仙道 名言 慌てる。 スラムダンク牧紳一の名言集!飽くなき勝利に飢えた男!

スラムダンク牧紳一の名言集!飽くなき勝利に飢えた男!

仙道 名言 慌てる

[目次]• 日本を代表するスポーツ漫画『SLAM DUNK(スラムダンク)』 1990年代のジャンプ黄金期を築き上げた漫画、『SLAM DUNK(スラムダンク)』。 もはや知らない人はいないくらい有名なスポーツ漫画ですよね。 単行本 第21~23巻)の初版発行部数は当時の最高記録をたたき出し、累計発行部数も1億2000万部を超える大ヒット。 連載が終了してからも人気は衰えず、海外でも高い人気を誇っていて今でもファンは増え続けています。 人気絶頂当時は、この漫画をきっかけにバスケットボールを始めた人も多いのではないでしょうか。 それぐらい本作品は、スポーツ漫画界での存在が大きく、いまだにこの作品を超えるスポーツ漫画が無いという声すら聞こえてきます。 そして、特に1980年代~1990年代生まれの人達にとっては忘れられない青春時代の漫画であり、最終回から20年以上たった今でも、続編を期待する人は多数。 もしかしたら連載再開!ということもありえるかもしれませんよね。 登場人物 桜木花道 (さくらぎ はなみち) 主人公。 赤い髪が特徴的。 バスケ初心者だったが天性の身体能力でめきめきと頭角をあらわす。 リバウンドに関しては天才的と称される。 生意気でお調子者だが心優しい一面もある。 赤木剛憲 (あかぎ たけのり) 湘北バスケ部キャプテンで、あだ名は「ゴリ」。 とにかくバスケが好きでストイック。 流川楓 (るかわ かえで) 主人公・花道とはまさしく犬猿の仲。 オフェンスが得意だがスタミナ不足が弱点。 趣味は寝ることで、バスケ以外の時間は寝ていると言っても過言ではない。 宮城リョータ (みやぎ リョータ) 湘北バスケ部で一番のスピードプレイヤー。 小柄だが、持ち前のジャンプ力で多少の身長差ならもろともしない。 バスケ部員では一番花道と仲が良い。 三井寿 (みつい ひさし) あだ名は「ミッチー」。 中学のときから活躍する天才的なスリーポイントシューター。 一度はケガで挫折して不良になるが更生し、バスケ部に復帰する。 赤木晴子 (あかぎ はるこ) この作品のヒロイン。 赤木剛憲の妹。 兄の引退後には彩子に誘われてマネージャーとなる。 花道が想いを寄せる人物。 安西光義 (あんざい みつよし) 湘北バスケ部の監督。 大学で監督をしていた時は鬼監督で有名だった。 現在は以前の姿からは想像できない穏やかな風貌と物言いで「白髪仏(ホワイトヘアーブッダ)」と親しまれている。 名セリフが多い。 今度は嘘じゃないっす BY 桜木 花道 試合でケガを負って意識が朦朧とする中、今までのバスケ人生を振り返る桜木。 バスケを始めるきっかけになった「バスケットはお好きですか?」という晴子の言葉が頭に浮かび、思わずこの言葉を伝えますが…。 一瞬、誰もが告白かと思ったはず。 なかには、アニメを見て面白かったから、漫画を読んだという人もいるのではないでしょうか。 歴代のオープニングやエンディングの主題歌も名曲ばかりで、数十年経った今聞いても胸が熱くなりますよね。 アニメは原作に忠実と言われていますが、ラストはインターハイ前のオリジナルストーリーで終わっているなど、アニメにはオリジナルシーンが追加されていたり、オリジナルキャラが登場するなど、漫画にはない良さがあるんです! また、原作漫画の累計発行部数が1億冊を突破した記念に、2004年12月にあるスラムダンクのイベントが開催されたのはご存知ですか?ファンの間では「まさに幻の続編!」「真の最終回はコレ!」とかなり評判になりました。 そのイベントとは、旧神奈川県立三崎高等学校の黒板に作者である井上雄彦さん自らが漫画のその後をチョークで描いて公開するという斬新な試み。 その名も「スラムダンク一億冊感謝記念・ファイナルイベント」。 連載終了から約8年も経過していたのにも関わらず、たくさんのファンが訪れたといいます。 しかし、たった3日間限定で行われたイベントということだけあって、その場に行けなかったファンも多く、「もう一度公開してほしい!」という数多くのリクエストが殺到!惜しくも見逃してしまったファンのために、 雑誌での企画や記念ブックも発売されました。 スラムダンクファンの人で、まだこの作品を見たことがない人はぜひ『 スラムダンク、あれから10日後』の本もゲットして読んでみてください。 スラムダンクの名シーン、いかがだったでしょうか? 過去に漫画やアニメを見たことがあった人でも「そうそう、こんなシーンがあった!」と思い出し、また再び読み返したくなったはずです。 少年誌で連載されていた『SLAM DUNK(スラムダンク)』ですが、 男女年齢を問わず幅広い層の人が夢中になれるほどの魅力が、この漫画には詰まっています。 主人公の成長や仲間との熱いストーリー、物語を盛り上げる個性豊かなキャラクター。 魅力を数えればキリがないですが、チームスポーツをする人はもちろん、そうでない人でも共感シーンが多いかと思います。 限界を超えて努力する姿や、信念を持ってまっすぐ突き進む姿はとても格好良いですよね。 作中に出てくる数々の名言は、自分が悩んでいるときや行き詰ったときにはきっと背中を押してくれるはずです! 今も色あせない名作『SLAM DUNK(スラムダンク)』。 涙なしでは読めない感動的なシーンも、思わず吹き出してしまうようなユーモアあふれるシーンも、絶妙にミックスされていて、気が付けば寝る間も惜しんで一気に読んでしまった…!という人も多くいるのではないでしょうか。 まだ読んだことがない、また一から読み直したいという人は ぜひ、全巻セットを大人買いすることをおすすめします!.

