新型 アルファード マイナーチェンジ 最新 情報。 新型アルファード ヴェルファイア最新情報!マイナーチェンジ変更点解説。第2世代トヨタセーフティセンス搭載でプロパイロット対抗へ

【トヨタ新型アルファード】2021年40系フルモデルチェンジ!最新情報、PHV、サイズ、ハイブリッド燃費、価格は?

新型 アルファード マイナーチェンジ 最新 情報

次期新型アルファードへの関心が徐々に高まってきています。 現行型アルファードは30系ですので、次のフルモデルチェンジの時には40系アルファードが誕生することになるはずです。 30系アルファードは2015年に誕生し、2017年12月にマイナーチェンジが実施されました。 アルファードのこれまでのモデルチェンジ間隔(6年)からの予測は、2018年1月が有力でした。 しかし、トヨタ自動車の「2017年度中に安全装備を全車に標準装備する」と言う方針のもと、ほんの少しですがマイナーチェンジが前倒しされ、2017年の年末にマイナーチェンジが実施されたのです。 すでにマイナーチェンジからも1年4ヶ月が経過したこともあり、次のフルモデルチェンジが話題に上がるようになっているのです。 この記事では、次期アルファードである新型アルファード(40系)について、これまでに明らかになっていることに加え、トヨタ社の動向を踏まえて考えて行きたいと思います。 新型アルファードに関するトヨタ社の動向 車に関しては、新しい情報がその都度発表されますが、アルファードも例外ではありません。 特にアルファードは大人気車種なので新しい情報に関心を持っている人がたくさんいます。 トヨタ車としては、このようなアルファードに関心を持っておられる方に向けて、何か新しい情報があると発表するわけです。 ただ、マイナーチェンジやフルモデルチェンジに関しては、トヨタ社から正式に発表されなくても各メーカーのトレンドを追うことでも、動向を掴むことは出来ます。 この章では、次期新型アルファードの動向をまとめて見ましょう。 アルファードの販売店が専売から併売へ モデルチェンジとは直接関係ありませんがアルファードに関しては、2025年には併売となることが発表されています。 これまでアルファードの販売店は「トヨペット店」、姉妹車であるヴェルファイアは「ネッツ店」で販売されていました。 しかし、2020年1月からは、アルファードはこれまでのトヨペット店に加え「トヨタ店」、ヴェルファイアはこれまでのネッツ店に加え「カローラ店」でも販売されることになります。 更に、2025年になるとヴェルファイアはアルファードに吸収されるという情報もあり、販売店に関しても「トヨペット店」「トヨタ店」「ネッツ店」「カローラ店」の4つの系列店で販売されるということです。 ただ、ヴェルファイアがどのような形でアルファードに吸収されるかについては、今現在は明らかにされていませんが、ひとつのグレードとしてヴェルファイアというネーミングが残るという噂まで出ています。 実際には具体的にどのようになるのかは明らかにされていませんので今後徐々に分かってくるものと思われますので、新しい情報が入り次第追記させていただきます。 共通プラットフォーム プラットフォームといえば、初代アルファード(10系)誕生時はエスティマのプラットフォームが使われていました。 それまでアルファードの前進であるグランドハイエースやグランビアはFRベースだったこともありFFベースのエスティマのプラットフォームが採用されていることに疑念を抱く意見も目立ちました。 2代目アルファード(20系)の後期モデルからはアルベル専用プラットフォームが採用されました。 ただ、現在はトヨタ社だけでなく、各メーカーでは車種間での共通化が進められています。 具体的には、デザインであったりフレームであったりです。 トヨタ車で言えば 「TNGAプラットフォーム」が該当するでしょう。 「TNGAプラットフォーム」は現行プリウスの登場の時に注目されたので目にされた方も多いと思います。 また、最近では特に生産コストを抑えるためにも以前にも増してモジュール化が進められています。 「トヨタセーフティセンスP」もその一つですね。 特定の車種に限定されたものではなく、パッケージとして一つのものを複数の車種間で共有しようというものです。 またデザインについても、共通化が進められています。 アルファードに関しては、 30系アルファード最大の特徴がフロントグリルです。 このフロントグリルが強調されたデザインですが、現在までクラウンやノアにも採用されています。 