アルカリ性 の 食べ物。 体をアルカリ性に保つため日々意識して摂取したい食べ物は?

体をアルカリ性にする食べ物はありますか

アルカリ性 の 食べ物

からだが酸性に傾く最も大きな原因は、食生活の偏りです。 食べ物にも酸性食品とアルカリ性食品があります。 酸性食品ばかり食べ続けると、当然からだは酸性化します。 だからといって、酸性食品を食べてはいけないわけではありません。 なにしろ主食の米そのものが酸性食品なのですから、食べないわけに行きません。 要はバランスなのです。 ご飯を食べるときには必ずアルカリ性食品の味噌汁を組合すように。 それでは、酸性食品とアルカリ性食品とを詳しく見てみましょう。 レモンや梅干は酸っぱいから酸性だと、勘違いされている人をときおり見かけます。 果汁そのもののpHや味によって、酸性食品かアルカリ性食品かを区別するわけではありません。 決め手になるのはミネラルの比率です。 ミネラルには、カルシウム、鉄、マグネシウム、ナトリウムなど、体内に入るとアルカリ性を示すものと、リンやイオウ、塩素のように酸性をしめすものとがあります。 このうち特に大きな影響を与えるのは、カルシウムとリンの比率です。 リンはカルシウムに次いで体内に多く含まれているミネラルです。 カルシウムと結合して骨や歯を作り、細胞膜の原料にもなります。 このように、リンにも重要な働きがあり、不可欠の栄養素です。 しかし、肉や魚に多く含まれており、食品添加物としても多用されているので、摂取不足の心配はほとんどありません。 むしろ過剰摂取が問題となっています。 アルカリ性食品とは、カルシウムとリンの比率がちょうどよいものを言います。 理想は1対1ですが、1対4まではアルカリ性食品とされています。 リンの比率がそれより高いものが酸性食品です。 野菜はほとんどアルカリ性食品です。 健康を保つために、積極的に取りたいものです。 ところが、日本人の1日あたりの野菜の摂取量の平均値は、290gしかありません。 目標は350gです。 その3分の1を緑黄色野菜で取るようにしましょう。 海藻類も日本人にはなじみの深い食べ物ですが、アルカリ度抜群です。 昆布やカツオ節でだしをとった味噌汁にワカメは定番ですね。 代表的なアルカリ性食品です。 この他、鉄やカリウム、マグネシウム、マンガンなどのミネラル、ビタミン、水溶性食物繊維も豊富です。 是非、たくさんの野菜や海藻が入ったお味噌汁を飲みましょう。 野菜、果物のカルシウムとリンの比率表 食品名 カルシウム リン 比率 約 アスパラガス 19 60 1:3 キャベツ 43 27 2:1 キュウリ 26 36 1:1 ごぼう 46 62 1:1 小松菜 170 45 4:1 春菊 120 44 3:1 大根 24 18 1:1 大根葉 260 52 5:1 タケノコ 16 62 1:4 玉ねぎ 21 33 1:1.5 とうもろこし 3 100 1:33 トマト 7 26 1:4 ナス 18 30 1:2 ニラ 48 31 2:1 にんじん 28 25 1:1 ネギ 31 26 1:1 白菜 43 33 1:1 ピーマン 11 22 1:2 サツマイモ 40 46 1:1 ジャガイモ 3 40 1:3 コンニャク 70 10 7:1 いちご 17 31 1:2 梅 12 14 1:1 梅干 65 21 3:1 オレンジ 24 22 1:1 柿 9 14 1:2 干し柿 27 62 1:2 キウイ 33 32 1:1 さくらんぼ 13 17 1:1 スイカ 4 8 1:2 梨 2 11 1:6 パイナップル 10 9 1:1 バナナ 6 27 1:5 ブドウ 22 3 7:1 ブルーベリー 8 9 1:1 メロン 6 13 1:2 桃 4 18 1:4 リンゴ 3 10 1:3 レモン 果汁 7 9 1:1 可食部100gあたり 単位;mg 根本悦子先生 著「改訂版 食のとっても大切なお話 あなたに贈る食ものがたり」より抜粋.

