さつまいも ふかす。 【みんなが作ってる】 さつま芋 レンジ ふかしのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

幼児に和菓子はいつからOK?量はどれくらい?おすすめのあげ方やレシピもご紹介!

さつまいも ふかす

茹でたさつまいもは、甘味は少ないのですが、水分が多いためねっとりして、冷めてもパサつきがありません。 蒸したさつまいもは、水蒸気でゆっくりと加熱され、しっとりとした食感で甘味を強く感じることができます。 それぞれに良いところがありますので、お好みに合わせて選んでみてください。 茹でたさつまいもは、サラダなどの料理に使用したりスイートポテトなどのお菓子を作る時に使用したり、いろいろ活用できます。 残ったら冷凍保存もできます。 蒸したさつまいもは、そのまま食べて美味しいですね。 さつまいもは用途によって、茹でるか蒸すか決めると良いですね。 さつまいもを茹でると栄養はどうなる?蒸すと? さつまいもはいろいろな栄養を含んだ優秀な食べ物です。 これらの栄養を逃さないように味わうには、茹でるのが良いか蒸した方が良いかというと、 蒸した方が栄養素は多く残ります。 さつまいもにはどんな栄養が含まれているの? さつまいもには、 数種類のビタミンやカリウム、などが含まれています、もちろん 食物繊維やデンプンも含まれています。 紫色の皮にはアントシアニンというポリフェノールの仲間も含まれています。 なかでも、さつまいもに含まれる特徴的なものは ヤラピンという成分で、数あるお芋の仲間でも、さつまいもにしか含まれていません。 ヤラピンはさつまいもを切ったときに出る白い汁で、食物繊維と一緒に作用して、腸の蠕動運動を活発にし、お腹の調子を整えてくれます。 ビタミンでは風邪の予防や肌荒れなどに効果のある ビタミンC、抗酸化作用のある ビタミンE、炭水化物やたんぱく質などをエネルギーに変えてくれる ビタミンB群が含まれます。 カリウムは体内に摂取された余分な塩分を体外に排出してくれる働きがあります。 植物繊維は御存じのように、大腸の環境を整え、コレステロールや脂質を排出してくれます。 さつまいもの デンプンはゆっくり加熱すると酵素が活発に作用し糖になります。 またこのデンプンは、加熱によるビタミンCの損失を守ってくれる働きもあります。 皮に含まれるアントシアニンは抗酸化作用があります。 このようにたくさんの栄養素が含まれるさつまいもですが、これらの栄養素の中には水に溶けやすい物もあります。 ビタミンCやカリウム、アントシアニンなどは水に溶けやすい栄養素なので、さつまいもは水で茹でるよりも、蒸した方が栄養は逃げにくいのです。 さつまいもの茹で方は何分が最適? 蒸す時間は? さつまいもはゆっくりじっくりと熱を加えることで、甘くほっこりした味わいになります。 さつまいもを茹でる時間は20分から30分ぐらい、蒸す場合は、30分から40分ぐらいが目安になります。 さつまいもは、茹でるにしても蒸すにしても、切ると切り口がアクで黒くなってしまいますので 水に浸けてあく抜きをしましょう。 長く水に浸けておくとビタミンCやカリウム、ヤラピンなどの成分が水に溶け出してしまうので、水に浸ける時間は5分から10分です。 さつまいもをおいしく茹でる方法• 輪切りにしてあく抜きをしたら、蒸気が通りやすいように、切り口を下にして並べます。 しずくが落ちないように、蓋と蒸し器の間にぬらした布巾を掛けるか、さつまいもの上にキッチンペパーを掛けると良いです。 水から火にかけ蒸気が出始めたら弱火にしてじっくり蒸します。 30分ぐらい加熱したら竹串を刺してすっと通れば、ほくほくした甘いさつまいもの出来上がりです。 まだ硬ければさらに蒸します、蒸し器の水が無くならないように気を付けてください。 茹でるにしても蒸すにしても、 低い温度でじっくり火を通すことで、より甘味を引出し美味しいさつまいもになりますので、ゆっくり調理することを心がけたいですね。 まとめ さつまいもは栄養価の高い、健康にも美容にも良い、美味しい食べ物です。 さつまいもの栄養は加熱することで、壊れにくいのも嬉しいですね。 いろいろな食べ方がありますが、甘味を引きだすには、低い温度でゆっくり火を通すことが大切ですね。 さつまいもは調理の方法を変えると、いろいろな食べ方ができるので嬉しいですね。

次の

さつまいもの栄養と効果効能!食べすぎは太る?茹で方・茹で時間・アク抜き・ふかす・蒸し方も簡単!

