佐川 急便 時間 指定。 【佐川急便】お届けまでの日数|荷物・宅配便の配達にかかる日数を調べる

佐川急便の時間指定について疑問

佐川 急便 時間 指定

午前中指定の早い時間に配達してもらいたいときありませんか? 佐川急便で荷物が届けられるときに、午前しか家に居られず8時~9時くらいに配達してくれると助かるのにということありませんか? 佐川の時間指定 「午前中」とは 「8時~12時」までの時間帯となっています。 午前中というくくりは4時間の幅があるから、8時と11時台に届けられるのではかなりの時間差がありますよね。 8時~9時くらいに配達が来たら助かるという荷物が、11時50分くらいに配達されたらもしかすると不在になってしまうかもしれませんね。 同じ「午前中」の8時と12時前では全然時間が違いすぎるんですよね。 ということで、佐川急便を利用した際に時間指定で「午前中」を選択して8時くらいに配達してくれるかをご紹介していきます。 佐川急便「午前中」の時間指定で8時に配達してくれる? 朝8時に配達してもらうため色々な実践や検証した結果をご紹介します! 時間指定「午前中」にして運よく8時を期待する これはお住まいのエリアに関係してきます。 営業所から近く配達ルートの最初の方に位置していたら、「午前中」の比較的 早い時間に配達してくれます。 こればかりはお住まいの地域に関係してくるので、今さらどうしようもないですよね。 これから引っ越し先を営業所の近くに引っ越せば、早く配達してくれるかもしれませんよ。 これは極端な話ですね。 法人と個人で関係してくるのかは不明ですが、以前勤めていた会社が佐川の営業所の近くだったので、「午前中」指定にすると、会社が動き出す「8時半」くらいに決まって配達してくれました。 ドライバーの人も会社が開く時間を知っていたので、その時間に合わせてくれ8時半に配達してくれました。 これが8時と伝えたら8時に配達してくれます。 問い合わせ配達時間の旨を伝える ネットで時間指定をするのではなく、 センターに直接電話をして「午前中」指定にして 8時くらいに配達してくれると助かるという旨を伝えましょう。 オペレーターは 「ご希望にこたえられない場合があります」と言います。 オペレーターですからそりゃ約束できませんよね。 でもこの方法で 午前中の8時台に来たことは多々あります。 偶然なのかわかりませんが、 効果的な方法だと思ってますのでぜひお試しください! ドライバーさんは忙しいので、配達は希望通りにならない可能性もあります。 担当地区のドライバーに事前に伝える 頻繁にネットで買い物をしている人なんかは、担当地区のドライバーは顔なじみだと思いますので、 荷物が届く予定の前に8時頃に届けてほしいと相談してみるのもありかもしれません。 ただ、週に何度も配達してくれる家じゃないと相談しづらいですよね。 でもこのやり方なら、かなりの確率で早い時間に配達してくれます! 「午前中」の早い時間の配達を相談するなら、日中配達しているドライバーに相談しましょう。 夜間ドライバーに朝の配達のことを言ってもチンプンカンプンになることがありますので注意しましょう。 佐川急便「午前中」の時間指定で8時に配達してくれる?まとめ いかがでしたでしょうか? 佐川で配達時間を「午前中」にしていして、8時付近に配達してもらう方法は理解できましたでしょうか? ご紹介した方法で、使えそうな方法はありましたか? ご紹介した方法は3つしかありませんが、 その中でもオススメは 「担当地区のドライバーに事前に伝える」なんですが、難点は週に何度も配達に来てくれないと、届く荷物に対しての相談がしづらい点です。 2日後に届く荷物って 2日前か前日にしか相談できないですよね?それだけ頻繁に利用しないといけないんですけどね。 もう一つのオススメは 「問い合わせ配達時間の旨を伝える」ですね。 これも意外に効果的なので試してみてください。 それぞれの地域やドライバーによって対応が異なるかもしれませんので、過度の期待はしないでください。

次の

佐川急便の配達前に時間指定を変更するにはどうすればいい?

