扁桃腺 大きい メリット。 扁桃腺、アデノイド手術のメリット、デメリットについて

扁桃腺は腺ではない…正しくは「扁桃」その役割とは?

扁桃腺 大きい メリット

扁桃腺が腫れやすい人にとって、扁桃腺切除というのは常に頭の中につきまとう問題です。 私も長年悩まされてきましたが、思い切って切除することにしました。 今回は入院や術後の体験について書いていきたいと思います。 扁桃腺切除を決意するまで 私は子供のころから扁桃腺が腫れやすく熱が出やすい体質でした。 年に数回は熱を出してしまい、いつも扁桃腺の腫れに悩まされていました。 社会人になってからも続き、年に数回熱を出してしまうことがあり、会社を休むことも心苦しいし、何より体調管理ができていないと思われてしまうのが非常に嫌でした。 切除する前は悪化をたどり、扁桃腺周囲腫瘍にまでなってしまい日ごろの生活にも影響が出始めてしまいました。 扁桃腺周囲腫瘍は再発することもあり、本当に死ぬほど辛かったのでもう二度と経験したくありませんでした。 その後も病院に通うことが多く、主治医から扁桃腺を切除してみては?と提案があり思い切って踏み切ることにしました。 扁桃腺切除で入院するまで 社会人にとって入院をするということは非常にハードルが高いです。 入院期間を空けてしまいますので職場に迷惑がかかってしまいます。 さらに扁桃腺切除の場合、入院に10日程度さらに術後の予後(出血があれば再入院)で1週間程度必要となりますので、その期間を空けられるように調整しなければなりません。 私の場合は入院から退院、出勤まで4週間程度かかりましたので、会社の人には迷惑をかけてしまうことになりました。 上司に現状を報告し、入院及び退院後の一定期間休ませてくださいということを陳情し 私の場合は幸いにも入院することに納得をいただきました。 当然家族にも了承を得なければなりません。 私の場合は病状を家族が良く知っていましたので、扁桃腺を切除したほうが良いという風に思ってくれていました。 そんなこんなで入院することが決まりましたので、決定した翌日に病院にて術前検査を行いました。 検査内容は血液検査、尿検査、心電図検査、レントゲン検査でしたが、数時間で終了しました。 扁桃腺切除での入院から手術まで 入院前の準備があるので会社は入院の前日から休みをいただくことにしました。 持ち物としては、下着、コップ、割箸、ティッシュ、PC、ポケットwifi、文庫本、携帯充電器などです。 結果的にPCはほとんど開きませんでした。 後述しますが本当にそれどころではなかったです。 荷物はそれほど多くは持っていかず、準備を万端にし当日に備えました。 それと大事なポイントですが入院前に説明を受けた健康保険の「限度額適用認定証」を持っていきました。 これがあると健康保険の限度額が退院後の支払い時に適用されるため自己負担の額が減ります。 限度額を持っていなくてもしばらくした後で戻ってくる仕組みなのですが、これがあると直近で支払う額が減るため、用意ができるタイミングであれば職場の担当者に用意してもらうことをおすすめします。 さて、入院当日の話ですが、入院前の説明では入院は手術の前日と言われてましたので、前日の指定された時間に病院へ行き入院しました。 はじめに入院治療計画書を渡され手術前の絶食の説明や術後の治療について詳細に説明を受けました。 自分の頭の中では術後のことよりも手術が不安でしかたがなかったです。 でも扁桃腺切除は手術後の方が大変だということは後々痛感することになります。 その後、翌日手術を行う手術室に行くように言われて麻酔科の医師、看護師と面談することになりました。 当日の手術はここでやりますよとか麻酔について不安なことがありますか、といったような内容でした。 前日に手術室を見せてもらうことや説明をたくさんしてもらうことは良いことかもしれません。 