さつまいも ふかす

品種によって「ホクホク」「ねっとり」など食感に違いが出るので、いろいろ食べ比べても楽しいですよ。 さらに、甘さを最大限に引き出したいなら、掘ってすぐより寝かせるのがおすすめです。 【準備するもの】• ペーパータオル• 小さいものは加熱時間を短くする 作り方 1 さつまいもを水洗いし、濡れたままペーパータオルでくるむ 適度な水分が必要なので、全体をしっとり濡らすのがポイント。 2 1の上からラップでくるむ ラップが蒸気を閉じ込めて温度を保つので、隙間ができないようにくるむ。 200g程度の小さめのさつまいもなら1分でOK。 小さめのさつまいもなら8分程度、200Wがなければ解凍モードでもOK。 5 竹串でやわらかさを確認 ラップとペーパータオルをめくり、太い部分に竹串を刺してスッと通れば完成(さつまいもが熱くなっているのでやけどに注意)。 かたさが残っていればペーパータオルとラップを元に戻し、竹串が通るまで200Wの電子レンジで30秒ずつ、追加で加熱する。 【さつまいもの冷凍】加熱後に冷凍が美味 作った焼きいもが食べきれない場合は冷凍保存を。 解凍後に食べやすいのは、マッシュか角切りです。 やわらかくて包丁で切りにくければマッシュがおすすめ。 マッシュの場合、300gなら冷凍用保存袋Sサイズ2枚がぴったりです。 【冷凍方法】• 加熱後、粗熱が取れたら、皮をむいてマッシュか、皮つきのまま角切りにする。 冷めたらマッシュはそのまま冷凍用保存袋に入れて平たくし、空気を抜くように袋の口を閉じて、一食分ずつ菜箸などで線をつけてから冷凍する。 角切りの場合は、1食分ずつラップに包んでから冷凍用保存袋に入れ、口を閉じて冷凍する。 どちらも冷凍庫で2週間程度保存可能。 【解凍方法&食べ方】 冷蔵庫で自然解凍か、電子レンジの解凍モードで解凍する。 マッシュはポタージュやスイートポテトに。 リンゴやレーズンと一緒にマヨネーズであえてサラダにも。 角切りはそのままおやつとして食べたり、野菜サラダのトッピングに。

次の

さつまいものふかし方!レンジや炊飯器でも簡単に出来る!

