匂い 玉 うがい。 臭い玉の取り方は簡単?オハうがいがオススメだけど病院も安過ぎて!

臭い膿栓の取り方にはコツがあった!安全で嘔吐反射しない方法とは

匂い 玉 うがい

臭い玉はなぜできるのか?主な原因 臭い玉は扁桃腺の働きである「体の中に最近やウイルス、異物の侵入をさせない」作用によって、その ウイルスなどの死骸や食べ物のカスなどが溜まることでできてしまいます。 この臭い玉ができる場所は扁桃腺にある陰窩(いんか)という小さい穴です。 のどの奥、のどちんこの両脇に位置する組織です。 (画像出典:wikipedia) 「臭い玉なんかがどうして自分にできてしまったんだ…」 っていう思いが強いと思います。 臭い玉が強烈な ニオイを放つ原因は、 ウイルスなどの死骸と食べかす、それに膿汁が混ざったため、ドブのような、大便のような、ザリガニのような…とにかく非常に臭いワケです。 次からは臭い玉ができる理由を細分化して究明していきます。 臭い玉は「病気」が原因?! 風邪(熱、鼻炎などの症状) 風邪をひいた時に、いくつかの原因で「喉の奥に違和感」を感じる時があります。 これは風邪によって扁桃腺が腫れたり、のどが炎症を起こしているからです。 ただ風邪をひいた時にも扁桃腺というのは細菌などを侵入させないために働いていますので、健康な時に比べて「できやすくなる」傾向にあるようです。 筆者も実際に風邪をひいて熱と鼻炎が続いた時にはじめて「臭い玉」ができました。 風邪の場合に困るのは、「喉の違和感」を感じた時に「風邪のみが原因」だと思ってしまうことですね。 風邪が治った後に「喉の違和感」だけが残るので、変だと思った結果が「臭い玉」でした。 蓄膿症(副鼻腔炎)、後鼻漏 蓄膿症(副鼻腔炎)というのは鼻の奥に「膿」が溜まってしまう症状です。 これを自覚されている場合にはまず、蓄膿症の治療から進めることが先決です。 臭い玉(膿栓)と蓄膿症は専門が「耳鼻咽喉科」であるため、合わせて相談すると良いでしょう。 また、後鼻漏(こうびろう)というのは、通常鼻水というのは体の外に流れようとするものですが、これが喉の奥に流れる状態をいいます。 蓄膿症も、後鼻漏も「鼻の奥」もしくは「喉の奥」からくさいニオイを伴う場合があります。 蓄膿症や後鼻漏だと「鼻呼吸」がしにくくなるため、どうしても「口呼吸」に頼るようになります。 口呼吸をしてしまうと「ドライマウス」になりやすくなってしまいます。 このドライマウス。 実は臭い玉ができる大きな原因でもあるのです。 まずは耳鼻咽喉科の受診が必要ですね。 扁桃腺炎 子供のころに風邪をひくと、よく扁桃腺を腫らすことも多かったと思います。 大人であってもドライマウスや免疫力の低下から、風邪やインフルエンザの際に「扁桃腺炎」になる場合も大いにあります。 扁桃腺自体が自浄作用のように働いているため、炎症を起こすとその働きも強くなります。 臭い玉ができるのは、まさにその時で、喉の違和感とともに強烈なにおいを感じると、それが「膿栓」のはじまりです。 この場合も、風邪、インフルエンザが原因の「扁桃腺炎」である場合にはまず病院での受診からはじめてください。 逆流性食道炎 胃液などが喉の奥からこみ上げてくる「逆流性食道炎」は口臭の原因の一つではあります。 臭い玉というのは口腔内の環境バランスが崩れた場合にもできやすくなるので、逆流性食道炎で普段口の中に上がってくることのない強烈な「胃酸(呑酸)」により、間接的に臭い玉ができやすくなってしまう可能性も否定できません。 逆流性食道炎は、軽度のものから治療が必要なものもあります。 ご自分で判断される前にまずは一度病院で受診されることをおすすめします。 溶連菌(ようれんきん) 風邪にもよく似た症状である「溶連菌」は溶血性連鎖球菌という細菌のことを指します。 発熱、嘔吐、喉の痛み、かゆみ、発疹、舌の異常などが症状です。 受診結果として知る場合が多いのですが、やはり「風邪のような症状」「発熱」「喉の炎症」などの諸症状が起きると、扁桃腺の働きも強くなるので「臭い玉」ができやすい状況になるようですね。 溶連菌は飛沫感染するので、マスクをして「インフルエンザ」の患者を扱うようにしていないと、家族にも感染してしまいます。 まずは治療に専念なさってください。 便秘 便秘が長期間になると「口臭」が気になる人も多いようです。 