プラモ サフ。 プラモデルの下地処理(表面処理)

【サーフェイサー】スプレー缶と瓶で迷ったけど、エアブラシで瓶サフ吹いてよかった。

プラモ サフ

下地処理 プラモデルの下地処理(表面処理) 表面処理は、本塗装前にパーツ表面を滑らかに仕上げる下地の最終仕上です。 一見するとキレイな面に見えるパーツも、パーティングラインやヒケ、微妙な凹凸やうねり、キズ等があってそのまま塗装するとキレイに仕上がってくれないんです。 そこで、これらの小さな凹凸や小傷を消して、パーツ表面を滑らかな面に仕上げてあげましょう! 行程としては、全体的に800番程のペーパーを当ててパーティングラインやヒケを取り除き、サーフェイサーを吹いて仕上げ、となります。 表面処理で作った下地以上の仕上がりにはならないので、カーモデルのボディやバイクプラモデルのカウル等は、キレイに処理しておきたいところ。 ペーパーがけ まずは、パーツ全体にペーパーを当て、パーティングラインやヒケを消していきましょう。 個人的には大体800番を使ってますが、削りすぎが不安であれば、1000番あたりでも良いと思います。 ここで、隅々までペーパーを当てて平面を出しておかないと、研ぎ出しでペーパーを当てた時に下地を出す可能性があるので、特に角や隅の部分は丁寧にペーパーを当てていきます。 ペーパーがけは、塗料の食いつきを良くする「足つけ」効果もあるので、全体的に一通り当てていきます。 左の写真はまだペーパーが当たってない所があるので、これを右の写真のように、くまなくペーパーを当てて行きます。 ヒケが大きく、ペーパーを当てるとパーツを削りすぎてしまう場合は、この後吹くサーフェイサーを多少厚めに塗装してヒケを埋め、再度ペーパーを当ててヒケを消して行きましょう。 もしくはこの時点でパテ埋めして、ペーパーで整えて消しておいても良いです。 無理にペーパーで削ると、パーツの形が変わってしまいますからね。 パーティングラインは、窓枠や角の部分など、一見見えないところにあったりするので、見逃さないよう丁寧に処理しておきましょう。 ペーパーを当てて削る他、デザインナイフを立てて左右に動かすように「カンナがけ」してもキレイに処理できます。 大きな平面は平らな板等にペーパーを両面テープで貼り付けて削ると、キレイな平面を出せます。 端や角、小さな面積の平面などは、ペーパーを2つ折りにして下側を少し膨らませるように持って削ると、角や端の部分を削りすぎることなく、平面を出しやすいんじゃないかなと思います。 曲面部分は、3Mやタミヤのスポンジヤスリを使うと滑らかに仕上げやすいです。 3Mだと青文字の800~1000番を使う事が多いですけど、場合によっては320~600番も使ってます。 曲面をフィニッシング・ペーパーで磨くと、どうしても滑らかな曲面に仕上がにくいので(特にカーブのきつい曲面)、スポンジヤスリを使うのがオススメです。 一度使うと手放せなくなりますよ! 合わせ目のパテ埋め 部品の合わせ目や大きめの段差、ヒケ等はサーフェイサー塗装後にペーパーを当てるだけでは消えそうにないので、パテ埋めしてあらかじめ消しておきましょう。 写真は、を使ってます。 スジ彫りを深く掘り直す 左の写真みたいにスジ彫りが浅い場合は、右のように深く掘り直しておくと、完成したときに引き締まって見えます。 このキットの場合スジ彫りがすごく浅かったので、まずはハセガワのエッチングソーで全体的に切れ込みを入れ、その後GSIクレオスの「Mr. ラインチゼル 0. 2mm幅」で深く入れ直していきました。 大半のキットは、ある程度の深さでスジ彫りが入ってるので、そのラインに合わせてラインチゼルで掘り直して行けばOKだと思います。 最後に、2000番のペーパーで掘った溝を軽く均しておくと、滑らかに仕上がってくれます。 サフ吹き 写真左は全体的にペーパーを当て終わった状態。 ペーパーを当て終わったら、サーフェイサーを塗装していきましょう。 サフを吹き付けて、特にこれといった傷や凹み等無ければ、表面処理は終了ですが、傷や凹み等あった場合は再度ペーパーを当てたり、パテ埋めして修正していきます。 グレーのサフを吹くと、今まで見えなかった傷や凹み、パーティングライン等が見つかることがけっこうあるんですよね。 サフを吹いた後のパテ盛りは、ラッカーパテを少量盛りつけてます。 下にサーフェイサーを吹いてるので、同じパテ同士の方が馴染みが良いかな?と言う気がするので。 パテ盛りした部分をペーパーがけして、その部分に再度サフを吹き、表面が滑らかになっていれば3Mのスポンジヤスリ 1200~1500で表面を全体的に軽く均して、滑らかに仕上げておきます。 これで表面処理は終了。 ボディ色がブラック、ブラウン、ダークブルーやダークグリーン等、暗めの色ならこのまま本塗装へ進みます。 ボディ色がイエローやレッド、ホワイト等隠蔽力の低い明るい色の場合は下地がグレーだとキレイに発色しないので、発色を良くするためさらにホワイトやピンク等での下地塗装を行ってから本塗装に入ります。 もしくは、最初からホワイトサフやピンクサフを吹きつけておいてもOKです。 ただ、ホワイトサフはキズの具合等が見にくいので、この辺はケースバイケースで。 関連ページ.

