と ん 刑 者 意味。 「無期懲役」と「終身刑」の違い

刑の執行を受けることがなくなった日とは・・

と ん 刑 者 意味

中国における宮刑 異称と語源 古代の宮刑は、 腐刑(ふけい)、 椓刑(たっけい)、 陰刑(いんけい)、または単に 宮などと呼ばれた。 また、処された者たちが横たわる部屋の様子がを飼う籠に似ていたので、これを蚕室と呼び、宮刑に処することを「蚕室に下す」とも言った。 椓刑の「椓」は削り取る意で、外性器を損壊削除する刑罰の意である。 王ので害が働く憂いがないため宮廷や付属する機関で終身にわたって働かせ、このことから「宮刑」といわれた。 「腐刑」の語源については多くの説があり、治癒前の傷口から悪臭を発するから、もしくは治癒後に陰部が尿で濡れるため股間から尿臭がするようになるからという説(悪臭説)、腐った木は芽吹かないことから子孫を作れなくすることを「腐」と称したという説(断種説)、前漢初期の竹簡に「府刑」ともあることから、宮中で労働させる宮刑と同じく「府」(役所)で働かせる刑罰の意味だという説(労働刑説) 、上古音では「腐・府」と「婦」が音通であることから股間の形状を女性のように平坦にする意味という説(女性化説)、外性器を縛って腐らせる事で去勢する方法があったからだという説(手術法説)、「腐」という漢字には「ドロドロに溶けて再び固まる」という意味があり 「豆腐」等 、患部が一度爛れ、再び固まる様を言ったという説(治癒経過説)、などがあり、真相は不明である。 概説 主にを対象とした刑罰で、に次ぐ酷刑として位置付けられていた。 、、のすべてを切除する場合と、睾丸のみ切除する場合があった。 刑罰として科す場合は前者の場合が多い。 罪人に対して科されるため、代以前には、外性器を切り落とした後も十分な治療もされず、荒っぽい方法がとられたため死亡率も比較的高かったと思われる。 宮刑を科された者の多くは、その後となって宮廷に仕えた。 の時代に宮刑を廃止して美人を解放したものの、には死刑の代替刑として腐刑に処すことを許した(ともに『』景帝紀)。 を批判したとして死刑とされたが宮刑を受けて命を助けられ、後にに任じられた。 受刑後にとして重用されることが多くなると、後の世には、すなわち自ら性器を切り落として宦官となる人間が増加した。 それに伴い、代に宮刑は一旦廃止される。 なお、一旦廃止された宮刑は代に復活し、政府の高官からを作る人夫まで、さまざまな階層の男性がこの刑に処せられた。 宮廷に関係なく、その他等の地域でも行われた。 女性に対する宮刑 『』に「女子は閉づ」とあり、これをのように陰部を閉鎖すると解釈するか、単に本人をすると解釈するかで意見が分かれている。 は「宮とは丈夫は則ち其の勢を割ち女子は宮中に閉す。 今の官なる男女の若き也」(『』秋宮司刑鄭玄注)と述べ、は「宮とは女子淫すれば執りて宮中に置き出づるを得ざらしむなり。 丈夫淫すればその勢を割去するなり(『』五刑)といっているように、漢代では幽閉説のほうが有力だったが、実際に去勢された事例も若干数あったようである。 陰部閉鎖説を支持したは、古代中国の刑罰を「族外制裁」と「族内制裁」の二系統が統合されてできていたとして、宮刑・黥刑・劓刑・臏刑のような身体刑は、異民族や他部族への「族外制裁」に源流しているとした。 