犯人 類語。 「犯人」に関連した英語例文の一覧と使い方

確信犯とは|本来の意味・使い方・誤用か否か、類語・英語表現も解説

犯人 類語

すべての情報源• 総合的な情報源• 研究社 新英和中辞典 21• 研究社 新和英中辞典 43• Weblio Email例文集 17• Weblio英語基本例文集 6• 浜島書店 Catch a Wave 14• Eゲイト英和辞典 16• 専門的な情報源• 斎藤和英大辞典 121• 日本語WordNet 21• EDR日英対訳辞書 38• Tanaka Corpus 54• 日本法令外国語訳データベースシステム 57• FreeBSD 1• Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス 79• 官公庁発表資料• 特許庁 153• 経済産業省 1• 書籍・作品• Ian Johnston『科学のカリキュラムで創造説?』 1• JULES VERNE『80日間世界一周』 8• Maurice Leblanc『アルセーヌ・ルパンの逮捕』 2• Arthur Conan Doyle『チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートン』 2• Arthur Conan Doyle『ノーウッドの建築家』 4• O Henry『シャムロック・ジョーンズの冒険』 2• Robert Louis Stevenson『ジキルとハイド』 3• Chesterton『少年の心』 1• Melville Davisson Post『罪体』 1.

次の

犯人隠匿?隠避?ってどうなったら罪なの??

犯人 類語

ニュースなどの報道では、警察から犯罪の疑いをかけられた人を「容疑者」という。 これを司法手続きや法令用語では「被疑者」といい、警察などの公的機関では「容疑者」と呼ばず「被疑者」と呼ぶ。 逮捕されていなくても嫌疑を受けた時点で「被疑者」となるが、指名手配を除き、逮捕されていない段階でマスコミが「容疑者」と呼ぶことは少ない。 テレビや新聞で「容疑者」という呼称が使われ始めたのは1989年以降で、それ以前は被疑者を実名で呼び捨てにすることが多かった。 呼び捨てにすることは犯人扱いしているのに等しいという考えから、「〇〇容疑者」と名前の後に「容疑者」を付けるようになったのである。 マスコミが法令用語の「被疑者」ではなく「容疑者」を使う理由は、「被疑者」と「被害者」の発音が似ており、間違いを避けるためといわれる。 法令用語では「被疑者」、マスコミ用語では「容疑者」という区別も、実は正しくない。 基本的に法令上は「被疑者」を用いるが、出入国管理及び難民認定法違反の疑いで調査される外国人を指す際は、「容疑者」の呼称が用いられる。 「被疑者(容疑者)」と呼ばれるのは、嫌疑を受け、逮捕され、取り調べを受けている間で、犯罪の嫌疑が十分であるとして、検察から刑事訴訟で起訴された段階で「被告人」となる。 マスコミでは「被告人」を「被告」と呼ぶこともあるが、「被告」は民事訴訟や行政事件訴訟で訴えられた者のことで、刑事訴訟では「被告人」である。 犯人は、罪を犯した犯罪者のこと。 被疑者(容疑者)や被告人の段階では、有罪が確定していないため犯人ではない。 しかし、呼び捨てにしなくなったものの、マスコミの報道では「容疑者=犯人」のような扱いをしているため、無罪判決が下った被告人が社会的な不利益を被ることもある。

次の

盗まれたお金は犯人が捕まれば返ってくる?