次の

漫画『スラムダンク』の名シーン集めました!感動の名言&名場面集

仙道 名言 慌てる

1位は安西先生の名セリフ 「あきらめたら そこで試合終了ですよ…?」が選ばれました!! 天才シューターと名高い三井寿。 彼がまだ中学生の頃、勝ち進んできた県大会の決勝戦。 残り12秒の時点でボールは相手チームという状況に。 ついに三井は 負けを確信してしまいます。 しかし、 安西先生のこのセリフでやる気を取り戻し、見事優勝を勝ち取りました。 この後、強豪高校の誘いを断り湘北高校へ入学。 紆余曲折を経て安西先生指導の元、バスケ部で活躍することに。 その後の展開はみなさんご存知ですよね。 「どんなことがあっても、諦めずチャレンジすれば道は開ける」という意味があるこの言葉は、人生で一番大事なことを教えてくれました。 2位はスラムダンクで1、2を争う名シーンのセリフ 「安西先生・・・!!バスケがしたいです・・・・・・」がランク・イン。 中学でバスケの才能を注目されつつも、 弱小高校と言われた湘北高校へ進学した三井。 しかし、左膝の負傷が元で、 バスケを一時休止することになってしまいます。 そして、同級生の赤木や小暮の活躍を目の当たりにし、ショックでバスケを辞めることに。 自信家である三井には耐えられない出来事でした。 バスケに未練がありつつも、 すっかり不良化してしまった三井はバスケ部を襲撃。 そこで安西先生に 「バスケがしたいです・・・・」と訴えます。 三井の長髪と、涙でぐちゃぐちゃになった顔は衝撃的でしたよね。 そしてこの後、髪の毛を切ってバスケ部に復帰、メンバーと共に活躍することになります。

次の

スラムダンク牧紳一の名言集!飽くなき勝利に飢えた男!

仙道 名言 慌てる

1位は安西先生の名セリフ 「あきらめたら そこで試合終了ですよ…?」が選ばれました!! 天才シューターと名高い三井寿。 彼がまだ中学生の頃、勝ち進んできた県大会の決勝戦。 残り12秒の時点でボールは相手チームという状況に。 ついに三井は 負けを確信してしまいます。 しかし、 安西先生のこのセリフでやる気を取り戻し、見事優勝を勝ち取りました。 この後、強豪高校の誘いを断り湘北高校へ入学。 紆余曲折を経て安西先生指導の元、バスケ部で活躍することに。 その後の展開はみなさんご存知ですよね。 「どんなことがあっても、諦めずチャレンジすれば道は開ける」という意味があるこの言葉は、人生で一番大事なことを教えてくれました。 2位はスラムダンクで1、2を争う名シーンのセリフ 「安西先生・・・!!バスケがしたいです・・・・・・」がランク・イン。 中学でバスケの才能を注目されつつも、 弱小高校と言われた湘北高校へ進学した三井。 しかし、左膝の負傷が元で、 バスケを一時休止することになってしまいます。 そして、同級生の赤木や小暮の活躍を目の当たりにし、ショックでバスケを辞めることに。 自信家である三井には耐えられない出来事でした。 バスケに未練がありつつも、 すっかり不良化してしまった三井はバスケ部を襲撃。 そこで安西先生に 「バスケがしたいです・・・・」と訴えます。 三井の長髪と、涙でぐちゃぐちゃになった顔は衝撃的でしたよね。 そしてこの後、髪の毛を切ってバスケ部に復帰、メンバーと共に活躍することになります。

次の