さつまいも ふかす

さつまいもに含まれる 栄養素とは?!• さつまいもに 期待できる効果・効能!• さつまいもを 食べ過ぎるとどうなる?太る?• さつまいもの 茹で方や 茹で時間、 アク抜き、 ふかし、 蒸し方について! さつまいもの栄養素について! 健康に良いというイメージがあるさつまいもですが、実際にはどのような成分が含まれているのでしょう? 成分的には• 糖質(炭水化物)• ビタミンB群(B1、B2、B6、葉酸ナイアシン、パントテン酸、ビオチン)• ビタミンC• ビタミンE• カリウム• カルシウム• マグネシウム• マンガン• 食物繊維• ヤラピン• ポリフェノール(クロロゲン酸、タンニン) などなど、非常に豊富な栄養素を富んでいます。 特にビタミンC、カリウム、食物繊維の含有量は 芋類の中でもトップクラスと言われています。 また、さつまいもを切ったときに出てくる「白い液体(ヤラピン)」には、腸を活性化させる作用があるため、食物繊維との相乗効果で 便通改善などにも効果があります。 では続いて さつまいもに期待できる効能を説明しましょう。 スポンサーリンク さつまいもの効果・効能がスゴイ! さつまいもの持つ各成分によって、以下のような効果・効能が期待されます。 とても美味しく健康維持できるので、毎日少しづつでも食べるようにしたい食材のひとつです。 ですが「食べ過ぎ」も禁物です。 続いては 「食べすぎによる悪影響」についても触れておきましょう。 スポンサーリンク さつまいもの食べ過ぎるとどうなる?!太るの? 「便秘も解消されて、美容にも良いならいっぱい食べたい」そのように思う方もいらっしゃると思います。 しかし「食べすぎによるデメリット」もありますので説明しておきます。 まず結論から言うと• 肥満の原因となる• 下痢や腹痛の原因となる• おならの回数が増える• 便秘の人は、便がさらに固くなる可能性がある といったことが挙げられます。 一つずつ簡単に説明しましょう。 太る原因となる! さつまいもは言うまでもなく「芋類」ですので、炭水化物を多く含んでいます。 炭水化物は消化吸収されると「糖質」となりエネルギーとして消費されていきますが、余剰分は中性脂肪となり 皮下や内臓に蓄えられる脂肪になります。 またさつまいも100gあたりのカロリーは加熱すると163kcal程度ですので、決して低カロリーではありません。 したがって、 食べ過ぎると肥満の原因となります。 下痢やオナラの原因となる! さつまいもは• 食物繊維• ヤラピン• マグネシウム などを含み、「便通改善の効果が高い」ことでも知られています。 そのため、食べ過ぎは胃や腸に負担をかけるため 下痢や腹痛の元になりやすいですし、また昔から言われているように おならの回数が増えます。 便秘や切れ痔になる可能性も! さつまいもの食物繊維には 不溶性食物繊維(水に溶けない食物繊維) も多いので、腸の活動が元々弱く、普段から便が固めの人(水分不足からくる便秘気味)だと、 さらに便が硬くなる可能性があります。 すると 便秘が悪化したり、排便時に硬い便によって肛門が傷つき 切れ痔になる可能性もあります。 どれくらが適量? 一日の適量としては、中程度のさつまいも 半分から一本程度を目安にしておきましょう。 また、さつまいもを食べたときは他の炭水化物(パンや白米)は少し控えめにして、腹八分目を心がけると良いでしょう。 なお、さつまいもの皮にも「ポリフェノール」が沢山含まれていますので、• 焼き芋• ふかし芋• 天ぷら などにする時には、 よく洗って皮ごと食べるのがオススメです。 では最後に、 「さつまいもの茹で方や茹で時間などの調理方法」を紹介しましょう。 スポンサーリンク 茹で方と茹で時間、アク抜き・ふかす・蒸し方について! さつまいものゆで方や茹で時間などをまとめてみました。 さつまいもの茹で方と茹で時間について! 茹で方は簡単です。 鍋にいれて、おおよそ 20〜30分茹でましょう。 茹で上がったかどうかは、竹串を刺してみて、スッと入るかどうかで判断します。 固い場合は茹で時間が足りていません。 万が一「再加熱」したい場合は、耐熱性の容器に水を張り、その中にさつまいもを入れて、ラップを掛けて2、3分加熱してみましょう。 さつまいものアク抜き方法! さつまいものアク抜きは、してもしなくてもOKです。 ただアク抜きを省くと、切り口が黒くなると言われているため、見栄えを気にする方はしっかりアク抜きしましょう。 ですが水がどんどん濁りはじめるので、濁らなくなるまで水を入替えましょう。 なおこの「アク」には、タンニンやポリフェノールといった有効成分が含まれているので、無理にアク抜きをする必要もありません。 