あ つもり マイル 貯め 方。 【裏ワザ?】初心者向けANAマイルの貯め方・陸マイラーになろう!JAL派の方も!

【あつまれどうぶつの森】序盤でできる効率のいいマイル稼ぎ|たぬきマイレージの貯め方【あつ森】

あ つもり マイル 貯め 方

マイルを貯めたいと思うのですが、どこのマイレージカードを作ったらいいのかわかりません。 ・ANAのクレジット機能なし、年会費無料のマイレージカードをつくりました。 ・いつも一番安く、便がいい航空会社のチケットを購入しているので、特にいつも使う航空会社があるわけではありません。 ・これからいろんな国に行きたいと思うのですが、主にアジアに行くと思います。 ・ショッピングのポイントもマイレージに変えられると聞いたのですが、今一番活用しているクレジットカードは、イオンカードでvisaです。 ・今のところ、春に台北(JAL利用)と秋にイスタンブール(トルコ航空利用)に行く予定があります。 3つのご質問に端的に回答し、本文で詳細に説明をいたします。 類似の質問と回答[1]も併せてご覧ください。 Q1: 2009年8月のANA便 ソウル のマイルを加算できるか。 A1: 搭乗日から6か月を過ぎていなければANAマイレージクラブで加算できる。 他にも少ないながら今から入会して加算できるプログラムが存在する。 搭乗日から6か月を過ぎている場合は残念ながら手がない。 Q2: 2007年8月のフィンエアー、2009年12月チャイナエアラインのマイルを加算できるか。 A2: 加算できない。 今から新たに入会して事後加算できるプログラムがいずれについても存在しない。 Q3: どのマイレージプログラムに入るとよいか。 A3: 利用航空会社が一定していない場合、マイルの有効期限の規程が緩いプログラムを掛け持ちし「どの航空会社を利用してもどれかが受け皿となる」ようにして少しずつ貯めるのが最善。 具体的なプログラム選択案は本文に記す。 マイルの有効期限 マイレージプログラム選びで最も重要な点が「マイルの有効期限」です。 この期間内に必要なマイルを貯めないと古いマイルから次々と失効し、いつまで経っても特典に届かないことになります。 アメリカ系のプログラムはこの点有利です。 アメリカン航空"AAdvantage"、ユナイテッド航空"Mileage Plus"、USエアウェイズ"Dividend Miles"のマイルは最終の加算または減算から18か月先まで、デルタ航空の"SkyMiles"は同じく24か月先まで有効です。 日本でもあえて米系プログラムで貯めている人は少なくありません。 航空会社の提携関係 世界の航空業界では現在、いくつかの会社が集まってグループを形成し、空港施設の相互利用や燃料の共同調達などで協力を図る戦略が主流になっています。 このグループは「航空アライアンス」などと呼ばれます。 航空アライアンスとその代表的な航空会社を以下に記します。 アライアンスに加わっていない会社でも、個別の提携があってマイルを加算できる場合があります。 ・マレーシア航空、チャイナエアライン: SkyMilesで貯められる。 ・ベトナム航空: 2010年6月にスカイチーム加盟予定。 ・中国東方航空: SkyMilesで貯められる。 JALマイレージバンクも提携しているが日中路線は加算対象外。 ・エミレーツ: Mileage Plus, OnePass, 大韓航空"Skypass"などでで貯められる。 JALマイレージバンクも提携しているが加算対象運賃はごく一部のみ。 貯まるマイルと特典航空券交換に必要なマイルのバランス 少しややこしい話になりますが、同じ運賃で同じ区間に搭乗したとしても、加算されるマイル数は実はプログラムによって異なります。 ただし現時点では、利用区間や航空会社、狙いたい特典航空券が定まっていないでしょうし、1. の有効期限を最優先してプログラムを選ぶことになりますから深く考えなくてよいでしょう。 入会前搭乗分の加算可否 マイレージプログラムは大半が「事後加算」制度を設けています。 