これとはまったく逆の説もあり、宮刑は部族内部の成員への制裁であって、性器を切断して能力を奪ってしまえば家系が絶える事になり、先祖に対する祭祀をの最重要項目に置くにおいては、共同体からの追放刑として認識されていたとの説もあり、この説の場合、女性は「宗族(父系男子共同体)」の所有物とされていたとし、だから「宗族共同体からの追放刑」が女子の場合は幽閉されることになるのだという。 宮刑と腐刑は別のものという説 「宮刑」は文字通り宮中で召し使う「労働刑」であって、去勢を行う「腐刑」とは古くは本質的に異なる刑罰であったが、両者は次第に混同されて同じ刑罰の別名とされるようになった。 かつては、での労働刑に処せられた宦官(去勢者という意味でなく宮廷内での労働に従事する奴隷という本来の意味の宦官)が不祥事を起こすことを避けるためにあらかじめ去勢を付加したことから、両方の刑が混同されたのであるという説もあった。 この説によれば「宮刑」の趣旨はあくまでも宮廷における強制労働刑であり去勢はあくまで付随的なものである。 ゆえに女性を宮刑に処す場合には去勢する必要性がなかったと言える)。 ところが、1983年に発見された初期の法令集『二年律令』では府刑(腐刑)に処せられたのは、を犯した者と相当の罪を繰り返した者に限定されており、後者は去勢刑だけで労働刑がないが、前者の条文には「強與人奸者、府以爲宮隷臣」と記され、あくまで去勢(府)が主刑で、労役(宮)はそれに付随する付加刑であったことが判明した。 このように、旧説と新説ではどちらが主刑でどちらが付加なのかという違いはあるが、去勢刑(府)と労役刑(宮)が別々に存在して、後に両者が混同されたというでは一致する。 なお去勢手術法の違いで股間の見た目が異なり、黄河文明以来の系統をひく帝国での手術法が「椓刑」で(この説の場合「宮刑」は去勢ではなく労働刑)、戦国期から登場したの手術法が「腐刑」(これは途絶えて名称だけが別名として残る)だとも、また別の説では秦代以前から地方には睾丸を残す手法があったともいう。 日本における去勢刑(羅切刑) 通説では日本では宮刑を取り入れなかったとされているが、『』にある「」という言葉には宦官の意味もあることから、の頃には少なくとも一時的には行われていたのではないかとする説がある。 その後の日本における宮刑の記載例としては、『』の記述があり、その方法は『後太平記』に「男はヘノコを裂き(やを切取る)」、「女は膣口を縫い潰して塞ぐ」と記録されている。 実際の執行例としては『皇帝紀抄』巻七に、の代、(承元元年)にの弟子であるとが、の咎での刑に処せられたとの記録がある()。 ただし、この「羅」は「頸」の誤写であり、実際には斬刑だったとも言われる。 その他著名な伝説としては、本州西部の有力であったの遺児、歓寿丸の逸話が挙げられる。 義隆が家臣の謀反によって、(20年)9月1日、に攻め滅ぼされたとき、残された歓寿丸は、して逃げ山中に潜伏したが、翌年捕らえられて殺害されたという。 その際、歓寿丸本人すなわち男児である証拠を求めた陶軍が、遺体の男根を切除して持ち去ったとする伝説があり、の近くにあるその現場には、歓寿丸を哀れんだ村人によって、という寺が造られている。 日本語の俗語で、陰茎またはの切断を「」とも言うが、必ずしも宮刑と同義ではない。

