ポケモンソードシールドギルガルド育成論。 【ポケモン剣盾】ギルガルドの育成論と対策【ポケモンソードシールド】

【ポケモン剣盾】ギルガルドの育成論と対策【ポケモンソードシールド】

ポケモンソードシールドギルガルド育成論

ナゲツケサル育成論「ポケモン剣盾(ソードシールド)」 ナゲツケサルは第7世代で初登場したポケモンだ。 育成論について紹介していく。 合計種族値は高くはないが、配分が良く、使わない特攻が非常に低い。 攻撃が特に高く、HP・防御が高いので物理耐久もあり、素早さもそこそこ。 「アイアンヘッド」、「ダストシュート」、「とんぼがえり」といった格闘タイプとしては個性的な技を覚え、攻撃範囲が広い。 ポケモン剣盾(ソードシールド)では単格闘タイプは何と12体もおり、ライバルが多い。 ダイマックスの追加により、「ダイジェット」を使用される機会が増えている。 一方でダイマックス技で能力を下げられる機会が増えたため、「まけんき」の価値が上がっている点は強化と言える。 スポンサーリンク ナゲツケサルの特性 レシーバー (倒れた味方の特性を受けつぐ。 ) まけんき(隠れ特性) (相手に自分の能力を下げられた場合、攻撃が2段階上昇する。 ) 考察 シングルであれば「まけんき」で確定。 ポケモン剣盾では、ダイマックスの追加により能力を下げられる機会が増している。 受動的ではあるが、有効に使える機会も多い。 レシーバーでダブルで効果がある専用特性。 「いかく」などの強特性や天候発動系の特性を持つポケモンが倒れた場合にその特性を再発動させるのが主な使い方となる。 スポンサーリンク ナゲツケサルの技考察 物理技 技名 タイプ 威力 命中 効果 備考 インファイト 闘 120 100 自身の防御と特防が1段階低下。 タイプ一致技。 威力が高く命中安定のメインウェポン。 ただしそこそこある耐久を削ってしまう。 ドレインパンチ 闘 75 100 与えたダメージの半分回復。 タイプ一致技。 威力は低めだがHPを回復できる点が便利。 高めの耐久を活かすことができる。 かわらわり 闘 75 100 壁破壊 タイプ一致技。 威力は低いが命中安定でデメリットもない。 相手の壁構築に強い。 きしかしせい 闘 20~200 100 自分のHPが低いほど威力増加 タイプ一致技。 きあいのタスキやみがわりとあわせて使おう。 はたきおとす 悪 65 100 相手持ち物ありの場合失わせ威力倍増。 苦手なゴースト・エスパーに刺さる。 持ち物を落せるので相手にかける負荷が大きい。 優先度高め。 いわなだれ 岩 75 90 ひるみ30% 格闘が効きづらい飛行・虫に刺さるサブウェポン。 こだわるスカーフ持ちなら怯み30%も活かしやすい。 威力は低いが素早さ逆転や味方サポートに使える。 じしん 地 100 100 なし 格闘が効きづらい毒に刺さる。 ギルガルドにも有効。 アイアンヘッド 鋼 80 100 ひるみ30%。 格闘半減のフェアリーに刺さる。 こだわるスカーフ持ちなら怯み30%も活かしやすい。 タネばくだん 草 80 100 なし。 威力は低めだが、水・地面に刺さる。 ダストシュート 毒 120 80 毒30%。 威力は高いが命中が不安。 苦手なフェアリーに刺さる。 なげつける 悪 - 100 持ち物により威力変化。 技レコードの「オーバーヒート」、「リーフストーム」や「でんきだま」、「こわもてプレート」を持たせよう。 とんぼがえり 虫 70 100 自分交代。 苦手なエスパーに刺さる上に撤退できる。 でんこうせっか 無 40 100 優先度+1。 先制技。 威力は低いがタスキつぶしに使える。 フェイント 無 30 100 優先度+2。 先制技。 威力は低いがタスキつぶしに使える。 まもるを無視でき、優先度+1の先制技にも先制できる。 素早さ逆転が狙える。 素早さ逆転が狙える。 補助技 技名 タイプ 命中 効果 備考 ちょうはつ 悪 100 相手は攻撃技しか出せなくなる。 耐久型の相手に特に刺さる。 みがわり 無 - HPの4分の1を使って身代わりをつくる。 交代読み、様子見で使っていく。 「きしかいせい」のHP調整にも。 火力と物理耐久の両方を高められる。 素早さ252振り補正ありで ドラパルト抜き調整されているポケモンまで抜くことができる。 準速スカーフロトムを抜くことができる。 技構成は高威力の「インファイト」は確定。 サブウェポンとしては、ゴースト・エスパーに刺さる「はたきおとす」はほぼ確定。 飛行・虫の2タイプに刺さり怯み効果も活かせる「いわなだれ」もほぼ確定。 格闘で等倍をとれずサブウェポンで弱点もつけないのは、フェアリーと毒だ。 4つ目の技が悩ましい。 フェアリーを倒したいなら「ダストシュート」OR「アイアンヘッド」、毒タイプを倒したいなら「じしん」を選ぶといい。 「はたきおとす」と攻撃範囲がかぶるが、自分が撤退しながら苦手なエスパーの弱点をつける「とんぼがえり」も選択肢となる。 技構成はタイプ一致の格闘技は確定。 サブウェポンとしては、ゴースト・エスパーに刺さる「はたきおとす」はほぼ確定。 飛行・虫の2タイプに刺さり怯み効果も活かせる「いわなだれ」もほぼ確定。 格闘で等倍をとれずサブウェポンで弱点もつけないのは、フェアリーと毒だ。 4つ目の技が問題。 攻撃技であれば、フェアリーを倒したいなら「ダストシュート」、毒タイプを倒したいなら「じしん」を選ぶといい。 耐久型を起点にするために「ちょうはつ」を入れたり、 ビルドアップで火力と物理耐久を上げられるようにするのも選択肢。 スポンサーリンク ナゲツケサルのパーティメンバー考察 ナゲツケサルの弱点である飛行・フェアリー・エスパーに強い鋼タイプのポケモンをパーティに入れておきたい。 特に耐久値も優れている アーマーガアや ギルガルドの優先度が高め。 ナゲツケサルの対策 注意点 ・種族値配分がよく高い火力・物理耐久とそこそこの素早さを併せ持つ。 ・サブウェポンを多数備えており、攻撃範囲が広い。 ・特性「まけんき」で、「いかく」や能力を下げるダイマックス技を撃つと、火力が上がってしまう。 対策方法 ナゲツケサルは物理耐久は高いが特殊耐久は並み程度なので、特殊アタッカーで攻撃するのが対策となる。 ナゲツケザルより素早さが上であれば2回攻撃すれば仕留められるが、「こだわりスカーフ」に注意。 補助技はそれほど多くなくアタッカーがほとんどなので、火傷状態にしてしまえば確実に機能停止する。 スポンサーリンク ポケモン剣盾(ソードシールド)で強くなりたい!勝ちたい!それなら育成論を見てみよう。 から各メニューを選択!.