多少不安な気持ちが安らいだような気がしました。 その後病室に戻り手術のことを考えても仕方がないため、暇を潰しながら消灯時間後まもなく就寝し次の日の朝を迎えることになります。 この時が一番ゆったりした時間でしたが手術前日のため何とも言えない気持ちのまま過ごしこの日は何も手につきませんでした。 手術から手術後まで 手術の当日、朝目覚めボーっとしていると看護師さんがやってきて体温を測りました。 そして、手術する際は通常ストッキングを着用するようですが私の場合は手術の時間が短いため今回はストッキングの着用はなしという説明を受けました。 その後麻酔科の医師がやってきて、全身麻酔の説明を受けました。 下半身麻酔の経験はありましたが、全身麻酔ははじめてだったのでかなり不安でした。 どんな風にして麻酔が効いてくるのかも想像できないし、手術中はどうなってしまうのかさっぱりわからずただただ不安でした。 また、この日は手術前は飲み物も飲まず絶食です。 昨日まで日常を過ごしていたのでフワフワして全然現実感がない感じでした。 そうこうしていると手術の時間が近づいてきました。 術着に着替え手術の30分間になったくらいで、寝ているベッドがストレッチャーになり手術室まで連れていかれました。 不安はピークです。 手術室に入り麻酔をしますということになりました。 麻酔は点滴でした。 下半身麻酔をした時はでっかい注射だったような記憶があったので意外な気持ちでした。 麻酔をしてから少ししたら眠くなりますのでという話を受けました。 ほんとかよという気持ちでしたが、ほどなくして意識を失いました。 パッと目が覚めると(強制的に起こされたようです。 )手術が終わっていました。 この間は当然ですが全く記憶にありません。 看護師さんに「目が覚めましたか?手術は終わりました」と言われました。 当然ですが当事者は本当に一瞬の出来事ですのでこんなもんか、とすら思いました。 また、看護師さんから「目が覚めてから病室に戻るまで覚えてない方もいらっしゃいますよ」といったようなニュアンスのことを言われたのだけは覚えていて、その後その言葉のとおり病室まで記憶が飛びました。 扁桃腺を切除したばかりで腫れていて当然声が出ないのですが、その時は麻酔のおかげで術後の痛みもそれほどありませんでした。 なんだこんなもんかと再び思ったのですが、これから数週間痛みに耐える日々が続くとは思わなかったです。 手術後から退院まで 手術が終わり、手術をしてくださった担当医師から今後の説明を受けました。 麻酔が切れてくるぐらいで痛みが出てきますということと、出血がかなりありますのでティッシュでふき取ってくださいということでした。 食事も翌日から出ますが様子をみてはじめましょう。 ということでした。 先生の説明通り麻酔が切れてきてから痛みが始まりました。 チリチリとした喉を焼くような痛みです。 実際に切ったので当然ですよね。 検温したら熱も38度くらいあって辛かったです。 当然声もでません。 点滴で鎮痛剤と抗生剤を売ってもらっていたのですが、纏わりついてくるような痛みに耐えるのが必死でした。 看護師さんから痛み止めの薬を貰い一日6時間以上空けて3回までという説明を受けました。 この痛み止めがなければ全然過ごせないようなひどい痛みです。 また、術後のため出血もあり頻繁にティッシュでふき取っていました。 入院前にティッシュを何箱か持ってきて正解でした。 手術当日は痛みのため全然寝れませんでした。 痛み止めで何とかごまかして少し寝れたような気がします。 それからはいつ痛みが引くのかなと思っていたのですが、入院中は全然引きませんでした。 翌日には声も少し出ましたがもごもご状態です。 食事が始まっても痛みのせいでなかなか食べ進みません。 なので痛み止めを飲んだ後に食事をとるようにしました。 