胆嚢 ポリープ なくなる。 胆嚢ポリープが見つかって内視鏡で調べると言われたけれど、どういった検査ですか?

Q&A|胆道がん|九州大学病院のがん診療|九州大学病院 がんセンター

胆嚢 ポリープ なくなる

【どんな病気?】 胆石症とは、胆道(たんどう)のどこかで胆汁(たんじゅう)の成分が固まって結石(けっせき)ができる病気です。 胆石ができる場所は胆のうが一番多く、「胆のう結石」といいます。 ほかにも胆石ができる場所によって、「総胆管結石(そうたんかん・けっせき)」「肝内結石(かんない・けっせき)」といいます。 胆石によって腹痛や発熱などの症状(しょうじょう)があらわれる病気を「胆のう炎(えん)」といいます。 日本では、食生活の変化と高齢化により、胆石症が増えています。 日本の総人口の10〜15パーセントが胆石を持っているといわれています。 【原因は?】 原因はさまざまですが、主に脂質(ししつ)のとりすぎや、細菌に感染することがあげられます。 食事のときに脂質をとりすぎると胆汁のなかでコレステロールが固まり、少しずつ大きくなり結石(けっせき)になります。 また、胆のうや総胆管が細菌に感染すると、胆汁のなかの色素が変化して結石になりやすくなります。 【治療(ちりょう)するには?】 胆石の大きさや位置によって治療法が違います。 痛みがない場合には飲み薬で石を溶(と)かします。 痛みが激しい場合はまず痛みを抑(おさ)える薬を使います。 胆石を取り出すには、からだの外から衝撃波(しょうげきは)で圧力をかけて石を砕(くだ)くか、手術で取り除きます。

次の

【医師監修】胆嚢ポリープができたら手術が必要?なくす方法はある?

胆嚢 ポリープ なくなる

の早期発見には超音波検査(エコー)が有効であることが分かっています(関連記事「」参照)。 では、超音波検査のほかにはどのような検査が行われるのでしょうか。 検査結果に基づいて診断に至るまでの流れについて、外科医であり、超音波検査もご専門の山王病院 一般・消化器外科の渡邊五朗先生にうかがいました。 胆管がんの検査について で胆管が閉塞している(詰まっている)場合は、肝機能障害のため血液検査で異常な数値が出る場合があります。 しかし一般的には血液検査からの兆候をとらえることはできません。 また、胆のうがんに特異な腫瘍マーカーというのもありません。 胆のうがんが疑われる場合に最初に行うべき検査は超音波検査(エコー)です。 胆のうの中にできている腫瘍はもちろん、小さなポリープまで見つけることができます。 人間ドックなどの検査で胆のうポリープが発見されたとき 皆さんが定期的に受けている人間ドックなどで、という診断名を見たことのある方がいらっしゃるかもしれません。 胆のうポリープは超音波検査を受けた方全体の10〜20%ほどにみられますので、それ自体は珍しいことではありません。 胆のうポリープとは、胆のうの内側の壁から飛び出すように小さな腫瘤(しこり)ができるもので、そのほとんどはコレステロールポリープです。 コレステロールポリープは、ができるのと同じように、胆のうの内側にコレステロールが沈着し、それに反応して壁が盛り上がっている状態です。 大きさは5mm以下のものが大半で、急激に大きくなったりする心配はありません。 しかし、ごくまれに悪性のものができる場合があり、これがと呼ばれます。 ポリープ癌 超音波検査などの画像診断だけでは良性のポリープなのか、それともがんなのかを正確に見極めることはなかなかできません。 そこで、ポリープが見つかった場合には、以下のような指針に基づいて注意深く経過をみていく必要があります。 胆のうポリープが見つかった場合の基本指針 最低でも5〜6年は胆のうポリープの経過観察を行う 5mm以下1年ごとに超音波検査(再検査)。 5〜8mm半年後に超音波検査(再検査)、その後1年ごとに経過観察。 8mm以上CT(X線によるコンピューター断層撮影)やEUS(超音波内視鏡)などエコー以外の検査も行ってコレステロールポリープの可能性を精査。 コレステロールポリープであることが確定的ならば半年から1年ごとの経過観察を5年。 コレステロールポリープであると確定できない場合は半年ごとの経過観察か手術を検討。 コレステロールポリープは散発的に小さなものができることが多いので、とくに単発で大きいものに注意。 がんと言っても急激に大きくなるものばかりではなく、ゆっくりと進行するものもあるため、最低でも5〜6年は経過をみる必要があります。 山王病院• 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 外科 心療内科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 肛門科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 代謝内科 膠原病内科 脳神経内科• 東京都港区赤坂8丁目10-16• 東京メトロ銀座線「青山一丁目駅」 4番 南 出口 徒歩4分 東京メトロ半蔵門線「青山一丁目駅」 4番 南 出口 徒歩4分 都営大江戸線「青山一丁目駅」 4番 南 出口 徒歩4分 東京メトロ千代田線「乃木坂駅」 3番出口 徒歩4分• 03-3402-3151.

