レイカーズ 対 セルティック ス。 NBAがレイカーズ戦を延期、コービー氏の死を受け 写真8枚 国際ニュース:AFPBB News

セルティック ス 対 ロケッツ

レイカーズ 対 セルティック ス

NBA BEAT・LA!!! ルイススコラは今年で契約が切れるわけで、そうとういい選手とトレードしないとペイサーズはまたしんどい契約が残ってしまうと思うんですが…。 7 1. まとめて、これら2つのクラブはとして知られている。 (ただ濃く印刷されただけだと思うけど) ボーナストラックは5曲。 強欲なと彼の宅配ネット書店もまだこの世に存在しない。 1-21: Atlanta Hawks• 30位 ウォリアーズ: ダイヤモンド・ストーン• 08m 240 lb 109kg 1950年代 プレイオフ進出:10回 ファイナル進出:4回 優勝:3回• 前回はペイサーズがぎりぎり逃げ切りました。 1016 6 ft4 in 1. ここまで3連勝のアーセナルは3勝1分けとなった。 23【勝手にランキング】バックアップPG編 同一ディビジョン同士の場合は、ディビジョン内勝率• :39回• そしたら今度はセルティックスよりの笛に! なんだこりゃ!? ペイサーズのリードの時間が続きますが、どうも笛が…。 590 プレイオフ 355 268. 個人的にはデューク大のスターでGリーグの王様 クイン・クック GSWとツーウェイ契約 がでも通用するというところがみたいです。 セルティックスは1976年の優勝をピークに、次第にリーグでも下位のチームへと低迷していった。 NBAのペイサーズのサマーリーグ2試合目の感想です。 また、試合日付は日本日付表示です。 Malik Beasley• でもソウル好きな人だから、"Moonlight Shadow"はわからなかったのかな。 壁の上をギリギリで越える、低い弾道の鋭いフリーキックが決まると、駆けつけた緑のサポーターは狂ったようにはしゃいだ。 23【勝手にランキング】バックアップPG編 com• 2000-2007• 数カ月後、クラブは本拠地をに移し、次のシーズンはを初制覇した。 : 2017ー 選手以外での殿堂入り [ ]• 585 1回戦敗退 4, セルティックス 2 53 29. (詳細ルールと出場選手は下の記事で確認してください) グループ1• 5 1. 2000-2007• カイリー・を止めることはできませんでしたが...。 しかし、世界最強の戦う男がいる限りこのチームは常に脅威です。 4回のポゼッションを得ている• しかし、ファイナルで優勝するためにはシェーン・バティエ、カワイ・レナード、アンドレ・イグダーラ、クリス・アンダーセン、デショーン・スティーブンソン、、スコティー・などのようなベスト(エース以外)が必要です。 同時にリリースされた1stの「THE PRINCE OF 」はを見るとジャケットが変わってる。 NBAなんでもベスト5 シーズン終盤で浮上してきたですが、2017オフの補強はドラフト2名のみ。 第1弾は1巡目21位から30位までの指名予想です。 に対してはが確定していない。 リーグ最高のツーウェイプレイヤーであるレナードは復帰するする詐欺を繰り返し 笑 復帰する見通しは立つも、明確な日時はまだ判明していません。 PGとして大成するかは疑問が残るので、ジャマール・クロフォードのような1オン1に強いガードを目指すべき。 ( 2010年12月) 2003年、セルティックには900万人のファン(内100万人はアメリカ合衆国およびカナダ)がいると推計された。 の評価は7. 平均得点差 8. 1-20: Indiana Pacers• 0 1. 6 6. ニックス獲得: デリック・ローズ、ジャスティン・ホリデー、2017年ドラフト2巡目指名権• 海外のプレーヤーも1巡目で多く指名されそうで、・コルクマズやティモセ・ルワウは、多彩なオフェンスのスキルを持つスです。 NBA BEAT・LA!!! スティーブンズはミスを再びスコアリングの機会として見ている。 Henry Ellenson• つまり、がいい取引をして戦力を大幅にアップさせたことが引き金となって起きたなのです。 ロケッツがチームを分断し彼を孤立に追い込んでいたことの証左だ。 ロケッツに尻を蹴り上げられた」 唯一、奮闘したのは、22本中13本のシュートを決め38点をあげたケビン・デュラントだ。 mattsmood• 8位 マーキース・クリス(ウォリアーズ)• 1991-1992シーズン、プレイオフのカンファレンス・セミファイナルでに3勝4敗で敗退し、バードの最後のシーズンが終わった。 彼らがいかにすごいかわかると思います。

次の

NBAプレーオフ カンファレスファイナルでセルティックス予想外...

