ネットで話題怖い。 せいやがハニートラップ被害でかわいそうの声!女が悪い・ひどい・怖いと話題に

メチャくちゃ怖い! たった“10分”の短編映画『CURVE』がネットで話題に(2020年6月18日)|ウーマンエキサイト(2/3)

ネットで話題怖い

桜井ユキプロフィール 名前 桜井ユキ 生年月日 1987年2月10日(2020年7月現在33歳) 出身地 福岡県 身長 163 cm 活動期間 2011年~ 小学生の頃から女優に憧れ、19歳の時に一度上京。 しかし1年あまりで福岡の実家に戻り、23歳まで実家の手伝いをして過ごす。 23歳で2度目の上京、芸能事務所に所属。 2011年24歳のとき、舞台やCMを中心に芸能活動を開始。 2015年の1年間で8作品に出演して実力派として存在感を発揮する。 2019年には連続ドラマ初主演を務めた『だから私は推しました』をはじめ 『絶対正義』『東京独身男子』『G線上のあなたと私』 と全クールのテレビドラマにレギュラー出演。 演技派女優としてドラマ映画に出演している。 桜井ユキが「怖い」と感じる声 2019年は全クールにドラマ出演し、 役がらも違った桜井ユキさん。 「怖い」と感じる理由はなんなのでしょうか。 3つの理由についてみていきます。 桜井ユキ、目も口もデカくて怖い… 食べられちゃいそうな口してる。 — 職業家事育児 kyanhoikobu52• 目が離れている• おでこが広い• G線上のあなたと私に出てくるバイオリン講師役女優の桜井ユキ、正直眼差しがめちゃくちゃ怖い。 『マチネの終わりに』鑑賞。 原作未読で、静謐でビターな大人の恋愛映画かと思って観たら、想像してたテイストとだいぶ違う変な映画だった(褒めてる)。 観終わると主題がリフレインするように胸に染み渡る感じ。 僕は好きです。 石田ゆり子きれい。 — ヒデKILLINGMACHINE hidekilling みんな見てるか知らんけど、 面白くなってきた! というか昨日の見て泣いた 波瑠ちゃんは可愛いしいい子だし、何より桜井ユキパイセンがすげー怖いの! 超フェミニンな洋服着てメイクして、そして怖いの!!笑 — ょう rykdora 今回久住先生たくさん出番あったな〜当たり前だけど理人振るときよりもお兄ちゃんと話してるときのが怖いな…でもそんな久住先生もすき… — モヤ夫。 映画「マチネの終わりに」• ドラマ「G線上のあなたと私」• 初主演ドラマ「だから私は推しました」 などの出演作です。 桜井ユキさんが演じる役には なにか少し闇や裏があるような役が多く、 そんなイメージが強いのかもしれません。 ただ演技上で「怖い」という声があがると同時に 「演技が上手」や「桜井ユキさすが」などの声もあがっていることがわかりました。

次の

たった3分なのにガクブル必至! ホラー短編映画『Polaroid』がマジで怖いと話題 / ネットの声「怖さが凝縮されている」など

ネットで話題怖い

ストーリー 夢男とは中条あやみさん演じるミドリの悪ふざけが次第にシャレにならない事態になるというストーリー。 ミドリが考えた架空の人物、夢男が世界中を混乱させていきます。 その夢男がメチャクチャ怖いんですよね。 以上に大きな顔とリアルすぎる動き。 無表情かと思えばにやりと不気味に笑う夢男。 怖すぎます。 実はこの夢男はThis Manといって現実に存在しています。 存在しているというか、デマなのですがイタリア人が実験的に広めたデマのようです。 詳しくは関連記事をご覧ください。 ネットで寝れない人続出! ネットでは夢男の影響で寝れないという人が続出しているようです。 Twitterでも寝れないとのツイートが相次いでいますね。 話は変わりますが、世界一受けたい授業でダニの事を特集していましたが、コレも原因の一つだと言っている人もいました。 詳しくはコチラ 色々と重なっていますね(笑 それではネットの反応を見てみましょう。 — き ら ら loveaaa528 う~ん、重症ですね。 コレは世にも奇妙な物語のように暴動が起きる前兆なのかも・・・・ なんて事はありませんね(笑 それでも本当に怖かったので寝れないと言っている人はかなりいるのではないかと思われます。 て言うか、トイレに行ったときとか無駄に思い出してしまいそうで嫌ですね・・・ この記事を見て少しでも落ち着いて貰えると幸いです。 最後まで読んで頂きありがとうございました。