これは「大便のニオイ」が上がってくるわけではなく、体調などが悪く、免疫力がなくなった場合に口腔内のバランスも崩れやすくなったためと考えるのが普通です。 臭い玉の強烈なにおいとして表現されるのが「ドブ臭い」「大便くさい」などがあります。 便秘が直接臭い玉の原因というわけではなく、便秘で体調のバランスを崩した時に口臭が出やすい。 その結果臭い玉ができる要因となった、という流れですね。 ピロリ菌 ヘリコバクター・ピロリ、ピロリ菌は日本人の約半数が感染していると言われています。 胃炎や十二指腸潰瘍などの原因にもなるピロリ菌が「臭い玉の原因」とイコールにはなりませんが、慢性的な胃炎などは口臭の原因にもなります。 今までの多くの病名が引き起こしているのは臭い玉の間接的な要因の一つとなる「口臭を発生させてしまうもの」というつながりがあります。 ピロリ菌を体内からなくしていく治療も現在ではかなり進んできているので、口臭予防というよりはその先にある病気予防のために受診されると良いでしょう。 性病 口から入るウイルスの一つにも「性病」関連のものがあります。 扁桃腺の通常の役割として「ウイルスや細菌などを侵入させない」というのがあります。 性病の中には性器、性器周辺に感染する場合と、口などを使用して行う行為の中で口腔内に侵入したウイルスから口臭の原因となる「臭い玉」につながった。 という考え方も否定できません。 臭い玉と年齢の関係ってあるの?! 幼児期、小学生、中学生、高校生、大学生 若い時でも「臭い玉」ができる可能性はあります。 子供であるがゆえに「風邪をひきやすい」や「ウイルスに感染しやすい」というところからも十分に原因となる環境はあると考えてよいでしょう。 また、現代の子供は「口呼吸」になってしまい、普段口を開けたままの子が多いと聞きます。 子供の口臭を感じたり「なんだか喉の奥が変」「鼻の奥から変なニオイがする」という時は大人側が気づいてあげる必要があります。 成年、中年、高齢者 年齢に関係なく「臭い玉」というのは誰にでもできる可能性があるものです。 また、加齢イコール口臭の原因ではなく、唾液の分泌が加齢によって少なくなり、「ドライマウス」になったせいで「臭い玉」ができるという流れもあります。 いびきをかく場合も、鼻呼吸ではなく、寝ている間の無防備な状態で口呼吸をしているわけですから、それはホコリや雑菌などを吸い込みやすくなっているので「臭い玉」もできやすくなるというワケです。 妊娠をすると「臭い玉」ができる?! 妊婦(妊娠前、妊娠中) 妊婦になったからという理由で「臭い玉」ができるのかというとそうではありません。 ただ、妊娠中は特に安静にしている場合も多く、化粧やファッションなどに気をかけてられない場合も多いでしょう。 臨月近くになると、お腹を支えながら起き上がるのも億劫になるので、つい朝の歯磨きをしなかったりして生活習慣を怠ってしまう場合もあります。 口腔内が清潔に保てていないと「臭い玉」ができやすいのですが、妊娠中はあくまでも「赤ちゃんと母体を優先」することが大事ですので、他の悩みは産後に解決していくつもりでいた方が精神衛生上良いと思われます。 それが原因で吐いてしまったり、ティッシュや洗面所でよだれを捨て続けないといけない… 安心して過ごしたい時期にこれでは困ってしまいます。 また妊娠中は臭い玉と呼ばれる「膿栓」ができやすいので、 口の中の気持ち悪さが強まってしまう場合もあります。 当サイトでは「」という膿栓や口臭対策に効果が期待できる商品を紹介しています。 下のリンク先の記事内にルブレンの全成分表が記載されています。 ) 2019-12-26 13:50 ルブレンの場合、妊娠した際の「すっぱいものが食べたい!」というほどではありませんが、爽やかな柑橘系の味なので、妊娠中にムリなく使えるマウスウォッシュです。 一般的なマウスウォッシュと違い、ジェルっぽい液体を口の中で転がすように使うのが特徴です。 ルブレンを使い続けていると唾液がサラサラとして気持ち悪くなく、体本来の自浄作用をサポートしてくれるので、ヨダレつわりにも効果が期待できます。 また、妊娠中にできやすくなっている「膿栓」も予防できるので、健やかな赤ちゃんを出産するために、心穏やかに過ごすためには必要になってくるアイテムかもしれません。 