レイカーズ 対 セルティック ス

シーズン前 [ ] ドラフト [ ] ではがから全体1位指名を受けた。 ほか、、、、、、、、、、、、、、、、、らが指名を受けている。 オールスターにはJ・B・キャロル、K・マクヘイル、A・トニー、K・バンダウェイ、J・ルーランドの5人が選出されている。 その他 [ ]• 新たに が加盟し、チーム数は23に増加した。 これによりリーグの再編が行われ、とはイースタン・カンファレンスに、とはウエスタン・カンファレンスに編入された。 所属でプロ2年目のが、年100万ドルの巨額契約を結び、NBA史上初の100万ドルプレイヤーとなった。 35回目のシーズンを迎えたNBAは、それを記念して「NBA35周年オールタイムチーム」を発表した。 シーズン [ ] オールスター [ ]• 開催日:2月1日• 開催地:• イースト 123-120 ウエスト• : () イースタン・カンファレンス [ ] アトランティック・デビジョン Team W L PCT. GB 62 20. 756 - 62 20. 756 - 50 32. 610 12 39 43. 476 23 24 58. 293 38 セントラル・デビジョン Team W L PCT. GB 60 22. 732 - 45 37. 549 15 44 38. 537 16 31 51. 378 29 28 54. 341 32 21 61. 256 39 ウエスタン・カンファレンス [ ] ミッドウエスト・デビジョン Team W L PCT. GB 52 30. 634 - 40 42. 488 12 40 42. 488 12 37 45. 451 15 28 54. 341 24 15 67. 183 37 パシフィック・デビジョン Team W L PCT. GB 57 25. 695 - 54 28. 659 3 45 37. 549 12 39 43. 476 18 36 46. 439 21 34 48. 415 23 スタッツリーダー [ ] 部門 選手 チーム AVG 得点 30. 7 リバウンド 14. 8 アシスト 9. 1 スティール 3. 4 ブロック 3. 3 各賞 [ ]• : ,• : ,• All-NBA First Team:• All-NBA Rookie Team:• , ボストン・セルティックス• NBA All-Defensive First Team:• , フィラデルフィア・76ers• , フィラデルフィア・76ers• , フェニックス・サンズ• , シーズン概要 [ ]• 前季との加入でリーグに旋風を巻き起こしたとは、セルティックスはさらに勝率を上げたものの、優勝チームのレイカーズはマジックが45試合を欠場したため、前季より勝率を落とした。 前季ファイナルに進出したはセルティックスと並ぶリーグトップの勝率を収めた。 1970年代前半に2度の優勝を飾りつつもその後主力選手が次々と引退し、70年代後半は勝率5割を下回るシーズンが続いたは、前季にが引退、がチームを離れ、、、ら若手選手がチームの主力を担うようになった。 このシーズンには8年ぶりに50勝以上を達成するなど躍進を果たしたものの、翌シーズンにレイ・ウィリアムスがニックスを去るため、このユニットは僅か2シーズンで解散した。 HC率いるは時代以来となる60勝を達成し、地区優勝を飾った。 当時のバックスにはジャバーのようなスーパースターは存在しなかったものの、主力を担う、、、らはいずれもガード-フォワードの選手()と機動力に重点を置いた陣容を揃え、それにベテランのが加わり、リーグ有数の得点力を誇った。 バックスのイースタン・カンファレンス編入・躍進により、80年代前半のイースタンはセルティックス、76ers、バックスの三強時代へと突入するが、バックスは常にセルティックスと76ersの後塵を拝し、プレーオフでは毎年のように両チームに敗れる。 擁するは、このシーズンからヘッドコーチを務める指揮の下、前季を大きく上回る52勝を記録して地区優勝を果たした。 スパーズはこの年から3年連続で地区優勝を飾るが、プレーオフではレイカーズなどの壁を破ることは出来なかった。 は前季55勝という好成績を記録しながらもシーズン前に思い切ったチーム改革を行い、チームの英雄をにトレードし、元ファイナルMVPのを獲得した。 好ディフェンダーのジョンソン獲得によりディフェンスが改善されたサンズは、前季を上回る57勝を記録し、レイカーズを抑えて地区優勝を飾った。 一方スーパーソニックスはウェストファルが46試合を欠場、はシーズンを全休するなど散々なシーズンとなり、前季の56勝から34勝と急落、地区最下位にまで沈んだ。 かつてチームのエースだったが指揮を採って2年目のは4シーズンぶりにプレーオフに進出するも、スローンはこのシーズン限りでコーチを退き、翌シーズンから再び低迷期に入る。 ブルズが再びプレーオフ戦線に顔を出すには、運命のを待たなければならない。 はNBAに加盟して以来初のプレイオフ進出。 