芸能マネージャー 年収。 芸能人を支えるエリート!マネージャーに必要な8つのスキル

芸能人を支えるエリート!マネージャーに必要な8つのスキル

芸能マネージャー 年収

平均年収はおよそ240~650万円といえそうです。 新卒採用の求人を見てみると、20万円前後が平均です。 給料は所属する芸能プロダクションの規模や方針によって異なりますが、企業規模の大きいプロダクションほど収入、待遇が安定している傾向にあります。 待遇面は給与面よりも差が大きく、大手の場合は休暇制度、福利厚生、社会保険、各種手当などが整備されていますが、中小のプロダクションの場合は整っていないこともあります。 給料に対する満足度を見ると、「勤務時間と給料が見合っていない」という声も聞かれますが、お金には換えられない「やりがい」が得られる仕事です。 「24時間担当タレントのことを考えている」という芸能マネージャーもいるほどですから、仕事はお金を稼ぐ手段、働いた時間だけお金が欲しい、と考える人には向かない職業かもしれません。 ・平均給与 25万円~/月 ・年収 約240~650万円 厚生労働省による正式な発表はありませんが、未経験であれば初任給は月20万円程度、経験を積めば月35万円程度+賞与が平均収入となります。 吉本興業の2017年度の新卒採用を見てみると、大学・大学院卒で月給20万6000円(年収約410万円)、専門学校・短期大学卒で17万5100円(年収約320万円)です。 上場している芸能プロダクションのうち、アミューズの平均年収は、691万5393円(平均年齢:38. エイベックス・グループ・ホールディングスの平均年収は681万6000円(平均年齢:39. マネージャーは「24時間仕事中」ということもできます。 もちろん、24時間デスクで仕事をしているというわけではありません。 ですが、担当のタレントに何か緊急事態が発生した場合には、それが夜中であっても対応が必要となるでしょう。 また、プライベートで街を歩いていたとしても、どうしたら担当タレントが売れるのか、ネタとなるものはないか、常に考えているようです。 芸能プロダクションの多くが、実際の勤務時間と関係なく、あらかじめ決められた時間を働いたとみなし給与を支払う裁量労働制を採用しています。 担当タレントのために、昼夜を問わず動くのは大変ではありますが、それでも、担当タレントの「売れた!」という瞬間に立ち会えたり、担当タレントのライブでたくさんのお客さんの笑顔を見られたり、そのよろこびは、タレントと苦楽を共にしてきたマネージャーにとっては最高のご褒美となるはずです。 そしてそれは、お金には換えられないものです。

次の

芸能マネージャーの年収・やりがい・本音

芸能マネージャー 年収

俳優に関わること全部。 この職業・職種のここが良い ・全く同じ仕事はなく、日々新鮮味を感じられる。 ・芸能界の裏話を知れる。 ・仕事上当たり前だが、有名な俳優に会える。 この職業・職種のここが悪い ・この業界で長く働いてる人が多く、考え方が古い人が多い。 (=昔はこうだったからといって、常にパワハラ) ・芸能人を神様のように立てすぎ ・ピンキリで、身の回りのことを自分で出来る人もいるが出来ない人は何から何までマネージャーが手をかけないといけないので大変(ドラマなどの出演コメントも大体マネージャーの手が加えられている。 俳優の考えるコメントが未熟な場合) ・仕事を教えてもらえない 数十年前の仕事のやり方が根強く残ってるせい、又はその人たちをみて育ってきた世代が多いせい。 自分からききにいくのは当たり前。 やることがわからないので、何したらいいですか?などの質問はご法度。 自分でやることを見つけてバリバリ仕事をしないといけない。 圧を感じる。 プライベートにも関われるから、色んなこと知れるし同じ事務所の人、様々な人と仲良くなれる。 この職業・職種のここが悪い 特にない。 休みと仕事の境目が無くて中々自分の時間が作れないっていうのはあるけど凄くいい人だし人間として尊敬しちゃう。 品質はこちらが間違いなく保証します。 相互信頼を旨(むね)として貿易関係を結びたいのですが。 詳細に関してはどうぞお気軽にご連絡ください。 品質はこちらが間違いなく保証します。 相互信頼を旨(むね)として貿易関係を結びたいのですが。 詳細に関してはどうぞお気軽にご連絡ください。 品質はこちらが間違いなく保証します。 相互信頼を旨(むね)として貿易関係を結びたいのですが。 詳細に関してはどうぞお気軽にご連絡ください。 この職業・職種のここが悪い 上がつまってる。 出世の道なし。 胃潰瘍になるくらいくらいパワハラ・セクハラ受けるが洗脳されてるため辞めるといえない。 拘束時間ガスーパー長い 精神を病む。 過労死ラインなんてガン無視の労働時間。 月の労働時間時間が260時間以上は当たり前。 それプラス持ち帰りの仕事。 社用携帯があれば休みの日でも常に仕事の連絡が来るので休まる暇がない。