マツダ車については、ほとんどの車中でデザインが共有化されており、ひと目見ただけでマツダ車と分かるような特色を持つデザインになっています。 最近であれば、三菱のデリカが大規模マイナーチェンジを実施しましたが、その後に発表された EKクロスにもデリカとほぼ同じフロントマスクが採用されたモデルが追加されましたね。 このような各社の動向からも、新型の次期アルファードに関してもこれから2年間の間に登場するトヨタ車の動向を見れば、ある程度の予測は立てられると考えています。 ここからは、 それぞれの項目についてこれまで雑誌などで発表されている内容をもとに次期新型アルファードの予測をしてみたいと思います。 次期新型アルファード(40系)予想 フルモデルチェンジで注目されるのは、やはり次の6点ですね。 エクステリア• インテリア• 動力性能• 安全性能• 価格 それぞれの項目について見ていきますが、中でも気になるのは、やはり目に見えるエクステリアとインテリアだと思いますが、それぞれについて見ていきましょう。 エクステリア 現在のところエクステリアについては、現行モデルを踏襲するという情報が寄せられています。 ただ一部の情報ではヴェルファイアが車種としてはなくなり、アルファードのひとつのグレードとして残るという情報もあります。 また、一つの情報としてヴェルファイアのターゲット層が 「マイルドヤンキー」だったということもあり、エアロモデルにヴェルファイアの名称が付けられるのではないかというものもあります。 エクステリアに関しては、現行モデルが好評だということもあり全く別物になることは現在のところないようです。 インテリア インテリアに関しては、現在のところこれといった情報は寄せられていません。 アルファード自体がトヨタの中で最高級ミニバンに該当しますので、トヨタの高級車の代名詞であるレクサスの要素が投入されることは十分に考えられます。 動力性能 ダウンサイジングターボ 動力性能に関しては、トレンドも検討要素の中に加える必要があると考えています。 例えば、現在のトヨタ車でターボ車がラインナップされている車種にはクラウン、ハリアーや、レクサスブランドのIS、NX、RXがあります。 ターボ車といっても、20年前のパワーを求めたターボ車ではありません。 ホンダ社のステップワゴンに投入されて注目された、 「ダウンサイジングターボ」というタイプのターボ車です。 ダウンサイジングターボが採用する場合、 排気量を小さくすることで失うパワーをターボチャージャーで補いつつ 燃費は悪化させないところに特徴があります。 現実味という面では、すでにダウンサイジングターボエンジンは車重が2トンを超えるレクサスRX200Tに搭載されており、30系のアルファードやヴェルファイアの車重大きく変わりませんので、今後リッター のターボエンジンとしてラインナップされる可能性は十分あるでしょう。 直列4気筒2. 5L直噴エンジン 30系アルファードのエンジンには、2. 5リッターエンジンと3. 5リッターエンジンが 搭載されており、2. 5リッターエンジンには、ガソリンとハイブリッドが用意されています。 5リッター に関してはハイブリッドに人気が集まっていますね。 そこで、次期アルファードの2. 5リッターエンジンについてですが、 新開発の「直列4気筒2. 5L直噴エンジン」が搭載されると考えられています。 このエンジンはTNGAによる見直しで開発されたエンジンで、2. 5リッターのガソリンエンジンとハイブリッドエンジンが対象となり、熱効率は従来比で約40%向上を実現しているエンジンです。 今後、トヨタ車の2. 5リッターエンジンを積んでいる車には、今ご紹介した新開発エンジンが導入されることが考えられますので、エンジンパワーだけでなく燃費についても大幅な向上が期待できます。 PHV(プラグインハイブリッド) トヨタ車の中には、プリウスにプラグインハイブリッド車(プリウスPHV)がラインナップされています。 電気自動車への取り組みが遅れていると言われているトヨタ車ですが、現在は相当力を入れて開発しているようです。 将来的にはアルファードにもPHVモデルが登場するかもしれませんが、少なくとも次期モデルである40系アルファードにはラインナップされないのではないでしょうか。 燃費 次期アルファードである40系に期待する性能アップの要素のひとつに燃費があります。 10系や20系アルファードと比べると30系アルファードでは随分と燃費も向上しました。 2トンを超える車重のアルファード・ヴェルファイアの中でも2. 安全装備 安全装備についてはアルファードには2017年のマイナーチェンジで搭載された「トヨタセーフティセンスP」がありますが、自動運転技術が急速に進化する中でより高い安全技術が求められます。 