フェル ランド メンディ。 フェルランド・メンディとは

イベントミッション『2020第1弾の選手でゴールを狙え!』開催!【2020年2月21日(金) EXカードについて追記】|WCCF FOOTISTA

フェル ランド メンディ

今季のレアル・マドリーで、サプライズのひとつになっていると言えるかもしれない。 フェルランド・メンディが、マルセロからポジションを奪いつつある。 筆者作成 マドリーは昨夏、移籍金固定額4800万ユーロ(約55億円)でリヨンからメンディを獲得。 ジダン監督が彼の獲得を望んでいたといわれている。 近年、マドリーは左サイドバックを確保するために高額な移籍金(あるいは契約解除金)を支払ってきた。 ファビオ・コエントラン(2011年夏加入/移籍金3000万ユーロ)、テオ・エルナンデス(2017年夏加入/契約解除金2600万ユーロ)がジョゼ・モウリーニョ当時監督、ジダン監督の下でマドリードに到着した。 「フランスのリーグで、最も将来性のある左サイドバック」とは、リヨンのジャン・ミシェル・アウラス会長の弁である。 メンディはパリの北部にあるエックヴィリーという人口4000人の小さな町で生まれた。 10歳でパリ・サンジェルマンのカンテラに入団したが、11歳の時に父親が亡くなった。 失意のメンディを、さらなる困難が襲う。 15歳の時に、腰の関節炎で車椅子生活を強いられた。 医者からは、もうサッカーはできないと言われた。 負傷の影響で、パリ・サンジェルマンでの立場が危うくなった。 その当時のパリ・サンジェルマンのカンテラには、キングスレイ・コマン、プレスネル・キンペンベ、ムサ・デンベレというタレントが揃っていた。 メンディはマントワという4部リーグで戦うチームへの移籍を経て、2013年にル・アーヴルに加入。 ル・アーヴルはポール・ポグバ、バンジャマン・メンディ、ディミトリ・パイェ、ラサナ・ディアラといった選手を輩出したクラブだ。 育成に定評がある。 神は、メンディを見捨てていなかった。 そして、チャンピオンズリーグ3連覇を成し遂げたジダン・マドリーでは、そのポジションにマルセロが君臨した。 「15歳で、『もうプレーはできないだろう』と医者に言われた。 手術をして、車椅子で生活した。 歩けるようになるまで、6カ月がかかった。 そして、いま、僕はレアル・マドリーにいる。 本当に信じられないよ... 」 「困難について話そうとは思わない。 そうではなくて、それによって得たモチベーションや野心が、自分をここまで連れてきてくれたのだ」 マドリーの入団会見で、メンディはそう語っていた。 ジダンの眼鏡にかなった新たな刺客が、マドリーの左サイドを活性化しようとしている。 彼は全世界のプレースタイルとプレーモデルを、根こそぎ作り変えてしまった。 ペップの愛称で親しまれるジョゼップ・グアルディオラ監督は、「完璧主義者」だと形容される。 細部に拘る指揮官で、ゴールではなく、ゴールに至る過程が記憶に残ると考えているためだ。 ペップは自身のメソッドを信じている。 妄信している、とさえ言えるだろう。 身振り手振りを交え、ジェスチャーで、選手たちに指示を送る。 3-0で勝っていても、4-0で勝っていても、彼の探求心は留まるところを知らない。 勝利と敗北。 その2つが、決定的に運命を分かつ。 だがペップのチームに於いては、常にフットボールの質が議論の中心にある。 ペップについては、「愛する」あるいは「憎む」のいずれかである。 中間は、存在しないのだ。 対戦相手はバルセロナだった。 ジョゼップ・グアルディオラ監督が指揮を執り、リオネル・メッシを中心に据えたチームは2010-11シーズンのチャンピオンズリーグを制して日本に乗り込んでいた。 決勝でグアルディオラ監督が送り込んだスタメンは驚きのものだった。 GKビクトール・バルデスが最後尾で構え、最終ラインにエリック・アビダル、カルレス・プジョール、ジェラール・ピケが配置される。 アンカーのポジションにセルヒオ・ブスケッツが入り、シャビ・エルナンデス、アンドレス・イニエスタ、セスク・ファブレガス、チアゴ・アルカンタラ、ダニ・アウベス、メッシが中盤で自由にポジションを入れ替えながら躍動した。 【3-7-0】という、FWの存在しないシステム。 グアルディオラ監督が敷いた布陣は、まさにそれだった。 だが、彼らのタスクはそれだけではない。 相手CBの注意を引き付け、ディフェンスラインの裏に走り込み、スペースを空け、前線で起点にならなければいけない。 この仕事を請け負う選手がピッチ上にいない中で、ペップ・チームは戦った。 一方で、中盤には激しい流動性がもたらされた。 動かずにプレーしていたのは「4番」のポジションを与えられたブスケッツのみだった。 ただ、そこにはひとつの規則性があった。 それは、全員がメッシの位置を見て動く、というものだ。 メッシが右サイドから中央に入ってくれば、誰かが右サイドに流れる。 メッシが引いてくれば、誰かが前方に出て行く。 彼を追い越す。 メッシが右サイドに流れれば、ほかの誰かが左サイドに行く。 そうして、自由と規律が維持されていた。 それはポゼッションの祭典だった。 対戦相手に、影を追わせる。 それがグアルディオラ監督の狙いだった。 マークを外しながら、パスを回してボールを動かす。 そうして、相手のプレスの的を外し続けた。 その戦い方は相手の戦意を喪失させた。 歓喜を伴ってプレーするブラジルの選手たちでさえ、攻撃の意欲が衰えていた。 中盤を牛耳ることが、勝利につながる。 それを証明した。 バルセロナ対サントスの試合では、バルセロナの「ポジショナルプレー」が完璧に体現されていた。 ただ、言えるのは、それはトップレベルの個と戦術理解度があって、初めて成り立つということだ。 思えば、ヨハン・クライフが監督を務めた「エル・ドリームチーム」と呼ばれたバルセロナで、舵取り役を任されていたのがグアルディオラだった。 アンカーのポジションを定位置として与えられた痩身の男の中には、チームの中心にいるという快感と、背後に膨大なスペースがあるという恐怖心、そして自身のミスが命取りになるという重圧が共存していた。 その重圧を乗り越えた男が、指揮官として辿り着いた境地ーー。 それはゼロトップの、究極の形であった。 グアルディオラにとって、バルセロナでの監督としての13個目のタイトルには、高い付加価値がつけられていたのは言うまでもない。

