たけのこ 水 煮。 たけのこの保存方法と保存期間は?農家さんに聞いてみよう!

細い種類のたけのこ!下処理と食べ方について!

たけのこ 水 煮

作り方• 鶏肉は一口大のそぎ切りにし、塩をふって片栗粉をまぶす。 たけのこはくし形切りにする。 しいたけは軸を落として半分に切る。 にんじんは皮をむき幅1センチの短冊切りにする。 きぬさやは斜め半分に切る。 花麩は水につけて戻し、水気をかるくしぼる。 耐熱のボウルにだし汁の材料を入れてラップをかけ、電子レンジ(600W)で3分加熱。 ざるでこして鍋に入れる。 2のだし汁にしょうゆ、みりん、たけのこを加えて中火にかけ、煮立ってから5分ほど煮る。 しいたけ、にんじんも加えてさらに5分ほど煮る。 きぬさや、花麩を加えてサッと火を通し、具材をすべて取り出す。 3の煮汁を煮立てて1の鶏肉を入れ、肉の色が変わって汁にとろみがついたら火を止める。 椀に野菜と鶏肉を盛って煮汁をかけ、わさびをのせる。

次の

鶏とたけのこの治部煮

たけのこ 水 煮

ゆでたけのこ ・・・250g• めんつゆ(3倍濃縮タイプ) ・・・大さじ2• しょうゆ ・・・小さじ1• 水 ・・・130ml• かつお削り節 ・・・ふたつまみ(4~5g)と適量 作り方• ゆでたタケノコは根元と穂先部分に切り分け、穂先は縦二等分に、根元は縦に半分に切り、幅約1センチ~8ミリ厚さに切ります。 鍋にたけのこ、水、めんつゆ、しょうゆ、かつお節をふたつまみ程度加え中火にかけ、 煮たったらフタをして火を弱め12分程度煮て火をとめてそのまま冷まします。 器に盛り、削り節適量(分量外)を上にかけます。 キッチンメモ 季節に一度は食べたいたけのこの煮物。 定番タケノコ料理、たけのこの煮物を紹介します。 今回はめんつゆを使ったお手軽版です。 旬のたけのこで作ってしみじみ旨い。 は、もちろんだけど。 一年中、時々食べたくなるおかずです。 スーパーのお総菜コーナーでもおなじみ。 たけのこの土佐煮と目が合うと。 そういえば、これ、しばらく食べてないけど、好きなんだよね。 なんてふと思い出しちゃうタイプ。 市販のたけのこの水煮パックで作ってももちろんOK。 結構簡単なので、お総菜じゃなく、家で作ってもいいかもしれません。 マジカルキッチン料理レシピ めんつゆを使わず、だしをつかったたけのこの土佐煮レシピもあります。 徐々に見やすさもアップしているかな。 かつお節について たけのこの土佐煮と言えば。 やっぱり かつお節。 ちなみに料理名についている「土佐」は【高知】のことを指します。 土佐煮のほか、土佐酢なんてありますよね。 高知県がかつおの産地なので、かつお節を使った料理には「土佐」がつくようになりました。 今回のたけのこの土佐煮では、かつお節は煮る際に鍋に入れるのと。 仕上げに追いかつお節でも加えます。 よりかつお節の風味豊かに。 いつもの料理でも、かつお節をトッピングしただけでも違いますよね。 味わいぐんとアップ、香りもいいですね。 かつお節、ひとつまみは? かつお節を指を使って「つまんで、ひとつまみ、ふたつまみ」で、はかるとき。 指三本(親指、人差し指、中指)でつまみます。 結構がばっとつかむんですよ。 8~2g程度あります。 ちなみに鰹パックの小袋がその程度の分量です。 (商品によってグラムが違いますが) 女性の指で軽くつまむ程度だとちょっと少ない感じかな。 なので、がばっと掴むようにしてください。 たけのこについて、保存などの記事 マジカルキッチン料理のTips 鍋でゆでる方法、部位別食べ方などたけのこに関する記事です。 圧力鍋でのたけのこのあく抜き下茹でレシピです。