40系アルファード誕生時に全く変化がないということは考えられないのでさらなる進化は間違いないでしょう。 価格 車両本体価格についてですが、飛び抜けて大きな値上げはしないと思います。 しかし、年々安全技術が登場する昨今、これまでの実績や他車種、またライバルメーカーを見ても20万円から30万円は値上げされると予想されます。 次期アルファード(40系)の発売日予想 次期アルファード(40系)の発売日について予想する上で参考になるのが、これまで(10系~30系)のモデルチェンジ間隔です。 アルファードに関しても10系誕生からマイナーチェンジを経てフルモデルチェンジが実施されています。 そこで、まずはアルファードのこれまでのマイナーチェンジを含めてモデルチェンジ間隔を確認してみましょう。 時系列でいうと次のような変遷をたどっています。 直近の30アルファードのビッグマイナーチェンジが実施されたのが20017年12月ですので、これまでの実績からすると、当ブログでは40系アルファード誕生を 「2020年12月~2020年5月頃」が有力と予想します。 まとめ 現行型アルファードである30系から新型アルファードとなる40系アルファードへのモデルチェンジについてお伝えしました。 40系アルファードへのモデルチェンジ時に採用されるであろう進化についてエクステリア、インテリア、動力性能、安全性能などについて根拠をご紹介するとともに、過去の実績から発売日についても予測してみました。 これからの1年で様々なアルファードのモデルチェンジに関する情報が発表されると思いますので、新しい情報が発表され次第追記・加筆修正させていただきます。 新型アルファードを最大値引きで購入する方法! 新型アルファードの発売から3年が経過して、ビッグマイナーチェンジが実施されてからもうすぐ1年ですが引き続き大人気ですね。 高級車のアルファードの価格は高額ですので、出来れば安く購入したいと思いませんか? これからご紹介する方法を 正しい手順で実施して 最安で購入にチャレンジしてみてください。 モデルチェンジ直後でも関係ありませんよ! 決して難しい方法ではないので、家にいても出来るほどカンタンな方法です。 実践するかしないかは自由なので、内容だけでも確認してみてください。

次の

トヨタ「新型アルファード」待望のフルモデルチェンジは2021年末!?

新型 アルファード マイナーチェンジ 最新 情報

次期新型アルファードへの関心が徐々に高まってきています。 現行型アルファードは30系ですので、次のフルモデルチェンジの時には40系アルファードが誕生することになるはずです。 30系アルファードは2015年に誕生し、2017年12月にマイナーチェンジが実施されました。 アルファードのこれまでのモデルチェンジ間隔(6年)からの予測は、2018年1月が有力でした。 しかし、トヨタ自動車の「2017年度中に安全装備を全車に標準装備する」と言う方針のもと、ほんの少しですがマイナーチェンジが前倒しされ、2017年の年末にマイナーチェンジが実施されたのです。 すでにマイナーチェンジからも1年4ヶ月が経過したこともあり、次のフルモデルチェンジが話題に上がるようになっているのです。 この記事では、次期アルファードである新型アルファード(40系)について、これまでに明らかになっていることに加え、トヨタ社の動向を踏まえて考えて行きたいと思います。 新型アルファードに関するトヨタ社の動向 車に関しては、新しい情報がその都度発表されますが、アルファードも例外ではありません。 特にアルファードは大人気車種なので新しい情報に関心を持っている人がたくさんいます。 トヨタ車としては、このようなアルファードに関心を持っておられる方に向けて、何か新しい情報があると発表するわけです。 ただ、マイナーチェンジやフルモデルチェンジに関しては、トヨタ社から正式に発表されなくても各メーカーのトレンドを追うことでも、動向を掴むことは出来ます。 この章では、次期新型アルファードの動向をまとめて見ましょう。 アルファードの販売店が専売から併売へ モデルチェンジとは直接関係ありませんがアルファードに関しては、2025年には併売となることが発表されています。 これまでアルファードの販売店は「トヨペット店」、姉妹車であるヴェルファイアは「ネッツ店」で販売されていました。 しかし、2020年1月からは、アルファードはこれまでのトヨペット店に加え「トヨタ店」、ヴェルファイアはこれまでのネッツ店に加え「カローラ店」でも販売されることになります。 