次の

メチャくちゃ怖い! たった“10分”の短編映画『CURVE』がネットで話題に(2020年6月18日)|ウーマンエキサイト(1/3)

ネットで話題怖い

なぜかネット上では、甲州弁は怖いという意見が多く見受けられます。 甲州弁と聞くと「ずら」などが印象的だと思いますが、どちらかというと怖いではなく可愛いというイメージの方が強い人も多いでしょう。 そこで、今回は甲州弁の基本や定番の方言、周囲が驚く甲州弁について紹介します。 甲州弁とは 甲州弁は山梨県で使われる方言を指します。 ただ、同じ山梨県でも東西で方言が大きく異なっていいるので、まったく違う言葉に聞こえることもあるようです。 山梨県で使われる方言 甲州弁は山梨県で使われる言葉でありながら「山梨弁」とは言わないみたいです。 その理由として同じ山梨県内でも東西で大きく言葉が変わるからかもしれません。 国中弁・郡内弁の2種類がある 御坂山地と大菩薩嶺を境に国中弁と郡内弁に分かれます。 一般的な甲州弁で知られている「ずら」などは国中地方で使われる言葉であり、郡内地方では「べー」や「だんべー」が用いられると言われています。 他の方言と比較され汚いと言われる言い回しもある 甲州弁の特徴として、他の方言と比較して「汚い」と言われる言い回しもあるようです。 話している方は何とも思っていなくても、他の地方ではあまり言わない言葉やくだりが多いらしく、そういう意味でも「怖い」とネット上で言われているのかもしれません。 甲州弁の基本 こちらでは、甲州弁の基本を集めてみました。 イントネーションやアクセントなど、他の方言と比べてどのようなものがあるのでしょうか。 甲州弁のイントネーション 方言を使っている人にありがちなのですが、自分では標準語を話しているつもりでもイントネーションが異なっているというものはよくあります。 県外出身の人がいれば、すぐにイントネーションの違いが分かるようです。 特に名字の読み方のイントネーションが東京などとは全然違うと言われています。 甲州弁のアクセント 甲州弁は基本的院共通語に近いアクセントを持っています。 母音無声化は起こらず、共通語と同じく平板型の発音ではあるのですが、山梨と言う場合は「ヤまなし」と第一音にアクセントを置くクセがあるようです。 「ずら」や「だんべー」などのインパクトの強い語尾が特徴 甲州弁はインパクトの強い語尾が特徴的な方言です。 特に「ずら」や「だんべー」は他の地域の人が聞いたら、やや驚くと言われています。 「そ」が「ほ」になることが多い 甲州弁を話す人は「そ」が「ほ」になることが多いと言われています。 例えば「そうです」の場合は「ほうです」になり、「そして」は「ほして」と「そ」が「ほ」に変わることが多いようです。 「ア+イ」や「ア+エ」など連続する母音は「エエ」になりやすい こちらも甲州弁特有のものですが、「ア+イ」や「ア+エ」など、母音が連続する場合は「エエ」になりやすいと言われています。 これも先述した「そ」が「ほ」になるのと同じく、本人たちはあまり意識していないようだと言われています。 定番の甲州弁20選 こちらでは、定番の甲州弁を集めてみました。 定番の甲州弁1:おまん 「おまん」は「あなた」という意味です。 ただ、意味は「あなた」でも言葉や口調によっては「おまえ」と言われているような気になってしまうようです。 そのため、甲州弁に慣れていない人にとっては、言い方次第でムッと来てしまう場合もあるようです。 【甲州弁】おまん 【標準語】あなた• 「おまんとう、ちゃんと飯食っとるだか」(あなたたち、ちゃんとご飯食べてる?) 定番の甲州弁2:こう 「こう」は「来い」という意味です。 山梨県民すべてが同じではないのですが、甲州弁を話す人は言葉が荒い人もいるようです。 そういった部分も「怖い」と言われているのかもしれませんね。 【甲州弁】こう 【標準語】来い• 「こっちこうし」(こっちに来て) 定番の甲州弁3:だっちもねえこんいっちょし 「だっちもねえこんいっちょし」は「くだらないことを言うのはやめなよ」という意味になります。 言葉の内容的に、あまり穏やかではない時に言われる言葉なので言葉辞退も荒くなる傾向があります。 