また、妊婦の方に人気なのが「口臭サプリ」です。 当サイトの「」ではコスパの良い「口内環境を正常化するサプリメント」を紹介していますので、参考までにご覧になってください。 2020-01-07 16:28 産後(出産後、妊娠後) 出産後にホルモンバランスの崩れから体形が変わったり、髪質が変わったりすることが良くあります。 これと同じように、何か体調がすぐれなかったり、今までなかったような「口臭」を感じる場合もあります。 「臭い玉」ができる原因の一つに「風邪」をひいた時というのがありますが、これも免疫力が落ちているなど、体調のバランスが崩れた時のものです。 不調が続くようであれば病院で受診して、臭い玉(病院では膿栓と言った方が良いかもしれません)の改善に努めましょう。 体調の変化で「臭い玉」ができる?! 疲れ(倦怠感、だるさ) 疲れを感じている時、疲れが抜けないと感じている時は「免疫力が下がっている時」でもあります。 免疫力が下がっていると風邪などのウイルス性の病気にもなりやすいので、ここから「臭い玉ができやすい体」になってしまう場合もあります。 「疲れ」というのは「臭い玉」だけではなく、様々な病気の入り口でもあります。 しっかりとした休養を心がけてしっかりと「疲れ」を取り除くことが先決です。 ストレス(精神的に不安定な状態など) 現代人は「ストレス」を感じない環境にいる場合の方が少ないものですが、特に強くストレスを感じるような環境に長くいると、体調を崩したりする可能性が高いです。 臭い玉の直接的な関係になくても、ストレス性の胃炎や精神的に不安定となるとホルモンバランスも崩れやすく、「何か原因はわからないけど臭い玉ができたてた」となる場合もあります。 ストレスの場合もしっかりと休養を心がけた方が得策と言えるでしょう。 体調不良(免疫力の低下、ホルモンバランスの崩れ) 臭い玉ができてしまうのは一般的に「ドライマウス」になった場合や「風邪」をひいた時です。 この場合の「体調不良」の原因として「免疫力の低下」であったり「ホルモンバランスの崩れ」が要因になっています。 「疲れ」や「ストレス」「体調不良」にも通じることですが、生活する気力が弱まっている時は「通常の生活習慣」を怠ってしまう場合もあります。 歯磨きやうがいなどが億劫になってしまっても、口の中を清潔に保つことは忘れないでおきましょう。 臭い玉の多くは「口呼吸」が原因? 口呼吸(ドライマウス)運動後の口内にも関係 臭い玉ができやすくなる大きな理由の一つに「口呼吸」があります。 口呼吸が多くなると、口の中のうるおいが失われ「ドライマウス」となります。 通常の鼻呼吸であれば、最近は鼻毛や粘膜によって体内への侵入を妨げられます。 これが口呼吸だとウイルスや細菌を体内に侵入させないために「扁桃腺」のみが活躍しなくてはなりません。 ここに白血球やウイルスの死骸がたまり、「臭い玉」になってしまう。 というわけです。 またスポーツなどの激しい運動をした後も喉の渇きや「口の中の渇き」を感じる場合も多いかと思います。 この場合も「口の中のうるおいを保つため」に水分補給やその後のケア(うがいや手洗い)を忘れずに行いましょう。 舌苔(舌のコケ)、歯垢 舌の上に覆うようにしてできるコケのようなものを舌苔(ぜったい)といいます。 これは細菌や汚れなどが集まってできるもので、口臭の原因の一つです。 臭い玉の成分も細菌の死骸や食べかすなどの汚れが蓄積してできたものです。 舌苔をそのままにせずに、歯ブラシでやさしく落としたり、専用の舌苔ブラシ、ラバーで定期的に除去した方が「臭い玉」予防にもつながります。 また「歯垢」についても普段から「食べたら磨く」を心がけて、口の中を清潔に保つことが重要です。 臭い玉の成分が細菌の死骸の他に、「食べかすなどの汚れ」があることを念頭に置いておくことが予防への第一歩となります。 関連記事 「」安全に取る方法と今までやってたNGな方法。

次の

臭い膿栓の取り方にはコツがあった!安全で嘔吐反射しない方法とは

匂い 玉 うがい