前季パシフィック・デビジョン覇者のはシーズン序盤から大きく負け越し、残り3試合を残してがコーチを辞した。 70年代を代表する強豪チームだったは13シーズンぶりにプレーオフ進出を逃す。 のが、フリースロー成功率でNBA史上最高率となる95. またの持つフリースロー連続60本成功記録を破る、連続78本を記録。 ・ [ ] 1回戦 カンファレンス準決勝 カンファレンス決勝 ファイナル 1 サンズ 3 5 キングス 4 4 トレイルブレイザーズ 1 5 キングス 2 5 キングス 1 Western Conference 6 ロケッツ 4 3 レイカーズ 1 6 ロケッツ 2 6 ロケッツ 4 2 スパーズ 3 W6 ロケッツ 2 E1 セルティックス 4 1 セルティックス 4 5 ブルズ 0 4 ニックス 0 5 ブルズ 2 1 セルティックス 4 Eastern Conference 3 76ers 3 3 76ers 2 6 ペイサーズ 0 3 76ers 4 2 バックス 3 名門復活 [ ] の人事権を握るは非常に貪欲な人物だった。 に入団が決まると、同じ年に名のとを獲得。 マラビッチは引退してしまうものの、アーチボルト、大型フォワードの、セルティックスの70年代黄金期を支えたにバードが加わった前季のセルティックスは60勝を記録し、一時の低迷期を脱して一気に優勝候補に躍り出た。 それでも満足しなかったアワーバックはより優勝を確実なものにするため、このシーズンの前に大胆なトレードを行った。 アワーバックは過去にバード入団に備えて、もう一つ手を打っていた。 1979年にセルティックスのシステムにはマッチしていなかったかつてのオールスター選手であるを使って、から将来のドラフト指名権を獲得していたのである。 この指名権が、では全体1位指名権に化けていた。 セルティックスには是が非でも手に入れたい選手が居た。 のである。 セルティックスはドラフトで彼を指名するだけで簡単にマクヘイルを獲得できたが、滅多に手に入らない1位指名権をただ単純に行使するアワーバックではなかった。 アワーバックはドラフト前に、1位指名権を13位指名権と合わせてに譲渡してしまったのである。 見返りに得たのがセンターのとドラフト3位指名権だった。 低迷が続き、再建に本腰を入れたいウォリアーズにとって、このトレードは決して悪いものではなかった。 パリッシュの後釜として、この年のドラフトの目玉である216cmの大型センター、を指名できるからである。 そしてウォリアーズはドラフトでキャロルを1位指名。 2位指名権を持つはを指名した。 そしてアワーバックは目論見通り、ウォリアーズから受け取った3位指名権でマクヘイルを指名。 セルティックスとアワーバックは、まんまと一度にパリッシュとマクヘイルを手に入れてしまったのである。 一連のアワーバックの動きは「最も不公平なトレード」の烙印を押されるが、1978年のバード指名に奇策に続くアワーバックの妙技により、ラリー・バード、ロバート・パリッシュ、ケビン・マクヘイルと、後に 史上最高のフロントコートと呼ばれるの役者がここに揃った。 パリッシュはデイブ・コーウェンスにかわって先発センターとなり、マクヘイルはセドリック・マックスウェルのバックアップを務めた。 ますます充実した顔ぶれとなったセルティックスは、前季を上回る62勝を記録。 プレーオフではカンファレンス決勝でを第7戦の末に破って前季の雪辱を果たし、5年ぶりのファイナル進出を果たした。 下位シードの意地 [ ] 当時人々の期待はラリー・バード率いるボストン・セルティックスと率いるによるファイナル決戦だったが、マジックの負傷により夢の対決はこの年も叶わなかった。 そして西を勝ち上がってきたのは意外なチームだった。 は80年代を代表する名センターにロケッツを長年に渡って支え続けたと、ポイントガードのらを擁していたものの、優勝争いからは程遠いチームで、このシーズンも40勝42敗と勝率5割には届かず、カンファレンス6位ギリギリで辛うじてプレーオフに進出した。 もシーズン前には100万ドル契約を結んだが話題を集めていたものの、チームとしては下り坂でこのシーズンもロケッツと同じく40勝42敗。 やはりギリギリでプレーオフに進出していた。 レイカーズはマジックの不調が明らかで、このシーズンのウエスタン・カンファレンスのプレーオフはとによって争われるはずだった。 ところがロケッツとキングスはプレーオフ1回戦で上位シードのレイカーズとを破り、カンファレンス準決勝に勝ち進むと、ロケッツはスパーズを、キングスはカンファレンス勝率トップのサンズを、いずれも第7戦の末に破ってしまったのである。 ロケッツにとっては初の、キングスにとっては27年ぶり(当時はデビジョン決勝)のカンファレンス決勝進出となった。 カンファレンス決勝はロケッツが4勝1敗でシリーズを制し、最下位シードから勝ち上がったロケッツがチーム史上初のファイナル進出を決めた。 ロケッツのレギュラーシーズン40勝42敗は、ファイナルに進出したチームの中では史上最低の勝率である。 