搭乗時に会員カードを提示するのを忘れた、カードは提示したが何故か加算漏れになった、といった場合に所定の書類を事務局に送ると後からでもマイル加算可能です。 手続き期限は搭乗日から6か月~12か月です。 ところが「入会前の搭乗分」となると話は別です。 上記の手続き期限内であっても入会前の搭乗分までは遡れなかったり、遡れても期間が「入会前1か月以内の搭乗分まで」と短かったりすることは珍しくありません。 1 2009年8月のANA便 ANAマイレージクラブは入会との前後に関係なく、搭乗日から6か月以内なら事後加算手続きができます[2]。 2009年8月というとぎりぎりですのですぐ手続きを行ってください。 6か月を過ぎている場合は残念ながら諦めざるを得ません。 実質無期限有効のプログラムで貯めたいならば"Flying Club"[3]に今から入会して貯める方法もあります。 他社便搭乗も含め入会前6か月まで遡って加算可能ですが[4]、こちらも6か月を過ぎているとお手上げです。 スターアライアンスで実質無期限有効のプログラムにはMileage Plus, OnePass, Dividend Milesなどがありますが、Mileage Plusは入会前搭乗分加算不可、OnePassとDividend Milesは入会前搭乗の加算は自社便限定なので、いずれも候補から外れます。 他に可能性としてはアシアナ航空の"Asiana Club"[5]がありましたが、現在は入会前搭乗分の加算はできないようです。 詳細は付記1をご覧下さい。 ソウルまでのマイル数は大したことはありませんから敢えて放棄し、白紙の状態から他の貯め易いプログラムを選ぶこともお考えください。 「今から事後加算ができるか」だけを基準にプログラムを選ぶと他の面で不便を被りかねません。 2 2007年8月のフィンエアー便 これは断念せざるを得ません。 フィンエアーと提携しているプログラムに仮に入会済みでも、2年以上前では事後加算期限を過ぎているからです。 3 2009年12月のチャイナエアライン便 入会前搭乗分の加算可否を各提携プログラムにつき調べましたが、結果は以下の通りで、今からの入会では間に合わないプログラムしか見つかりませんでした。 ・チャイナエアライン "Dynasty Flyer" 入会前搭乗分は加算不可[6] ・デルタ "SkyMiles" 入会30日前の搭乗まで遡って加算可 しかし30日を過ぎているので加算不可 [7] ・中国南方 "Sky Pearl Club" 入会前搭乗分は加算不可[8] ・中国東方 "Eastern Miles" 入会1か月前の搭乗まで遡って加算可 1か月を過ぎているので加算不可 [9] ・中国国際 "Phoenix Miles" 入会前搭乗分は加算不可[10] 5. クレジットカード マイルが貯められるクレジットカードには、 A 航空会社がクレジットカード会社と組んで発行している、マイレージプログラム会員カードを兼ねたクレジットカードと、 B 航空会社とは直接関係しない一般のクレジットカードとがあります。 B の場合はクレジットカード独自のポイントを貯めて後からマイルに移行する形になります。 もちろん世の中の全てのクレジットカードがマイル移行可能というわけではありません。 本格的にクレジットカード利用でマイルを貯めるなら A の方が適しています。 年会費や諸費用はかかりますが、換算率 利用額に対して付与されるマイルの割合 で有利だからです。 目安は利用額100円あたり1マイルの加算です。 B のカードは年会費がかからないものも多数ありますが、利用額100円あたり0. 2~0. 5マイルの加算に留まります。 補助的な位置付けならともかく、積極的に貯めるならば年会費や諸費用はかかっても A の航空会社のクレジットカードの方が有利です。 クレジットカード利用で貯める場合は日系プログラムが有利です。 なお A のクレジットカードは後からでも申し込めます。 まずはクレジット機能なしの会員カードを作ってマイルを貯め、自分なりに貯め方を掴んだ時点でクレジットカード機能付きに切り替えれば十分でしょう。 