ゾム総受け 小説。 おはざっす:ブロマガの主役は我々だ!:チャンネルの主役は我々だ!(○○の主役は我々だ!)

おはざっす:ブロマガの主役は我々だ!:チャンネルの主役は我々だ!(○○の主役は我々だ!)

ゾム総受け 小説

ある日、総統命令により我々内で取り調べ訓練が行われることとなった。 原因は大体わかっている。 こないだ珍しくコネシマがドジを踏み、捕虜となったからだ。 勿論ゾムとシャオロンが総統命令により援軍に向かい、事なきを得た。 その時、自分はもちろん総統やトントンも考えたであろう事が、これだ。 当然、情報を吐くことなど我々の中ではないとは思うが、万が一取り調べを受けた時の、そして取り調べをする際の訓練。 その訓練の上で、我々の中でも見知ったものより接点の少ないほうがいいだろう、という理由で自分とゾムが組み合わされた。 今回、自分にはグルッペンから"次の作戦のメンバー"を言い伝えられ、ゾムにはトントンからそれを聞き出すようにそれぞれ指示を受け、取り調べ……という名の尋問訓練が始まった。 「さて、俺が知りたい情報やけど……正直知りたいことが何なのかわからへんねんな。 だから、とりあえずグル氏が出しそうな指示ってとこで考えたんやけど、次の前線に出るメンバーあたりやない?」 「…答えると思うか?」 「まぁ、せやな。 思ってへんわ。 だから」 そう言うと彼は手馴れた様子で袖口から怪しげに蛍光灯の光を反射する刃物を取り出した。 それを机につき立てれば、気味悪く笑った 「"ある程度なら"武力行使もありやっていわれてんねん。 」 「…訓練とはいえ、本番同様ってことやな。 ま、何されても答えへんけどな」 目の前の瞳は、狂気が伺えて味方ながらに恐ろしく感じた。 この様子は、当たり前だがグルッペンとトントンが監視している。 最悪止めに入るだろう。 だったら、黙っているのみだ。 「その、余裕そうな目、気に入らへんな」 彼によりつき立てられていたそれは、今、眼前にある。 冷や汗が喉を伝って気持ち悪い。 目を潰されようが、情報を渡すよりはマシな話だ。 次の言葉を待つように、刃越しに相手を睨みつける 「今、優位に居るのは俺やで。 もっと恐ろしそうにしたらええんやない?」 酷く冷たく、殺意を纏った視線に、思わず身を固くする。 怯んではいけない、弱みを見せてはいけない、見せては、彼はそこを突いてくる しかし、一瞬の動揺を見破られたらしく彼は愉快そうに表情を歪める 「ほら、このナイフでその綺麗な瞳を抉り出して、腹を切り裂いて、出血で動けなくなりながらじりじり近づく死を真っ暗な世界で味わわせてやることも簡単なんやで?それとも、見えた方が愉しいか?俺はその顔が痛みに歪むのを想像しただけで……」 発せられる言葉に嫌悪を感じ、思わず顔を顰めた。 するとさらに不気味な笑みは深く刻まれ、背中の、すぐそこに死の気配さえ感じ始めた 本当に、この情報を吐いたらおしまいな気がして、訓練ということさえ忘れ、縫い付けられたかのように動かなくなった身体のすべてで、黙秘を続けるほか、策が思いつかなかった。 「何や、黙っててはつまらんやろ。 それに、聞き出さな駄目なこともあるのに、黙ったらあかんやろ」 頬を一筋、生暖かい液体が伝う ぴりっとした痛みとともに、皮膚が切れた感覚が頭を支配する 何度か尋問を受けたことはあるが、こんなにも場を支配され、たったひとりの殺気に圧迫感をおぼえたことはなかった 「ほら…はよ話してくれへん?俺、あんま気長くないんやけど」 『ゾム、オスマン、そこまで。 訓練終了や。 』 機械を通してトントンの声が部屋に響く 思わず安堵の息を漏らしてしまったが、目の前の彼はつまらないとでも言いたそうな表情を浮かべていた 「頬の傷大丈夫か?ごめんなぁ、思わず」 「思わずで切られたらたまったもんじゃないんやけど。 まぁ、大した傷やないし、大丈夫やろ」 「ゾム、やりすぎや。 本当の捕虜になら良いけど、これは訓練やからな」 尋問室は総統室からだけ行ける部屋で、部屋から出ればグルッペンとトントンが正反対の表情を浮かべていた。 先に言葉を発したのはトントンで、その言葉を受けたゾムは申し訳なさげに頭をかいた。 グルッペンはと言うと、愉快そうにこちらを眺めていた。 「なんやグルちゃん、愉しそうなや。 」 「そら愉しいやろ。 ゾムは訓練でまで狂気丸出しやし、お前は死んでも話さんみたいな顔しとるし、トントンはあんな短い時間の間に何回も止めに入ろうとするし、ほんと可笑しいわ」 くつくつと喉を鳴らして笑う彼を見ていると、さっきまでの緊張感が嘘だったのではないかと思えてくる。 たまには、こういう訓練も悪くないのかもしれない.