ファイナル [ ] ファイナルはシーズン勝率トップのチームと、プレーオフ進出チームの中では最下位の勝率だったチームの対決となった。 ロケッツはセルティックスとの直接対決で12連敗中であり、セルティックスの優位は明らかだった。 それでも自信満々のモーゼス・マローンはファイナル前に記者の前でセルティックスを散々にこき下ろした。 マローンの発言は虚勢ではなく、第1戦はロケッツペースで進み、前半を57-51のロケッツリードで折り返した。 このままマローンの挑発に屈してしまうかに見えたセルティックスを救ったのが、エースのラリー・バードだった。 第4Q終盤、バードは自身が放ったシュートを外れると読んですぐにゴール下のベースライン右側に駆け寄り、リムに弾かれたボールを空中で受け取ってそのままシュートを決めるという、後に有名になるプレイを見せる。 バードのプレイに刺激されたセルティックスは逆転を果たし、98-95で第1戦を勝利した。 しかし第2戦はモーゼス・マローンがゴール下を支配し、92-90でロケッツが敵地で貴重な1勝をあげた。 に戦いの場を移した第3戦では、セドリック・マックスウェルの活躍で94-71とセルティックスが圧勝した。 この日8得点と不調だったバードは、フラストレーションからロケッツの ()と小競り合いを起こしている。 第4戦は再びマローンがゴール下で存在感を発揮。 バードはリードの執拗なディフェンスの前にまたもや8点に抑えられて91-86でロケッツが勝利し、シリーズを2勝2敗のタイに戻した。 そして第4戦の後、マローンはまたもや記者の前で大胆発言をした。 曰く、「セルティック相手なら自分の故郷()のストリートバスケをやっている連中でも勝てる」。 この発言が、セルティックスの逆鱗に触れた。 第5戦をセルティックスは109-80で圧勝。 第6戦では第2戦から不調続きだったラリー・バードも復活。 前半を6点リードで折り返すと、試合終盤にロケッツが猛烈な追い上げを見せた時にはバードがシリーズ唯一のスリーポイントシュートを決めて駄目押しし、102-91でセルティックスが勝利。 5年ぶり14回目の優勝を決めた。 ファイナルMVPにはセドリック・マックスウェルが選ばれた。 恒例のビール掛けに沸くロッカールームで、バードはレッド・アワーバックの持ち物から失敬した葉巻を吹かし、初めての優勝を祝った。 ロサンゼルス・レイカーズに遅れること1年、名門復活を果たしたボストン・セルティックスは、リーグ史を代表する名チームとしての第一歩を踏み出した。 一方奇跡のファイナル進出を果たしたヒューストン・ロケッツは、しかし強豪の仲間入りを果たしたわけではなく、翌シーズンも平凡な成績が続き、やがてモーゼス・マローンもチームを離れてしまう。 ロケッツが再び優勝戦線に顔を出すには、運命のを待たなければならない。 ラリー・バードとマジック・ジョンソンの活躍で俄かに人気が高まるNBAだが、テレビ中継は未だに冷遇されており、ファイナルですら深夜帯に放送されていた。 そしてこの年のファイナルの平均視聴率は、過去最低となる6. この記録はのファイナルで更新される。 結果 [ ] 4-2 ファイナルMVP: 日付 ホーム ホーム 結果 第1戦 98-95 第2戦 セルティックス ロケッツ 90-92 第3戦 ロケッツ セルティックス 71-94 第4戦 ロケッツ セルティックス 91-86 第5戦 セルティックス ロケッツ 109-80 第6戦 ロケッツ セルティックス 91-102 00 7 20 Wayne Kreklow 30 31 (ファイナルMVP) 32 33 40 Terry Duerod 42 43 45 53 コーチ: ラストシーズン [ ]• (1968-81) 時代からの一筋でプレイし、引退後もブレッツのヘッドコーチ、ジェネラル・マネージャーを歴任。 選手としては数々の栄誉に輝いたが、フロント職ではチームを1度しかプレイオフに導けなかった。 NBAを離れてからは私立学校を経営する教育者となっている。 (1969-81) が復活したこの年、で引退を迎える。 引退後はセルティックスの役職に就き、また映画にも出演している。 (1970-81) 優勝は果たせなかったが初めてファイナルの舞台を経験したこの年に引退を決意。 引退後コーチ職に転向し、1990年代に黄金期を迎える古巣で長年采配を振った。 (1971-81) 引退後は長年過ごしたのテレビ解説者を務めた。 (1971-81) 共にワシントン・ブレッツの黄金期を作り上げウェス・アンセルドと同じ年に引退した。 ラストシーズンはでプレイした。 (1971-81) 最初期のエース。 (1973-81) 復興の立役者の一人。 キャリア晩年は故障に苦しみ、優勝まであと一歩だったにも関わらず、29歳の若さで引退した。 引退後はコーチ職に転向し、と共にの勃興に貢献するが、やはり優勝まであと一歩のところでコーチ職を解かれた。 (1973-81) 出身。 高い得点能力を持っていたが、ABA消滅後はとなり、5シーズンの間に4チームを渡り歩いた。 外部リンク [ ]• (英語)• (英語)• (英語).