更に、2025年になるとヴェルファイアはアルファードに吸収されるという情報もあり、販売店に関しても「トヨペット店」「トヨタ店」「ネッツ店」「カローラ店」の4つの系列店で販売されるということです。 ただ、ヴェルファイアがどのような形でアルファードに吸収されるかについては、今現在は明らかにされていませんが、ひとつのグレードとしてヴェルファイアというネーミングが残るという噂まで出ています。 実際には具体的にどのようになるのかは明らかにされていませんので今後徐々に分かってくるものと思われますので、新しい情報が入り次第追記させていただきます。 共通プラットフォーム プラットフォームといえば、初代アルファード(10系)誕生時はエスティマのプラットフォームが使われていました。 それまでアルファードの前進であるグランドハイエースやグランビアはFRベースだったこともありFFベースのエスティマのプラットフォームが採用されていることに疑念を抱く意見も目立ちました。 2代目アルファード(20系)の後期モデルからはアルベル専用プラットフォームが採用されました。 ただ、現在はトヨタ社だけでなく、各メーカーでは車種間での共通化が進められています。 具体的には、デザインであったりフレームであったりです。 トヨタ車で言えば 「TNGAプラットフォーム」が該当するでしょう。 「TNGAプラットフォーム」は現行プリウスの登場の時に注目されたので目にされた方も多いと思います。 また、最近では特に生産コストを抑えるためにも以前にも増してモジュール化が進められています。 「トヨタセーフティセンスP」もその一つですね。 特定の車種に限定されたものではなく、パッケージとして一つのものを複数の車種間で共有しようというものです。 またデザインについても、共通化が進められています。 アルファードに関しては、 30系アルファード最大の特徴がフロントグリルです。 このフロントグリルが強調されたデザインですが、現在までクラウンやノアにも採用されています。 マツダ車については、ほとんどの車中でデザインが共有化されており、ひと目見ただけでマツダ車と分かるような特色を持つデザインになっています。 最近であれば、三菱のデリカが大規模マイナーチェンジを実施しましたが、その後に発表された EKクロスにもデリカとほぼ同じフロントマスクが採用されたモデルが追加されましたね。 このような各社の動向からも、新型の次期アルファードに関してもこれから2年間の間に登場するトヨタ車の動向を見れば、ある程度の予測は立てられると考えています。 ここからは、 それぞれの項目についてこれまで雑誌などで発表されている内容をもとに次期新型アルファードの予測をしてみたいと思います。 次期新型アルファード(40系)予想 フルモデルチェンジで注目されるのは、やはり次の6点ですね。 エクステリア• インテリア• 動力性能• 安全性能• 価格 それぞれの項目について見ていきますが、中でも気になるのは、やはり目に見えるエクステリアとインテリアだと思いますが、それぞれについて見ていきましょう。 エクステリア 現在のところエクステリアについては、現行モデルを踏襲するという情報が寄せられています。 ただ一部の情報ではヴェルファイアが車種としてはなくなり、アルファードのひとつのグレードとして残るという情報もあります。 また、一つの情報としてヴェルファイアのターゲット層が 「マイルドヤンキー」だったということもあり、エアロモデルにヴェルファイアの名称が付けられるのではないかというものもあります。 エクステリアに関しては、現行モデルが好評だということもあり全く別物になることは現在のところないようです。 インテリア インテリアに関しては、現在のところこれといった情報は寄せられていません。 アルファード自体がトヨタの中で最高級ミニバンに該当しますので、トヨタの高級車の代名詞であるレクサスの要素が投入されることは十分に考えられます。 動力性能 ダウンサイジングターボ 動力性能に関しては、トレンドも検討要素の中に加える必要があると考えています。 例えば、現在のトヨタ車でターボ車がラインナップされている車種にはクラウン、ハリアーや、レクサスブランドのIS、NX、RXがあります。 ターボ車といっても、20年前のパワーを求めたターボ車ではありません。 ホンダ社のステップワゴンに投入されて注目された、 「ダウンサイジングターボ」というタイプのターボ車です。 ダウンサイジングターボが採用する場合、 排気量を小さくすることで失うパワーをターボチャージャーで補いつつ 燃費は悪化させないところに特徴があります。 