アナリティクス コンバージョン 設定。 【Googleアナリティクス】コンバージョン目標を設定する方法

アナリティクスのコンバージョン設定|通常サイト・ECサイト・クロスドメイントラッキングも解説

アナリティクス コンバージョン 設定

1.コンバージョン(Conversion)とは コンバージョンとは、ホームページ上で何らかの商品や資料請求、問い合わせを獲得した際のカウント時に「コンバージョン」という言葉をよくwebの世界では使います。 CVRと英語で訳す場合もあります。 呼び方としては、コンバージョンやコンバージョンレート、成約率など呼び方は様々です。 コンバージョンといっても、ホームページによってそれぞれ何をコンバージョンとするかは分かれます。 例えば、企業サイトの場合、ホームページから問い合わせを獲得するのが目的であれば、問い合わせを1件獲得すれば、コンバージョン数は1となります。 ECサイト(ネットショップ)でサイトから商品の購入を獲得するのが目的であれば、ユーザーがサイトから商品を買えば、コンバージョン数は1となります。 また、コンバージョンをコンバージョン率と言うこともあり、コンバージョン率の指標を出す際の計算式は以下のようになります。 要するに、ユーザーがwebサイトで特定のアクションを取ることによって、発生する際にコンバージョン(CVR)という指標を用いることで、webマーケティングの指標において数字として洗い出し、明確にすることでサイトの改善や施策に活用することが可能になります。 2.Googleアナリティクスからコンバージョンの目標設定をする方法 ホームページのコンバージョンを測定するには、予め目標設定をしておく必要があります。 目標設定をするには、Googleアナリティクスの「目標設定」にて予めコンバージョン指標を設定しくおく必要があります。 Googleアナリティクスに登録をしていない場合はコンバージョンを測定することが出来ないので、注意が必要です。 では、早速目標設定までの手順を紹介していきます。 ここでは、問い合わせがあった場合のコンバージョンの目標設定をすると仮定して、任意の名前を「問い合わせ」とします。 次にタイプという項目があるので、一番上の「到達ページ」を選択しましょう。 これで、例えば問い合わせページからユーザーが送信ボタンを押した際に、コンバージョンが計測できるようになります。 そして最後に「続行」をクリックしてください。 html を入力します。 次にオプション設定としてコンバージョン1件につき任意で金額を設定することが可能ですが、こちらは任意で構いません。 コンバージョンの設定をする際に、1件につき金額の価値を設定しておくことで指標を見る際によりわかりやすくなります。 目標設定到達プロセスに関しての設定も同様で、オプション(任意)での設定になりますが、ECサイトなどは目標到達プロセスを設定しておくことで、コンバージョンに至るまでのユーザーの流れを確認することが出来るので、分析に役立てることが出来ます。 この時に記録中の箇所がオン(青色)になっているかを確認しましょう。 オンになっていなければ計測ができないので注意が必要です。 また、目標は最大で20個まで設定できます。 ECサイトなどの場合で、細かく色々なコンバージョンの設定をしたい場合は、今回ご紹介した手順を参考にして、複数目標を設定してみましょう。 慣れれば一つの目標につき5分程度で設定できるはずです。 ホームページから売上を上げたい法人・個人の方へ ホームページ集客やwebを軸に売上アップを実現したい方へ ・半年間、売上0の状態からコンサルティング後、たった3か月で月商100万円を達成したコンサルタント ・コンサルティング後、1ヶ月で月商350万円から月商500万円突破を実現したカフェインを販売している通販サイト ・コンサルティング後、1年で年商1. 5倍アップを実現した女性化粧品を販売する通販サイト ・ホームページ開設後、1年以上問い合わせのなかったサイトをコンサルティング後、翌月に月間で3件の問い合わせを獲得、その後400万円の受注獲得に成功した製造会社など 実際に短期間で成功事例を出しているwebコンサルタントの柿崎が、あなたのホームページを無料診断・個別相談にてお悩みを解決致します。

次の

【Googleアナリティクス】目標設定とイベントトラッキングを設定しよう!