「本当に臭い玉?」セルフチェック方法 臭い玉が本当にできているかどうか、すでに自分でもわかるくらいの「異臭」に気が付いていて、何度も鏡で「のどの奥」の臭い玉をチェックできている人もいるかもしれません。 ここでは「隠れ臭い玉」で、まだ鏡では確認できてない部分にある人の「 セルフチェック」の方法をお知らせします。 臭い玉ができやすい人 ・風邪をひきやすい。 「扁桃」は細菌などの侵入を防いでくれる働きがありますが、風邪をひきやすいと、細菌やウイルスと戦った後の死骸がたまりやすくなります。 ・口呼吸でドライマウスになっている。 細菌が繁殖しやすくなっているので、扁桃腺に負担がかかります。 ・唾液の分泌量が少ない。 ・扁桃腺が腫れやすい。 ・歯磨きをさぼることがある。 歯磨きが習慣付いていないと、汚れや細菌などが扁桃腺にたまりやすくなります。 臭い玉「簡単にできる」セルフチェック ・自分の息を両手にあてて嗅いでみる。 スタンダードな方法ですが、両手に吐いた息を自分で嗅いでみてください。 臭くない、または歯磨きやうがいでとれる程度のものであれば問題ありませんが、 「今まで嗅いだことのない口臭」 この場合は注意してください。 例えば… ・ ドブ臭い(下水道臭い)。 ・ 大便のようなニオイ。 ・ ザリガニのニオイ。 ・ ワキガのようなニオイ。 ・ 動物の死骸のようなニオイ。 ヒドイ臭いばかりですが、実際にこういう臭いが自分からするんだ、とわかると相当ショックですよね。 ・うがいをして吐き出した水を観察する。 ここに、白いようなクリーム色っぽいような 塊があるようだったら確実です。 注目して見るのは、「 臭い玉になりそうなもの」です。 口の中には「バイオフィルム」と呼ばれる「ネバネバしたもの」が元からあるのでわかりにくいのですが、「臭い玉」になる途中のものは「 ゼリーっぽい」不完全な塊になっています。 これは大小様々で、気が付きにくいので、習慣的に行ううがいの後には毎回チェックしてみてください。 ・口を閉じて、喉の奥だけでセキをする。 鼻炎などで感じる臭いと違うので、簡単にチェックするのには良いでしょう。 そのような場合に「舌先」を上の前歯の裏側につけたまま「つばを飲み込む」と喉の違和感やくさい臭気を鼻の奥で感じることができる場合あります。 コツとしては口内に余分な空気が入っていない状態を作るイメージで行うのが良いでしょう。 臭い玉の予防法「みんなの方法」 まずは臭い玉を自覚した人がどのように予防対策をしていくのか、知っていく必要があります。 今までの検証結果を知っていけば、臭い玉に対してどの程度の予防効果があるのか、客観的にわかる、もしくは気づくことができるかもしれない、というのが狙いです。 「うがい」 これは臭い玉を予防する方法として、一番有効です。 子供の頃、「うがいと手洗いを忘れずに」なんてよく言われたかもしれませんが、これが本当に習慣付いているかというと、うなずけない人も多いと思います。 臭い玉というのは外気から入ってくるウイルスや細菌などの「扁桃」が侵入を防いでくれるがために、その死骸などがつまってできてしまうものです。 朝、昼、晩、もしくは外出したり、部屋の空気が汚れているように感じたらこまめにうがいをするのが「扁桃」を助ける一番の方法です。 簡単にできて効果が高い「うがいの方法」についても他の記事でふれていますので、ぜひ参考になさってください。 うがい薬の利用(イソジン) 水やぬるま湯での「うがい」も効果がありますが、インフルエンザや風邪が流行っている季節では「 うがい薬」の利用も効果的です。 中でも有名な「 イソジン」は除菌や菌の繁殖をおさえてくれる働きがあるので、臭い玉の原因を減少させるために有効な「うがい薬」です。 「臭い玉の口臭を早めに防ぎたい!」 この思いが強いと思いますが、うがい薬を使用する場合は、しっかりと用法用量を守る必要があります。 マウスウォッシュ「リステリン」「モンダミン」「プロフレッシュ(プロポリンス)」 口腔内の環境を整えるためのマウスウォッシュとして有名な「リステリン」や「モンダミン」ですが、これはあくまでも「マウスウォッシュ」であり、「うがい薬」ではないので、注意してください。 普段のオーラルケアとして、歯磨きとセットで行うことは良いことですが、「臭い玉の対策」として「マウスウォッシュ」でうがいをしてしまうことはやめておきましょう。 刺激性の強いものだと、人によっては喉が荒れたように感じる場合があります。 アルカリイオン水、重曹 アルカリイオン水は現在スーパーなどで購入できるポピュラーな商品です。 