次の

プラモデルの下地処理(表面処理)

プラモ サフ

下地塗装 プラモデルの下地色が上塗り塗料の発色に与える影響 隠蔽力の低い明るい塗料を塗る場合、下地の色によって仕上がりが大きく変わってきます。 赤とか黄色とか、明るくて鮮やかな色は下の色を隠す力(隠蔽力)が弱く、下地がブラックやグレーだとキレイに発色してくれないんです。 そこで、どの程度下地の色が影響してくるのかいくつか試して見ました。 下地色による発色の違い 下地色がホワイト、ピンク、グレー、ブラックの4種類の上に、Mr. カラー「68 モンザレッド」を1~4回塗装して、発色にどの程度影響があるか試してみました。 写真だとちょっとわかりにくいですが、下地色がホワイト、ピンクの2つはほぼ色合いが変わらず(1回塗りだと、白の方が若干色みが浅い感じ)、 2回塗りの時が最も鮮やかに発色しているように思います。 4回まで塗り重ねていくと、少し暗く沈んだような赤になって鮮やかさが失われてきてしまってます。 逆にグレー、ブラックは回を重ねる程に赤みが増して行きますが、鮮やかな本来の赤に発色することはなく、暗く沈んだ色のままです。 赤を塗る場合は下地を白かピンクで塗装し、2~3回塗りで仕上げるとキレイに発色してくれるんじゃないかなと思います。 それと、下地色が白の場合キレイな赤色に発色するんですが、ムラが出やすいので、ムラが出ないように注意が必要。 下地がピンクだと色ムラが目立ちにくいので、赤色の塗装は下地をピンクに仕上げておくと、塗装が簡単になると思います。 赤以外でも、黄色などの薄く淡い色は下地の色が透けやすいので、 明るい色は下地を白で仕上げておくようにするとキレイに塗装できます。 ホワイトサフ、各種ホワイト塗料の隠蔽力比較 ホワイトサフやホワイト塗料で下地を作る場合でも、それぞれの塗料で隠蔽力も違ってきます。 そこで、ブラックの下地に各種ホワイトサフ&ホワイト塗料を1~4回塗って、どの程度下地を隠せるか試してみました。 下の写真の上から順に、• クレオス「ベースホワイト1000」• タミヤ「ファインサーフェイサー ホワイト」• クレオス「ホワイトサーフェイサー1000」• クレオス「GX1 クールホワイト」• クレオス Mrカラー「1 ホワイト」• 白いプラ板にMrカラー「1 ホワイト」を吹きつけた白見本 で試してみてます。 缶スプレーのサフは空き瓶に移し、全てエアブラシで吹きつけてます。 写真だと、色の感じが実際とはちょっと違う感じなんですけど、参考までにご覧下さい。 結果として、この中で最も隠蔽力が高いのは、クレオス「GX1 クールホワイト」。 GX1は3回塗った時点で殆ど下地のブラックを隠し切れてます。 ただ、4回塗った時点でも白見本と比べると若干暗く沈んだような発色です。 クールホワイトはちょっと寒色系というか蛍光色っぽいと言うか、非常に爽やかな感じの白なので、元々の塗料の色合いなのかもしれません。 次に隠蔽力の高いのは、タミヤ「ファインサーフェイサー ホワイト」とクレオス「ホワイトサーフェイサー1000」。 若干タミヤのホワイトサフの方が隠蔽力が低い気もしますが、ほぼ同じ程度の隠蔽力です。 これも3回塗った時点でだいたい下地のブラックは隠せてますが、やはり白見本と比べると、4回塗っても若干暗く沈んだ白に仕上がってしまいます。 次がクレオスの「ベースホワイト1000」。 これは3回塗った時点でも、ちょっと下地の黒をかくしきれてない感じ。 4回塗りでも、上記3つの塗料より暗い感じです。 「ベースホワイト1000」を使うなら、「GX1 クールホワイト」を使った方がより下地を隠せると思います。 ベースホワイトの方はつや消しなので、艶有りで仕上げる場合は塗装面が荒れ気味になるので、この点でもちょっとデメリットあります。 最後、最も隠蔽力の低いのはクレオス Mrカラー「1 ホワイト」。 これは普通の白塗料なのでどうしても無理がありますね。。 4回塗っても下地の黒を隠しきれませんでした。 関連ページ.