次の

総受け小説一覧

ゾム総受け 小説

概要 メンバーカラーは黄緑。 マイクラシリーズの期待の狂人。 味方最大の脅威。 暗殺者。 特殊工作員。 ガチのFPS民。 サイコパス。 潔癖症。 問題作「ロボロをプロデュース」の製作者。 エロ小僧。 彼が視点主の、マイクラスカブロシリーズなどの編集も務める。 現在はブロマガの編集長も務めている。 海底より音も無く侵攻する技術を持ち、マグマの展開具合を見て学ぶ、すれ違いざまに顔面にマグマをぶっかけるという下手なテロリストよりもテロリスト。 グルッペン氏いわく「ゲームスキルと戦闘性にステータスをガン振りしている戦闘狂」。 悪戯の常習犯であり、場合によっては他のメンバー(主にトントン、ロボロ、コネシマ、ショッピ)と組んで行う事もある。 エロ小僧弄りされることがあるが、めちゃくちゃ恥ずかしがる。 敵は殺すが味方も殺す。 いつの間にか敵地の塹壕に隠し通路を作り、そこから侵入・暗殺・貴重品の強奪・逃走経路の隠滅まで行うなど、戦闘とそれに関する頭の回転に関しては一線級の模様。 その為トントンから作戦の相談を受けるシーンも度々見られる。 なお一級線すぎてマイクラ人狼ではバレる事も多い。 ガチのFPS民らしく、L4D2においても初心者三人を連れてゲームを先導するPSを公開。 ゴール前では瀕死の仲間を問答無用で射殺。 特殊感染者が敵でもスナイプで防衛。 ゲームによってはジャイアニズムを行い部下や弱小国から没収や圧力を行うが見事報復される事もある。 ハンターとなった場合、相手によっては取り引き(という名の脅し)を行う。 かなりの大食いであり、腹いっぱいの相手に食べ物を食べさせ苦痛に歪む表情を見ることを好み、その行為を「食害」と評される。 ただしロボロに敵わず逆食害を受けたこともある。 最近は一度に食べきれる量が減ってきたと少し気にしている。 なお、この様子をモチーフとしたTRPG企画『その男、食害につき』もYouTubeで公開中。 『psは殺意でカバー』と宣言しているように、相手が敵ならたとえ身内だろうとコラボ相手だろうと誰でも容赦がない。 自身のサイコパスが効かないらっだぁとはビジネス不仲であるようだが、それはここだけの話。 メンバーからは「ゾム大佐」「ゾムーク」「 マケドニアの)兄貴」などと呼ばれる。 特徴的な笑い方をする事が多く、数年後のカルタ決め生放送でそれを指摘された際、「そんな笑い方したっけ?」と本人が述べるほど変わりまくっている。 我々式大喜利ではかなり危ない回答をしまくっているらしくよくカットされている。 またコネシマと同様、鬱先生の暴露ネタを非常に好む。 マイクラスキンは背面にクリーパーを模したスキン(フードを脱ぐとハゲ)。 背面から見るとクリーパーと酷似しており、他メンバーが見間違えてひやりとすることもある。 匠は親戚。 立ち絵は目元が暗いフード付きのつなぎを着た男性。 なんならpixivでは大人気。 語録 「なんかもう穴見たらマグマ入れたくなるもん」 - ウィザー12体VS我々 part1 「無事に渡れると思うなよ!?」 - 【GTA5】本気のトライアスロン、開催! 関連記事 親記事 pixivision• 2020-07-21 18:00:00• 2020-07-21 17:00:00• 2020-07-21 13:00:00• 2020-07-20 18:00:00• 2020-07-20 17:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-21 21:58:54• 2020-07-21 21:58:02• 2020-07-21 21:57:17• 2020-07-21 21:55:57• 2020-07-21 21:55:11 新しく作成された記事• 2020-07-21 21:59:00• 2020-07-21 21:33:14• 2020-07-21 21:31:16• 2020-07-21 21:23:59• 2020-07-21 21:20:09•