さつまいもの蒸し方! さつまいもを蒸すときは、 ゆっくーりと加熱することを心がけましょう。 これは、 ゆっくり蒸すことで甘さが増すからです。 なお蒸す場合は• 蒸し器• レンジ のどちらかを使用します。 さつまいもを蒸し器でふかす! 蒸し器でふかす場合は、はじめから「水のいれた蒸し器」に投入しましょう。 その状態で蓋をして、まずは沸騰するまで強火にかけます。 沸騰が確認出来たら弱火にし、そこから20分ほど蒸します。 ここで竹串や箸などをさしてみて、簡単にささればOKです。 レンジで蒸す場合! 蒸し器が無い場合は、レンジで蒸すこともできます。 まずはしっかり洗ったさつまいもに、何箇所か穴を開けておきます(竹串やフォークなどでOK) 次に新聞紙を濡らして、さつまいもをくるみます。 さらに割り箸を2膳横掛け、その上にさつまいもを乗せます。 (底面もしっかり加熱するように) あとは電子レンジの「弱」で5〜6分加熱しましょう。 もちろんさつまいもの大きさによって加熱時間は変わってきますので、竹串か箸さしてみて、簡単にささるまで加熱してください。 さいごに! いかがでしたでしょうか? さつまいもには良い効果もたくさんありますが、多量に食べることで健康増進されるわけではありませんので、食べすぎには注意しましょう。 さつまいもについては、「」についても合わせてご確認ください。 スポンサーリンク 関連ページ さつまいもの保存方法や賞味期限、冷凍保存の可否などを説明しています。 また、腐った状態の見た目や、黒く変色した場合に食べれるのか等もまとめています。 玉ねぎの切り方(乱切り・輪切り・角切り・みじん切り・千切り)の他、保存方法や賞味期限・消費期限、腐った時の判別方法をわかりやすくまとめています。 玉ねぎの食べすぎはオナラや体臭・下痢・口臭にも繋がる?成分や栄養のお話と、効果・効能について分かりやすくまとめています。 新玉ねぎと通常の玉ねぎに違いはあるの?収穫時期・店頭に並ぶ時期はいつ頃?保存方法や栄養価、効能は?水にさらした方がいいの?新玉ねぎをまとめてみた。 しめじの石づきの切り方は?洗ってOK?白いのはカビ?保存方法や冷凍保存の可否、賞味期限、栄養価・カロリー、腐るとどうなるの?等まとめました。 えのきって洗えるの?腐るとどうなるの?といった疑問から、日持ちを延ばす保蔵方法、冷凍保存の仕方を分かりやすくまとめてみました。 大根を日持ちさせる保存方法や賞味期限、ぶよぶよ柔らかい時や黒・青に変色した場合は腐る前?大根や大根おろしを日持ちさせる方法を分かりやすく。 大根の栄養と効果・効能をまとめました。 糖質量、そしてダイエットに良いと言われる一方で、「太る」と言われる理由、その他「食べ過ぎ」による悪影響を説明します。 大根の下茹で方法や、茹で時間、茹でる時のポイントとは?!大根の部位の特徴や使い方、辛い場合の対策もまとめました! ほうれん草の栄養と効果・効能のほか、「生食」できるか?保存方法・冷凍保存・日持ちさせるコツ、下茹でや茹で時間、切り方などを分かりやすくまとめてみました。 ほうれん草の食べ過ぎは身体に悪いの?含まれている「シュウ酸」が結石の原因になるこも?子どもへの影響や、除去方法についてまとめてみた。 れんこんはなぜ黒く変色するのか?栄養や糖質と関係ある?その他、下処理方法や茹で時間、保存方法や冷凍保存で賞味期限を伸ばすことが出来るのか?などを、まとめました。 ブロッコリーとカリフラワーの中間のような「ロマネスコ」。 味や栄養、食べ方や栽培方法について分かりやすくまとめてみました。 にんにくに期待される効果・効能の他、アレルギー、食べ過ぎによる下痢・腹痛・胃もたれが起こる原因・対処法を、分かりやすくまとめています。 にんにくが緑や青になるのは腐る前兆?保存方法や賞味期限、冷凍保存の可否などを分かりやすくまとめてみました。 桑の葉茶とは?妊婦が飲んでも大丈夫?糖尿病やダイエットに良いと言われる理由は?作り方や、飲むタイミング、効果・効能、副作用といった基本的な情報を、分かりやすくまとめてみました! しいたけは腐るとどうなる?白いのはカビ?賞味期限は?保存方法や冷凍保存、切り方や効能を分かりやすくまとめました。 エリンギの切り方や保存方法(冷凍保存や乾燥エリンギの作り方)、日持ち、腐るとどうなるのか?カビは生えるのか?栄養や効能をまとめてみました。 ピーマンに関する栄養や効能・効果を分かりやすく。 アスパラ(アスパラガス)の保存方法や日持ち期間、栄養素や効能、尿が臭くなると言われている原因を、分かりやすくまとめています。 アスパラガス(アスパラ)の茹で方や茹で時間といった「下ごしらえ」の他、切り方や食べ方について分かりやすくまとめてみました。

次の