日常的に料理などに利用されている方は「うがい薬」などを購入される前に、「アルカリイオン水でうがい」を試してみてください。 「胃腸にやさしい」水なので、喉の奥に心地よく当たる感じがわかると思います。 「アルカリ性」の商品などを使用する「狙い」としては、口の中というのは「酸性」に傾きやすいので、重曹やアルカリイオン水などで「中性」に近づける目的もあります。 のどぬーるスプレー コマーシャルでも有名な「のどぬーるスプレー」ですが、喉の奥にある程度の「除菌効果」をもたらしますが、目的としては「荒れた喉をしずめるため」に利用します。 「臭い玉」ができたかもしれない場合の「予防」や対策商品として利用するのは、あまり意味がありません。 また使いすぎると逆に良くない場合が多く、体調不良の一因になってしまう可能性もあります。 龍角散 龍角散はのどの荒れや、セキ、痰などをしずめるために使用します。 「のどのコンディションを整える」という面では一見「臭い玉」にも良さそうなイメージがありますが、「臭い玉」のできる場所は喉の奥とは言え、「喉の入り口」に近い部分です。 龍角散だけで「臭い玉」の予防対策ができるかというと疑問です。 緑茶 ひととき、緑茶うがいなどが流行りましたが、私見として通常の「水でうがいする」という方法で良いと思います。 お茶を飲んでリラックスするなどであれば「ストレス軽減」になるので、これは臭い玉ができる一因である「ストレス」に対しては間接的に効果がある、と言えるかもしれません。 「今だけ!」臭い玉、ごまかす方法。 臭い玉の予防対策をするのが目的なのに「ごまかす方法」を紹介するのには気が引けます。 が、日常生活をしていて、「 今だけはどうしても口臭を防がないといけない」って場面は少なくないと思います。 ここでは臭い玉の口臭を一時的に軽減する方法をお知らせしていきます。 マスク 「 自分の息を外に漏らさない」という面では一番効果的な方法です。 安易なように感じるかもしれませんが、口臭の時に一番気になってしまう 「自分の口臭が流れていく先を気にして、呼吸がしづらい」 これを大幅に改善する効果もあります。 会議や集会で人前で長く話をしないといけない場面でも、何かの薬に頼る方法ではないので、長続きして便利です。 デメリットとしては、マスクをしていると失礼な場面、例えば撮影などをする場合ですね。 この場合は次で紹介する方法を試してみてください。 ブレスケアや口臭スプレー ニオイのきつい料理や、口臭が気になる時に「一時的」に効果があるのが、コンビニ、ドラッグストアで簡単に購入できる「ブレスケア」などのサプリメントやタブレットです。 これは口臭の予防対策が必要となった場面の直前に利用することで、「その時」の口臭を和らげることができます。 口臭を軽減するスプレーなども、「瞬間的」に利用する分には、その場面を乗り切るために効果を発揮します。 デメリットとしては、いずれの方法も「一時的」に過ぎないということです。 時間が経つと臭い玉の口臭がぶり返してくるので、注意が必要になります。 芳香剤 例えば自分専用の部屋で仕事をしている場合や、せまい空間で複数の人が仕事をしている場合、また、人が自分の部屋にくる場合などは「芳香剤」を置いておくことをおすすめします。 口臭で一番困るのは「 それまで無臭に近かった空間にいきなりくさいニオイが漂う」ことです。 これを防ぐ、または緩和する働きをしてくれるのが「 芳香剤」です。 香りは自分の好みで構いませんので、合わせて芳香スプレーなどを用意しておけば、とっさの時に便利でしょう。 ここまでの「ごまかす方法」というのは、あくまでも「 その場しのぎの予防対策」です。 臭い玉を本格的に予防したい時に利用するものではありませんので、ご留意ください。 まとめ:臭い玉の予防対策「最新情報」 このページでは「臭い玉の予防対策」として、スタンダードなものから「効果が薄いもの」まで紹介してきました。 臭い玉の予防対策として、日本で最近開発された「」という商品もおすすめです。 無料で臭い玉の予防対策を試していきたいという方は基本的に「 風邪をひかないようにうがいをする」ことを忘れずに行うことが「臭い玉ができるのを防ぐ方法」として近道になるものと言えます。 New!