佐川 急便 時間 指定

佐川急便の配達(Wikipediaより抜粋) 佐川急便と比較されるのがヤマト運輸である。 「クロネコヤマトの宅急便」という愛称でよく知られていて、時間指定を絶対に守る傾向が見られるとして評判が良い。 必着でなければならない荷物があれば、ヤマト運輸を使うという法人や個人は多い。 通常便は佐川、速達はヤマトという使い分けも多く見られる。 なぜ、ヤマト運輸では時間指定が守れるのに佐川は守れないのか。 そんな疑問を感じるかもしれない。 佐川急便は営業所の数が少ない。 それに伴って集配運転手が1人で担当するエリアもかなり広い。 荷物の量が多ければ、配達にかかる時間も長くなる。 一方のヤマト運輸は営業所がかなり多い。 セールスドライバー1人当たりが担当するエリアはかなり狭い範囲に限られる。 人口密集地ではさらにパート社員も動員して配達を行っている。 これにより、時間指定に遅れる可能性が大幅に減っている。 佐川急便とヤマト運輸で時間指定の質に違いがあるのは、営業所の数と配達員の人員が理由と考えてよい。 参照: 最近は時間指定に来るようになっている? かつて、佐川急便といえば時間指定には間に合わないことが多い会社だった。 最近はそんなケースが少なくなっているようだ。 以前と比べると、時間指定の通りに荷物が届く確率が大幅にアップしている。 午前中を希望すれば、正午までには届けられることがほとんどだ。 その理由が運賃の値上げである。 ヤマト運輸でも最近値上げが相次いているが、佐川急便でも同様に料金を引ぎあげている。 人手不足で遅延が相次いでいたが、これを機に人材の確保に力を入れている。 さらに、貨物量も以前より減っている。 値上げの影響から、運送する個数が少なくなりつつある。 これにより、配達に余裕が少なからず出てきた。 配達量が減ればその分時間指定の通りに荷物が配達される可能性が上がる。 値上げが理由となり、佐川急便でも必着ができるようになっているのは間違いないだろう。 遅配する確率とは? ところで、佐川急便にて本当に時間指定に遅れる確率はどれくらいになるのか。 遅れる確率 時期 繁忙期 10-20%程度 3月・7月・12月 通常期 5%程度 それ以外 結論を言うと、実際に配達が遅れる確率はそれほど高くはない。 通常期であれば、5%またはそれ未満になるだろう。 取り扱い貨物量が多くなる3月、7月、12月のような繁忙期であっても、遅れる可能性としては1割台に留まると考えられる。 「佐川急便=時間指定を守らない」というイメージを持つ人は少なくないものの、遅れやすさというのはヤマト運輸と比較した場合の話に過ぎない。 日本郵便のゆうパックなどと比べるとほとんど差はなく、遅配率は同じ水準と判断してよい。 ヤマト運輸だけ極端に遅れにくいという構図になっている。 なお、時間指定なしの荷物はここでは考慮していない。 こちらは、「概ねいつ配達してもOK」というニュアンスが大きくなる。 所要日数が変わることが1、2日程度あっても、それ以上は遅れることはない。 ただし、ヤマト運輸のように時間指定なしでも最短日の配達という高いレベルまでには残念ながらいかない。 この点では、佐川急便の配達は遅いという印象になってしまうかもしれない。 参照:.

