24条第3項に基づき当社が定めた通行方法に違反して道路を通行した自動車その他の車両の運転者は、特措法第59条に基づき30万円以下の罰金が科せられます。 また、組織的な不払いであってもドライバー自身が処罰の対象になります。 また、「無料通行宣言書」等により高速道路の通行料金の支払いを拒否した場合は、通行料金を不法に免れた通行者とみなし、特措法第26条に基づき免れた通行料金と割増金(免れた通行料金の2倍に相当する額)を徴収します。 なお、督促状を発送した場合には、当社が定めた高速道路営業規則第19条第2項に基づき手数料を、督促状の納入期限までに支払われなかった場合には、同規則第19条第3項に基づき免れた通行料金と割増金の合算額に年10. 75%の割合を乗じて計算した額を延滞金として、併せて徴収します。

次の

ETCで高速一周したら、どうなりますか?

高速 道路 料金

SA・PA• 交通情報• 料金・道路案内• 料金のご案内• 料金割引のご案内• 本四道路のご案内• ETC情報• ETCの利用方法• ETCサービス各種• 安全にご利用いただくために• 観光・イベント• SA・PA• ピックアップ• 閉じる.

次の