次の

膿栓、臭い玉が簡単に取れるアルカリイオン水うがいとは?

匂い 玉 うがい

膿栓が取れるアルカリイオン水について 臭い玉「膿栓」は口臭の原因になるため一日も早く取り除きたいと思っていませんか。 しかし、「膿栓が上手く取れない」、「取ってもすぐにたまる」と困っている方が多いです。 その理由は、膿栓は扁桃の小さな穴の中にたまるため容易には取れないからです。 無理に膿栓を取ろうとすると、喉粘膜に炎症を起こすなどのリスクもあるのでおすすめではありません。 それに、膿栓を除去しても慢性的な扁桃炎があると、何度でも膿栓は出来ます。 耳鼻科での治療も大切ですが、臭い玉「膿栓」はうがいで取れます。 うがいにアルカリイオン水を使うと、膿栓が取れやすく、また毎日アルカリイオン水でうがいを行うことで、うがい薬よりも膿栓の予防効果が高まります。 それは、アルカリの作用に秘密があるからで、どのアルカリイオン水でうがいをしても良いという訳ではありません。 今回の記事は、膿栓を取ることができるアルカリイオン水の種類についてと、アルカリイオン水うがいの方法についてお伝えします。 是非ご参考にしてください。 関連記事 この記事の目次• 膿栓はうがいで取る 口臭が気になる、喉の違和感がつらい。 そのため、膿栓を取りたいけれど取れないとお困りではないでしょうか。 簡単に膿栓が取れない理由についてご説明します。 >> 関連記事: 膿栓は、喉の扁桃腺にある「腺か」や「いんか」と呼ばれる小さな穴の中にたまります。 そのため、「見えないけれど臭い。 」など訴えられる人が多いのです。 そのような膿栓ですから、容易には取れません。 しかし、扁桃腺の穴に汚れがたまり膿栓が大きくなると、扁桃腺の表面に見えるようになります。 この時期になると食事や咳などで取れてしまいます。 臭い玉を告白した芸人は…ドランクドラゴンの鈴木拓、バナナマンの設楽、ロバートの秋山、宮川大輔、ほっしゃん、、、 引用: それでも、膿栓の粘着力が強くいつまでも残ると、喉の違和感が続きストレスがたまることでしょう。 そのような時には、小まめに「うがい」を行うことをおすすめします。 見えている膿栓のケースでは、うがいによって取れることがあります。 関連記事 膿栓をアルカリイオン水うがいで取る うがいは水でも構いませんが、アルカリイオン水を使う方が膿栓の除去が容易になります。 うがいの仕方 うがいが最も安全に膿栓(臭い玉)を取る方法であることは間違いなく、またそれだけではなく外から入ってくるウイルスや細菌などの異物を取り除く効果があります。 しかし意外と知られていないのが、「正しいうがいの仕方」。 「うがいなんて、なんとなく口に含んでガラガラしておけばいいのでは?」と考えている人が多いのですが、それは間違いです。 正しいうがいの仕方を確認しておきましょう。 アルカリイオン水を口に含み、唇を閉じて頬の筋肉を動かして、グチュグチュと口の中を洗って吐き出します。 これでまず、口の中の汚れを除去します。 いきなりうがいをすると、喉をさらに汚してしまうことになるからです。 口の中の洗浄ができれば、その後に喉うがいを行います。 うがいは「ガラガラ」とか「ア~」ではなく、「オ~」と発声します。 「オ~」と発声することで喉の奥まで水を含ませることができるのです。 正しくうがいをして、つねに口腔内を清潔に保ち、膿栓(臭い玉)を予防しましょう。 関連記事 うがいのコツ うがいをしたからといって、膿栓(臭い玉)は簡単に取れないことの方が多いです。 それは、膿栓(臭い玉)の一部が扁桃の穴の中に埋まっているからです。 また、人によっては、膿栓(臭い玉)が粘膜にしっかりと付着している場合もあります。 だから、うがいにはコツが必要です。 【うがいのコツ】• 水が扁桃に当たるように、首を傾けてガラガラとうがいを行う。 膿栓(臭い玉)ができやすい方の扁桃を集中的に当てる。 水を吐き出すときに、痰を切るように吐き出す。 うがいは、喉を傷めるまでし過ぎないこと。 