次の

消えた!胆のうポリープ?

胆嚢 ポリープ なくなる

胆石での食事でコーヒーやアルコールは良い? 胆石になった方の食事でおそらく最初に注意される点が、コーヒーやアルコールは避けるということだと思います。 ほとんどの医療機関系の紹介サイトにおいて胆石の場合はコーヒーやアルコールは摂取してはいけないと大々的に記載してあるのです。 しかし、コーヒーに関しては意見が割れており、 たくさん飲んでしまうと脂肪を溜め込むようになるので胆石ができやすくなるので良くないけれども、適量ならば脂肪燃焼効果があるのでむしろなり難くなるので飲んだほうが良いという意見もあるのです。 それ以外にもカフェインが刺激物ということで胆石症の発作が起こりやすくなるので良くないというのが通説でしたが、アメリカでは胆石を抑制する効果がコーヒーにはあるという研究報告もあり、むしろ推奨している人もいるとすら言われているようです。 アルコールに関しては確実に良くないと言えそうですが、このようにコーヒーの意見は割れているので、 発症した人は専門医に確認したほうがいいでしょう。 胆石での食事でチーズや牛乳は良い? 胆石における乳製品の扱いもまた微妙な立ち位置になっているようです。 人によっては「控えたほうが良い」と解説する方もいれば、 「特に問題は無いのだから食べ過ぎなければ普通に摂取しても問題ない」という方もいるので意見が割れています。 この意見の中にはカルシウムを摂取しすぎることで胆石ができるという説を信じている方がいるのかもしれませんが、 最近の研究ではカルシウムの摂取不足になることで骨が溶けだして胆石ができるようになると言われているので、むしろ避けない方が良いと思われます。 ただし、飽和脂肪酸が多く含まれている牛乳を大量に飲むと、コレステロールを上げる原因になってしまって悪化する可能性も確かにあるので、 できる限り低脂肪のものを摂取するといいかもしれません。 ヨーグルトといったものは脂質も少ないものも多いので推奨されております。 結論からすると、飽和脂肪酸が少ない乳製品なら問題なく摂取して良いということになるでしょう。 ただ曖昧さが残る現状なので、専門医に確認した方が良いでしょう。 胆石での食事でカレーは良い? カレーライスもそうなのですが、焼肉やてんぷらといったものも脂肪分が大量に含まれているので避けたほうがいいでしょう。 いわゆるごちそうメニューと呼ばれるものは脂肪分が多いのでほとんどの医師に自重するよう促されるはずです。 特にカレーはスパイスが効いていることも多く刺激物のため避けたものが良いものの筆頭となるでしょう。 このカレーが食べられなくなることは家族的にもいたいようです。 夫に胆石ができてしまってカレーといったものが食べられなくなった時に、一人分だけ作るということはしない為、おそらくレトルトカレー以外は家から無くなると愚痴っている方もいました。 胆石での食事で卵や肉は良い? 卵や肉というものに関しても諸説あり、 「脂質を多く含むものは絶対に食べてはいけないから卵も肉も良くない」という方や 「食べ過ぎないと胆のうがちゃんと働かなくなるので胆汁が凝縮して固まりやすくなるから良くない」というものもあります。 胆汁が多くなってしまうと結石ができやすいので胆石が発生するようになるというのは通説で、そのため肉類や卵は急けた方が良いという意見もあるのですが、意見が見事に割れているのではっきり言って何とも言えません。 色々と情報を集めましたが、良くないという意見のほうが多いので避けたほうが無難なのかなとは思いますが、やはりこちらも専門医に確認した方が良いでしょう。 胆石での食事でパンは良い? パンはパンでも種類がかなりあるので、すべてのパンが同じであるとは言えません。 Sponsored Link とりあえず言えることは 消化の良いものを食べたほうが良いということです。 また、 甘すぎるものは肥満の原因になるので砂糖やハチミツたっぷりのパンは自重するようにしましょう。 