次の

1/35スネーク塗装HOW TOその2『フィギュアの命!お顔の塗装!』

プラモ サフ

【 もくじ 】• 1.シルバー塗装の筆塗りはムラが消えない シルバー等のメタリック色は筆塗りが難しいです。 メタリック色には、塗料に微細な金属粒子が入ってます。 筆塗りすると塗料が乾くまでにこの金属粒子が塗料内部で動いてしまって、均一にならずムラになってしまうんです。 写真はMr. カラーの8番・シルバーを左側が筆塗り、右がエアブラシで塗装しましたけど、筆塗りの方はこのムラが消えずに残ってしまいます。 通常色みたいに重ね塗りしたからといって、ムラは消えてくれません。 それでも、小さな範囲を筆塗りする分には目立たないので問題ないんですけどね。 なので、シルバー等の金属色は基本的にエアブラシか缶スプレーで塗装する事をオススメします。 2.シルバー塗装は剥がれやすい メタリック色、特にシルバーは通常色塗料に比べて食い付きが悪く、剥がれやすいです。 写真左は、下地にサフを塗らずにシルバーを塗ったのですが、マスキングテープを剥がす時に一緒に剥がれてしまいました。 写真右はサフは吹いてますけど、何かにぶつけた拍子にかけるように剥がれてしまってます。 微細な金属粒子がプラスチックや塗装面と接する事で、樹脂成分の接触面積が減って、食いつきが悪くなってるんだと思います。 特にシルバーはプラスチックへの食いつきが悪いので、注意しておいた方がいいです。 メタリック色でも、メタリックブルーとかメタリックレッドなど、色が付いている塗料は金属粒子が少ないせいか、そこまで食い付き悪くは無い感じがします。 塗料の剥がれを防止するには、下地に サーフェイサーを必ず塗っておく事と、シルバー塗料に クリアー塗料を1~2割程混ぜておくと、かなり食いつきが良くなります。 サフの代わりに艶有りブラック等のソリッドカラーを塗っても良いともいます。 プラスチックに直接シルバー塗装は、剥がれる可能性大です。 3.下地は艶有りブラックで塗装しておく シルバー塗装の下地は、艶有りの黒で仕上げておくとキレイなシルバーに発色してくれます。 シルバーによっては下地ブラックで塗ってもあんまり変わらないケースもありますけど、基本ブラックで塗っておくとベストだと思います。 特にメッキシルバー等のメッキ調の塗料は、下地を艶有りブラックで鏡面に仕上げにしておくと、一段とメッキ感が増してくれます。 4.下地は1000番~のペーパーで仕上げる ボンネットについてるキズですけど、これは最初にボディにペーパーをかけた時に付いたキズなんです。 一応サフも吹いてチェックしたつもりなんですけど、シルバーを塗装したらキズが目立って見えてきました。 シルバー塗装はわずかなキズでも、ハッキリ見えてしまう塗料なんです。。 このキズは、上からクリアーを吹いても消えてくれません。 なので、シルバー塗装は通常色よりも丁寧に下地を整えておく事をオススメします。 800番のペーパーだと、その後にサフをしっかりと適切に吹き付けておけば、キズは出ないです。 タミヤのファインサフなど目の細かいタイプでも大丈夫です。 ただ、吹き残しがあったりサフが薄かったりするとキズが消えきれない可能性も出てくるので、念のため1000番以上のペーパーで下地処理しておくと確実だと思います。 