次の

鶏とたけのこの治部煮

たけのこ 水 煮

A ベストアンサー 筍のえぐみは筍が大きかったり、採ってから時間が経っているからだと思うのですが。 スーパーマーケットなどで買ったんですよね?朝堀りと名前がついていても、時間がずいぶん経っていたりしますよね。 ということで、えぐみのある筍は元々に問題があるのでは。 私もyokorinさんと同じようにして下処理しますが、えぐい筍はこういうものだとあきらめてしまいます。 実はえぐい筍はバターで仕上げると、えぐみが独得の風味に変っておいしくなるんです。 えぐみの強い筍を薄くスライスして、塩、胡椒を振り、小麦粉を付けて、バターで焼きます。 筍のムニエルですね。 これ、ほんとおいしいですよ。 もう、煮物にしてしまったのであれば、筍ご飯にしてしまいましょう。 こうすれば、えぐみも気にならなくなるはず。 にんじんと油揚げを用意して、一緒にご飯と炊きこんで、木の芽を飾りましょう。 木の芽は筍のえぐみを感じにくくさせてくれますよ。 そうだ、煮物に山椒を振りかけてみてください。 少しはえぐみが気にならなくなりませんか?それで食べられるようになれば一番簡単ですよね。 小さめに切って、かつお節、山椒をからめてみたらどうでしょうか? 筍のえぐみは筍が大きかったり、採ってから時間が経っているからだと思うのですが。 スーパーマーケットなどで買ったんですよね?朝堀りと名前がついていても、時間がずいぶん経っていたりしますよね。 ということで、えぐみのある筍は元々に問題があるのでは。 私もyokorinさんと同じようにして下処理しますが、えぐい筍はこういうものだとあきらめてしまいます。 実はえぐい筍はバターで仕上げると、えぐみが独得の風味に変っておいしくなるんです。 えぐみの強い筍を薄くスライスして、塩、胡椒を振り、小麦... A ベストアンサー 腐敗と食中毒は違います。 wikipedia. wikipedia. 今回変な臭いがしたという事は腐敗が進んでいたと思われます。 仮に食中毒菌が付いてたとしても豚肉自体は加熱したので おそらく問題ないです。 しかし包丁や手、豚肉が触れた器具は 汚染された可能性があります。 念のため洗浄後加熱出来る物は煮沸消毒。 出来ない物は漂白剤で殺菌して下さい。 腐敗した食品は加熱しても腐敗は変わりません。 腐った物を食べれば、身体が拒絶反応を起こし すぐに嘔吐します。 今変化がなければ大丈夫だと思います。 前記のように食中毒菌が付いていれば腐敗と共に増殖をしています。 ただ購入した豚肉以外にも菌が付いていることになり集団食中毒が発生して ニュースになっているはずです。 気になる様でしたら、24時間は体調をよく見ておいて下さい。 腐敗と食中毒は違います。 wikipedia. wikipedia. 今回変な臭いがしたという事は腐敗が進んでいたと思われます。 仮に食中毒菌が付いてたとしても豚肉自体は加熱したので おそらく問題ないです。 しかし包丁や手、豚肉が触れた器具は 汚染された可能性があります。 念のため洗浄後加熱出来る物は煮沸消毒。 出来ない... また、ご近所の農家でも種を採るためだと思いますが数本の菜の花状態のブロッコリーを見かけます。 ただし、人間の都合から言いますと、見た目の悪さ以外にも食感と栄養価が落ちますので、食べれますが、新鮮な歯ごたえ 黄色く花が咲きかけると粒粒の部分はしんなりとしてしまい、軸は固く筋が入る)・栄養素(ビタミンC他 の面では今後は早めに使用(食材として利用)されますことをお勧めいたします。 nissen. php Q 夕食を食べたあと、夫だけが嘔吐と下痢に時々なります。 涙 一緒に住みだしてから、もちろん私がご飯を作るのですが、時々、夫だけ嘔吐と下痢 食中毒?? を起こしているのです。 私はなんともないのですが、何度かこういうコトがあるので、どうしたら良いか悩んでいます。 食品は気をつけているつもりで、加熱を十分して、もちろん賞味期限が切れた物は出しません。 食器もちゃんと洗ってますし。。。 現にいつも私は何ともないのです。 本当に不思議なのです。 嘔吐と下痢になっている夫はとても可哀想で、なんとかしてあげたいのですが、いつも原因が分からず困惑しています。 こうやって、同じものを食べて、1人だけ食中毒になる人はいますか?免疫が弱いのでしょうか? また、繊細な家族をお持ちで、気をつけていらっしゃる方はどんなコトをしていますか? 教えて頂けると幸いです。 A ベストアンサー 食中毒には様々な原因があって、症状や症状が出るまでの時間も千差万別です。 菌によっては下痢と腹痛だけのものもありますし、嘔吐とセットになることもあります。 また必ず発熱するものでもありません。 意外にここがわかりやすいです。 kao. 菌によっては、原因食を口にしてから症状が出るまでに1週間(O-157なんて典型ですね)近い日にちを要するものもあるからですね。 したがって、ご主人の症状の下痢と嘔吐だけで食中毒と判断することはできません。 そもそも食べてすぐ症状が出るというのは菌の種類もかなり限定されてきますので、どちらかといえば食中毒ではない可能性のほうが高いと思います。 食品自体に問題がなくても、食べた人の体調や体質によって危害にいたることはいくらでもあります(これを食あたりといいます)。 食べたもので下痢や嘔吐=食中毒ではないということですね。 たいへん僭越なのですが、ご主人が精神的になにか抱えていらっしゃるか、もしくは体調、体質的な要因である可能性のほうが高いと思います。 できるだけ早くお医者さんにかかるほうがいいと思いますが。 食中毒には様々な原因があって、症状や症状が出るまでの時間も千差万別です。 菌によっては下痢と腹痛だけのものもありますし、嘔吐とセットになることもあります。 また必ず発熱するものでもありません。 意外にここがわかりやすいです。 kao. 菌によっては、原因食を口にしてから症状が出るまでに1週間(O-157なんて...

次の