次の

無期刑

と ん 刑 者 意味

サルトルの言葉ですね。 まあ下の人たちのコメントがだいたい的を射てるわけですが、せっかくなので以下サルトルの概念から。 ハサミなどの物は最初から目的を持って作られているんです。 これを即自存在って言います。 神がいるとすれば人間も目的を持って作られたって言えるけど、神なんていないんだ、だから人間というのは目的なんかなくただ存在だけが先にあるってわけ。 これを対自存在と言います。 だとしたら人間は自らを創り上げて行かなくてならない。 その過程でなりたい自分を思い描き、目標や未来像を描いて実現に向けて行動する「自由」を持っていることになるんです。 でもその自由があるからこそ、その選択の結果生じた責任は全て自分で請け負うことになる。 その責任から逃れることはできないわけです。 当然神を恨むわけにもいかない。 それを「自由の刑」と表現したのだと思われます。 よく問題となる「自由意志はあるか」ということについてはサルトルは「ある」という立場ですね。 人間の選択は神とか自然とか社会に規定されてるわけでなく個人がやってると言う考えだから決定論者に言わせると「そんなわけない」ってことになるでしょう。

次の

「人間は、自由の刑に処せられている」って、どういう意味で...

と ん 刑 者 意味

刑罰の本質 [ ] 刑罰については、絶対主義、相対主義、併合主義の3つの立場がある。 絶対主義 刑罰は正義を回復するための道義的必要に基づく応報であり、犯罪を行ったから罰するものであるという立場を絶対主義という。 絶対主義は絶対的応報刑論を内容としている (を参照)。 絶対的応報刑論の論者としてやがいる。 相対主義 刑罰の合目的性・有用性から刑罰は犯罪を行わせないために罰するものであるという立場を相対主義という。 相対主義は目的刑論を内容としている (を参照)。 相対主義には一般予防論と特別予防論がある。 一般予防論とは、刑罰は犯罪者を処罰することにより社会の一般人を威嚇し犯罪が発生することを抑止する目的をもつものであるという立場をいう。 一般予防論は中世における不合理で残虐な刑罰を批判し、相対主義によって刑罰の合理化や緩和化を図ろうとしたもので、一般予防論の論者としてやがいる。 特別予防論とは、刑罰は犯罪者を処罰することにより犯罪者自身を改善するもので、それによって将来の犯罪を抑止する目的をもつものであるという立場をいう。 特別予防論の論者としてやフェリーがいる。 併合主義 絶対主義と相対主義の両者を統合し、刑罰には正義の回復と合目的性のいずれも存在し、犯罪を行ったがゆえにかつ犯罪を行わせないために刑罰は存するという立場を併合主義という。 20世紀のヨーロッパ各国での刑法改正作業では応報刑論と目的刑論が対立していたが、応報刑論者も刑罰による犯罪者の改善の必要性を承認するようになったため併合主義が通説化した。 刑罰権 [ ] 刑罰権とは、犯罪者を処罰できる権能であり、通常は犯罪者を処罰できる国家の権限をいう。 刑罰権には、一般的刑罰権と個別的刑罰権がある。 一般的刑罰権と個別的刑罰権 一般的刑罰権とは犯罪が存在した場合に 通常は国家が その犯罪を処罰する権能をいい、個別的刑罰権 刑罰請求権 とは具体的な犯罪に対して犯罪を行ったものを処罰できることをいう。 観念的刑罰権と現実的刑罰権 個別的刑罰権において、実際に刑罰を物理的に科すことができるためには、手続き(犯人をつかまえ、裁判を行い、それが確定すること)が必要である。 そのため、個別的刑罰権を未確定な段階での観念的刑罰権(裁判における刑罰の適用)と、確定的な刑罰権たる現実的刑罰権(死刑、懲役など確定した刑罰の執行)に分けることができる。 刑罰の種類 [ ] 刑罰はその剝奪する法益の種類によって、、、、、に分類される。 生命刑 人の生命を奪う刑罰でがこれにあたる。 苦痛を与える残虐な方法としてがある。 身体刑 人の身体に対して苦痛を与える刑罰。 、、入れ墨をする、身体の一部を切り落とす・などがある。 自由刑 人の身体の自由を奪う刑罰。 ・居住制限・拘禁(やなど)を内容とする刑罰をいう。 追放刑は、一定区域への移動を禁じ、移動・居住の自由を奪う罰で、追放先で労役を科す場合もある。 財産刑 財産(財物・金銭)を奪う刑罰。 ととがこれにあたる。 名誉刑(資格制限刑) 人の名誉を奪う刑罰で公権の停止などがこれにあたる。 かつては生命刑や身体刑が刑罰の中心であったが、文明の発展とともに制限される傾向にあり、他方、国によっては社会奉仕命令などの立法も出現しており全体的には緩和化の傾向にあるとされる。 刑事手続における刑罰 [ ] 日本 [ ] この節は特に記述がない限り、日本国内の法令について解説しています。 また最新の法令改正を反映していない場合があります。 ご自身が現実に遭遇した事件については法律関連の専門家にご相談ください。 もお読みください。 日本における現行法における刑罰は主刑と付加刑とに分けられる(刑法9条)。 付加刑とは主刑の言渡しに付加してのみ言い渡すことができる刑罰を言う。 