具体的なプログラム選択 2. で述べたように各航空アライアンスから、有効期限の規程の緩いプログラムを1つずつ選び掛け持ちするのが最善解です。 スターアライアンスではユナイテッド"Mileage Plus"またはコンチネンタル"OnePass"、スカイチームではデルタ"SkyMiles"に入っておくとよいでしょう。 ワンワールドは悩みますが消去法的にアメリカン"AAdvantage"とカンタス"Qantas Frequent Flyer"が残ります。 このほかクレジットカードで積極的に貯めることをお考えなら、ANAマイレージクラブやJALマイレージバンクも候補に挙がります。 【スターアライアンス】 加盟会社がもともと多い上に東アジアや東南アジアには特に強いので、このアライアンスを軸に貯めることになりそうです。 秋に利用予定のトルコ航空もスターアライアンス加盟会社です。 搭乗以外では「マイレージ・プラス・モール」[15]の通信販売利用で延長する方法もあります。 貯めやすさから日本でも人気のあるプログラムです。 提携クレジットカードでお勧めはマイレージ・プラス《セゾン》カード[11]です。 年会費は1,575円で利用額1,000あたり5マイルの加算ですが、追加で年5,250円の参加費を払って「マイルアッププラン」制度を利用すると、利用額100円あたり1. 5マイルの加算に増えます。 定期的にクレジットカードを利用すれば「18か月」の期限の心配もありません。 マイルは無期限有効です。 EVA航空やエミレーツ航空の受け皿として使えるのも便利です。 クレジットカードはワンパスUFJ[12]、ワンパスJCB[13]があります。 米系航空会社のクレジットカードでは良心的な年会費です。 【スカイチーム】 アジアでは大韓航空と中国南方航空が加盟していますが、日本に加盟会社がないのが弱点です。 手軽には「スカイマイル ショッピング」[18]という通信販売サイトの利用で延長できます。 クレジットカード利用で貯めるのには向いていません。 「年会費1,575円で、利用額1,000円あたり5マイル加算」「年会費10,500円で、利用額1,000円あたり10マイルの加算」の選択になるからです。 以前は日本では提携企業が少なくお勧めとは言い難かったのですが、日本で人気のあったノースウエスト"WorldPerks"の会員と提携企業を合併により引き継いだため、内容が一気に拡充し会員数も多くなりました。 ただWorldPerksと異なり、大韓航空の一部運賃 割引率の高いもの が加算対象外になっています[19]。 大韓航空の利用が多く見込まれるなら、有効期限 5年 はあっても同社の"Skypass"で貯める選択が浮上してきます。 【ワンワールド】 ワンワールドは自社便以外の加算条件が悪いプログラムが多く悩みます。 期限があるのは承知の上でJALマイレージバンクで貯めるのも一つの方策です。 提携クレジットカードは年会費が高いのでお勧めしません。 他社便利用時の加算条件に一部悪いものがあるのが難点です。 例えば日本からですと利用機会も多いキャセイパシフィック便で、正規割引運賃の下位のものおよびツアーなどの包括旅行運賃が軒並み加算対象外なのは痛い点です。 日本語Webサイトがあまり整備されておらず、何かにつけて本国の英語サイトに飛んでしまうのもマイナスです。 "AAdvantage"におけるキャセイパシフィック便のような、露骨な加算対象外運賃は少ないのですが、特典航空券の必要マイル数が多めなのが短所です。 日本では提携クレジットカードを発行していません。 まとめ 1 利用航空会社が毎回異なる場合でもマイルを貯めることは可能です。 航空アライアンスごとに一つずつマイレージプログラムに入り、どの航空会社を利用してもどれかが受け皿となるようにすればよいのです。 2 プログラム選択で最も重要な点はマイルの有効期限です。 特に細く気長に貯める場合は、無期限有効のプログラムを選ばないと「二兎を追うもの一兎も得ず」になりかねません。 