そうしないと全然食べられなかったです。 シャワーに入れたのは術後5日目でした。 シャワーに入れた喜びもありましたが喉が痛いと何をしても心ここにあらずの状態でした。 持って行ったPCで少し仕事をしようと思ったのですが、痛みのため全く手につきませんでした。 長い時間体を起こすことがつらかったです。 なので、ひたすら寝ながらスマホで動画を見たりして時間をつぶしていました。 その後は痛みをずーっと伴っていましたが、治療も順調に経過し、結局合計で10日ほどの入院となりました。 退院から術後1週間~職場復帰まで 退院当日もやはり痛みは残ったままでした。 退院日の午前中に清算し、限度額適用認定証のおかげもあり払った金額は9万円程度でした。 私の場合は後日になりますが加入していた生命保険から入院準備金プラス入院日額1日8000円が払われましたので結局ほぼ負担はありませんでした。 入っててよかった生命保険。 退院後は食事制限などはありませんでしたが、出血したら困るので固いものはできるだけ食べないようにと注意がありました。 痛み止めも大量にもらい家に戻ることになります。 退院後は体力の低下と残った痛みに耐える生活です。 さすがに術後10日も経てば痛みは弱くなってきていますが、痛み止め無しだと辛いレベルです。 声も出しにくいですが、何とか出るようなレベルまで回復してきました。 これは術後にも少し休みを取るように言っておいて正解だったなと思いました。 職場にいても声があまり出ないし、痛みで仕事が手につかなかったと思われます。 しばらくは家で安静にしていることにしました。 そして医師から言われたら出血があったらすぐに病院に来てくださいという言葉が非常に怖かったです。 扁桃腺切除の場合、退院後に出血があるとかなりの高確率で再入院となるそうです。 もう入院はしたくなかったので非常にそれが嫌でした。 しかし、退院して4,5日経過したときに少し出血がありました。 入院中にティッシュでふき取っていたことを思い出すような感じでとても嫌な予感がしました。 念のために病院へ行って先生に診てもらいましたが、再入院の必要はなしという判定が出て心底ほっとしました。 退院から2週間ほどして痛みも少なくなり、ようやく職場へ復帰できることとなりました。 この間迷惑をかけた同僚には頭が上がりません。 職場復帰からその後 痛みが完全に引くまでは手術後4週間くらいかかったと思います。 痛みが引いてくるころには声も完全に出るようになります。 声は切除した部分がなくなったため通るようになったと思います。 (自分ではそう思うような感じですが、周りからは実際あまり変わっていないというようでした。 ) 扁桃腺切除後すぐ効果(?)があったのは、睡眠時に無呼吸になることがなくなりました。 以前はお酒を飲んだ時や寝る体勢によっては無呼吸であることがあったらしいのですが、手術後はそれがなくなりました。 本来の目的以外でよいことがあったので微妙な感情もありましたが、結果的にうれしかったです。 また、肝心の扁桃腺による発熱がなくなりましたので、術後は熱を出すことが極端に減りました。 これは本当に切除してよかったです。 慢性的な扁桃腺のはれに悩まされることがなくなりました。 短期的に見て上記のようなメリットを享受しましたが、長期的に言われているデメリット免疫の低下による感染症の感染などのリスクが言われていますが、現在のところ全く問題はありません。 まとめ 扁桃腺の切除はメリットとデメリットがありますが、扁桃腺の腫れが慢性的で悩んでいる人は切除する価値は十分にあると思います。 切除後の痛みは相当なもので、長く続きますが、回復した今となってはその後のメリットを考えれば比較しても十分にあると思います。 働かれている人は職場との相談を十分に行い入院計画を立ててみましょう。