現実味という面では、すでにダウンサイジングターボエンジンは車重が2トンを超えるレクサスRX200Tに搭載されており、30系のアルファードやヴェルファイアの車重大きく変わりませんので、今後リッター のターボエンジンとしてラインナップされる可能性は十分あるでしょう。 直列4気筒2. 5L直噴エンジン 30系アルファードのエンジンには、2. 5リッターエンジンと3. 5リッターエンジンが 搭載されており、2. 5リッターエンジンには、ガソリンとハイブリッドが用意されています。 5リッター に関してはハイブリッドに人気が集まっていますね。 そこで、次期アルファードの2. 5リッターエンジンについてですが、 新開発の「直列4気筒2. 5L直噴エンジン」が搭載されると考えられています。 このエンジンはTNGAによる見直しで開発されたエンジンで、2. 5リッターのガソリンエンジンとハイブリッドエンジンが対象となり、熱効率は従来比で約40%向上を実現しているエンジンです。 今後、トヨタ車の2. 5リッターエンジンを積んでいる車には、今ご紹介した新開発エンジンが導入されることが考えられますので、エンジンパワーだけでなく燃費についても大幅な向上が期待できます。 PHV(プラグインハイブリッド) トヨタ車の中には、プリウスにプラグインハイブリッド車(プリウスPHV)がラインナップされています。 電気自動車への取り組みが遅れていると言われているトヨタ車ですが、現在は相当力を入れて開発しているようです。 将来的にはアルファードにもPHVモデルが登場するかもしれませんが、少なくとも次期モデルである40系アルファードにはラインナップされないのではないでしょうか。 燃費 次期アルファードである40系に期待する性能アップの要素のひとつに燃費があります。 10系や20系アルファードと比べると30系アルファードでは随分と燃費も向上しました。 2トンを超える車重のアルファード・ヴェルファイアの中でも2. 安全装備 安全装備についてはアルファードには2017年のマイナーチェンジで搭載された「トヨタセーフティセンスP」がありますが、自動運転技術が急速に進化する中でより高い安全技術が求められます。 40系アルファード誕生時に全く変化がないということは考えられないのでさらなる進化は間違いないでしょう。 価格 車両本体価格についてですが、飛び抜けて大きな値上げはしないと思います。 しかし、年々安全技術が登場する昨今、これまでの実績や他車種、またライバルメーカーを見ても20万円から30万円は値上げされると予想されます。 次期アルファード(40系)の発売日予想 次期アルファード(40系)の発売日について予想する上で参考になるのが、これまで(10系~30系)のモデルチェンジ間隔です。 アルファードに関しても10系誕生からマイナーチェンジを経てフルモデルチェンジが実施されています。 そこで、まずはアルファードのこれまでのマイナーチェンジを含めてモデルチェンジ間隔を確認してみましょう。 時系列でいうと次のような変遷をたどっています。 直近の30アルファードのビッグマイナーチェンジが実施されたのが20017年12月ですので、これまでの実績からすると、当ブログでは40系アルファード誕生を 「2020年12月~2020年5月頃」が有力と予想します。 まとめ 現行型アルファードである30系から新型アルファードとなる40系アルファードへのモデルチェンジについてお伝えしました。 40系アルファードへのモデルチェンジ時に採用されるであろう進化についてエクステリア、インテリア、動力性能、安全性能などについて根拠をご紹介するとともに、過去の実績から発売日についても予測してみました。 これからの1年で様々なアルファードのモデルチェンジに関する情報が発表されると思いますので、新しい情報が発表され次第追記・加筆修正させていただきます。 新型アルファードを最大値引きで購入する方法! 新型アルファードの発売から3年が経過して、ビッグマイナーチェンジが実施されてからもうすぐ1年ですが引き続き大人気ですね。 高級車のアルファードの価格は高額ですので、出来れば安く購入したいと思いませんか? これからご紹介する方法を 正しい手順で実施して 最安で購入にチャレンジしてみてください。 モデルチェンジ直後でも関係ありませんよ! 決して難しい方法ではないので、家にいても出来るほどカンタンな方法です。 実践するかしないかは自由なので、内容だけでも確認してみてください。

次の

トヨタ 新型アルファード 2022年に向けついに始動!! ヴェルファイアとの統合は!?