3 クレジットカード利用では最大で利用額100円あたり1マイル程度が貯まります。 本格的に貯めたくなってきた時点で、航空会社の提携クレジットカードに切り替えればよいでしょう。 参考ページ [1] [2] [3] [4] [5] [6] 「DFP会員入会後からフライトマイルの積算を行う事ができます。 」とある。 [7] [8] 「入会日以降に搭乗されたフライトは、事後加算が可能です」とあり、裏返せば「入会日以前の搭乗は事後加算不可」と読み取れる。 [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] 「23 アシアナクラブ入会前の搭乗分もマイレージ積算が可能ですか」参照。 付記1 アシアナ航空"Asiana Club"の入会前搭乗分の加算について 2009年12月に別の質問[23]に回答した際、Asiana Clubの入会前搭乗分の加算可否について調べました。 その時点では同社サイトのFAQに「1年前まで遡って加算可能」とあったのですが、今回再度調べたところその回答は削除され、代わって「アシアナクラブ入会前の搭乗分は積算するこができません。 」との回答が新たに掲載されていました[24]。 よって今から入会して加算することは不可と判断しています。 Asiana Clubののマイル有効期限は5年で、特典交換に必要なマイル数も多めなので、無理にAsiana Clubを選んで貯めていくことは勧めません。 一度加算したら後からマイルを別のプログラムに移行することも不可。 具体的に言えば現状では、台北以遠は加算できない。 参加しない場合「利用額200円あたり1マイル加算」に下がる。 事後加算についてはどのプログラムに加入するかにもよりますが難しいと思います。 これがポイントだと思います。 貯めたマイルで何をしたいかにもよりますが、フライトマイルだけで何らかのプレゼントに交換するのは難しいと思います。 "物"が欲しいなら、クレカポイントをマイルに変えるのではなく、クレカポイントとして利用した方が効率的です。 クレカポイントを全てマイルに移行して特典航空券を取っても、旅行全体を考えたら格安ツアーの方が安く済みませんか? ツアーでなく格安航空券を購入されるつもりなら利用価値はあるかもしれません。 いろいろな航空会社を使う前提ならば、前の方が書かれている"お友達グループ(アライアンス)"それぞれでカードを作ってみたらいかがですか? JALやANAなどはマイルの有効期間は3年間しかありません。 3年経つと無くなってしまいます。 以下間違っていましたらどなたか訂正をお願いします。 それに対して一定期間内にマイルを加算すれば、マイルが半永久的に貯まり続けるプログラムもあります。 ワンワールド(JAL)ならアメリカン、スターアライアンス(ANA)ならユナイテッド、スカイチーム(デルタ、大韓など)ならデルタなど。 一定期間内にこれらのプログラムにマイルを加算すればよいので、アマゾンなどで買い物をして、そのポイントをマイルにして加算するような方法もあったかと思います。 また、格安航空券(エコノミー)利用ならば、格安航空券に対応しているプログラムを選ぶ事が必要です。 料金種別によってはマイル加算不可となる場合もあります。 まず、キャリアを決めなければならないと思いますよ。 安いチケですと、マイルの加算率がそれぞれで違います。 ショッピングの場合は、ANAのクレジットカードとかそういうもので加算していくのです。 イオンは除外かな。 ツアーの加算ですが、両方とも出来ません。 時期が古すぎます。 事後加算という手段がありますが、その方法他は各会社に委ねられていますので、調べてください。 2009のチャイナは、もしかしたら?とは思いますが、半券はありますか? マイレージはどこに加算するのか?チャイナはデルタグループだったと思いますが。 また、今後の加算対象のツアーを利用する場合は、チケットの半券をしばしの期間お持ちになっていてください。 ツアーでいろいろなとこへ行かれているよういですが、航空会社を同じグループにしないと何も始まらないし、期限きれになる場合も多いですね。