関連記事 アルカリイオン水の効果 アルカリイオン水というと「重曹水」を連想するかもしれませんが、実際、重曹のpHはというと弱アルカリ。 この程度のアルカリでは、消臭効果はあるかもしれませんが、プラークなどの汚れを落とすのは困難です。 市販のアルカリイオン水のアルカリ度は… ・キリンアルカリイオン水…ph8. 8~9. 4(弱アルカリ) ・美息美人(びいきびじん)のアルカリイオン水…平均ph10. 5(強アルカリ) ・重曹…ph8. イソジンのうがい薬でも水と同じで膿栓(臭い玉)を取ることはできません。 このように言うと、「水(又はイソジン)でうがいした時に膿栓(臭い玉)が取れた。 」と仰る方がおられますが、この時の膿栓(臭い玉)は特にうがいをしなくても自然に取れる状態にあったと考えられます。 膿栓(臭い玉)と臭い粘液(膿汁のうじゅう)の二つを同時に取り除くことが大事です。 これを除去しない限り、膿栓(臭い玉)は何度でも出来、喉の違和感や口臭を改善することはできないからです。 効果的にうがいを行うには、アルカリイオン水がおすすめです。 膿栓(臭い玉)を効率よく対策する方法としては、アルカリイオン水でうがいを行なうことが有効です。 アルカリの作用でタンパク質からできている膿栓(臭い玉)や膿汁を粘膜からはがしやすくします。 次の3つの図は、アルカリイオン水でうがいを行うことで膿栓(臭い玉)が取れ、その後もうがいで洗浄すると膿栓ができないように予防できるということを表したイメージ図です。 扁桃腺に膿栓(臭い玉)ができています。 アルカリイオン水でうがいを行うと、膿栓(臭い玉)の表面が溶かされるので、粘膜から外れる。 その後もうがいを行うと、膿栓(臭い玉)ができなくなる。 水うがいで膿栓を取ることは難しいのですが、「アルカリイオン水」でうがいを行うと膿栓が良く取れます。 どうしてだと思いますか? 膿栓や粘液(膿汁)はたんぱく質からできているため、アルカリイオンの作用で膿栓の表面を溶かすからです。 だから、水うがいで取れなかった膿栓が、アルカリイオン水で取れるようになります。 それでは、美息美人でなくても、市販のアルカリイオン水でも同じ効果があるのでしょうか? 中性で生きる口内細菌は、強い酸性と強いアルカリでは死滅します。 ですから、美息美人のようにph(アルカリ度)が強くなければ効果は少ないのです。 引用: 関連記事 うがいで予防 アルカリイオン水で毎日うがいを行なうことで、膿栓(臭い玉)が取れやすくなります。 膿栓が扁桃のくぼみから出ていると、うがいをするだけで膿栓が取れることがありますが、おすすめはアルカリイオン水です。 うがいで喉(のど)がきれいになると、膿栓(臭い玉)と口臭を予防できます。 うがいの効果については、サラヤHPに載っていたのでご紹介します。 適度の刺激が粘液の分泌や血行を盛んにする• のどに潤いを与え、粘膜の働きが弱まるのを防ぐ• ホコリなどを粘液とともに上気道から洗い流す• 口腔粘膜への細菌の付着を抑え、定着しにくくする• セキを抑え、タンを除去します。 のどの痛みを抑える• 口臭の元になる汚れを除き、口臭の発生を防ぐ• (膿栓が)気になる人は、うがいでのどを清潔に保つことが一番です。 水かうがい薬で4回以上のうがいを1日3度ほどすれば、細菌の増殖は防げるはずです。 引用: うがいをするだけでも膿栓の予防になるかもしれませんが、アルカリイオン水のうがいだと、より膿栓(臭い玉)を予防することができます。 アルカリには、たんぱく汚れを分解する働きがあるため、喉を清潔に保つことができるからです。 そのため、膿栓(臭い玉)と粘液(膿汁)できにくくなり、口臭の予防にもなるのです。 膿栓を取るアルカリイオン水とは 膿栓は、容易には取れないものだということが理解できたのではないでしょうか。 また、膿栓を除去しても、根本原因である扁桃炎などの鼻・喉の疾患を治療しないことには、口臭は改善できないのです。 ところが、アルカリイオン水でうがいを行うと膿栓が取れやすく、それだけではなく、膿栓の予防にもなります。 