次の

扁桃腺を切除で入院した体験談、費用、術後の痛みはいつまで?

扁桃腺 大きい メリット

扁桃腺肥大とは 扁桃腺というのは、風邪をひいた時にお医者さんから「はい。 あーんして」と言われ診察で見られる、喉ちんこの横にある膨らんでいる部分のことです。 扁桃腺があることで喉や鼻から入ってきた細菌やウィルスの侵入を防いでくれる役割をしています。 そしてその扁桃腺の部分が肥大するという名前のとおり、大きくなってしまっていることを「扁桃腺肥大」と言います。 大きくなるといっても赤ちゃんの頃は扁桃腺が小さく、それが成長過程とともに大きくなっていき、6歳前後に大きさがピークを迎えて、その後は自然に縮小していくことが多いようです。 なので扁桃腺が子供の時に多少大きくても、成長とともに縮小していくので特に日常生活に支障が無ければ放っておいても問題ないようです。 しかし、扁桃腺が大きくなった状態のままで小さくならなかったり、小さい頃から極端に大きくなっていると、1年に何度も熱を出して喉が腫れたり、睡眠時に無呼吸になってしまったり、食べ物が飲み込みづらかったりするなど、日常生活に支障をきたしてしまうことがあるようです。 扁桃腺肥大の3段階の症状 扁桃腺肥大といっても軽度で気にしなくて良いのものから、重度で手術が必要なケースなどの様々ですが、分かりやすく3段階になっています。 第1度肥大は、扁桃腺が前口蓋弓という膜から少しだけでている症状で軽度になります。 第2度肥大は、前口蓋弓よりかなり突き出た状態になり、乳幼児期にしばしば見られます。 第3度肥大は、口蓋垂周辺まで大きくなった状態で、診断は視診や間接喉頭鏡検査、血液検査によって判断します。 出典:扁桃腺の治療と症状 第1度が軽度で、第3度になると重度になっていくのですが、長女が健康診断で記載されていたのは第3度でしたので、今から成長とともにもっと大きくなるであろう扁桃腺に対してどのようにすればいいのでしょうか。 手術が必要な場合 耳鼻咽喉科に行って相談した結果、4歳以上で扁桃腺肥大により子供の日常生活に支障があるために手術の必要性を判断した場合に手術となるそうです。 なので4歳以前は、基本的に大きな問題がなければ経過観察しかできないようです。 昔は扁桃腺が大きければすぐ手術してとってしまったようですが、現在は積極的に手術を促すのではなく、出来る限り扁桃腺を残す考えが主流だと言われました。 今でも、出来るだけ扁桃腺を切除をしないようにする医師と、扁桃腺を切除するのに対して比較的積極的な医師がいるので、最終的に切除する・しないは、子どもなら親が、大人は自分で決断することになるようです。 手術になる場合の目安としては、• 睡眠時のいびきがひどい• 睡眠時に無呼吸になることがある• 年に何度も熱を出したり、扁桃腺が腫れたりするのを繰り返す といったことが目安となるようですが、現在長女は3つの条件に当てはまらないので 風邪をひくと多少いびきがうるさいくらい 、日常生活に支障が無い場合は、扁桃腺が大きくても手術はしなくて良いそうです。 長女の場合は、診察してもらった結果、扁桃腺が非常に大きくて 先生もこれは大きいなとびっくりするほど 、今は日常生活に支障をきたしていなくても、今後ほぼ何かしら問題が出てくるはずだから、手術になる可能性が高いと言われました。 確かに上記のように体調面での心配はないし、3つの条件に当てはまっていないですが、• 食べるのに時間がかかる• 飲み込むのが大変なのか、時々食べている途中で「おえっ」となることがある などの食事の面で問題があるので、そういった日常生活による支障も手術をするかどうかの判断の材料になるようです。 扁桃腺肥大の手術費用 4歳という年齢に達していない為に長女は現時点では手術をすることは出来ません。 先生からは、手術をする場合、子供だと1週間~10日前後入院が必要と言われました。 扁桃腺肥大の手術・入院費用に関しては、おおまかに3割負担の場合は10万円前後の支払いをした人が多いようですが、子供の場合であれば、今は「乳幼児医療制度」がありますので手術代や薬代などは無料になると思います。 しかし、入院時の食事代や差額ベッド代、必要に応じて付き添いする時に発生する費用がかかりますね。 4歳未満は、すぐに扁桃腺を切除できない 4歳になっていない状態で、子供が日常生活にすごく困るような問題がないのであれば、今すぐ何か対策を講じることは出来ません。 扁桃腺肥大は扁桃腺が炎症を起こして大きくなっている以外は、体質などの問題と関係しているので切除する以外は小さくすることができないので、4歳になってから手術のメリット・デメリットなどをしっかりと把握した上で夫と一緒に検討するつもりです。 ネット上でも扁桃腺肥大を切除して良かったという人や、逆に切除したくないという人の意見などいろいろあって、正直子供にとってどちらが良いのか今はまだ判断がつきません。 実際に長女は4歳以降になって手術をするかしないか決まったら、また詳しく追記していこうと思います。 参考までに、今30代の私の夫も幼少期に中耳炎を繰り返したために、扁桃腺を切除していますが、特別困ったことはないと言っていました。

次の

扁桃腺は腺ではない…正しくは「扁桃」その役割とは?