ただし、市販に売られているサンドイッチや具の入ったパンの場合はその中身によって胆石が悪化する可能性がありますので注意したほうがいいと思います。 自作でのフランスパンや食パンにおかずを添えて食べるのは問題ないと言えるでしょう。 胆石での食事で塩分は良い? 塩分に関しては胆石のみなら自重することは促されないでしょう。 実際に、塩分の摂り過ぎからコレステロールの値が上昇するという理論だった情報は無いようです。 それでも、 塩分過多は他の病気を誘発する可能性はあるので過剰摂取は避けたほうが良いでしょう。 特に、胆石ができると色々と食事制限がきつくなるので、濃い味が好きな人にとってはかなりつらい状況が続くかと思います。 そのため、塩分を多く摂りたがる方もいるようなので、塩分の摂り過ぎには気を付けましょう。 ただし、塩分が原因で尿中のカルシウム濃度が上昇し、カルシウム結石の原因になるという説もあるので、コレステロール系の結石の悪化を防げてもカルシウム系の結石ができてしまうかもしれません。 やはり、摂り過ぎは避けた方が良いでしょう。 適量なら問題ないと思います。 胆石にいい食べ物は? このように、いろんな制限がかかってしまうのが胆石です。 この 胆石で食べてよいものは他にも魚介類や食物繊維豊富な食べ物となります。 まず魚介類はタウリンが多く含まれているものがあるので、コレステロールでできた胆石が大きくなるのを防いでくれると言われております。 また 食物繊維もコレステロールを下げる作用がありますので野菜類が推奨されるところがあり、ビタミンCやビタミンEといったものは胆汁酸の排出を促す作用があるので、ピーマン・ゆず・レモン・ケール・モロヘイヤ・しそ等を食べるといいでしょう。 胆石で食事制限すべき食べ物は? これまでに胆石において注意すべき食材や食品について触れてきましたが、 曖昧になっているものも多いことが分かっていただけたと思います。 特に乳製品や肉類の扱いについては議論の的と言えるでしょう。 それでも、バターやマーガリンといった脂肪の多い食品は可能なら避けたほうが良いと思われます。 他には、辛いもの・刺激の多いもの・天ぷら・ドーナッツ・クルミ・タコ・イカ・たらこ・いくら・ウナギなども脂肪が多かったりコレステロールが多かったりする食品なので避けたほうがいいでしょう。 特に胆石症における発作症状は食後の30分~3時間以内に発生することが多く、油分が多いものや脂肪分が多い食事をすることで発生する傾向があるので、ここで避けたほうが良いという食べ物は自重したほうが良いと思われます。 結石はどのようにしてできる? 胆石と食べ物に関して記載してきましたが、そもそもこれはどのようにしてできているのでしょうか。 私たち人間が体内でできてしまう結石の多くはシュウ酸カルシウム結石と言われております。 これは 体内で余ったシュウ酸が腸で吸収され、尿の中や腎臓に届き、そこからカルシウムと結合して結石になってしまうことが原因とされています。 このシュウ酸は 肉類などを多く食べると、体内で増えてしまいますし、ほうれん草のようにシュウ酸を含んでいる食品を大量摂取することでも体内で蓄積するようになるようです。 マグネシウムはシュウ酸と結合することで尿に溶けやすい状態にしてくれますし、カルシウムを摂取していれば腸内で結合するので体外に出されるようになるのですが、これらの栄養素が不足する偏った食生活をすると結石ができるようになってしまうと言われております。 胆石につきましては次のページも参考にしてください。 胆石での食事制限は?コーヒーやチーズ・卵はいい食べ物?のまとめ 以上、いかがだったでしょうか。 今回は胆石における食事について触れてきました。 胆石ができてしまうと糖尿病のように色々なな食事制限が付きます。 何れも現代人が発症する確率が高い病気なので、普段からの食生活には本当に気を付けるようにしましょう。 甘いものや油っぽいものといういわゆる「おいしい」と感じる(個人差はありますが)ものばかり食べるのは危険がつきまとうと思われますので、やはりバランスの良い食事を心がけましょう。 カテゴリー•

次の