日本の現行法における刑種 刑種 内容 分類 主刑 刑事施設内において絞首() 刑事施設に拘置して所定の作業を行わせる() 自由刑 刑事施設に拘置する() 原則一万円以上の財産刑() 財産刑 一日以上三十日未満刑事施設に拘置する() 千円以上一万円未満の財産刑() 財産刑 (労役場留置) 罰金・科料を完納することができない者は一定期間に留置する() (換刑処分) 付加刑 一定の物件の没収() (追徴) 没収物件の全部又は一部を没収することができない場合、 その価額を追徴することができる() 主刑の軽重は上に掲げる順序による。 ただし、ととでは無期禁錮を重い刑罰とし、の長期(当該犯罪の刑期の最長期間をいう)が有期懲役の刑期の2倍を超えるときも、禁錮を重い刑罰とする(同法10条1項)。 これらの刑種は、死刑を別として、懲役・禁錮・拘留を、罰金・科料・没収をと大きく分類される。 なお、罰金ないしは科料を完納することができない場合には、に留置されることとなる。 なお、比較的軽度の刑罰に対しては、刑の執行を一定の期間猶予し、その間犯罪を犯さないなどの条件を満たす場合には刑の言い渡しの効力を失わせるという制度が設けられている。 執行猶予は3年以下の懲役・禁錮、50万円以下の罰金に対して付すことが可能であり、これによって、短期の自由刑については、内での処遇の弊害を回避しつつ、社会内で一定の心理的強制力を対象者に及ぼしつつ更生を図らせることが期待されている。 これに対して執行猶予が付されない場合は俗に 実刑と呼ばれる。 韓国 [ ] 韓国の刑法では9種の刑罰が定められている(韓国刑法41条)。 資格喪失• 資格停止• 没収 国際刑事裁判所 [ ] (ICC)の刑事手続には死刑はなく最高刑は終身刑である。 ヨーロッパ諸国は死刑を認めるべきでないとの立場に立っていたのに対し、主にアラブ諸国は最も重大な犯罪であるにもかかわらず死刑を科さないことに反対があったため、国際刑事裁判所に関するローマ規程第80条は各国の国内法に定める刑罰の適用を妨げるものではないことを特に規定している。 刑罰の種類は主刑としての自由刑と付加刑としての財産刑である。 自由刑として「最長三十年を超えない特定の年数の拘禁刑」及び「犯罪の極度の重大さ及び当該有罪の判決を受けた者の個別の事情によって正当化されるときは終身の拘禁刑」が定められている(国際刑事裁判所に関するローマ規程第77条1)。 また財産刑には「手続及び証拠に関する規則に定める基準に基づく罰金」及び「直接又は間接に生じた収益、財産及び資産の没収」(善意の第三者の権利を害することのないように行うことが条件)が定められている(国際刑事裁判所に関するローマ規程第77条2)。 国際刑事裁判所は独自の刑事施設を有していないため刑の執行について各国の協力を得る必要がある。 拘禁刑の執行については、刑を言い渡された者を受け入れる意思を裁判所に対して明らかにした国の一覧表の中から国際刑事裁判所が指定する国において執行されるが、指定がなされない場合には接受国()が提供する刑務所において執行される(国際刑事裁判所に関するローマ規程第103条)。 罰金及び没収の執行については、国際刑事裁判所の命令に基づき、締約国の国内法の手続に従って執行される。 厳罰化問題 [ ] 犯罪が増加した場合、または抑止効果を狙って、の適用、・の年数増加など刑を重くすること(厳罰化)が行われることがある。 つまり、ルールを破った者、罪を犯した者への対応として、教育することと、制裁を加えることのバランスにおいて、後者により重きを置くのである。 厳罰化は立法による場合(法定刑の引き上げ)、行政による場合(求刑の引き上げ)、司法による場合(量刑の引き上げ)によってなされる。 厳罰化には、犯罪に対するより厳格な報復を望む被害者・遺族および世論の要望に応える目的や、社会感情を鎮めること、社会秩序の維持、国家や警察・検察機関の体面の維持などが挙げられる、さまざまな社会的要因が関係する。 の過熱化と厳罰化とは密接な関係が指摘されている。 日本では、1995年の、1997年のを発端にして、ワイドショー番組でも盛んに事件報道が行われるようになった。 ワイドショーで視聴率の取りやすい報道は、あからさまに恐怖を煽ったり、犯人の残虐性を強調したり、被害者の悲しみや怒りを情緒的に伝える報道であり、報道番組の事実解明重視型の報道とは大きく異なるものとなった。 このことにより、データとはかけ離れた感覚での社会不安が高まった( 、の悪化)。 例としては、の法定刑が、「死刑又は無期若しくは3年以上の懲役」から「死刑又は無期若しくは5年以上の懲役」に引き上げられた。 詳細は「」を参照 参考文献 [ ]• 著『江戸の刑罰』[中公新書]、1964年。 著『刑事政策講義』、2009年。 村瀬信也・洪恵子 編『国際刑事裁判所 - 最も重大な国際犯罪を裁く 第二版』東信堂、2014年。 脚注 [ ]• 「刑法総論講義 第二版」 川端博 成文堂 665頁• 「刑法総論講義 第4版」 前田雅英 東京大学出版 2頁• 105. 106. 112. 242「ICCの刑事手続の特質」高山佳奈子執筆部分• 243「ICCの刑事手続の特質」高山佳奈子執筆部分• , p. 244「ICCの刑事手続の特質」高山佳奈子執筆部分• 「NO! 監視」ニュース 【第6号】. 2004年1月30日. 2018年4月23日閲覧。 関連項目 [ ]• (日本の現行法で規定されていない刑についてはこちらを参照)•

次の