次の

お金の貯め方

あ つもり マイル 貯め 方

マイレージプログラム(マイル)とは何か? マイレージ(マイル)は航空会社が提供しているポイントプログラムです。 国内の大手航空会社ではANAやJALがそれぞれ提供しています。 また、海外の航空会社も同様のプログラムを提供しており、ユナイテッド航空、デルタ航空、アメリカンエアラインズなど多くの航空会社がポイントプログラムとして提供しています。 いずれも飛行機の搭乗やクレジットカードのポイントなどを利用してマイルを貯めることができ、貯めたマイルを使って無料航空券などと交換することができるようになっています。 各社のプログラムは貯め易さも有効期限も使いやすさも違います。 ただ、基本的にはその航空会社で利用するのが基本なので、自分が一番利用する航空会社のマイルを貯めるのが基本といえます。 国内ならANAかJALの二択。 ANAとJALはどちらがおすすめ? よほど海外旅行や海外出張に行くことが多いという人以外は、基本的にANAかJALの国内大手航空会社のマイルを貯めるのがお勧めです。 それじゃあ、ANAとJALはどちらがおすすめ?と言われると難しいところです。 貯め易さや価値についてはそれほど差があるわけではありません。 自分が良く利用する空港などで路線が多い航空会社や、保有しているポイント、最後は好みに近いかもしれません。 私個人ではANAのマイルもJALのマイルも両方貯めていますが、どちらかというとANA寄りです。 ANAのマイルは「楽天ポイント」「Tポイント」「nanacoポイント」「メトロポイント」など様々なポイントと交換することができるようになっています。 ポイント交換先が多いので様々なところで貯めたポイントをANAマイルにすることができます。 その分、色々なところでポイントを貯めている人にとっては使いやすいと言えるでしょう。 一方のJALマイルはPontaポイントと強い結びつきがありますが、それ以外のポイントとJALマイルの交換ルートが少ないです。 一方で貯めたマイルを特典航空券に交換する時、JALは期間(繁忙期や閑散期)などによる必要マイルに差がないので、繁忙期にしか飛行機に乗らないという方にはJALがお勧めですね。 マイルを貯める3つの方法 航空会社のマイルを貯める方法は大きく3つです。 ちなみに、(1)の飛行機搭乗で全く(ほとんど)マイルを貯めずに(2)のクレジットカードの利用や(3)のポイント交換の利用だけでマイルを貯める人のことを「陸マイラー(おかまいらー)」と呼びます。 1)飛行機の利用で貯める JALやANAのカード会員になった上で、飛行機に搭乗するとその区間(距離)や座席のグレードなどに応じてマイルが貯まります。 貯まるマイルはそれぞれの航空会社の会員グレードによっても変わってきます。 2)クレジットカードの利用で貯める ANAやJALはそれぞれANAカードやJALカードといったように提携のクレジットカードを発行しています。 クレジットカードの利用でおおよそですが、1%分のマイルが貯まるようになっているので、普段のお買い物でもマイレージを貯めることができます。 また、ANAマイル、JALマイルではそれぞれクレジットカードの特約店があります。 JALカード特約店 ファミリーマート、イオン、ENEOS、大丸・松坂屋、マツモトキヨシ、ロイヤルホストなどが対象になっている、JALカード(クレジットカード)の特約店です。 通常のクレジットカードのポイントとは別にJALマイルが加算されます。 ANAカードマイルプラス セブンイレブン、ENEOS、高島屋、マツモトキヨシ、スターバックスなどが対象になっているANAカード(クレジットカード)の決済でプラスアルファのANAマイルが加算されるお店です。 >> >> 3)ポイント交換・ポイントの移行でマイルを貯める 航空会社はそれぞれ様々なポイントサービスと提携しています。 そうしたところで貯めたポイントをANAやJALのマイルに交換・移行するというのもマイルを貯める有効な方法です。 