このアルカリイオン水について誤解されていることが多いようなので、詳しく説明させていただきます。 >> アルカリイオン水とは 「アルカリイオン水」という名称はアルカリ電解水の略称ですが、特にアルカリイオン整水器などを用いなくても、アルカリイオンが溶け込んだ水は作ることが可能です。 元々、アルカリイオン水という名称は、PH6. 0からPH8の中性より高いPHの水をいいますので、自然界にも存在しています。 一般的には、PH9. 0以上の水をアルカリイオン水と言うようです。 アルカリイオン水の働き アルカリイオン水には、H2Oから生じる水酸化イオン(OH- と水素ガス H2)を含んでいる 引用: 水酸化物イオン(OH-)の作用…界面活性力や表面張力の変化(浸透圧の低下) アルカリイオン水には界面活性力があるために、汚れを落としやすくする働きがあります。 また、浸透圧を低下させる作用によって、菌の水分を吸い出して衰弱させることができると言われています。 「キリンアルカリイオン水」のpHは、pH8. 8~9. 4です。 重曹水は飲料ではありませんが、うがいに使うと口臭予防に効果があると言われています。 この重曹水のPH値はPH8. 2(弱アルカリ)ですので、中性の水道水と大差がありません。 それどころか、キリンアルカリイオン水よりもかなり低いのです。 注意)PH値が1大きいと濃度は10倍増える。 PH値が2大きくなると、濃度は100倍になる。 関連記事 うがい用のアルカリイオン水 風邪予防のうがいに用いるのであれば、水道水でも十分かもしれません。 しかし、膿栓や膿汁の除去のために使用するには、PH10以上の強アルカリが必要になります。 電解水生成器でも強アルカリイオン水を作ることができますが、抗菌や洗浄作用が認められているホタテ貝焼成パウダーから作られるアルカリイオン水がおすすめです。 ホタテ貝の養殖が盛んな青森では、年間五万トンの貝殻が放棄される。 その有効利用研究を進める中で、粉砕し高温で焼成、酸化させてできたセラミックスが化学物質軽減分解機能や除菌、消臭など驚異的なパワーを有することを証明した。 引用: 参考 アルカリイオン水の長所• 器具を使用しないので 安全。 うがいをするだけなので、だれでも 簡単 にできる。 アルカリの作用で膿栓(臭い玉)がよく取れる。 膿栓(臭い玉)が取れた後も、 膿栓(のうせん)ができにくく、 口臭予防 になる。 無添加の自然のうがいなので、 安心 して使用できる。 場所を選ばず どこでも うがいができる。 うがいの他に 歯磨きにも使用できるので口腔全体を清潔にできる。 アルカリイオン水を使用するうがい方法を行なうことで、たとえ、膿栓(臭い玉)ができたとしても容易に除去できます。 そして、その後もずっと膿栓(臭い玉)を予防でき口臭の心配がなくなるので一度お試しになられてはいかがでしょう。 まとめ 安全に臭い玉(膿栓)を除去する方法としてのアルカリイオン水うがいについてご紹介しました。 臭い玉(膿栓)の取り方は、ネットでもたくさん紹介されていますが、ご自分で膿栓を取ろうとすると、喉を傷付けたり菌に感染するかもしれないのでおすすめできません。 耳鼻咽喉科に行っても、慢性扁桃炎による膿栓の場合には何度でもたまるからとか、特に問題がないという理由から膿栓を取り除かないことが多いようです。 そのような場合には、アルカリイオン水を使用してうがいを行うことをおすすめします。 うがいのタイミングが合えば膿栓が取れるかもしれません。 しかし、うがいの効果は、膿栓を取り除く以上に予防ができることにあります。 予防するには殺菌効果のあるうがい薬が良いかもしれませんが、ずっと使うわけにもいきません。 安心して膿栓除去と予防を期待するのでしたら口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」によるアルカリイオン水のうがいがおすすめです。 【参照リンク・参考文献】 日本口臭学会 口臭への対応と口臭治療の指針2014 監修ドクター:.

次の