【甲州弁】だっちもねえこんいっちょし 【標準語】くだらないことを言うのはやめなよ• 「んなだっちもねえこんいっちょし」(そんなくだらないことを言うのはやめなよ) 定番の甲州弁4:うてげえし 「うてげえし」は「言いわけ」を意味します。 親が子供を叱る時などに使われるようです。 例えば「うてげえしこいちょ」は「言いわけいうな」という意味になるのです。 【甲州弁】うてげえし 【標準語】言い訳• 「んなうてげえししちゃいんで仕事しろ」(そんな言い訳せずに仕事しなさい) 定番の甲州弁5:いっちゃあ 「いっちゃあ」は「行きましょう」「行こう」と相手を誘う言葉。 「~ちゃあ」という語尾に勧誘の意味があります。 【甲州弁】いっちゃあ 【標準語】行きましょう• 「あけえ、いっちゃあ」(あそこへ行きませんか) 定番の甲州弁6:ささらほうさら 「ささらほうさら」は「めちゃめちゃになる」という意味ですが、こちらも定番の甲州弁でありながら多用される言葉ではないようです。 【甲州弁】ささらほうさら 【標準語】めちゃめちゃになる• 「ささらほうさらで片付けようんない」(散らかしっぱなしで片付けようがない) 定番の甲州弁7:ちょびちょび 「ちょびちょび」は「調子に乗る」という意味ですが、他の地域では「少しずつ」という意味もあります。 同じ言葉で別の意味を持つ方言がある場合は使い方を気をつけないとその場の空気を悪くしてしまう可能性があるので気をつけましょう。 【甲州弁】ちょびちょび 【標準語】調子に乗る• 「ちょびちょびしちょし」(調子に乗るな) 定番の甲州弁8:くいで 「くいで」は九州でも使われているところがあります。 例えば「くいでがある」なら「食べがいがある」という意味になります。 恐らく九州や山梨県以外でも使っている地域はあるのではないでしょうか。 【甲州弁】くいで 【標準語】食べがい• 「くいでがあるメニュー」(食べがいがあるメニュー) 定番の甲州弁9:とびっちょ 「バッタ」のことを甲州弁は「とびっちょ」と言います。 これは他の地域でも言っているところがあるので、甲州弁のみというわけではないようです。 【甲州弁】とびっちょ 【標準語】バッタ• 「とびっちょが出た」(バッタが出た) 定番の甲州弁10:まくらす 「まくらす」は「こらしめる」というあまり穏やかではない意味を持つ言葉です。 喧嘩をした時などに使うくらいで、普段はあまり使われていない言葉ですね。 【甲州弁】まくらす 【標準語】こらしめる• 「しわいからまくらかす」(生意気だからこらしめる) 定番の甲州弁11:犬がくっつく 「犬がくっつく」という言葉だけを聞くと、犬にじゃれられているという微笑ましい場面を想像する人もいるかもしれません。 しかし、甲州弁で「犬がくっつく」と言われたら「犬に噛まれる」という意味になるのです。 方言は言葉の雰囲気だけでは分からない部分もあるので、安易に返事をしないようにしましょう。 きちんと意味を分かっていないと「犬に噛まれるのを喜んでいるのか」とあらぬ誤解を受けてしまいかねません。 【甲州弁】犬がくっつく 【標準語】犬に噛まれる• 「近づいちょしね。 くっつかれちもう」(近づかないでね。 噛まれてしまうよ) 定番の甲州弁12:めた 「めた」は「たびたび」という意味になります。 頻度は高くありませんが、意外と使われる言葉なので山梨県に行けば耳にする機会も多いのではないでしょうか。 【甲州弁】めた 【標準語】たびたび• 「めためたあっちょし」(たびたび会うなよ) 定番の甲州弁13:こぴっと 「こぴっと」は「しっかりと」という意味になります。 つまり「こぴっとした人」なら「しっかりとした人」という意味になるのです。 【甲州弁】こぴっと 【標準語】しっかりと• 「こぴっと勉強しろしよ」(しっかり勉強しなさいよ) 定番の甲州弁14:かじくって 「かじくって」は「掻いて」という意味です。 意味を聞けば、なんとなく分かるようになりますが、意味を知らないままだと分からない人も多いのではないでしょうか。 【甲州弁】かじくって 【標準語】掻いて• 「背中かじくって」(背中を掻いて) 定番の甲州弁15:ゴキンド 「ゴキンド」は「ゴキブリ」を指していそうな方言ですが、実は「カメムシ」を指します。 こういう紛らわしい言葉も方言ならではのものですね。 