ANAマイルに交換できるポイント 「Tポイント」「楽天ポイント」「nanacoポイント」「メトロポイント」が代表的です。 このほか、三越やマルイなどの百貨店のポイント、ヒルトンやスターウッド、ハイアットといったホテルグループのポイント、ポイント交換サイトのポイントなど70以上のポイントと提携しています。 JALマイルに交換できるポイント ANAマイルと同様ですね。 共通ポイントとしては「Pontaポイント」「dポイント」と交換可能です。 このほか。 、ビックカメラやJR東日本、大丸などの、JALも70以上のポイントと提携しています。 マイルの賢い使い方の基本 せっかく貯めたマイルはどうやって使うべきなのでしょうか?大きくは「特典航空券(無料航空券)との交換」、「クーポン券・や電子マネーとの交換」、「座席のグレードアップ(国際線)」などが挙げられます。 1)特典航空券(無料航空券)との交換 これが一番人気ですね。 飛行機代をタダにすることができます。 1マイル当たりの利用価値は少なく見積もっても2円相当にはなると思います。 国内線・国際線の両方で席の用意があります。 ただし、各便ごとに特典航空券で予約可能な席数は限られているため、繁忙期の人気路線などは早々に枠が抑えられてしまうことも多いです。 ANAは「ハイシーズン」「レギュラーシーズン」「ローシーズン」に分けて繁忙期ほど必要マイル数が高くなりますが、JALは一定です。 夏休み時期やゴールデンウィーク、年末年始のように一般的に交通が混雑する時期しか飛行機には乗らないという方はJALの方がマイルを有効活用できそうですね。 なお、国内線は2カ月前の同日午前9時半から特典航空券による予約が可能です。 国際線の場合は約1年前(320~350日前)からの予約が可能です。 ただ、羽田-ホノルルといった人気路線の繁忙期は特典航空券の枠が早々に抑えられるため、マイルでの予約がやりにくいという状況もあります。 2)クーポンや電子マネーとの交換 貯めたマイルを航空会社で利用可能なクーポンや電子マネーと交換することもできます。 ANAの場合はANAスカイコイン(1マイル=1円~1. 5円分程度)、JALの場合はeJALクーポン(1万マイル=15000円相当)と交換可能になっています。 特典航空券と交換するよりもレートは良くないですが、特典航空券のように座席数の縛りなどを受けずに済みます。 また、外部の電子マネーやポイントとの交換も可能です。 ただし、こちらは1マイル=1円相当の交換レートになっており、交換としてはかなり不利です。 そもそも他の電子マネーやポイントと交換するつもりであるなら、わざわざマイルを貯めるのではなく、他のポイントを直接貯める方が効率的なはずです。 JALは片道1万マイル~、ANAは片道12000マイル~となっています。 ただし、ツアーなどでの予約の場合はアップグレードが使えません。 アップグレードが可能な航空券を購入している必要があります(アップグレード不可のシートより高い)。 こうしたこともあって、座席アップグレードの使い勝手はあまりよくないです。 その他知っておきたいANAやJALのマイルの基本 上記の他にANAやJALのマイルについて知っておきたい基本を紹介していきます。 マイルの有効期限は3年間 ANAもJALもともにマイルの有効期限は3年間です。 飛行機の搭乗で貯めたマイルは搭乗日より3年後の月末。 ポイント交換等でマイルに交換した場合は獲得日の3年後の月末が有効期限です。 ちなみに、クレジットカードで貯めたポイントをマイルに交換する場合は、できるだけカード会社のポイントとして貯めた上でANAやJALのマイルに交換するようにするとポイント有効期限を事実上延ばすことが可能です。 マイルはどうやって使うのがお得なの? お得な順でいうと「国際線のファーストクラス」>「国際線ビジネスクラス」>「国際線エコノミークラス」>「国内線全般」>「航空会社のクーポン(スカイコインやeJALクーポン)」>「他の電子マネーとの交換」になります。 