次の

【ポケモン剣盾】ギルガルドの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ポケモンソードシールドギルガルド育成論

名無しのプレイヤー さん• 2019-12-01 17:07:13• サニーゴ入った強いパーティー 教えてください!お願いします• 名無しのプレイヤー さん• 2019-12-03 06:49:55• ドヒドイデってずぶといじゃなくておだやかなんですか?• 名無しのプレイヤー さん• 2019-12-08 09:48:16• 前の バンギラス ドリュウズ 火トム ナットレイ ドヒドイデ ウオノラゴン のパーティー消しちゃったんですか?• 名無しのプレイヤー さん• 2019-12-28 01:44:05• 受けループ構築のトリトドンずぶといになってますけどおだやかの間違いじゃないですか?• 名無しのプレイヤー さん• 2019-12-28 23:57:57• ヌオーはわんぱくであってますか?• 名無しのプレイヤー さん• 2019-12-29 16:24:10• 紹介されているパーティのカバルドンの技構築に「ほえる」が採用されてますが防音ですかされるので「ふきとばし」の方が良いと思います。 名無しのプレイヤー さん• 2019-12-29 19:08:53• ジャラランガの防音ぐらいカバーできる吹き飛ばしが安定。 今作はガッサ意識の防塵ジャラランガよりもニンフのハイボすかせる防音が増えるんだから... エアプ記事書くなよ• 名無しのプレイヤー さん• 2019-12-31 12:45:22• すごく考えたチーム編成ですね。 雨パはペリッパーで雨お振らせてからエラガミで先制攻撃おして倒せるようにしてすごいなとおもった• 名無しのプレイヤー さん• 2020-01-01 10:30:08• マンムーを使ったパーティ知りたいです• 名無しのプレイヤー さん• 2020-01-01 15:53:14• 不利なコメント削除するのやめたら• 名無しのプレイヤー さん• 2020-01-02 19:12:43• アーマーガアをつかった良いチームは、ありません?• 名無しのプレイヤー さん• 2020-01-03 20:50:29• ミロカロスやサーナイトを上手く使えるチームってないですか?• 名無しのプレイヤー さん• 2020-01-11 16:54:59• 特別なセキタンザンを上手く使ったパーティーってありますか• 名無しのプレイヤー さん• 2020-01-14 14:45:18• サイクル戦構築の水ロトムの努力値間違ってますよ• 名無しのプレイヤー さん• 2020-01-22 20:29:13• シャドーダイブ覚えないよ• 名無しのプレイヤー さん• 2020-02-14 02:33:27• 受けループ構築パの水ロトムは努力値D振りじゃなくてAなんですか?• 名無しのプレイヤー さん• 2020-02-14 20:20:17• ミミッキュとドラパルト強すぎ.