次の

佐川急便の集荷受付時間の目安! 当日発送は12時が基準

佐川 急便 時間 指定

【目次】• ヤマト運輸 参考:ヤマト運輸公式ホームページ ヤマト運輸株式会社はヤマトホールディングスの子会社で、ヤマト運輸自体は上場していません。 配送会社としては、誰もが知っている大手企業です。 イメージカラーは、「緑」という印象が強いですね。 営業所も各々の地域に必ずあるといっていいほどあるため、発送も気軽に出すことができます。 丁寧な配達、荷物管理に定評がある配送会社です。 ヤマト運の宅急便料金 以下の運賃表をご覧ください。 こちらは 関東から各地域に発送する際の運賃になります。 ちなみにこちらは、集荷込みの運賃な為、営業所持ち込みはー100円と考えていただければ大丈夫です。 参考:ヤマト運輸ホームページ クール料金の場合、こちらの値段に加えて以下の料金がプラスになります。 参考:ヤマト運輸ホームページ 上の表を見ていただければわかると思いますが、クール料金は「冷蔵・冷凍」ともに120サイズまでです。 それ以降のサイズは発送することができません。 次にヤマト運輸の発送規格をそれぞれ解説致します。 以下のサービスは基本的なヤマト運輸のサービスになります。 ですので希望のサービスがなかった場合は上のリンクから公式サイトに飛ぶことをお勧めします。 宅急便 上記の表のサイズ規格で発送することができる一番ベーシックな規格になります。 宅急便には往復便(ゴルフや宿泊など)やクール便(冷蔵・冷凍)、複数口が含まれています。 25㎏以内、160サイズまで発送することができます。 クール便は120サイズまで発送することが可能です。 また時間指定が可能であり、保険もかかっています。 コンパクト宅急便 60サイズよりも小さいものを手ごろな価格で送ることが可能なサービスです。 専用の箱を購入し、物を梱包後その箱に入れて発送します。 保証は3万円が上限なので、高価なものは発送しないのが懸命です。 書類なども専用の箱があり、こちらのサービスを利用する人もいます。 ヤマト便 宅急便の企画を超えるものや、大量の荷物を同じ場所に送る際に便利な規格です。 宅急便の複数口に比べて安く送ることができます。 ただし、 30㎏を超える荷物や高さが運送用BOXを超える場合は送ることができません。 また、宅急便と違い保険を掛けるのが任意なのに加え、時間指定ができませんので注意が必要です。 家財宅急便 30㎏を超えるものや、ヤマト便の規格でも扱えないものは家財宅急便を利用します。 本来家財用のサービスなため、値段が跳ね上がってしまいます。 国際宅急便 国外に発送したい場合に使うことができるサービスです。 手続きや、書類の提出等が普通の宅急便に比べて複雑なので準備が必要です。 DM便 契約の方や法人の方々向けの安価な書類発送サービスです。 一般の方は利用することができません。 ネコポス 近年、フリマサイトやオークション等上で書類系のものや薄型のもの、Tシャツなどを安価で発送することができます。 ただし、フリマサイトやオークション以外では利用できない特別なサービスです。 フリマサイト等をよく利用する人にはもってこいのサービスですのでできるだけ使っていきたいですね。 佐川急便 参考:佐川急便公式ホームページ 佐川急便は、SGホールディングスの子会社です。 上場はしていません。 イメージカラーは、ヤマト運輸が「緑」だったのに対して「青」なのが特徴ですね。 制服も若々しい印象があります。 偏見かもしれませんが、ヤマト運輸のドライバーに比べて、佐川急便のドライバーは若い方々が多いイメージがあります。 営業所は、ヤマト運輸に比べると少ないです。 これはイメージではなく数字上の事実。 そのため、佐川急便を使いたくても近くに営業所がない!なんてこともあります。 佐川急便の宅急便料金 次に佐川急便の宅急便料金(飛脚宅急便と飛脚ラージサイズ宅急便)を見ていきましょう。 こちらは、関西から発送した際の各地域への運賃です。 参考:佐川急便公式ホームページ 次にクール料金を見ていきましょう。 参考:佐川急便公式ホームページ クール便は、宅急便料金に上記のクール料金が加わったのが運賃になります。 