次の

セルティック ス 対 ホーネッツ

レイカーズ 対 セルティック ス

UEFAヨーロッパリーグのグループリーグ第4節が各地で行われた。 日程の都合で6日に行われたヴィトーリア・ギマランエスvsアーセナルはスコアレスのまま戦況が進んだ。 ようやくネットが揺れたのは81分だった。 ニクラス・ぺぺのFKからシュコドラン・ムスタフィがヘディングで合わせ、アーセナルが敵地で先行。 このまま0-1で試合終了かと思われた90分、ギマランエスはゴール前の混戦から最後はブルーノがバイシクルでネットを揺らし、1-1で決着。 ここまで3連勝のアーセナルは3勝1分けとなった。 同じグループでは7日の試合でスタンダール・リエージュがフランクフルトに勝利したため、アーセナルの勝ち上がりは次節以降におあずけとなった。 グループEではラツィオvsセルティックが行われ、チーロ・インモービレのゴールによって7分にラツィオが先制するも、ここからセルティックが2ゴールを叩き込んで1-2と逆転。 敵地でラツィオを下したセルティックが勝ち点10で2試合を残して32強進出を決めた。 編集部のおすすめ• グループAでここまで3連勝のセビージャは敵地でF91ディドランジュと戦い、ムニル・エル・ハダディがハットトリック、ムナス・ダブールが2ゴールと攻撃陣がゴールを量産し、2-5で勝利を収めた。 4連勝での勝ち上がり&グループ1位が確定している。 ボルシアMGvsローマは、ローマDFフェデリコ・ファシオのOGで35分にボルシアMGが先制。 ファシオは64分に自らゴールを決め、1-1となるが終了間際の90分、ボルシアMGは名DFリリアンの愛息、マルクス・テュラムが土壇場で決勝点を決め、2-1でボルシアMGが勝利を収めている。

次の