【甲州弁】ゴキンド 【標準語】カメムシ• 「ゴキンドくさい」(カメムシくさい) 定番の甲州弁16:なんぼでもわにわにしちょ 「なんぼでもわにわにしちょ」という言葉は「いつまでもふざけるな」を指します。 わにわにという言葉から、ちょっと可愛いイメージを持たれる方言でもあります。 【甲州弁】なんぼでもわにわにしちょ 【標準語】いつまでもふざけてるな• 「なんぼでもわにわにしちょ!」(いつまでもふざけてるな!) 定番の甲州弁17:今いくじ? 「今いくじ?」は「今行くよ」という意味に聞こえがちですが「今何時?」と時間を聞く方言です。 各地域の方言は海外の言葉を覚えるよりも難しいと言われていますが、甲州弁はその中でもかなりの上位に入るのかもしれませんね。 【甲州弁】今いくじ? 【標準語】今何時?• 「今いくじ?」(今何時?) 定番の甲州弁18:はんで 「はんで」は「急いで」を意味します。 仕事で急いでいる時などは、意外とこの言葉が使われます。 【甲州弁】はんで 【標準語】急いで• 「はんでえべし」(急いで行こう) 定番の甲州弁19:何ちんぶりかいてるだ 「何ちんぶりかいてるだ」は「何をすねてるんだ」を指します。 親が子供に叱る時などに使われますが、最近は高齢の方が主に使うと言われています。 【甲州弁】何ちんぶりかいてるだ 【標準語】何をすねてるんだ• 「何ちんぶりかいてるだ」(何をすねてるんだ) 定番の甲州弁20:~じゃんけ 「~じゃんけ」は「~じゃないか」を指します。 これは、どちらかと言えば若い世代や子供が使っているイメージがあるようです。 【甲州弁】~じゃんけ 【標準語】~じゃないか• 「ほうじゃんけ」(そうだよね) ネットで話題!周囲が驚く甲州弁 こちらでは、ネットで話題になっている周囲が驚く甲州弁を集めました。 てて 「てて」は「わぁ」という意味を指します。 他の地域では「てて」は「父親」を指すことがあるので、間違えないようにしましょう。 【甲州弁】てて 【標準語】わぁ• 「ててっ!」(わぁ!) ぼこ 濁音が入っている言葉は、それだけで少し乱暴なイメージが出てしまいます。 この「ぼこ」という言葉も「子供」を指しているのですが、県外の人からは子供を指しているとは思われない方言のようです。 【甲州弁】ぼこ 【標準語】子供• 「ぼこんでとうっちゅうじゃんか」(赤ちゃんが生まれたそうだよ) ~っつーこんずら? 「~っつーこんずら?」は「~ということでしょう?」を指します。 さまざまなところで使われているのですが、口調によっては喧嘩をしているように見える場合もあるようです。 【甲州弁】~っつーこんずら? 【標準語】~ということでしょう?• 「今日は残業っつーこんずら?」(今日は残業ってことでしょ?) おまんこっちんこうし 「おまんこっちんこうし」は「あなたこっちにきて」という意味です。 しかし、言葉から県外の人からはやや卑猥な言葉に聞こえてしまうこともあるようです。 意識していないからこそ甲州弁では馴染み深いのでしょうが、逆に山梨県以外に出る時は注意した方がいいかもしれません。 【甲州弁】おまんこっちんこうし 【標準語】あなたこっちにきて• 「おまんこっちんこうし」(あなたこっちにきて) ありがたいこんでごいす 「ありがたいこんでごいす」は「ありがとうございます」を指します。 これはあまり間違う人はいないのではないでしょうか。 【甲州弁】ありがたいこんでごいす 【標準語】ありがとうございます• 「ありがたいこんでごいす」(ありがとうございます) ほーけー 「ほーけー」は「そうなの」を指します。 これも甲州弁独特の言葉なので伝わりそうで伝わりにくい方言です。 【甲州弁】ほーけー 【標準語】そうなの• 「ほーけー」(そうなの) とぶ 「とぶ」は「飛ぶ」ではなく「走る」を指します。 そのため「とべ」と言われたら「走れ」なのですが、県外の人からは少々驚かれることもあります。 【甲州弁】とぶ 【標準語】走る• 「めたとんじょ」(あんまり走るな) まとめ 甲州弁が怖いといわれているのは、言葉が荒く聞こえる、言葉に出すのが恥ずかしい部分があるというものからでしょう。 山梨県民にとっては当たり前の言葉でも、県外に行くことで甲州弁が当たり前ではないことに驚く人もいるようです。

次の