120サイズの規格がないんですね。 その代わり、上限は140までと大きいです。 飛脚宅急便 30㎏以内、160サイズまでを発送することができる宅急便です。 ヤマトの普通宅急便に比べて30㎏まで発送することができるのが特徴的ですね。 往復便や料金追加でクール便も利用することができます。 飛脚ラージサイズ宅急便 50㎏以内、260サイズまでのお荷物を発送することができます。 ヤマト便とは違い、時間指定が可能なうえ、料金も飛脚宅急便の延長に近いです。 ソフトケースで楽器を送ることもでき、とても優秀な便だといえます。 飛脚国際便 こちらは、ヤマト運輸の国際便とほぼ変わりません。 国外にお届け物がある際はこのサービスを利用しましょう。 飛脚ハンガー便 衣服をハンガーにかけた状態で発送することができるのが特徴のサービスです。 ヤマト運輸にはこういったサービスはないため、イベントや冠婚葬祭等にもってこいのサービスです。 飛脚ジャストタイム便 時間を細かく指定できる便です。 サイズも、50㎏、260サイズまで可能と融通がとても利きます。 飛脚特定信書便 トラブルを避けるため、信書を扱わない配送業者が増えています。 そんな中、この特定信書便では、 請求書や証明書を送ることができます。 飛脚電報便 電報を届けることができる便です。 あまり配送業者で電報を扱っているとは聞かないので、とても斬新なアイデアだと感じます。 飛脚メール便 ヤマト運輸のDM便に近いメール便です。 一般の方は利用することができず、 法人のお客様のみ利用が可能です。 ヤマト運輸の「クロネコメンバーズ」と佐川急便の「スマートクラブ」 ヤマト運輸には「クロネコメンバーズ」という会員サービス、佐川急便には「スマートクラブ」という会員サービスがあります。 どちらも似たようなサービスではありますが、日時変更や再配達の依頼がネットからできたり、問い合わせができたりするシステムサービスです。 充実度や認知度はクロネコメンバーズのほうがあるような気がします。 特に電子カードの発行数はおそらくクロネコメンバーズが圧勝しており、普及率も高いです。 しかし、スマートクラブもまた、同じような制度であり、今後伸びてくることを期待しています。 ヤマト運輸と佐川急便の各々の強み ここでは、一通りヤマト運輸と佐川急便を比較したうえで感じた各々の強みを上げていきたいと思います。 ただし自身、ヤマト運輸のことは詳しいですが、佐川さんの情報は疎いことがありますので注意です。 ヤマト運輸の強み ヤマト運輸の強みは以下の点です。 佐川急便に比べて、決済の種類が豊富、また割引もある• クロネコメンバーズ制度が充実している• 営業所の数が佐川急便と比べてはるかに多いため、気軽に荷物を発送できる• 佐川急便に比べて日時指定が少ない分、時間指定を守って配達してくれる• フリマサイトやオークションの発送に貢献している こんな感じですね。 特に、決済の種類が豊富である点や、クロネコメンバーズ制度が充実しているのはとても良い点です。 佐川急便の強み 佐川急便の強みは以下の点です。 ヤマト運輸に比べて、運賃料が若干安い(割引が効くとヤマトのほうが安い場合あり)• 発送サービスが幅広く、充実している• 大きい荷物(楽器など)を送る際は、間違えなく佐川一択• 時間指定がヤマト運輸より充実している• サイズが少し大きくても融通が利くことがある(ヤマトではありえない) これが佐川の強みですね。 特にここまで発送サービスが充実しているとは思いませんでした。 まとめ 今回、ヤマト運輸と佐川急便を比較し、各々の強みを認識することができました。 ヤマト運輸に限ってはクロネコメンバーズの充実性や営業所の多さ、佐川急便に限っては発送サービスの充実など、各配送業者の強みがしっかりあるということを知ることができました。 皆さんも、自身のニーズに合った配送業者を選び発送をしたりサービスを利用したりするようにしてください。 この記事が少しでも皆さんの役に立てば幸いです。 他にもいろいろな記事を書いていますので、よろしければそちらもご覧ください。 それでは!.

次の