アナリティクス コンバージョン 設定

みなさんグーグルアナリティクスの目標(コンバージョン)設定、していますよね? どのように設定していますか? 最も一般なのは「特定のページを表示した」ということを目標設定する方法です。 「商品購入」であれ「お問い合わせ」であれフォームを入力して「確認画面」「完了画面」と遷移するのはどんなサイトでも同じです。 ですので「完了画面」が表示された回数が目標を達成した回数とみなすことができますね。 ただ目標が「特定のページを表示した」でない場合もあります。 例えば「資料ダウンロードボタン」や「バナー広告」といった場合です。 こういった場合は目標設定を「特定のページを表示した」は設定出来ません。 そこで、そういった場合はボタンやバナー広告、外部リンクのクリック数等のユーザーが起こしたアクションを計測する設定を行わなければなりません。 今回はそのイベントを目標(コンバージョン)設定する方法を解説したいと思います! その前に!ここで注意が必要なのは、イベントトラッキングと目標(コンバージョン)設定は違うということです(僕も最初混同して混乱していました…) イベントトラッキングとはクリックされた回数や資料のDLされた回数(イベント)を測定(トラッキング)することです。 要するに何回クリックされて、何回ダウンロードされた、ということが計測することができます。 そしてそのイベントを目標(コンバージョン)設定することではじめてグーグルアナリティクのコンバージョンのデータとして反映させることができるのです。 順序としてはイベントトラッキングのコードを設置し、そのイベントを目標(コンバージョン)設定に設定します。 トラッキングコードを設置する まずはイベントを取りたい要素にトラッキングコードを設置します。 資料ダウンロード ここでは仮にPDFの資料ダウンロードへのリンクにコードを設置しました。 これでグーグルアナリティクス上からPDF資料のダウンロード回数が計測できるようになりました。 ここでそれぞれの要素の意味を解説したいと思います。 onClick これはJavascriptのイベントハンドラです。 今回はユーザーが「クリックした」というイベントを計測したいのでonClickというJavascriptのイベントハンドラを使用していますが、このイベントハンドラは色々用意されているので計測したい用途にあわせて設定してみてください。 カテゴリ トラッキング対象をセグメントし、より計測しやすいようにグループ化するため名前(任意)をつけます。 例えば資料のタイプ毎にダウンロードした回数を計測したい時などに便利です。 アクション アクションに名前(任意)をつけます。 イベントハンドラに対応した名前をつけておくとわかりやすいですね。 ラベル こちらも任意で名前をつけることができます。 ラベルは必須項目ではないので入れなくてもようのですが、たとえばユニーク情報をとりたいときなどにつけておくと便利です。 値 値を整数入力することでイベントに価値を設定できます。 以上の作業をおこなったら実際にグーグルアナリティクスに反映されているかレポートを確認しましょう。 目標の名前とタイプを設定 グーグルアナリティクスの管理画面から該当のサイトを選択し、「アナリティクス設定画面」に表示されている一番右のビューというカラムに目標という項目がありますのでそれをクリックします。 「新しい目標」ボタンをクリックすれば「目標設定」という画面が表れます。 この画面でイベントを目標として設定をできます。 目標の種類を設定 目標の種類を設定します。 あらかじめ用意されているテンプレートに該当の項目がなければカスタムを設定します。 目標の名前とタイプを設定 ここではイベントでのコンバージョンを取りたいのでイベントにチェックを入れます 目標のイベント条件を設定 カテゴリ単位・アクション単位・ラベル単位で目標を設定できます。 それぞれ用途にあわせて設定しましょう。 例えばダウンロードできる全てのファイルのイベントをとり、「カテゴリ」を「download」を設定した場合はカテゴリ「download」に設定されている全てのコードの「アクション」や「ラベル」を全て目標にすることができます。 全ての設定が終わったら「保存」を押して目標設定を保存します。 以上で、ユーザーの動きを測定することができる目標設定ができました。 最初はなかなかなれないかもしれませんが、サイト改善を行っていくうえでは必須になってきますので使ったことがなかった方は、ぜひお試しください!.