次の

梅干しはアルカリ性食品!アルカリ性食品の効果をご紹介!

アルカリ性 の 食べ物

体内で を与える を生じるが多いをいう。 食品の性の度合いは,食品 100gを焼いて得られたを中和するに要する規定液の cc数で表わされる。 ,,,芋類はアルカリ性残基を残すのでアルカリ性食品である。 のうち柑橘類はが強く,実際にが存在するが,これは体内で完全に燃焼して最後にはになるので,体内の無機質の反応には関係ない。 また一般にはであるが,ワインは酒類のなかでは唯一のアルカリ性食品である。 人間のは常にの に保たれており,すぐにになったり,アルカリ性になったりするわけではないが,アルカリ性食品を適度に食べることは栄養のバランス上よいと考えられる。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説 食品を燃焼して灰にしたとき,その灰分中にナトリウム,カリウム,カルシウム等のアルカリ性を示す元素を多く含む食品で,野菜,果物,牛乳など。 食品100gを燃焼して得る灰分を一定の条件下で水に溶解し,そののアルカリを中和するのに要する1規定の酸のミリリットル数で表す。 これに対しやのように,,,等の酸をつくる元素を多く含むものをという。 のは弱アルカリ性で,酸性食品の摂取については,相当量のアルカリ性食品をとることが望ましいとの説があるが,人間の血液やなどの体液は,アルカリ性食品,酸性食品の摂取のしかたによって,直ちにアルカリ性になったり酸性になったりするわけではない。 出典 株式会社平凡社 百科事典マイペディアについて の解説 食品に含まれている無機質のうち、カリウム、カルシウム、マグネシウム、ナトリウムなどアルカリをつくるものが、リン、硫黄 いおう 、塩素など酸をつくるものよりも多い食品をいう。 これに対して酸をつくる無機質の多いものを酸性食品という。 測定法は、一定量の食品を焼いて得た灰分を水に溶かし、これを中和させるのに必要な酸の量をみるか、灰分中の元素分析を行い、両群の元素のミリグラム当量の差から算出する。 一般に、カリウムやカルシウムの多い野菜、果実、海藻、キノコ、いもなどがこれに入る。 体液が水素イオン濃度指数(pH)7. 4に維持されていることから、アルカリ性食品が健康によいといわれたが、体の機能はつねに一定のアルカリ度を保っているので、摂取する食品によって影響は受けない。 [河野友美・山口米子] 『山口迪夫著、国民栄養振興会・日本栄養士会栄養指導研究所編『アルカリ性食品・酸性食品の誤り』(1987・第一出版)』 出典 小学館 日本大百科全書 ニッポニカ 日本大百科全書 ニッポニカ について の解説.

次の

アルカリ性の飲み物って?効能と注意点について説明します。

アルカリ性 の 食べ物

魚介類や海藻類、牛乳などの乳製品はカルシウムを多く含み、シイタケなどのビタミンDを多く含む食品は、カルシウムの吸収を助けてくれます。 魚介類:干しえび、煮干、いわし、いかなご、わかさぎ など。 魚の骨まで食べてしまえば更なる効果が! 海藻類:ヒジキ、ワカメ、昆布、海苔など。 海藻類はpH数値が高いアルカリ性の食品ですから、歯にとって非常に良い食品であるといえます。 カルシウムの摂取は歯に良いですが、乳製品を歯につけたままにしておくと、やはり歯に悪いようです。 チーズ:パルメザンチーズ、プロセスチーズ、カマンベールチーズなど 牛乳のpH値は「7」で、極めてアルカリ性に近い食品です。 よく「牛乳は噛むようにして飲む」といわれますが、歯全体に牛乳を行き渡らせる事で、食事で酸性に傾いた口内をアルカリ性に近づける効果があるようです。 糖分を加えていない「プレーン・ヨーグルト」なら虫歯になる事はありません。 逆に虫歯菌とかいった悪性菌の増殖を抑える効果があります。 またはヨーグルトはを抑えることができます。

次の