次の

BLove要望掲示板

ゾム総受け 小説

ある日、総統命令により我々内で取り調べ訓練が行われることとなった。 原因は大体わかっている。 こないだ珍しくコネシマがドジを踏み、捕虜となったからだ。 勿論ゾムとシャオロンが総統命令により援軍に向かい、事なきを得た。 その時、自分はもちろん総統やトントンも考えたであろう事が、これだ。 当然、情報を吐くことなど我々の中ではないとは思うが、万が一取り調べを受けた時の、そして取り調べをする際の訓練。 その訓練の上で、我々の中でも見知ったものより接点の少ないほうがいいだろう、という理由で自分とゾムが組み合わされた。 今回、自分にはグルッペンから"次の作戦のメンバー"を言い伝えられ、ゾムにはトントンからそれを聞き出すようにそれぞれ指示を受け、取り調べ……という名の尋問訓練が始まった。 「さて、俺が知りたい情報やけど……正直知りたいことが何なのかわからへんねんな。 だから、とりあえずグル氏が出しそうな指示ってとこで考えたんやけど、次の前線に出るメンバーあたりやない?」 「…答えると思うか?」 「まぁ、せやな。 思ってへんわ。 だから」 そう言うと彼は手馴れた様子で袖口から怪しげに蛍光灯の光を反射する刃物を取り出した。 それを机につき立てれば、気味悪く笑った 「"ある程度なら"武力行使もありやっていわれてんねん。 」 「…訓練とはいえ、本番同様ってことやな。 ま、何されても答えへんけどな」 目の前の瞳は、狂気が伺えて味方ながらに恐ろしく感じた。 この様子は、当たり前だがグルッペンとトントンが監視している。 最悪止めに入るだろう。 だったら、黙っているのみだ。 「その、余裕そうな目、気に入らへんな」 彼によりつき立てられていたそれは、今、眼前にある。 冷や汗が喉を伝って気持ち悪い。 目を潰されようが、情報を渡すよりはマシな話だ。 次の言葉を待つように、刃越しに相手を睨みつける 「今、優位に居るのは俺やで。 もっと恐ろしそうにしたらええんやない?」 酷く冷たく、殺意を纏った視線に、思わず身を固くする。 怯んではいけない、弱みを見せてはいけない、見せては、彼はそこを突いてくる しかし、一瞬の動揺を見破られたらしく彼は愉快そうに表情を歪める 「ほら、このナイフでその綺麗な瞳を抉り出して、腹を切り裂いて、出血で動けなくなりながらじりじり近づく死を真っ暗な世界で味わわせてやることも簡単なんやで?それとも、見えた方が愉しいか?俺はその顔が痛みに歪むのを想像しただけで……」 発せられる言葉に嫌悪を感じ、思わず顔を顰めた。 するとさらに不気味な笑みは深く刻まれ、背中の、すぐそこに死の気配さえ感じ始めた 本当に、この情報を吐いたらおしまいな気がして、訓練ということさえ忘れ、縫い付けられたかのように動かなくなった身体のすべてで、黙秘を続けるほか、策が思いつかなかった。 「何や、黙っててはつまらんやろ。 それに、聞き出さな駄目なこともあるのに、黙ったらあかんやろ」 頬を一筋、生暖かい液体が伝う ぴりっとした痛みとともに、皮膚が切れた感覚が頭を支配する 何度か尋問を受けたことはあるが、こんなにも場を支配され、たったひとりの殺気に圧迫感をおぼえたことはなかった 「ほら…はよ話してくれへん?俺、あんま気長くないんやけど」 『ゾム、オスマン、そこまで。 訓練終了や。 』 機械を通してトントンの声が部屋に響く 思わず安堵の息を漏らしてしまったが、目の前の彼はつまらないとでも言いたそうな表情を浮かべていた 「頬の傷大丈夫か?ごめんなぁ、思わず」 「思わずで切られたらたまったもんじゃないんやけど。 まぁ、大した傷やないし、大丈夫やろ」 「ゾム、やりすぎや。 本当の捕虜になら良いけど、これは訓練やからな」 尋問室は総統室からだけ行ける部屋で、部屋から出ればグルッペンとトントンが正反対の表情を浮かべていた。 先に言葉を発したのはトントンで、その言葉を受けたゾムは申し訳なさげに頭をかいた。 グルッペンはと言うと、愉快そうにこちらを眺めていた。 「なんやグルちゃん、愉しそうなや。 」 「そら愉しいやろ。 ゾムは訓練でまで狂気丸出しやし、お前は死んでも話さんみたいな顔しとるし、トントンはあんな短い時間の間に何回も止めに入ろうとするし、ほんと可笑しいわ」 くつくつと喉を鳴らして笑う彼を見ていると、さっきまでの緊張感が嘘だったのではないかと思えてくる。 たまには、こういう訓練も悪くないのかもしれない.

次の