次の

芸能人(芸人)マネージャーの給料年収・手取り・求人を解説!

芸能マネージャー 年収

芸能マネージャー 仕事の年収・月収 芸能マネージャーの仕事は、大きくわけると2つあります。 1つ目は、その名のとおりタレントや俳優など芸能人のスケジュール管理などのマネジメントです。 そしてもう1つは、タレントや俳優の仕事を取ってくる仕事や新人発掘などのスカウト活動など営業的な仕事になります。 芸能マネージャーは芸能事務所に所属し、事務所の方針などに従って仕事をしますので、ある意味会社員的な要素のある立場といえるので、芸能人のような高給な年収や月収は臨めないところがあるでしょう。 しかし、芸能事務所が儲かるかどうかは、所属しているタレントや俳優にかかっていますので、そういった意味では芸能マネージャーである自分の仕事次第で年収や月収を上げることも可能になってきます。 芸能マネージャーの仕事の年収・月収は大規模な芸能事務所のほうが高い傾向にあります。 大手芸能事務所の場合は、大卒の初任給は20万円位です。 年収はボーナスを入れて300万円弱ですね。 一つの芸能事務所に長く勤めて売れている芸能人を担当するようになると、給料も上がります。 それでも、月収35万円~40万円くらいが相場です。 年収では500〜600万円ですね。 現場の芸能マネージャーではこのくらいが給料・年収の上限ですが、統轄管理マネージャーになれれば、年収1000万円近くまで稼ぐ人もいるようです。 [ad ad-1] 芸能マネージャー 消える職業?消えない職業? 芸能マネージャーは、タレントや俳優を陰から支える欠かせない存在です。 もっと言えば、芸能マネージャーがいなければ、タレントや俳優は1人で仕事を行うことも、新たな仕事を獲得してくることもできないはずです。 そういった意味で、芸能マネージャーは芸能界にとっては欠かせないポジションであり、タレントや俳優にとっては一番身近な頼りになる存在なのです。 ですから、決してなくなる仕事ではありませんし、消えてしまっては困る職業といえるでしょう。 芸能マネージャー 将来性・安定性 芸能事務所には、たくさんのタレントや俳優が所属しており、彼らが働いて稼いだお金の一部が芸能事務所の収入になります。 つまり、芸能事務所の業績は、所属しているタレントや俳優の活躍による部分が非常に大きいということです。 ですから、仕事がなければ思うような収入を得ることはできませんし、競争の激しい芸能界ですので、思うような仕事が得られないこともたくさんあるでしょう。 そういった意味で、芸能マネージャーの仕事に将来性や安定性があるとは言えない部分もありますし、仕事を獲得できるかどうかも芸能マネージャー自身の手腕にかかっているといえるでしょう。 芸能マネージャー 仕事のやりがい・本音 芸能マネージャーの仕事は、常にタレントや俳優の身近にいて、彼らのマネジメントを行うことです。 ですから、手をかけた彼らが芸能界で大きく活躍してくれることが最も嬉しいことですし、やりがいを感じることでしょう。 また、タレントや俳優など芸能人は注目される一方、厳しい世界で孤独と戦うといった苦労もあるので、そういった彼らの身近にいて支えてあげることも大切な役割の一つです。 時には、タレントや俳優の悩みなどに耳を傾け、一緒になって仕事をしていく、いわゆる運命共同体のような存在です。 芸能マネージャー 仕事の良い点 芸能マネージャーの仕事は、タレントや俳優を陰から支えることです。 ですから、身近にいて手をかけて育てた彼らの活躍を一番身近で見ることができますし、自分が獲得してきた仕事をきっかけにさらなる活躍を見せてくれることもあります。 