特に国際線ファーストクラスとの交換だと1マイルの価値は10円を超えてきます。 詳しくは「」でも記事にしました。 一方で、国内線だと1マイルあたり2円~3円くらいといったところになります。 なお、マイルの価値については「」で詳しく分析・比較されています。 ページはANAですが、JALのケースでもほぼ同様に考えることができるはずです。 マイルは家族で合算して利用できる ANAもJALも家族のマイルを合算可能です。 ANAは「ANAカードファミリーマイル」、JALは「JALカード会員プログラム」に申し込みをすることで家族で貯めたマイルを合算して利用することができます。 もちろん、父親が貯めたマイルで子どもが特典航空券を使って飛行機に乗るといった利用もOKになります。 なお、どちらも登録合算できるのは家族までです。 また、人数制限もありますのでご注意ください。 特典航空券はあまり予約が取れないって本当? ANAもJALも特典航空券として座席の開放しているのは予約可能な席の一部だけです。 その開放数を超えると普通には予約ができるけど、特典航空券として予約はできないという状態になります。 特に繁忙期の人気路線などはどうしても競争率が高くなっており、中々予約することができません。 国内線は2か月前の同日9時から予約可能なので前もってわかっている旅行や出張、帰省をする場合はできるだけこのタイミングで予約を取るようにすると良いでしょう。 前述の通り、マイルの価値が高いのは国際線のファーストクラスやビジネスクラスなどの席なので、国際線の場合、ビジネスクラスなどは予約可能な約1年前の段階でも特典航空券の予約が埋まることも珍しくありません。 特にハワイ(ホノルル)便のように日本人に人気の高い路線はなおさらです。 ・ポイント交換を上手に使う ポイント交換を上手に使って、ポイントをANAやJALのマイルに交換することで多くのポイントを貯めることができます。 ポイントの二重取りはもちろん、ポイント交換のルートを研究することで、通常よりも高いレートでポイントとマイルを交換できたりします。 詳しくは「」などのサイトが詳しいです。 いかがでしょうか?飛行機にタダで乗れるというのが売り物の航空会社のマイレージプログラム。 初心者の方にマイルの概要を知っていただくために、基本としてまとめました。 ぜひとも、上手にマイル生活を送ってください。 以上、マイル初心者のためのマイルの基礎知識と貯め方、使い方でした。

次の

陸マイラーがANAマイルの貯め方を解説!初心者が年18万マイルを貯める方法!<2020年最新>

あ つもり マイル 貯め 方

・欲しいモノの90%は不要なモノです。 ・10万のモノを買うなら、20万貯めてから。 2,実践 ・貯金は給与から天引き ・株などの投資を研究する。 ・節約 私のスペック ・一般事務員 月15万くらい ・車持ち 乗用車 ・社宅住み ライフライン合わせて4万くらい ・食事はパスタかうどんです。 外食や飲みに月に3、4回くらいです。 ワタシは以前、群馬に住んでいたことがありましたが バスでもなんとかなりました。 外食など御法度です。 保険、ローンで5万は多すぎます。 まず、天引き預貯金。 そして、必要経費を差っ引いて、残り使える食費代を30日で分ける。 1日1000円で3万円。 外食、飲みを半分にすること。 パスタ、うどんだと炭水化物ばかりになりますから、スーパーなどで 野菜の値切り商品を買う。 夕方は、安くなる。 自動販売機などでは、、、簡単に飲み物は買わない。 冷蔵庫はあるでしょうから、麦茶などを、前日から、ペットボトル等に 冷凍しておき持参する。 そうすると、自販機で何気なく買ってしまう百円の飲み物代も必要なくなる。 ご飯も、毎回、炊飯器で炊くと電気代がかかるので、一週間分とか、まとめて 炊いて小分けで冷凍しておく。 ラップでおにぎりにしておく。 我が家の独身長男は、そのようにしているらしい。 昼食は、自分で弁当を作って職場に持って行ってる。 「独身男の一人飯」とか、色々と検索して、安い食材で工夫しているようです。

次の