次の

Googleアナリティクス「目標設定」のコツ|パワー・インタラクティブ

アナリティクス コンバージョン 設定

Googleアナリティクスのコンバージョンとは? Googleアナリティクスのコンバージョン設定手順• Googleアナリティクスのコンバージョン設定の目標のタイプを紹介 現在、私は「企業HPを3つ、自身のサイトを2つ」の、合わせて5つのWEBサイトを運営しており、一番長く携わっているサイトの運営期間が2年半ほどになりました 2020年1月現在。 Googleアナリティクスのコンバージョン設定をしておくと、「結果に対して改善する PDCAを回す 」ことを考えるようになり、WEBマーケティングの勉強になります。 企業サイトを運営している方だけでなく、個人ブロガーの方もぜひ設定しておきましょう。 今回は、「Googleアナリティクスのコンバージョン設定」について、概要と設定手順などを解説していきたいと思います。 Googleアナリティクスのコンバージョンとは? コンバージョンとは、「Webサイトの運営側がユーザーに起こしてほしいと考える操作や行動が完了すること」です。 例えば、「体験の申し込み」や「資料の請求」、「商品の購入」などが、コンバージョンとして設定されます。 コンバージョンを直訳すると「転換」という意味ですが、これは、コンバージョン前は「まだ顧客ではない訪問者」から、コンバージョン後に「顧客」に変わる 転換する というところから、この名称がついています。 コンバージョン数とコンバージョン率 コンバージョン数は、1回の訪問(セッション)に1回しかカウントされません。 1回の訪問 セッション で、複数回コンバージョンを達成しても、コンバージョン数は1となります。 Googleアナリティクスの「管理」をクリック。 管理サイトの「ビュー」の「目標」をクリック。 「新しい目標」ボタンをクリック。 テンプレートが用意されているので、対象のテンプレート もしくはカスタム を選択し、「続行」ボタンをクリック。 テンプレートを使うと、目標の「名前」や「タイプ」が設定されているので、そのまま「続行」ボタンをクリック。 到達ページを設定し、途中計測が必要であれば、目標到達プロセスを「オン」にする。 目標到達プロセスのステップを設定し、「保存」ボタンをクリック。 目標が作成されていることを確認する。 設定後はしばらく時間をおいてから、目標が正常にカウントされているかテストする。 順番に画像付きで紹介していきます。 Googleアナリティクスの「管理」をクリック Googleアナリティクスの画面を開き、左下にある歯車のアイコンの「管理」をクリックして、Googleアナリティクスの管理ページに遷移します。 管理サイトの「ビュー」の「目標」をクリック 管理サイトの「ビュー」にある「目標」をクリックして、目標を管理するページに遷移します。 「新しい目標」ボタンをクリック 「新しい目標」ボタンをクリックし、新しい目標を設定するページに遷移します。 テンプレートが用意されているので、対象のテンプレート もしくはカスタム を選択し、「続行」ボタンをクリック テンプレートが用意されているので、該当するものがあれば選択し、「続行」ボタンをクリックします。 再度編集も可能なので、一度試しにテンプレートを使っても良いですし、「カスタム」にしても良いと思います。 テンプレートを使うと、目標の「名前」や「タイプ」が設定されているので、そのまま「続行」ボタンをクリック 上記の4番で、テンプレートを選択すると、すでに目標の「名前」や「タイプ」が設定されています。 編集も可能なので、設定を変える必要があれば修正し、「続行」ボタンをクリックします。 到達ページを設定し、途中計測が必要であれば、目標到達プロセスを「オン」にする 到達ページを設定します。 上図でもthanksページを到達ページとして設定しました。 「目標到達プロセス」は一見わかりにくいですが、これは、到達ページに遷移するまでに「どのステップでどれくらいの人が離脱したか」を、ひと目でわかるようにする機能です。 次の手順で「目標到達プロセス」について補足します。 目標到達プロセスのステップを設定し、「保存」ボタンをクリック 上述しましたが、「目標到達プロセス」は、到達ページに遷移するまでに「どのステップでどれくらいの人が離脱したか」を分かるようにする機能です。 例えば、下図のように、「問い合わせフォームまでユーザーが遷移したけど、問い合わせ完了に至らずにに離脱してしまった割合」などが見える化できます。 この割合が分かると、「離脱してしまった割合が多い場合は、問い合わせフォームを改善する必要がある」などの判断材料になります。 目標が作成されていることを確認する 目標が作成していることを確認しましょう。 上図ですと、「問い合わせ」の目標が1つ作成されています。 残り19個の目標が作成可能です。 設定後はしばらく時間をおいてから、目標が正常にカウントされているかテストする 目標が正常にカウントされているかテストしましょう。 目標を作成したあとは、設定が反映されるまでしばらく 1時間くらい 時間がかかります。 目標作成後すぐにテストすると、「コンバージョン」や「目標到達プロセス」が正常にカウントされないので、その点を注意しましょう。 Googleアナリティクスのコンバージョン設定の目標のタイプを紹介 目標のタイプとしては、「到達ページ」タイプが多いかと思います。 知識を深める意味合いで、その他のタイプについても紹介していきたいと思います。 目標タイプ「滞在時間」 「滞在時間」は、滞在時間が設定した時間を超えた場合に、コンバージョンがカウントされます。 例えば、メディアサイトやブランドサイトなど、「長い時間サイトに滞在してくれることに価値がある」という場合に、この目標タイプを使用すると良いです。 「滞在時間」タイプと同様な意図で、「多くのページを見てくれることに価値がある」という場合に使用しましょう。 目標タイプ「イベント」 「イベント」は、設定したイベントが発生した時に、コンバージョンがカウントされます。 例えば、「対象のボタンをクリックされた回数をカウントしたい」などの時に使用します。 ただし、イベント計測の実装が別途必要になるので、イベントに関しては、別の記事で紹介していきたいと思います。 目標タイプ「スマートゴール」 AdWordsのトラッキングコードをWebページに埋め込まなくとも、ある程度のコンバージョンを予測できるという非常に便利な機能です。 スマートゴールに関しても、別の記事で紹介していきます。 まとめ コンバージョンを設定しておけば、「ユーザーがどういう行動をして、どうコンバージョンしたのか」を、容易にチェックすることができます。 設定してみると意外と簡単ですので、おっくうになっていた方も、この機会にコンバージョン設定をしておきましょう。 また、コンバージョン数は、確認できるようになったら終わりではなく、よりサイトを改善していく材料として、ぜひ活用していきましょう! もっとGoogleアナリティクスの知識を深めたい方に、おすすめの本をまとめてみました。 ぜひこちらも確認してみてください!.

次の