犯人 類語

ストックホルム症候群(ストックホルムしょうこうぐん、: Stockholm syndrome)は、事件や事件などのについてのにおいて、被害者が生存戦略としてとの間に心理的なつながりを築くことをいう。 ただしにおける()ではなく、として扱われる。 国外のメディアが事件発生都市名、に基づいて報道した経緯がある。 メディアやにおいては、被害者が犯人と心理的なつながりを築くことについて「好意をもつ心理状態」と解釈して表現しているものが多い。 さらに誘拐や監禁以外の被害者の反応についても表現されるようになり、ストックホルム症候群という用語の用法にも方言がある。 経緯 [ ] 1973年8月、ストックホルムにおいて発生した銀行強盗人質立てこもり事件()において、人質解放後の捜査で、犯人が寝ている間にがに銃を向けるなど、人質が犯人に協力して警察に敵対する行動を取っていたことが判明した。 また、解放後も人質が犯人をかばい警察に非協力的な証言を行った。 スウェーデン国内で、犯罪学者で精神科医でもあるニールス・ベジェロット ()が「ノルマルム広場症候群」を意味する Norrmalmstorgssyndromet と呼んだ。 それをスウェーデン国外のメディアは「ストックホルム症候群(Stockholm syndrome)」と報道した。 最初期に、この問題を調査したアメリカ人のフランク・オックバーグ ()博士は、FBIとイギリス警察の交渉担当者に、次のように報告していた。 「人は、突然に事件に巻き込まれて人質となる。 そして、死ぬかもしれないと覚悟する。 犯人の許可が無ければ、飲食も、トイレも、会話もできない状態になる。 犯人から食べ物をもらったり、トイレに行く許可をもらったりする。 そして犯人の小さな親切に対して感謝の念が生じる。 犯人に対して、好意的な印象をもつようになる。 犯人も人質に対する見方を変える。 」 一方、の被害者ナターシャ・カンプッシュ ()は、の『』のインタビューで次のように述べている。 「被害者に、ストックホルム症候群という病名をつけることには反対する。 これは病気ではなく、特殊な状況に陥ったときの合理的な判断に由来する状態である。 自分を誘拐した犯人の主張に自分を適合させるのは、むしろ当然である。 共感を示し、をとって犯罪行為に正当性を見い出そうとするのは病気ではなく、生き残るための当然の戦略である。 」 他の有名な事件 [ ]• (1970年) ある乗客は、「」を歌って犯人を激励した。 また、別の乗客は飛行機を降りる時に「頑張って下さい」と言って犯人を激励した。 乗客と犯人には、奇妙な連帯感があった という。 事件(1974年) 犯行グループによって誘拐された女性が、後にその犯行グループと共に銀行強盗の一味に加わっていたという事件。 (1979年)• (1991年)• (1995年)• (1996年~1997年)• (2002年)• (1998年~2006年) リマ症候群 [ ] ストックホルム症候群と同様の状況下で、監禁者が被監禁者に対して同情的な態度をとるようになる現象が提示されており、「リマ症候群」と呼ばれている。 監禁者が考えを改めたり、被害者に対して共感を覚えることもあるとされる。 リマ症候群は、から1997年にかけてのにおいて発生したにちなんで命名された。 このとき武装した一団は、各国の駐ペルー特命全権大使、日本企業のペルー駐在員ら約600人を人質にした。 しかし監禁者の一団は人質に同情し、数時間以内に200人以上の人質を解放した。 回復 [ ] 症候を示す被害者はとして扱われ、回復するために心理が行われる。 ここで被害者は、自身の行為や感情が人間のサバイバル術に由来することを再認識するように促される。 回復過程の期間は、サバイバル術由来の行動を減らすことを含めて、日常生活を取り戻すことに充てられる。 分析報告 [ ] (DSM5、2013年) [ ] 本書は、の分類のための共通言語と標準的な基準を示すものである。 ストックホルム症候群は、かつて一度も本書に記載されたことはない。 多くの関係者が、に分類されると信じているからである。 2013年に第5版が出版され、その日本語訳は2014年に出版されたが、ストックホルム症候群については記載されていない。 Namnyak=Tuftonらの調査(2008年) [ ] 研究グループは「ストックホルム症候群が多くメディアで報道されているものの、この現象について専門的な研究はあまりなされていないこと」を見つけた。 あまり研究されてこなかったとは言うものの、ストックホルム症候群とは何かについて合意されているわけでもない。 この用語は「誘拐」以外にも、あらゆる種類の虐待に使われるようになってきている。 また「診断」するための症候について明確な定義も無いとしている。 ドラマチックな事例のセンセーショナルな性質は、人々をしてこの現象を例外的なものではなく法則と見なせしめている。 ストックホルム症候群が起きるための3つのカギとなる要素が識別されている(1. 時間の経過、2. 条件つきの接触、3. 直接かつ継続的な虐待を伴わない不親切)。 ロビンス=アンソニーの調査(1982年) [ ] ストックホルム症候群と同様の症状(破壊的なカルト被害)を史学的に研究してきたロビンスとアンソニーは、彼らの1982年の調査において「1970年代にはのリスクと潜在的に関連するような逮捕事例が豊富にあること」を見つけた。 彼らは「洗脳がこの時期にメディアによって注目されていたことが、ストックホルム症候群を心理状態と見なすような解釈をもたらした」 と主張する。 ポップカルチャーにおける表現 [ ] ウィキペディアはオンラインですが、。 やでの議論にご協力ください。 ( 2018年9月) ドラマ [ ]• 『』 1992年 第9話「危険な家族ごっこ」• 『』シーズン3 第13話「野心の果て 原題Limelight 」 映画 [ ]• 『』(2017年、オーストラリア) 脚注 [ ]• Jameson, Celia 2010. Journal for Cultural Research Elsevior 14. 4: 337—355. Sundaram, Chandar S. 2013. Salem Press Encyclopedia. Dwayne July 1999. 68: 22. Adorjan, Michael; Christensen, Tony; Kelly, Benjamin; Pawluch, Dorothy 2012. The Sociological Quarterly 53 3 : 454—74. New Scientist 61 886 : 486—487. 1974. BBC News Magazine. 2016年6月23日閲覧。 『人生、これからが本番:私の履歴書』、2006年。 Kato N; Kawata; M, Pitman RK 2006. International Feminist Journal of Politics 17 4 : 595—610. 『DSM-5 精神疾患の分類と診断の手引』、2014年。 Acta Psychiatrica Scandinavica 117 1 : 4—11. January 2008. Young, Elizabeth Aileen 2012-12-31. しげる 2018年4月10日. エキレビ! 2018年11月11日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• 『』 -.

次の