写真のような状態になってしまったら、キズのある部分だけ2000番程のペーパーを当ててキズを消し、上からシルバーを塗装しておけば、キレイになります。 でもメタリック色の場合、同じように吹き付けると、ムラになる可能性が高いです。 ウェット状態に吹き付けられた部分の金属粒子が、塗料が乾く間に動いたり沈殿したりして、均一にならずに輝きが違ってムラになって見えてしまうんです。 写真は一箇所だけにちょっと集中して、ウェット状態に吹いてみたところですが、その部分だけ輝きが他と違ってしまってます。 このムラは、乾燥した後もずっとこのままで変わらないです。 メタリック色を塗装する場合は、エアブラシや缶スプレーを少し離し気味にして、薄く、塗料が部品についたと同時に乾燥するような感覚で塗装してやると、ムラなくキレイに塗装できます。 ムラになった場合は、その部分が乾くのを待って上から塗装しなおせば、キレイになります。 通常色であれば、ペーパーをかけても、上からクリアーを塗装すればペーパー掛けで付いた傷は消えてしまいます(色にもよります)。 ところがメタリック色の上からペーパーをかけると、ペーパーをかけた部分の金属粒子が削れてしまい、他のペーパーを当ててない部分と光の反射が変わってしまいます。 そうすると、その上からクリアーを塗装しても、光の反射の違いがそのまま残ってしまうので、キレイにならないです。 ホコリの付着などでメタリック色を塗った上からペーパーをかけた場合は、その部分を再度メタリック色で塗装してから、クリアーを塗装しましょう。 研ぎ出しの時は、クリアー層を削りすぎてシルバー色を削ってしまったりすると、修正が難しいので特に注意しておいた方が良いです。 本塗装のシルバー色にペーパーを当ててしまうとキズが消えないので、修正するにはその部分にシルバーを塗って、上からクリアーを塗ってと、修正が面倒になってしまいます。 しかも修正時にはクリアー層の上からシルバーを塗ることになるので、その部分が回りと馴染まず、違和感が出てくる場合もあり、そうなると最初からやり直した方が・・・ という事になると、すごく面倒なのでメタリック色の研ぎ出しは慎重にやっていきましょう。 クリアーを一度に厚く塗ってしまうと、下層のメタリック色表面が溶け出して、金属粒子がクリアー層に浮いて出てきて、ムラ(戻しムラ)になる場合があるからです。 ラッカー系のメタリック色の上にラッカー系クリアーを吹くときは、注意しておいた方がいいと思います。 写真のルーフ部分ですが、少しシマシマ模様になってしまってます。 これは、クリアーを吹き付けたことで下地のシルバー色が溶け出して、ムラになってしまった状態です。 こうなってしまうと、再度メタリック色を塗り直さない限り、キレイに直らないです。 このクリアー塗装時のムラを防ぐには、• クリアー色を特に最初は薄く、乾かしながら数回に分けて塗装する• メタリック色にクリアー塗料を1~2割程混ぜて吹き付ける。 の2点気をつけておくと、ほぼ防げます。 クリアーを塗装しておこる戻しムラは、ケースによっては最悪シンナーで塗料をすべて落として、最初からやり直しという場合もあるので、ホント気をつけておきたいです。 レーシングマシン等、シルバーと他の色をマスキングで塗りわけて、ボディ全面にデカールを貼ってるケースなんかで、最初からやり直しになったら大変すぎますからね。。 ・・・シルバー塗装は色々と気を使うので、ちょっと疲れます。 関連ページ.

次の