爆走 デコトラ 伝説。 爆走デコトラ伝説2「流れ星の男」

トラック好きにはたまらない真・爆走デコトラ伝説~天下統一頂上決戦~

爆走 デコトラ 伝説

私は大のゲーム好きであり、自称「ゲーマー」です。 (笑) 今日執筆させて頂く記事の内容としては、プラットホームがPS2の、「真・爆走デコトラ伝説~天下統一頂上決戦~」というゲームについてです。 色々なモードがあるのが魅力的! このゲームは色々なモードがあります。 「全国制覇」モードは、最初はノーマルトラックでのスタートなります。 このトラックに乗り、全国の強敵(ライバル)を倒していき、報酬と知名度を得て、トラックを装飾しながら進めていくモードとなります。 因みに最初は中型のノーマルトラックです。 その他、平ボディやダンプ、大型トラック、超大型トラック(トレーラー)等に乗れるのでかなり面白いゲームだと思います。 大型トラックに乗るには、教習所に通って大型免許を取得するというのもリアリティがあってGOODです。 このゲームは、かなりやり込みました。 (笑) そして、最終章では伝説のトラッカー達と戦い、天下一で日本一の、一番星の文次郎を倒してクリアとなるのです。 そして、「男の華道」というモードは、晴れて天下一となった主人公がライバルと戦いながら、仕事をして休憩中やドライブインや事務所で知り合う女性達とのロマンスを描いているモードです。 他には文次郎の話や、竜神丸の大蔵の話等があり、これらも中々面白いです。 次に書くモードは、「グランドカミオン」というモードです。 このモードの特徴は、サーキットでトラック5台で順位を競うモードです。 昼間のモードもとても面白いのですが、やはりデコトラと言えば夜! 夜のサーキットで争う姿は壮観ですし、「やっぱりトラックやトラック野郎ってカッコイイ!」と思えるモードだと思います。 関口工芸 トラックに乗り、ライバルを倒し荷物を運び終わると、報酬がもらえます。 因みにですが、納品書にハンコを押すなど、そのような細かいところまで作り込まれているのが、このゲームの良いところだと思います。 そして、納品書にサインをしましたら、ガレージへと戻ります。 ガレージへ戻ると「関口工芸」という表示があります。 「関口工芸」にて、トラックを自由自在にカスタマイズ出来るのです。 トラックの外装やら内装、ペイントまで出来ます。 絵も自分で描く事ができるのも、魅力の1つだと思っております。 因みに「こだわり」という項目がありますが、この「こだわり」という項目は、トラックの細部までこだわる事ができるのです。 例えばですが、ウインカーの色を変えたり、ヘッドのリア部分をメッキにしたり、バイザーやバンパーの長さを調節したりという感じです。 超大型となると、煙突をあげる事も可能となっております。 技あり!&究極奥義! 技あり!というのは、トラックの内装やペイント、外装が一通り飾り終えると、「技あり!」となり、芸術度が上がります。 まとめ いかがでしたでしょうか? これが私がやり込んだ、「真・爆走デコトラ伝説~天下統一頂上決戦~」というゲームの内容となります。 このゲームは車好きだったり、トラック好き、現役トラック野郎の皆さんや元トラック野郎の皆さんであれば、かなり楽しめる内容だと思います。 ただレースとしては、高速道路で競うだけなので、やり続けるとマンネリ化が玉に瑕ですが、それもこのゲームの良いところなのかもしれません。 強いて言うならば、たれゴム(泥除け)や、排水ホース等もいじれるようになっていれば、もっとやり込んだと思います。 このゲームはやり込めばやり込むほどハマりますし、病みつきになり夜も寝ないでプレイすると思います。 (笑) 興味を持って頂けたなら幸いですし、是非1度プレイをしてみてください。