扁桃腺 大きい メリット

扁桃腺の場所と摘出手術とは まず、 扁桃腺とは何か。 それは口を開けた時に 喉の奥に見える両サイドの奥まった場所にある半球体。 正式名 「口蓋扁桃」と呼ばれるこの組織は、リンパ系の器官で、 外部からの細菌やウイルスの侵入を防ぐ役割を担っている。 扁桃摘出手術とは、肥大化してしまった扁桃を切りとる手術である。 扁桃腺炎による摘出手術はやった方がいいの? 扁桃腺を摘出するか、しないか。 この議論はネットを見るだけでも賛否両論だ。 だが、実際に摘出した私の感想は、「絶対にやった方がいい」である。 これは言い切りたい。 手術後は 人生の質が向上した。 大げさに聞こえるかもしれないがそれくらい生活が一変するのである あなたがもし、息苦しさや、いびきなどで悩んでいるのであれば、是非この記事の参考にして手術を受ける意思を固めて欲しい 私の扁桃腺手術体験記録は下記リンクより。 扁桃腺摘出のメリット 扁桃腺を摘出すると呼吸が楽になり、イビキが無くなった 扁桃腺を切除する前の私はとても 息苦しかった。 肥大化した扁桃が 空気の経路を邪魔しているからだ。 扁桃肥大を起こしていると、 下を向いた状態で鼻から息を吸うことができない。 もし自分が扁桃腺腫れていると感じているのならば試してほしい。 そして一番の問題は寝る時。 イビキで悩んだ。 当時の彼女からは 「ずっとイビキをかいていて、急に止まる。 10秒程呼吸を辞めたと思えばグァァァァァを叫ぶような雄たけびを上げ、また普通のイビキに戻る」との事。 おそらく寝る時に息が止まる 無呼吸症候群も併発していたんだろうと思う。 これらの症状が、 扁桃腺を摘出したことですべて解決した。 息をするのがこんなに楽なのか、布団に入ればこんなに熟眠できるのかと感動したのを覚えている。 扁桃線炎の手術で口呼吸が改善され、風邪をひかなくなった 扁桃が腫れていた時は、鼻から息が吸えないので 口呼吸になっており、 喉が乾燥してよくカゼをひいていた。 ついでに口呼吸のせいで 唇もガサガサに乾燥。 扁桃腺の手術後は口呼吸から鼻呼吸になったため、 喉も唇も乾燥せず、風邪は引かなくなった。 ただ、たまに残業が続いて体調を崩すこともあるのだが、扁桃腺が無いので喉が腫れない。 風邪のときは唾液を飲み込むのさえ辛かったので、これも解決された。 扁桃腺を切除したら顔が小さくなった 正面を向いた状態で喉仏の側面を手でグリグリと押してみてほしい、おそらく扁桃腺が炎症している方はそこに大きな球体があり、触れば強い痛みを感じるだろう 扁桃腺切除後に気づいたのは、球体が無くなり、 少し顎下の肉が無くなって顔が小さくなった。 扁桃線炎による摘出のデメリット 手術にはお金がかかる もちろん手術にはお金がかかる 今回の私の手術場合は 約40万円であった。 しかし生命保険や高額医療費控除を使えば ほぼトントンである もし生命保険等に入っていないのであれば まず保険に加入してから手術を受けることをお勧めする 扁桃腺の手術は長期入院をする必要がある 扁桃腺を摘出するには入院する必要がある。 私の場合は12日の入院となった。 私はゴールデンウィークと重ねることで休暇を最小限に抑えることができたが、社会人が平日で入院するとなるとかなり有給を使ってしまうだろう。 扁桃腺が無くなると鼻の方に飲み物が流れてくる 手術後2か月ぐらいは喉から逆流してくる 飲み物が喉を通りそのまま鼻の方へ流れてしまう 気をつけていれば何の問題もない。 そして1年経った今では粘膜が対応したのかわからないが鼻に水が入ることがなくなった 扁桃腺の手術をすると声が変わる 手術をして最初の3週間は 声が変わってしまう。 私の場合はボビーオロゴンのようになってしまった。 また舌への損傷が激しい場合は滑舌も悪くなってしまう、喋る仕事をする場合は少々影響が出るかもしれない。 まとめ 扁桃腺の手術を受けるにあたってのメリットやデメリットをご理解いただけたかと思う。 分からないことがあれば随時コメントしてほしい 重ね重ねになるが、扁桃腺手術を受けるか悩んでいる方は是非受けて欲しい。 世界が変わると言っても過言ではない。

次の