次の

【ポケモン育成論まとめ】ギルガルドの調整と対策『ソード・シールド/剣盾』

ポケモンソードシールドギルガルド育成論

マホイップ 種族値 HP 65 攻撃 60 防御 75 特攻 110 特防 121 素早 64 フェアリー 合計種族値 495 特性 スイートベール 自分と味方は「ねむり」状態にならなくなる。 アロマベール 自分と味方の行動を制限する効果を持つ技「アンコール」「いちゃもん」「かいふくふうじ」「かなしばり」「ちょうはつ」「メロメロ」を無効化する。 マホイップの特徴 長所 Bに振ることで両受けが可能 マホイップは特防が非常に高いので、HPと防御に努力値を振ることで 両受けの耐久ポケモンとして活躍できます。 相手の攻撃ランクを先制で1段階下げる「つぶらなひとみ」、2段階下げる「あまえる」でランクを下げて攻撃を受けつつ、自己再生やドレインキッスの回復で耐久が可能です。 物理アタッカーだけでなく、特殊アタッカーも注目されてきた 現環境に欲しい存在といえます。 アロマベールでちょうはつを無効化 マホイップの夢特性である「 アロマベール」で、相手のちょうはつを無効化できるので積み技やじこさいせいなどを 封じられないのが魅力的です。 大抵の耐久ポケモンはちょうはつで機能しなくなりますが、マホイップには通じないのでちょうはつでしか耐久対策していない相手には非常に有効でしょう。 特殊アタッカーとしても活躍 マホイップは 特攻が110とそこそこ高いので、めいそうを積んでいけば高火力の特殊アタッカーとしても活躍できます。 ほのおタイプのマジカルフレイム、くさタイプのエナジーボール、エスパータイプのサイコキネシスなど他タイプのメインウェポンも覚えられるので、相手にしたいポケモンによって覚えさせると良いでしょう。 短所 HPが低め マホイップはHP種族値が低めで防御種族値も75と高くないので、物理アタッカーに弱点を突かれると耐久が難しいです。 また、はがね技を覚えないので、ダイスチルで防御ランクを底上げ不可能なのが残念です。 先手を取りずらい 素早さ種族値が64と遅めなので基本的に先手を取れません。 早い物理アタッカーに耐久する場合は先制技の「つぶらなひとみ」で攻撃ランクを1段階下げましょう。 耐久無振りの ドラパルトをドレインキッスで確2で倒せるように特攻に28だけ振っています。 立ち回りによっては現環境で暴れているサザンドラやポットデスといった特殊アタッカーから、ドラパルトやナットレイの対策が可能です。 積みアタッカーに関しては アンコールで流し、交代読みでめいそうを積んで耐久力と火力をあげ、ドレインキッスでこまめに回復するのが理想的な動きになります。 アロマベールで ちょうはつが効かないので、レパルダスやオーロンゲといった相手にも有効的です。 素早さに20振ることで、同速のバンギラスを抜きつつブラッキーやモスノウなどの素早さ4振り65族にも先手を取れるように調整しています。 元々特防値が高いポケモンなので、HDに振りめいそうを積むことでからやぶポットデスのシャドーボールやジュラルドンのてっていこうせんを 確実に耐えられます。 攻撃しつつマジカルフレイムで相手の特攻も下げられるので、特殊アタッカーに対してはとことん強いのが魅力的です。 ただ、スカーフドリュウズやミミッキュのようなアタッカーとは相性が悪いので注意しましょう。 技構成.

次の