次の

堕天使の倉庫@ゲーム: 02175 爆走デコトラ伝説 ブラック

爆走 デコトラ 伝説

タイトル: メーカー: Amazon. jp商品紹介 デコトラシリーズ10周年記念。 今度のデコトラはクラッシュバトルだ。 連続して壊せば、ボーナスポイントがドンドン貯まり、集めたポイントでパーツを購入してカスタマイズできる。 スピード・耐久力といった性能もアップできる。 タッチペンでオリジナルの箱絵を作ることも可能。 自分のパーツとデコトラを賭けて、タイマン勝負で戦おう。 最終話の主人公のその後が楽しめる。 また、ショップでは売っていない隠しパーツや隠し箱絵もシナリオのクリア条件や、通信対戦で出現。 さらに、デコトラ以外の「特殊車両」もクリア条件次第で出現する。 カスタマーレビュー 2009-07-05 【普通に面白い】 DSにしてはパーツの種類も豊富だと思う。 他シリーズとは違って、 相手車両を破壊するか、(ぶつけ合い) 1位でゴールするかの2種類?だと思う。 ステージごとに、どちらでもOkと 片方いずれかの場合がある。 レース中に暴走車がぶつかって攻撃してくる。 (ザコ敵みたいな) なんとなくバーンアウトシリーズに敵車の破壊方法が似ている。 今までのシリーズでも爽快感が高い方だと思う。 グラフィックも結構いい感じ。 もっと車種を増やしたらもったよかった(仕方ない所もあるけど... 246• 122• 113• 308• 165• 123• 596• 112• 355• 126•

次の

堕天使の倉庫@ゲーム: 02175 爆走デコトラ伝説 ブラック

爆走 デコトラ 伝説

私は大のゲーム好きであり、自称「ゲーマー」です。 (笑) 今日執筆させて頂く記事の内容としては、プラットホームがPS2の、「真・爆走デコトラ伝説~天下統一頂上決戦~」というゲームについてです。 色々なモードがあるのが魅力的! このゲームは色々なモードがあります。 「全国制覇」モードは、最初はノーマルトラックでのスタートなります。 このトラックに乗り、全国の強敵(ライバル)を倒していき、報酬と知名度を得て、トラックを装飾しながら進めていくモードとなります。 因みに最初は中型のノーマルトラックです。 その他、平ボディやダンプ、大型トラック、超大型トラック(トレーラー)等に乗れるのでかなり面白いゲームだと思います。 大型トラックに乗るには、教習所に通って大型免許を取得するというのもリアリティがあってGOODです。 このゲームは、かなりやり込みました。 (笑) そして、最終章では伝説のトラッカー達と戦い、天下一で日本一の、一番星の文次郎を倒してクリアとなるのです。 そして、「男の華道」というモードは、晴れて天下一となった主人公がライバルと戦いながら、仕事をして休憩中やドライブインや事務所で知り合う女性達とのロマンスを描いているモードです。 他には文次郎の話や、竜神丸の大蔵の話等があり、これらも中々面白いです。 次に書くモードは、「グランドカミオン」というモードです。 このモードの特徴は、サーキットでトラック5台で順位を競うモードです。 昼間のモードもとても面白いのですが、やはりデコトラと言えば夜! 夜のサーキットで争う姿は壮観ですし、「やっぱりトラックやトラック野郎ってカッコイイ!」と思えるモードだと思います。 関口工芸 トラックに乗り、ライバルを倒し荷物を運び終わると、報酬がもらえます。 因みにですが、納品書にハンコを押すなど、そのような細かいところまで作り込まれているのが、このゲームの良いところだと思います。 そして、納品書にサインをしましたら、ガレージへと戻ります。 ガレージへ戻ると「関口工芸」という表示があります。 「関口工芸」にて、トラックを自由自在にカスタマイズ出来るのです。 トラックの外装やら内装、ペイントまで出来ます。 絵も自分で描く事ができるのも、魅力の1つだと思っております。 因みに「こだわり」という項目がありますが、この「こだわり」という項目は、トラックの細部までこだわる事ができるのです。 例えばですが、ウインカーの色を変えたり、ヘッドのリア部分をメッキにしたり、バイザーやバンパーの長さを調節したりという感じです。 超大型となると、煙突をあげる事も可能となっております。 技あり!&究極奥義! 技あり!というのは、トラックの内装やペイント、外装が一通り飾り終えると、「技あり!」となり、芸術度が上がります。 まとめ いかがでしたでしょうか? これが私がやり込んだ、「真・爆走デコトラ伝説~天下統一頂上決戦~」というゲームの内容となります。 このゲームは車好きだったり、トラック好き、現役トラック野郎の皆さんや元トラック野郎の皆さんであれば、かなり楽しめる内容だと思います。 ただレースとしては、高速道路で競うだけなので、やり続けるとマンネリ化が玉に瑕ですが、それもこのゲームの良いところなのかもしれません。 強いて言うならば、たれゴム(泥除け)や、排水ホース等もいじれるようになっていれば、もっとやり込んだと思います。 このゲームはやり込めばやり込むほどハマりますし、病みつきになり夜も寝ないでプレイすると思います。 (笑) 興味を持って頂けたなら幸いですし、是非1度プレイをしてみてください。

次の