そういった意味で、「こうしたらもっと売れるんじゃないか」など自分でマネジメントしたり、「こういう仕事ができればもっと飛躍できるんじゃないか」などタレントや俳優に一番身近にいる自分だからこそ見える考えや思いを、アイデアに活かしていけることも芸能マネージャーの仕事の良い点ではないでしょうか。 芸能マネージャー 仕事の悪い点 芸能マネージャーの仕事は、タレントや俳優の身近に常に寄り添う存在です。 撮影や収録の現場や取材にも同行します。 芸能界は労働時間が非常に不規則な世界です。 悪い点は、収録が深夜に及んだり、休日もなかったりするという点です。 そういった意味で、普通の会社員のように労働時間や休日が定められているということが少なく、総じて労働時間が長時間で不規則になります。 また、タレントや俳優のマネジメントを行う以上、自身の体調管理が万全でなければ務まらない仕事ですから強い責任感がないと信頼を得て仕事を任せてもらうことはできないでしょう。 スポンサードリンク 芸能マネージャー 仕事の内容 芸能マネージャーの仕事は、タレントや俳優のスケジュール管理や新たな仕事の獲得です。 タレントや俳優が継続的に仕事をして稼いでいかないことには、芸能マネージャー自身の給料も生み出すことができません。 ですから、芸能マネージャーは、スケジュールを管理するとともに、仕事現場に同行して、タレントや俳優を支えると同時に、新たな仕事を獲得するための情報収集やテレビ局・出版社などへの挨拶まわりなども欠かせません。 また、芸能界全体のトレンドに敏感でなければなりませんので、常に視野を広げて物事を見ていかなければならないでしょう。 芸能マネージャー 仕事に必要な資格 芸能マネージャの仕事に必要な資格は、特にこれが必ず必要というものは定められていませんが、芸能界のことに興味がなければトレンドや情報に敏感に反応できませんし、求められているニーズにも応えることができないでしょう。 そういった意味で、資格とはいえないでしょうが、人を楽しませる、魅了するには何が必要か、どうすれば人々をひきつけられるかなどの分析ができなければタレントや俳優と共に進んでいく道を開拓していくことはできないでしょう。 また、資格という面では、タレントや俳優を仕事現場に送迎する役割がありますので、自動車の運転免許は必須になるでしょう。 芸能マネージャー 仕事に必要なスキル 芸能マネージャーはタレントや俳優の一番近くに寄り添い、彼らが芸能界で羽ばたいていくために決して欠かせない存在です。 ひょっとすると、芸能マネージャーは自分の家族以上にタレントや俳優と一緒にいる時間が多いこともあるかもしれない、タレントや俳優と一蓮托生の存在です。 時には彼らの悩みを聞いてあげたり、仕事でのストレスを受け止めてあげるなど、タレントや俳優にとって「クッション」のような役割が必要なこともあるでしょう。 ですから、人の気持ちに寄り添える姿勢や人の話を聞いてあげる姿勢が必要なスキルといえるかもしれません。 芸能マネージャーの仕事 まとめ タレントや俳優は、一見すると常に華やかな世界にいる人たちに見えるかもしれませんが、陰では芸能マネージャーという彼らにとっては欠かせない、信頼できる存在があってこそ、思い切り仕事ができているのです。 そういった意味でも、芸能マネージャーは芸能界にとって欠かせない存在ですし、タレントや俳優が売れない時代から常に彼らのそばにいて、ともに栄光の階段を登っていく姿は表には現れませんが、芸能マネージャーにとってはサクセスストーリーの一端を担っている誇りも感じることができるでしょう。 タレントや俳優の活躍が、芸能マネージャーにとって最も嬉しく誇らしく、そして自慢となるのです。 タレントや俳優と芸能マネージャーは、切っても切れない絆で結ばれているのです。

次の