新型 アルファード マイナーチェンジ 最新 情報

この記事の目次• 発売日は2020年1月 トヨタはアルファード、ヴェルファイアをマイナーチェンジし、2020年1月6日に発売すると発表しました。 待ちに待った! という方もいるでしょう。 現行モデルは2015年1月に登場した3代目(30系)。 昨年1月のマイナーチェンジでは、内外装の変更や安全装備の強化などを施しています。 そして、既定路線では2021年初頭に次期型(40系)に移行するはずでしたが、再び2020年1月にマイチェンとなりました。 【現在の販売店】• アルファードがトヨペット店• ヴェルファイアがネッツ店 【変更後の販売店】• アルファード:トヨペット店とトヨタ店• ヴェルファイア:ネッツ店とカローラ店 全ディーラーがどちらかを販売するようになります。 トヨタは昨年、2022〜2025年に全系列店が全モデルを販売する体制へ変革すると発表しました。 ホンダや日産も通ってきた道です。 また、現在60車種以上をラインナップしていますが、半分の30車種ほどに減らす計画も明らかにしています。 今後ライフスタイルの変化やカーシェアリングの普及がさらに加速し、自動車の需要が減少することを考えると、車種&販売網の整理は賢明な判断といえます。 そして販売チャネルの拡大に伴って、ヴェルファイアについているネッツエンブレムをトヨタマークに変える必要があります。 それにあわせて、内外装の化粧直しなど大きめの改良を行ったというわけです。 好調な売れ行きが続いているため、年次改良や特別仕様車の追加にとどまるだろうという見立てがある一方、ディーラーの店長や営業担当からマイナーチェンジの計画やフェイスリフトを匂わせる発言を聞いたという情報が出始めています。 やはり、マイチェンが有力です。 尚、先行予約は順次行われると予想しますので、気になる方は販売店への確認も忘れずに! スマホとつなげられる9インチのディスプレイオーディオが標準装備となります。 ディスプレイオーディオの何がすごいかを、ピックアップしてみます。 ディスプレイオーディオのすごいところは? 従来のナビとスマートフォンの連携システムは、ナビの機能やスマートフォンの特定機能を使用するに留まっていました。 しかし、新しいディスプレイオーディオは自分のスマートフォンのアプリをそのまま使用することができます。 このディスプレイオーディオは2019年9月に新型カローラでトヨタ国内初搭載されました。 今後はもっと拡大していくということですが、今はまだ搭載車種は少ないです。 中国の富裕層がターゲットの超ラグジュアリー仕様。 中国では年内にも発売する見通しで、日本導入は今のところ予定なしとしています(後々発売すると思うが)。 プレミアムブランドだけに、それは避けたいでしょう。 しかも中国ではアルファードを販売していて大人気なので、なおらさ配慮が必要です。 これもマイナーチェンジでモデルライフを伸ばす理由です。 しかし、これもトヨタの戦略の証として考えるとなんだかかっこよく、奥深く見えてきます。 その他の点やアルファードのデザインは先代を踏襲しています。 ただ、3眼LEDヘッドランプを標準装備するグレードが拡大されました。 VグレードやZRグレードでシーケンシャルターンとコーナリングランプとセットでのオプションだったモデルが、標準装備となっています。 ステップが展開格納される電動サイドステップもアクセサリーとして取り付け可能になりました。 大きい車だけに、あると嬉しいという方も多いのではと思います。 前回のマイナーチェンジでは、フロントグリルやフロントバンパー、ヘッドライトの意匠変更がメインでした。 流れるウィンカーこと、LEDシーケンシャルターンランプも導入(グレード別設定)しています。 モデルチェンジのたびにギラギラ感が増していた両車ですが、特にヴェルファイアはメッキ類がさらに増え、押し出し感MAXの風貌になりました。 最近は業界全体のトレンドとして、キャラクターラインを控えめにするなど、プレーンなデザインを採用する車が増えているので、次回のマイチェンではそのテイストを反映すると予想。 今回のマイチェンで注目していただきたいメインの部分は、 センターオーディオディスプレイです。 