次の

【ウイイレ2019】フェルラン・メンディ|能力値/FP/スカウト/スキル/ポジション/プレースタイル【ドリブル突破型LSB!】

フェル ランド メンディ

【2020年2月21日(金)追記】 エクストラカードの一部選手に、ゴールカウントが行われない選手がいる旨を追記しました。 該当選手を使用されているお客様にはご迷惑をおかけして申し訳ありません。 (試合中など一部のタイミングでは確認できません。 1: 10ゴール…シュート音(クラクション) Lv. 2: 30ゴール…キーパー音(ガラス音) Lv. 3: 60ゴール…プレス音(エンジン音) Lv. 4:100ゴール…ユニフォーム Lv. ・リーグ戦、カップ戦、フレンドリーマッチでのゴール数がカウントされます。 ・カップ戦引き分け後のPK戦でのゴール数はカウントされません。 ・大会モードのプレイではゴール数はカウントされません。

次の

【ウイイレアプリ2020】フェルランド・メンディの能力と使い方【確定スカウト】|ゲームエイト

フェル ランド メンディ

メンディは4000万ユーロ 関連記事:、 MARCA: Ferland Mendy — the LB Zidane wants! 信憑性という意味ではMARCAの方が上なので、ASのエンドンベレはまだあんま気にしなくていいかな。 良い選手だけど。 ちなみにエンドンベレは攻撃的な中盤の選手で、低い位置からの推進力が売り。 マドリー関係で言うとコバチッチに近いかな。 個人的にポグバよりはアリ。 まだポグバよりは現実的な価格だろうし。 メンディに関しては、「テオ、レギロン、アクラフがいるから必要ない」という意見も理解できるが、メンディはこの3人よりは上なんで補強ポイントとしてはそんなにおかしくも無い。 テオはフィジカルはあるが、プレーの引き出しが少ない。 レギロンは1対1で剥がす馬力が足りない。 アクラフはそもそも右利きだし、カウンター向けの選手で、ポゼッションには合わない。 そう考えるとフィジカルと器用さを併せ持つメンディの補強はアリ。 本当は若手を育ててもらいたかったんだが、17-18シーズンの経験で「ジダンは即戦力以外の若手は干して、結果酷使された主力が過労死する」ってのがわかったので、補強した方が良いと思うようになった。 記事によると4000万ユーロなんで、オドリオソラとテオの分も合わしたらサイドバックに計1億ユーロ使ってる事になるが、来季勝つには誰が出場してもチームが機能するように補強しまくるしかないので、ジダンを監督にした以上これは致し方ないだろう。 フレンチリクルータージダン しっかし補強の噂に挙がる選手がほとんどフランス関係。 しかもセネガル人だから主要言語はフランス語。 ジダンの頭にはフランスとリーグアンしか存在しないんか?おそらくロッカールームでの自分の支配力を高めるために同胞を集めようとしているんじゃないか?と私は予想している。 歴史に残る名選手だったんだから、そんな事せんでも良いと思うんだけど。 それで上手く行くならいいんだが、怖いのはジダンが失敗して他の監督が引き継いだ時だよな。 ロッカールームにフランス系の選手が増えすぎて、スペイン勢と派閥が別れたりして、ジダンの後任監督がまとめるのに一苦労…みたいな展開はご勘弁願いたい。 実際ルシェンブルゴ(ブラジル人監督)の時はブラジル人達がロッカールームで幅を利かせて、チームのムードが乱れた時があったし…ていうかジダン、アンタあの時チームにおったからわかってるはずやろ。 ていうか冷静に考えたら、ジダンで失敗したらもう終わりか…(笑) メンディに加えて、アザールの獲得が現実味を帯びてきたので(ラモス、ベンゼマがインスタをフォローしたらしい)、来季は左サイドの攻撃が増えるのは容易に想像できる。 4-4-2や4-2-3-1採用なら話は違ってくる。 )エムバペがジダンの理想なのは周知の事実だが、それは不可能。 ここのポジションのチョイスよな…。 今のままだと「アザールさんお願いしますサッカー」になるから何とかしないといかんのだが、ジダンが復帰以降右サイドを固定してないのが非常に不気味だ。

次の