こちらは今までディーラーオプションとなっていましたが、なんと 標準装備となります。 新型のカローラツーリングやC-HRと同様となるという事ですね。 また、エンブレムも独自のエンブレムを使用していましたが、アルヴェル共にTOYOTAのエンブレムに戻るとの事。 エクステリア・インテリア共に大きな変更はなく、どちらかといえば一部改良という感じの変更となります。 前モデルのエンジンラインナップは次の3種類。 5L 直列4気筒(ガソリン)• 5L V型6気筒(ガソリン)• 5L 直列4気筒エンジン+モーター(ハイブリッド) 前回のマイナーチェンジでは、3. 5Lガソリンエンジンが直噴仕様の新型エンジン(2GR-FKS型)に置き換えられました。 燃費が向上するとともに、最高出力と最大トルクがアップしています。 さらに、オートマ仕様は「Direct Shift-8AT」を搭載して6速から8速に多段化。 より力強く、滑らかな走りを実現しました。 また、噂というか期待されているのが、カムリやRAV4に搭載して評価を得ている、直列4気筒2. 5L直噴エンジン「ダイナミックフォースエンジン」も導入はありませんでした。 これらのパワーユニットは、トヨタが掲げる新たな車両造りの設計思想「TNGA」の一部なので、従来のプラットフォームのまま動力部だけ取り替えるというのはあまり現実的ではありません。 フルモデルチェンジまでお預けということですね。 第2世代の大きな特徴は、自動ブレーキ「プリクラッシュセーフティ」の検知対象に<夜間の歩行者>と<昼間の自転車>が加わること。 さらに、• レーントレーシングアシスト• アダプティブハイビームシステム• ロードサインアシスト(標識認識) の3つの機能が追加され、安全性能が高められています。 レクサスESで初採用した「デジタルアウターミラー」を改良の目玉に据えるかも?という見方もありましたが、見送りとなりました。 最近の車種の安全性能は年々改良され、より安全に安心して運転できるようになっていますが、いざという時の保険の見直しは大事です。 トヨタの一人勝ちに待ったをかけるべく、近いうちに全面刷新する予定です。 新世代ハイブリッドのe-POWERや自動運転技術プロパイロット2. 0の搭載が期待されており、こちらの動向も気になるところです。 次期アルファードの予想CG 次期40系への世代交代は、早くても2022年になるでしょう。 そしてそのタイミングで、アルファードかヴェルファイアどちらかに統合(一本化)する見込みです。 歴史や販売実績を鑑みるとアルファードが生き残ると思いますが、もしかしたら新しい車名が与えられるかもしれません。 私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、 買取業者では88万円になりました。 約60万GET しました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 詳しくはこちらで解説しています。 ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。 実際に私がセレナを最大値引き額 50万円 を勝ち取った方法を無料公開中。 なぜなら、市場の競争の原理として 買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。 一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので 必ず最安値の買取額を提示されます。 必ずです。 そうならないために一括査定を使います。 大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。 無料でその場で スマホで 90 秒で愛車の最高額がわかる! [新登場]スマホで写真を撮るだけ?? 一瞬で高額査定!! 電話営業一切なしで一括査定より速い!! あのDMMから新サービス!! 一括査定よりも早く相場が知れる!• 面倒な電話も無し!• ササッとお車査定!• スマホで写真を撮るだけで買取相場がわかる!.

次の